Youtubeがスマホ等で見れない時の7つの対処方法【iPhone/Android/PC】

Youtubeを使っていると突然エラーがでたりして、スマホやPCからYoutubeが見れない時があります。

原因は様々ありますが、大抵は一時的に見れないようになっているだけですので、きちんと原因を確認して適切な対処をすればYoutubeを見られるようになります。よくあるエラー内容としては、「問題が発生しました。◯◯をやり直してください」などというエラー。

そこでこの記事では、Youtubeがスマホやパソコンなどで見れない時の7つの対処方法を紹介していきます。※ iPhone・Android両方対応

スポンサーリンク

スマホでの対処方法【iPhone/Android】

まずは大多数の人がYoutubeを見る際に使っているスマホでの対処方法について紹介していきます。

AndroidとiPhoneで見れない原因はほとんど同じですが、対処方法が若干異なってくる場合もありますので注意してください。

1.キャッシュの削除

とりあえずYoutubeアプリのキャッシュを削除したり、ブラウザのキャッシュを削除することでYoutubeが見れないのを解決出来る場合があります。

Youtubeの他にゲームアプリなどでも有効な手法なので試してみる価値がある対処方法です。

◆ iPhone/iPadの場合

iPhone/iPadの場合はYoutubeアプリのキャッシュというものがないので対処方法はありません。

ですがiPhoneのSafariブラウザを使ってYoutubeを見ている場合はブラウザのキャッシュを削除することでYoutubeを見られるようになる可能性もありますので、Safariのキャッシュを削除する方法を紹介します。

まずSafariを開きましたら、フッターバーの[本の見開き]のようなアイコンをタップしてください。次の画面に[履歴]が存在しますのでタップします。

画面右下の[消去]をタップしてキャッシュを削除します。キャッシュ削除する期間を選べますので、Youtubeが見れないようになった期間から削除してもいいですし、全てのキャッシュを削除しても良いです。そこらへんは個人におまかせという形になります。

キャッシュの削除範囲選択

とりあえず今回は「すべて」を選択して全期間のキャッシュを削除しました。この状態でもう一度SafariからYoutubeを視聴してみてください。

◆ Androidの場合

Androidの場合はYoutubeアプリかChromeのキャッシュを消すことで解決出来る場合があります。

先にChromeのキャッシュを消す手順を紹介すると、まずはChromeアプリ右上の縦の[三点リーダ]をタップしてください。次に設定一覧のなかに[履歴]があるのでタップ。あとは履歴を消去すると同時にブラウザのキャッシュもクリアにして消去をしてください。

キャッシュされた画像とファイルを選択

 

次に、Youtubeアプリのキャッシュ削除方法を紹介していきます。(お使いのAndroidのバージョンで操作方法が若干異なります。この記事ではAndroid7.0で説明しています。)

まずは[設定]アプリを開き、[アプリ]をタップします。アプリ一覧の中にYoutubeがあるのでタップしてYoutubeアプリの管理画面に移動します。

Youtubeアプリ管理画面を開く

次に[ストレージ]をタップして、次の画面に存在する[キャッシュを消去]をタップしたらYoutubeのキャッシュが全て削除されます。

ストレージからキャッシュ削除

この状態で再度Youtubeアプリを立ち上げて、Youtubeが視聴できるか確認してみてください。

2.速度制限に引っかかっている

これはエラーというよりも自分のネット環境が原因ですが、Wi-Fiではなく3G・LTE回線でYoutubeを視聴している場合、あっという間に月のデータ容量の上限を突破してしまい通信速度を制限されてしまいます。

もしWi-Fi環境を持っていない場合、3G・LTEの速度制限を解決するには次の方法があります。

  • データ容量のチャージをおこなう
  • データ通信無制限のSIMに変更する

キャリアのスマホを使っている場合はデータ通信無制限のSIMに変更することは出来ませんが、格安SIMの場合データ通信無制限のSIMに変更することで速度制限によりYoutubeが見れない状態から開放されます。

特に私が速度制限なしの格安SIMでおすすめしているのが、nuroモバイルのデータ通信量無制限のプランです。

このプランは1日5時間までいくら通信しても速度制限がかからないプランで、私も実際契約してみて使っていますがスマホから1日2時間程度Youtubeを見ていても速度制限にひっかかったことはありません。

