Youtube字幕の付け方や設定方法まとめ!追加・編集は意外と簡単

このページでは、Youtubeへの字幕の付け方や設定方法をまとめています。

字幕の追加や編集方法は意外と簡単なので、Youtubeに動画をアップロードしている方は字幕機能もつけて国内だけでなく海外からも動画を楽しんでもらえるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

Youtubeの字幕機能とは?

Youtubeの字幕機能とは動画で話されている内容を字幕として表示してくれる機能です。

Youtubeの字幕機能を使うには、あらかじめその動画の投稿者が字幕起こしの機能をオンにしておかなければなりません。なので、投稿者が字幕機能を追加していない場合は、コチラ側ではどうやっても字幕を出すことが出来ません。

字幕には2タイプの出し方があり、一つは機械が自動的に表示する字幕。もう一つが、有志が動画内容を翻訳して字幕として出す方法です。また、後者の場合は有志が英語から日本語に翻訳して文字起こしをしてくれると、英語の動画の内容でも日本語字幕が表示されるようになります。

自動字幕表示は、英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロリ顎、スペイン語のみに対応しています。

自分の動画に字幕を追加・編集する方法

自分の動画に自分で字幕を追加する方法と、追加した字幕を編集する方法などを解説していきます。

今回は動画に字幕を追加する方法を3つに分けて紹介します。

1.字幕を新規追加する

まずはアップロードした動画に字幕を新規追加する方法から解説していきます。

[クリエイターツール] → [動画の管理] → [動画]まで遷移して、字幕をつけたい動画の編集横にある「▼」を押して「字幕」を選択してください。

字幕編集画面へ

まだ字幕をつけたことがない場合や、デフォルト設定に字幕を付けていない場合に字幕の初期設定をするポップアップが表示されますので、今回はこの動画に最も多く使われている言語に「日本語」を設定しました。

動画の言語設定

動画の言語設定が完了すると、次からは字幕を新規追加する作業となります。「新しい字幕を追加」から追加したい字幕を選択してください。今回は日本語字幕を追加します。

追加したい字幕を選択

次に字幕を追加する方法を選択します。4つの字幕追加方法から、今回は自分で字幕を追加したいので、「新しい字幕を作成する」を選択しました。

字幕の追加は4つの方法から選択できる

次にようやく字幕を追加する作業となります。実際に字幕を入力してみると字幕のプレビューが映像部分に表示されます。「+」を押すとタイムラインの部分に字幕が挿入されるようになります。こんな感じでどんどん動画に字幕を追加していきます。

字幕を入力すると映像にプレビューが

字幕の追加が全て完了したら右上の「変更を保存」をクリックして字幕追加作業は完了です。あとは実際に動画を見て、しっかり字幕が追加されているのかを確認しましょう。

変更を保存 を押して完了

◆ 字幕の表示時間を編集する

字幕の表示ができたら、字幕をどこからどこまで表示するのかをタイムラインから編集していきます。

タイムラインには追加した字幕がブロック体で並ぶので、そのブロックにマウスカーソルを合わせて端っこの青くなっている部分を左右に引っ張ると表示時間を調整することが可能です。

字幕の表示時間を変更

◆ 字幕の削除編集

次は字幕を削除してみます。

字幕を削除するには、追加した字幕一覧の中から消したい字幕にマウスカーソルを合わせてください。すると右上に「×」アイコンが表示されるので、それをクリックするだけで削除完了となります。

字幕の削除方法

削除した字幕を復旧することはできないので注意してください。

◆ 字幕のタイミングを自動設定編集する

字幕編集をしていると、動画時間も長いし字幕を1個1個編集していくのは辛い…そんなときは「文字起こしテキストのタイミングを設定」をしてサクっと字幕表示をしていきましょう。字幕の編集画面にいくと、下部にそのオプションへのリンクがありますのでクリックしてください。

この時注意してもらいたいのは、今まで手動で字幕のタイミングなどを設定していた場合、「タイミングを破棄しますか?」というメッセージが表示されます。その時に[破棄]をクリックすると、今まで設定していた字幕のタイミングがリセットされますので注意してください。

次の画面に行くと、動画に付けたい字幕を入力する欄がありますので、一気に全ての字幕を入力してください。字幕を区切りたい場合は改行すると良いです。字幕の入力が全て終わりましたら「タイミングを設定」をクリック。

