Youtubeの通信制限前に!通信量を抑える対処法と節約アプリの紹介

Youtube面白いなー、ついつい毎日視聴しちゃう…あっ、データ通信制限にかかってしまった。

Youtubeを毎日視聴していると、こんな事を毎度のように体験してしまいます。データ通信制限がかかり、スマホの速度が1Mbpsを切ってしまったらもはやYoutubeの動画を見ることなんて不可能に近いです。

キャリアのデータ通信プランを契約していたとしても、ギガモンスターなどの契約でない限り、月の半ばには通信制限にひっかかります。ですが、Youtubeの設定を少し見直して改善してあげるだけで、劇的に通信量を抑える事が可能です。

そこで今回の記事では、Youtubeの通信制限前に必ずやっておきたい、通信料を抑える方法と通信量を少しでも抑えられるYoutube再生アプリの紹介をしていきます。

スポンサーリンク

通信量を節約する方法

Youtubeを公式アプリなどで視聴する場合は、次の設定を見直すことで通信量を節約することが可能です。

  • 動画の画質を下げる
  • Wi-Fiで動画を視聴する
  • ブラウザでYoutubeを視聴する

それぞれどのようにして設定すれば良いのかを詳しく解説していきます。

1.動画の画質を下げる

まずは動画の画質を下げて通信量を節約しましょう。Youtubeの公式アプリでは、動画の画質設定がデフォルト状態で「自動設定」になっています。ですので、自分のスマホの通信速度が結構速かったりすると、自動的に最高画質の720pや1080pに画質を上げられてしまいます。

そうするとデータの通信量が増えてしまい、あっという間に通信制限にかかってしまいます。ですので画質を標準、またはそれ以下の画質に設定して通信量を抑えましょう。

まずは動画再生画面の右上の三点リーダをタップします。

そうすると画質を選択できるアイコンが表示されるので、そのアイコンをタップ。現在の画質を確認してみると「自動設定」になっていたので、480pを標準画質だとすると、それ以下の144p~480pの間で画質を選択するといいでしょう。

音楽などを聞きたい時は720pはハッキリ言って通信量の無駄ですので、144pまで画質を落として視聴することをおすすめします。

ちなみに自動設定を選択していると、自分のスマホの通信環境に合わせて画質が選択されます。Wi-Fi環境でしたらほとんどが720p以上、スマホのLTE通信でしたら、480pか720pくらいが多いです。

ただし、自動設定は通信量の無駄になることが多いので、できればLTE通信で視聴するのでしたら480p以下に画質を落としたほうが通信量を劇的に抑えることができるのでおすすめです。

2.Wi-Fiで視聴する

次の通信量節約方法として、Wi-Fiで視聴することをおすすめします。通信制限がかかり、Youtubeが見れなくなったと嘆く人はモバイルデータ通信(4G/LTE)で視聴している人だけなので、これをWi-Fi接続に変えるだけで通信量はかなり抑えることができます。

スマホからWi-Fi接続に切り替える方法をiPhone、Androidを使ってそれぞれ解説していきます。

1.iPhoneで通信をWi-Fiに切り替える方法 その1

一番簡単な方法として紹介するのが、ウィジェットを呼び出してモバイルデータ通信からWi-Fiに切り替える方法です。

iPhoneを画面下部から上に向かってスワイプすると、ウィジェットが表示されます。

その中にWi-Fiのオンオフ切り替えショートカットがありますので、タップしてWi-Fiの接続を切り替えてください。

ですがこの方法だと、Wi-Fiの設定をしていない場合は利用できないので、次は設定画面からWi-Fiに切り替える方法を紹介します。

2.iPhoneで通信をWi-Fiに切り替える方法 その2

設定アプリを開き、「Wi-Fi」をタップします。もしまだ自宅等でWi-Fi接続をしていない場合は、ここでWi-Fiをオンにして、自宅のWi-Fiを受信してWi-Fiの設定をしましょう。

iPhoneを使ってモバイルデータ通信をWi-Fi接続に切り替える方法は以上となります。

3.Androidで通信をWi-Fiに切り替える方法 その1

まずは一番簡単な方法から。画面上部から下へ指をスワイプさせると色々なショートカットが表示されます。

その中にWi-Fiのオンオフ切り替えアイコンがありますので、タップしてWi-Fiをオンにしましょう。

その他にもAndroid7.0の機能かは不明ですが、Huawei nova liteの場合は画面右下から左上へ指をスワイプさせると色々なショートカットが表示されます。基本的には変わらないのですが、こちらのほうが若干かっこいいUIになっていました。

4.Androidで通信をWi-Fiに切り替える方法 その2

スマホでWi-Fiの設定をしていない場合は、設定画面からWi-Fiの設定をしてあげましょう。

まずは設定アプリを開き、「Wi-Fi」をタップします。

Wi-Fiのオンオフが切り替えられるので、オンにしましょう。オンにすると利用可能なネットワークに自宅のWi-Fiが自動的に表示されるので、あとはそのWi-Fiのパスワードを入力して接続を完了させてください。

