YouTubeの検索履歴削除と検索結果を残さない方法

YouTubeを閲覧する際は検索欄にキーワードを入力して動画を検索するのが一般的。

人の名前や動画の特徴となるキーワードを入力することで、見たい動画をピンポイントに探すことができてとても便利な機能です。

ただ、この検索した結果が履歴として残ってしまうのがネック。一度検索したキーワードは履歴に保存されることで、次回同じキーワードで検索をする時にすぐに候補として上がってくるようになっています。

誰かに見られるのが絶対に嫌な検索履歴があった場合どうするか…そこでこのページでは、YouTubeの検索履歴を削除する方法と検索結果を残さない方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

検索履歴を削除する方法

ここでは検索履歴を削除する具体的な方法を解説します。PCでの削除方法とスマホでの方法を載せていますので、自分の使っているデバイスに合わせて検索履歴の削除方法を試してみてください。

PCでの消し方

まずはPCでの検索履歴の削除方法から紹介していきます。

YouTubeトップ画面上の左側メニューにある「履歴」をクリックします。

履歴メニューが表示されますので、「再生履歴」「検索履歴」「コメント」という項目が表示されていますので「検索履歴」を選択してください。すると、検索履歴一覧が表示されます。ここでキーワードを個別に削除したい場合は検索ワードの右側にある「×」をクリックします。

検索履歴全体を削除したい場合は「すべての検索履歴をクリア」をクリックします。クリックするとポップアップメニューが表示されてますので、こちらでも「すべての検索履歴をクリア」をクリックして履歴の削除は完了です。

これでPCで検索履歴を削除できました。もう一度検索履歴一覧を見てみると、先程まであった検索履歴が全て削除出来ているのが確認できます。

スマホでの消し方

次はスマホの公式アプリから検索履歴を削除する方法を解説していきます。まず検索履歴から特定のキーワードのみを個別に削除する方法を紹介します。

公式アプリのトップページ上部メニューにある虫眼鏡のアイコンをタップします。すると検索履歴が自動で表示されますので、ここで削除したいキーワードを左にスクロールすると「削除」という項目が表れますので、こちらをタップします。

「削除」をタップした検索ワードはすぐに削除され履歴候補にも表示されなくなります。

スマホで全ての検索履歴を削除する方法

先程は検索履歴を個別に削除する方法を紹介したので、次はこの検索履歴を一気に全て削除する方法を紹介します。

まずは公式アプリトップページ上部に表示されている、自分のアカウントをタップします。次にアカウントページ中央にある「設定」をタップし、メニュー中央付近ある「検索履歴をクリア」をタップします。

検索履歴をクリアしますか?」と表示されるので「履歴を削除」をタップします。すると、自動で設定画面に戻り、画面の下に「検索履歴を消去しました。」と表示されます。

念のため、検索画面を開いてみると、先ほどまで表示されていた検索履歴が削除されたことが確認できます。

検索履歴を残さない方法

もしも今後、全ての検索履歴を残さないようにしたいと思った場合は、次に紹介するやり方で検索ワードが履歴に残ることなく他人に見せても安心できる環境を作ることができます。

PCでのやり方

まずはYouTubeトップ画面左側の「履歴」をクリックします。

「検索履歴」を選択して、下に表示されるメニューの右側に表示される「検索履歴を記録しない」をクリックすれば設定完了です。

もしも検索履歴を残したくなった時がきたら同じボタンが「検索履歴を再開」と表示されているので、こちらをクリックすれば完了です。

スマホでのやり方

スマホ公式アプリでの設定も簡単です。

まずは公式アプリトップ画面上部のアカウントをタップします。アカウント画面中央の「設定」をタップし、画面中央下付近に「検索履歴を一時停止」という項目がありますので、こちらをタップします。

すると、スイッチがオンになり画面下部に「検索履歴を停止しました」と表示されます。

これで検索履歴を事前に残さないようにする設定は完了です。

検索履歴と再生履歴の違い

YouTubeには「検索履歴」と「再生履歴」という2種類の履歴がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

検索履歴は過去に検索したキーワードを蓄積しておくもので、ユーザーが再び同じキーワードで検索をしようとした時に予測候補に素早く表示されるような仕組みになっています。

再生履歴は、過去にユーザーが再生した動画の履歴を蓄積することでYouTube内にある関連動画などをユーザーに「おすすめ動画」として提供するために活用されています。

両方ともユーザーがより便利にYouTubeを活用できるようにしていることに変わりありませんが、情報の使われ方が違います。

いずれにしてもデフォルトの設定のままだと履歴として情報が残ってしまうので、抵抗のある方は事前に履歴を残さない設定にしておくと良いでしょう。

再生履歴の消し方の詳しい手順は下記ページにて紹介していますのでご参考までにどうぞ。

YouTubeで再生履歴を削除する方法と履歴が残らない時の対処方法

2017.07.06

最後に

以上が、YouTubeの検索履歴削除方法と検索履歴を残さないようにする方法の紹介でした。

検索履歴を誰かに見られる場面は少ないと思いますが、心配な方は事前に検索履歴を残さないように設定するか、都度履歴を削除しておきましょう。

  Youtubeの限定公開とは?「公開」「非公開」との違いを解説
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