YouTubeで再生履歴を削除する方法と履歴が残らない時の対処方法

YouTubeを見ていると、自分の再生履歴や検索履歴のキーワードに関連する動画がおすすめ動画として表示されます。

マッチング機能と呼ばれる、その機能は年々、精度が向上していて今では本当に好みを知っているのではないかと思うほど正確に興味のある動画を勧めてきます。

ただ好みの動画ばかりを見ていると、再生履歴が残っている限り、いつの間にかYouTubeのトップページが偏った趣向の動画ばかり表示されてしまうことに…。

そこで今回は、YouTubeの再生履歴を削除する方法と、再生履歴が残らない時の対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

 再生履歴に関するTIPS

 再生履歴は他人からバレる?

まず初めに一番気になるのが、YouTubeの再生履歴が他人にバレるかどうかです。結論から言うと他人から再生履歴がバレることは絶対にありません。

ただし一つ気をつけてもらいたいのが、自分のチャンネルページの概要についてです。 このチャンネルページには、デフォルト状態で自分が高く評価した動画や登録したチャンネル、作成した再生リストが表示されてしまいます。

このチャンネルページから自分の趣味嗜好が他人からバレてしまう可能性があるので、できればチャンネル設定のプライバシーを「本人のみ視聴可能」にして他人に見られないように非公開にするのがベストです。

非公開方法は簡単で、自分のチャンネルページを開きチャンネル登録ボタンの横にある歯車アイコンをクリックします。すると、チャンネル設定のポップアップ画面が表示されるので、プライバシー欄を全て非公開ONにチェックを入れて完了です。

これで他人から自分の趣味嗜好がバレることはなくなるので、他人にバレるのが嫌な方は絶対に設定しておきましょう。

再生履歴を表示する方法

次に、YouTubeの再生履歴がどこに表示されているのか知らない方もいると思いますので、ここで紹介しておきます。

PC版YouTube

まずはPC版YouTubeから。YouTubeトップ画面の左側メニュー内の中央辺りに「履歴」という項目がありますのでクリックしてください。すると自分の再生履歴を確認することが出来ます。

赤枠で囲んだものが再生履歴です。ここには過去に再生した動画がズラッと並びます。

もしも再生履歴を削除する前に「前に見たあの動画だけは保存しておきたいな」と思った方は再生履歴一覧をスクロールして探すのではなく、画面右上の青枠で囲んだ「再生履歴を検索します」からキーワードで検索すると良いでしょう。

こちらは再生履歴のみを検索してくれますので、過去に見た動画を効率的に探し出すことができます。

スマホアプリ版YouTube

次にスマホの公式アプリでも再生履歴を表示してみましょう。

YouTube公式アプリのトップページ画面右下にある「ライブラリ」をタップします。画面の一番上に「履歴」と表示されますので、こちらをタップして履歴画面に進みます。

すると、履歴が表示されました。

ここでも再生履歴一覧から動画を検索できるように画面の一番上には「再生履歴を検索します」が表示されています。必要に応じて動画を検索して保存すると良いでしょう。

再生履歴を削除する方法

それでは本題のYouTubeの再生履歴を削除する方法を解説します。

デフォルトの状態では再生履歴が残るようになっていますので、状況に応じて削除をしてみてください。

PC

YouTubeトップページから画面左側中央にある「履歴」をクリックします。

もしも特定の動画のみ削除したい場合は動画の右側にある「×」をクリックすると個別に動画を削除できます。

全ての再生履歴を削除したい場合は、赤枠の「全ての再生履歴をクリア」をクリックします。

最終確認のポップアップが表示されますので「すべての再生履歴をクリア」をクリックして作業完了です。

削除すると自動で再生履歴の画面に戻ります。

先ほどまであった再生履歴は綺麗に削除されていることが確認できますね。

スマホアプリ

スマホ公式アプリでも再生履歴の方法を見ていきましょう。まずはスマホ版公式アプリトップページ画面右下の「ライブラリ」をタップし、次の画面の一番上に表示される「履歴」をタップします。

すると再生履歴が表示されますので、特定の動画のみ再生履歴から削除したい場合は赤枠のボタンをクリックします。ポップアップメニューが表示されるので「【再生履歴】から削除」をタップして動画を削除します。

全ての再生履歴を削除したい場合は青枠のボタンをタップします。ポップアップメニューが表示されますので「再生履歴をクリア」をタップして履歴の削除は完了です。

簡単な設定で再生履歴を削除できることが分かりました。

再生履歴が残らない時の対処方法

もしかすると人によっては再生履歴が残らないので困っているパターンもあるかと思います。そんなときは再生履歴が一時停止になっていないか確認しましょう。

再生履歴画面を開くと、履歴一覧の一番上に2つのボタンがあります。そのうちの一つが「再生履歴の記録を再開」と表示されている場合は、再生履歴が残らないように設定されています。

このボタンをクリックすると再度再生履歴の記録を再開して、今度はボタンが「再生記録の一時停止」ボタンに変化します。

もし、再生履歴が残らないで困っている場合は、一度この部分の設定を見直してみてください。

最後に

以上が、YouTubeの再生履歴を削除する方法と履歴が残らない時の対処方法の紹介でした。

再生履歴は他人からバレることはないですが、自分の登録したチャンネルなどは他人からバレることがありますので、見られたくない人はきちんと設定してあげましょう。

検索履歴を削除する方法と検索結果を残さない方法もコチラの記事にて紹介しています。

YouTubeの検索履歴削除と検索結果を残さない方法

2017.07.07
  Youtubeのブロック解除方法!iPhone等のスマホでは若干やり方が異なる
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