iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

【アンケート調査】iPhone XR、どのカラーを買いたい?

View Results

Loading ... Loading ...

Youtube

YouTube動画を共有・シェアする方法/TwitterやLINEにも対応

投稿日:

YouTubeで気に入った動画を他の人に共有したり、Twitterなどでシェアしたい場合があると思います。そんな時に該当する動画のURLを直接貼るのもいいですが、YouTubeには動画のシェア機能が備わっているので、それを活用して動画の共有をすることをおすすめします。

そこで本記事では、YouTube動画をTwitterやLINEなどの共有する方法を解説。共有した動画の著作権には触れないのかなどの注意点も合わせて紹介しています。

スポンサーリンク

YouTubeの「共有」とは

YouTubeで動画を開くと、評価ボタンの横に共有ボタンがあります。これを押すとその動画をどのような形で共有するかを設定ができます。

YouTubeにおける共有とは、現在ユーザーが視聴している動画を他の人と一緒に見るための機能です。自分が見て面白いなと思った動画や、自分が配信している動画を色々な人に見て貰うために役立ちます。

特に動画を配信する側にとって、一人でも多くの人に見て貰うのは重要です。そのための宣伝として、共有は積極的に使っていくべきです。ですが、共有の正しいやり方を知っておかないときちんと効果は発揮されません。

YouTube動画の共有方法

YouTubeに投稿されている動画の正しい共有の仕方を説明します。

スマホ・パソコン両方のやり方を掲載しますので自分にあった方を選択してください。

一般的な共有方法

スマホ【iPhone/Android】

スマホのYouTubeアプリを開き、シェアしたい動画を再生。次に画面中央にある「共有」ボタンをタップします。

するとリンクの共有方法が表示されます。YouTubeアプリでは、YouTubeのアプリを経由してリンクを届けるのか、他のアプリを経由してリンクを届けるのか選択できます。まずはYouTubeのアプリを経由する方法を選択しましょう。

YouTubeでは招待リンクを送信する事で友達を追加する事が出来ます。友達登録したユーザーとは個人間のチャットが行えるようになり、共有した動画のリンクを張る事が出来ます。

次に他のアプリで共有する方法を説明します。今回は例として、LINEを選択します。LINEのアイコンをタップし、動画を共有したい相手かグループを選びましょう。

すると、チャット画面にYouTubeのリンクが表示されます。

他のアプリでも使い方はほとんど同じなので、試してみましょう。

パソコン(PC)の場合

パソコンでYouTubeを開き共有ボタンを押すと、共有方法が一覧となって表示されます。

上述した友達登録はまだYouTubeアプリにしか搭載されていないため、パソコンで共有するには他のソフトを使うか、短縮URLをコピーして相手に渡す必要があります。

例としてTwitterを選択した場合別ウインドウが立ち上がり、動画のリンクをツイートするかどうか尋ねられます。ツイートを押すと動画がTwitterのタイムライン上に表示されます。

以上が共有の一般的な方法になりますが、その他にパソコンには変わった共有方法があります。

再生時間を指定をして共有する方法

PC版では、共有した動画の再生時間、つまり場面を指定できるのです。数分の動画なら必要ありませんが、10分近い動画だと、どこが一番共感して欲しいのか曖昧になってしまうため、再生する場面を選べれば分かりやすくなります。

ブラウザを開き、共有したい動画を再生して共有をクリックします。

表示された項目の一番下にある、開始位置をクリックし時間を指定しましょう。これで他のソフトや、変更された短縮URをコピーして渡せば、あなたが指定した再生時間から動画はスタートします。

YouTube動画が共有できない原因

便利な機能の共有ですが、全ての動画で共有機能が使えるとは限りません。例えば、配信者が動画を非公開設定にしていると共有ボタンが表示されませんし、ブラウザがInternet Explorerだと、YouTubeに非対応のためリンクが正確に取れないというケースもあります。

ブラウザで視聴する場合は、Google chromeを始めとした、YouTubeに対応しているブラウザがオススメです。

スポンサーリンク

YouTube:共有と埋め込みの違い

YouTubeには動画を周りに教える方法として、共有の他に埋め込みという手段があります。これらは似ているようで少し違います。

YouTubeでは共有とは、動画のリンクをコピーして他の人に知らせる事であり、埋め込みとはウェブサイトに動画を埋め込むためのコードとなっています。リンクやコードと文字だけだと分かりにくいですが、共有リンクだとSNSに動画を一緒に表示でき再生時間を指定できます。一方で埋め込みコードだとSNS上では文字列しか表示されません。

共有の方が優れているように見えますが、埋め込みは自分でブログを開設している場合、動画の大きさや位置を自由に決められるというメリットがあります。どちらの機能にもメリットがあるため、自分にあった方を選びましょう。

YouTubeの「共有」に関するよくある質問

共有は著作権上問題ないのか

YouTubeに動画を上げるという行為は、動画配信者に著作権が発生します。そのため共有は著作権を侵害しているのではないかと気にするユーザーもいますが、問題ありません。この疑問に対して経済産業省の見解は、YouTubeで動画を共有する行為は、動画データを勝手に配信しているのではなく、リンクを配布しているため著作権の侵害には当たらないとしています。

噛み砕いていうと、動画のURLを書きこむ行為は何ら違法ではないという事です。ただし、その動画がテレビ番組、ドラマ、あるいは販売されたDVD映像といった、明らかに無断でアップロードされた動画であると、簡単に判断できる動画を共有すると罰せられる可能性は否定できません。

共有する時は、その点に注意しましょう。

Twitterなどで共有するとアップロード主に通知は行く?"

動画を共有したことは、動画配信者の元に「○○さんが貴方の動画をどこで共有しました」という具体的な情報は通知されません。しかし、YouTubeのクリエーターズツールには、投稿した動画のアナリティクスと言う解析機能があり、そこでカウントされます。個人が特定されることはありませんが、合計数として記録されてしまいます。

YouTube動画の共有方法まとめ

以上、YouTube動画を共有する方法についての解説でした。

仲間内で面白い動画を見せて回りたい時や、自分の動画を色々な人に見て貰いたい時に共有機能は大変役立ちます。一方で、明らかに無断アップロードしたと判断できる動画を共有して広めると罰せられる可能性も多少なりともあることに注意しましょう。

スポンサーリンク

-Youtube
-Youtube, シェア

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.