一度Wi-Fiに接続すると、2回目以降はパスワードを要求されないので、ちょっと面倒ですがWi-Fiの設定はやっておきましょう。

家の中でスマホからYoutubeを視聴する場合はできるだけ自宅のWi-Fiに繋いでおくと通信量節約になるのでおすすめです。

ちなみにどうしてもWi-Fi環境が用意出来ない場合は、通信量無制限の格安SIMを利用するのもおすすめです。その中でも私がおすすめしているのが、1日5時間限定でデータ高速通信ができるnuroモバイルの5時間プランです。

nuroモバイルの5時間プランの詳細は下記ページにて紹介していますので、気になった方はチェックしてみてください。

nuromobileとは?特徴やメリット・デメリットを紹介!1日5時間プランがおすすめ

2016.10.14

3.ブラウザで視聴する

Youtubeのアプリで視聴するのと、SafariやGoogleChromeなどのブラウザで視聴する場合、デフォルトの状態では通信量が変わってきます。結論から言うと、何も設定しない状態でしたら、SafariやGoogleChromeなどのブラウザで視聴したほうが通信量を節約することが可能です。

なぜデフォルトの状態だとブラウザでの視聴が通信量の節約になるかと言うと、SafariやGoogleChromeなどでは画質の設定を行うことが出来なく画質がある程度落ちた状態で再生されるからです。通説では480pの標準画質になっているのではとも言われています。

一方でYoutubeの公式アプリでは、動画を再生するたびに画質が自動設定になっているので、スマホの通信速度に合わせた画質が選択されます。通信速度が速ければ速いほど画質は良くなってしまい、そのせいで通信量を抑えることができない状況になっています。

また、Youtube公式アプリでは毎回のように手動で画質を変更させないといけないため、ハッキリ言って非常に面倒。手間がかかるし、車で音楽などを聞いている時にいちいち画質を選択するのは危険です。

ですので、Youtubeのデータ通信量を節約したいのでしたら、SafariやGoogleChromeなどのブラウザから視聴することをおすすめします。もし、Wi-Fi環境で視聴する場合でしたらYoutube公式アプリで大丈夫です。

Wi-Fi時のみ高画質にする設定

Youtubeの公式アプリでは、Wi-Fiを使って視聴する場合だけに限り、HD再生(720p)にする設定をおこなうことが可能になっています。その設定方法を紹介します。

まずは、Youtube公式アプリを開き、右上のアカウント情報を開きます。開くと「設定」があるのでタップ。Youtubeという項目の中に「Wi-Fi時のみHD再生」のオンオフ切り替えができるので、オンにすると、モバイルデータ通信時にはHD(720p)再生されなくなります。

実際に動画を見て、この設定を使ってどの画質で再生されているのかを確認してみると、「携帯電話ネットワークでの手動画質選択はサポートされていません」と表示されるようになります(iPhone等のiOSのみ)。

ちなみにですがiPhoneやiPadのiOSからYoutube公式アプリを使うと、携帯電話ネットワークでは手動画質選択をデフォルトで行うことが出来ません。Androidの場合はモバイルデータ通信時にも手動で画質を変更することが可能です。iPhoneはちょっと不便です。

Androidでこの設定をおこなうと、デフォルトの画質が480pか360pあたりとなります。iPhoneの場合は画質を確認できないので、どの画質で再生がされているのかが全くわかりません。

通信量を抑えるアプリ【iPhone/Android】

Youtube公式アプリではなく特定のアプリを使うことで通信量を節約することが可能です。

通信量を節約できる機能をもつアプリを何点か紹介します。

Opera mini

Opera miniはブラウザアプリですが、通信制限がかかった時のための「mini」モードや、読み込みを速くする「Turbo」モードを持つ通信量の節約に便利なアプリです。Turboモードでは「ビデオブースト機能」という設定があり、これをオンにしてYoutube等の動画を視聴すると劇的に通信量を抑えることが可能です。

Safariで視聴したときと比べると約50%は通信量を節約できますので、通信制限が怖い方におすすめなブラウザアプリです。

>> iPhone(iOS)はコチラ
>> Androidはコチラ

人気ナンバーワンのバックグラウンド再生ができるアプリ 音楽動画プレイヤー for You Tube

このふざけた名前のアプリは、設定画面から動画のプレイヤー設定をおこなうことができ、事前に動画の画質を選択することが可能となっています。設定できる画質は「240p」「380p」「720p」の3つ。

車内でYoutubeの音楽を垂れ流す場合は事前に240pに設定しておけば通信量を抑えることができます。さらにこのアプリには、バックグラウンド再生やリピート再生機能などもついているので使い勝手はかなり良いです。ブラウザアプリによる通信量の節約に抵抗がある方はこのアプリを使ってみてはいかがでしょうか。

>> iPhone(iOS)はコチラ

Tube Player

Tube Playerはアプリの設定画面から高画質設定のオンオフを決められるアプリです。どの程度まで画質を落として通信量を節約するかはわかりませんが、動画を見た感じでは標準画質の「480p」以下にまで落ちているかなと感じました。

通信量を抑えるだけでなく、バックグラウンド再生もできるYoutube再生アプリなので、使い勝手はまずまずです。

>> iPhone(iOS)はコチラ

当サイトではその他にも、バックグラウンド再生出来るアプリやリピート再生機能のあるYoutubeアプリを記事としてまとめています。

iPhoneもOK!Youtubeバックグラウンド再生アプリおすすめ5選

2017.05.11

iPhone厳選!Youtubeをリピート再生できるアプリ5選

2017.05.11

最後に

以上が、通信制限がかかる前にやっておきたい、Youtubeの通信量を抑える対処法と、通信量節約アプリの紹介でした。

基本的にはブラウザから視聴すると通信量は節約できますが、使い勝手を考えると最初から画質を落として再生してくれるアプリを使ったほうがいいかもしれません。

  Youtubeのアプリが勝手に開く場合の対処方法!ブラウザで開きたい人必見
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。