タイミングの自動設定

あとは字幕のタイミングを動画の音声に合わせてYoutube側で勝手に調整してくれますので、設定が終わるのをまって公開しましょう。

字幕タイミングの設定中

◆ 同じ言語で字幕を再追加するときの注意点

字幕が全て上書きされる

例えば日本語で一度字幕を追加した場合、その字幕を編集するのではなく再度「新しい字幕を追加」で日本語を追加すると、前の字幕が全て破棄されますので注意が必要です。

もし日本語を追加したいだけでしたら、1回追加した日本語字幕を編集するようにしましょう。

スポンサーリンク

2.字幕ファイルをアップロードする

字幕ファイルをアップロードすることで自動的に字幕を表示してくれます。しかし字幕ファイルを使って字幕表示するのは若干難易度が高めです。

理由は、字幕に表示したいテキストの他にタイムコードも記入してアップロードしなければならないからです。そしてサポートされている拡張子が次の通り。

  • .srt
  • .sbv
  • .sub
  • .mpsub
  • .lrc
  • .cap

などとなっており、普通のtxtファイルなどは対応しておりません。日本語字幕で字幕ファイルを作りたい時は「.cap」を推奨しているようです。

cap形式ファイルなどの作り方はまた別の記事で紹介したいと思います。

3.自動字幕起こしを追加する

例えば日本語で字幕を新規追加したとして、英語などの他の言語に翻訳して字幕を表示したいとなると、再度字幕を自分で翻訳して追加するのはかなりの手間ですし、英語などがわからないとそもそも翻訳も厳しいです。

そんなときは、日本語で追加した字幕を自動翻訳する機能を使ってもらいましょう。この自動字幕起こしはコチラ側から何かする必要はありませんので、自動翻訳する手順だけ紹介していきます。

まず動画の字幕を表示してください。字幕の表示を切り替えるには歯車アイコンのとなりにあるアイコンをクリックします。字幕が表示されている間はそのアイコンに赤い下線が引かれます。

字幕表示の切り替え

次に字幕アイコンの隣りにある歯車アイコンをクリックします。そして、[字幕] → [自動翻訳] → [英語]の順番にクリックしていくと、動画の字幕が日本語から英語になりました。

字幕の言語設定オプション

この英語は元の字幕に設定してある日本語を翻訳したもので、精度はイマイチですがないよりはあった方が良い機能かと思います。字幕を1つもつけていない状態だと、この自動翻訳字幕昨日も表示されないので注意してください。

4.他の人に字幕を追加してもらう方法

Youtubeでは自分の動画を有志の方に翻訳してもらって字幕を追加してもらうことができます。

字幕の編集画面まで移動し、右下にある「視聴者への翻訳依頼を有効にする」をクリックします。なお、翻訳は動画を公開、または動画を限定公開しているときしか使うことができませんので注意してください。

そして動画の字幕を追加してもらいたい場合は、動画の説明欄などに字幕作成協力のリンクなどを貼り付けます。

字幕の作成協力リンクを説明欄へ

そうすると、自分以外でも動画の字幕を追加することができようになります。編集方法は今まで紹介したやり方と変わりありません。

他人の動画に字幕を追加する方法

他人の動画に字幕を追加するには、その人の動画が視聴者への翻訳依頼を有効にしていないと字幕を追加することが出来ません。

もし字幕を追加してもらいたい場合は、そのチャンネルの概要欄や動画の説明欄に翻訳字幕作成依頼のリンクが貼られているかと思います。

字幕を追加したい場合はそのリンクをクリックして、今回紹介した字幕の追加・編集方法を見て字幕の追加をしてみてください。

最後に

以上が、Youtube動画への字幕の付け方と編集方法の紹介でした。

  • 自分で字幕を新規追加する
  • 字幕ファイルをアップロードして字幕を付ける
  • 他の人に依頼して字幕を追加する

大きく3つの字幕の付け方がありますが、実質的に「自分で字幕を新規追加」と「他の人に依頼して字幕を追加」がメインの使い方となるでしょう。

他の人の動画に字幕を付けてみたい人は、動画の説明欄などを見て字幕作成リンクが貼ってないか確認してみてください。

  iPhoneもOK!Youtubeバックグラウンド再生アプリおすすめ5選
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