他にも色々なデータ通信量無制限の格安SIMがでていますが、常時無制限にしているような格安SIMは最初から通信速度を絞っているところもあるので、そういった意味ではnuroモバイルは時間制限のデータ通信量無制限ということもあり、速度自体を絞られているとは感じませんでした。

nuroモバイルの詳細は下記ページにて紹介していますので参考にしてみてください。

nuromobileとは?特徴やメリット・デメリットを紹介!1日5時間プランがおすすめ

2016.10.14

3.Youtubeアプリのアップデート or 再インストール

Youtubeアプリの再起動をおこなっても、依然としてYoutubeを見れない場合は、Youtubeアプリのアップデートがないかを確認しましょう。

もしかしたらYoutubeの仕様が変更されて新しいバージョンでないとYoutubeが見れないということもありますので、App StoreやPlay Storeは確認しておきましょう。基本的にAndroidは自動的にアプリが更新されますが、もし自動更新を切っている場合はPlay Storeからアップデートをしましょう。

マイアプリ&ゲームから

iPhoneやiPadの場合は、App Storeを開きフッターバー右下のアップデートからYoutubeアプリをアップデートしてください。

App Storeで手動アップデート

もしアップデートをしても見れない場合は、一度Youtubeアプリを削除して再インストールしてみるのも一つの手段です。

4.ストレージ容量の確保

ストレージ容量が足りないとYoutubeアプリだけではなく、アプリ全般のパフォーマンスが落ちてしまい動作がおかしくなる場合があります。

ですので、個人的には空きストレージを最低でも10%は確保しておいたほうがいいのではないかと思っています。

◆ Androidの場合

[設定]アプリを開き、[メモリとストレージ]をタップします。

SDカードなどにファイルを移動

あとは写真や音楽ファイルを全てSDカードに移動したり、撮影した写真やダウンロードした画像などを内部ストレージでなかうSDカードに移すために、デフォルトの保存場所を外部ストレージにするなりしてストレージ容量を確保しましょう。

また、不要になったアプリは削除したりしても良いかもしれませんね。

◆ iPhone/iPadの場合

iPhoneの場合は外部ストレージが存在しませんので、iCloudなどに写真や映像を移動させてストレージ容量を確保しましょう。iCloudは無料で5GBまで利用することが可能です。

また、Android同様に不要になったアプリを削除するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

PC(パソコン)での対処方法

PC(パソコン)からYoutubeを見る場合は、基本的にGoogleChromeを使うことをおすすめします。

理由は、YoutubeがGoogle傘下なので当然GoogleChromeはYoutubeを視聴するのに不便なく使えるようにしているからです。EdgeやFirefoxで視聴していると、勝手に自動再生が止まってしまうこともあるので、GoogleChromeを使うようにしてください。

5.ブラウザの更新、再起動、キャッシュ削除

長時間視聴していると、Youtubeの自動再生がきれたり、エラーを起こす場合があるので一度ブラウザを更新するか、ブラウザを再起動してみてください。

大抵はブラウザを更新すればエラーは直りますが、もしそれでも頻繁にエラーを起こす場合は一度Chromeのキャッシュを削除してみましょう。

キャッシュを削除

キャッシュの削除はAndroidアプリでの削除同様に、[三点リーダ] → [履歴] → [履歴の削除]から行うことが出来ますのでお試しください。そのときに「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れてから削除するようにしましょう。

6.アドオン、プラグインの停止

FirefoxのアドオンやGoogleChromeのプラグインが原因でYoutubeが見れない状態に陥っている可能性もあります。

もし大量のアドオンやプラグインをブラウザ上で起動している場合は、1つ1つそれらを停止して原因を調べてみましょう。

基本的にアドオンやプラグインが原因でYoutubeが見れないというケースは稀だと思うので、とりあえずの対処方法として紹介しておきました。

7.HTML5対応ブラウザか確認する

Youtubeを含め数々の動画サイトでは、2015年頃まではAdobe Flash Playerを使ったFlash形式のストリーミング再生がメジャーでしたが、現在はHTML5動画再生となっています。

ですので、Adobe Flash Playerを更新したり再インストールしたところで無意味です。まずはHTML5に対応しているブラウザを使用しているのかを確認しましょう。(一部のコンテンツはFlash形式な模様)

現在HTML5動画を再生できるメジャーなブラウザは「GoogleChrome」「FireFox」「Opera」「Edge」「IE11」「Safari」などとなっています。ほとんどのブラウザでHTML5動画再生対応となっているので、おそらくは大丈夫だと思います。

ちなみにYoutubeはガラケーから見られなくなったそうですね。

最後に

以上が、Youtubeが見れないときの7つの対処方法の紹介でした。

iPhoneやAndroid機からYoutubeを視聴する場合は、データ通信量には気をつけて見てください。とりあえず家ではWi-Fiに接続するなどして対策しましょう。

  パソコンやスマホでのYoutube音楽のリピート再生方法まとめ
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。