Youtube

YouTubeで投げ銭するには?初心者向けに方法を徹底解説!

投稿日:

好きなYouTuberの生配信などを見ていて、投げ銭をしている人を見たことのある方も多いですよね。

中には「YouTubeの生配信で投げ銭してる人がいて羨ましい!私もやってみたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、YouTubeの投げ銭のやり方を知りたい初心者の方に向けて、投げ銭する方法について分かりやすく徹底解説しています。

YouTubeでは100円〜50,000円単位で配信者に投げ銭ができる

YouTubeのモバイル向けアプリにおいて、投げ銭ができるようになったのは2017年のことでした。

当時はYouTubeのチャンネル登録者数が1万人以上のユーザーのみ開放されていましたが、現在は誰でも簡単に投げ銭を行うことができます。

投げ銭の額は「100円〜5,000円」の範囲で設定されており、自分が応援したい!と思っている配信者に向けて投げ銭できる仕組みになっています。

正式名称はスーパーチャット(スパチャ)

YouTube上で投げ銭を行うシステムの正式名称は、スパチャと呼ばれており、文字通りスーパーチャットという意味で使われています。

スパチャと言われたら単純に投げ銭システムのことなんだなと理解しておくようにしましょう。

YouTubeで投げ銭をするメリットとは?

「YouTubeで配信者に向けて投げ銭をしたい!」と考えている方も多いかもしれませんが、具体的にどのようなメリットがあるのか理解しているでしょうか。

メリットを自分で理解できていないのに、投げ銭をしてしまうと、無駄にお金を使ってしまうことになってしまいかねません。

投げ銭をする際のメリットとして考えられるものは、主に以下の2つです。

  1. 配信者に覚えてもらえる
  2. 直接プレゼントできる

配信者に覚えてもらえる

投げ銭をすると、チャット内では自分が送った金額がチャットで表示されます。

配信者側も誰がいくら投げ銭をしてくれているのかを確認することができるため、あなたのユーザーネームは必ず目に入ります。

投げ銭をしたタイミングで、好きな配信者に自分の名前を読み上げてもらえることもありますよね。

配信者に自分の名前を覚えてもらうためにも、投げ銭をするのはかなり有効でしょう。

直接プレゼントできる

配信者に「何かあげたい!」と思っても、普段は画面上でしか見ることができないため、直接プレゼントを送るのは、なかなかハードルが高いですよね。

事務所宛にファンレターを送ったりすることはできますが、作成するコストを考えると少し面倒に思う方も多いはず。

しかし投げ銭であれば、配信者に向けて直接分かりやすい「お金」という形でプレゼントできるため、とても手っ取り早いですよね。

直接モノをプレゼントすることができるのは、投げ銭における大きな魅力の1つであるため、ぜひ好きな配信者がいる方は投げ銭してみるようにしましょう。

YouTubeでの投げ銭はすべてのYouTuberに投げられる訳ではない

しかしYouTube上で投げ銭を行う際には、全てのYouTuberに対して投げ銭ができる訳ではありません。

投げ銭ができるYouTuberは条件を満たしている場合のみに限られているため、そのYouTuberは投げ銭ができる条件が整っているのか確認してみてください。

YouTubeで投げ銭するために配信側が満たしておくべき条件5つ

投げ銭をするためには、配信者側が以下の5条件を満たしていることが求められます。

  1. 収益化ポリシーへの準拠
  2. YouTubeパートナープログラムを利用可能な国や地域に居住していること
  3. 有効な公開動画の総再生時間が直近12ヶ月で4,000時間以上
  4. 登録者数が1,000人以上
  5. 関連するGoogle AdSenceリンクを保持していること

これら全てを満たしていた時に初めて、配信者側がスーパーチャットを行うことができるようになります。

どれだけ好きなYouTuberがいたとしても、まだ初めて日が浅かったり、人気がない方の場合は、そもそもスパチャで支援する条件を満たしていないことも。

人気YouTuberは問題ないかもしれませんが、あまり有名ではない方の場合は、投げ銭すること自体が不可能であるということを覚えておきましょう。

YouTubeでの投げ銭の始め方

配信者側の条件が整っていれば、YouTubeで投げ銭を始めるのは非常に簡単です。

数百円でも投げ銭するだけで、簡単に日頃の感謝の気持ちを示せるので、ぜひスムーズに投げ銭してみましょう。

YouTubeでログインする

まず大前提としてYouTubeアカウントが無ければ、投げ銭をすることは出来ません。

YouTubeでログインするには、

  • Googleでアカウントを作る
  • Googleアカウントに紐づけてYouTubeアカウントでログイン

という手順を踏むだけで簡単にチャンネルにログインできます。

まだアカウントを持っていないのであれば、すぐにチャンネルを作ってみましょう。

配信画面のコメント入力画面で「¥」マークを選択

YouTuberの生放送配信画面に入ると、画面右側にコメント入力欄が表示されますよね。

コメント入力画面の左下に「¥」マークを選択すると、

  • Super Sticker
  • Super Chat
  • メンバーになる

の3つの選択肢が表示されるため、上から2番目の「Super Chat」を選択します。

金額とメッセージを入力

金額を入力することができる画面に移行するため、下の金額スライダーを動かして金額を設定し、合わせて応援のメッセージも入力しておくと、より気持ちが伝わるでしょう。

送信

金額を入力して応援メッセージを入力すれば送信準備完了。

あとは「購入して送信」を押すだけで簡単に、お金を送ることができるようになります。

金額を間違えてしまった場合は、後から取り消すことは難しいので、しっかり自分で金額を確認してから送信するように心がけましょう。

YouTubeで投げ銭する前に設定しておくべきこと

いざ投げ銭をしよう!と思ったタイミングで投げ銭ができなくなってしまわないように、設定する上での注意点が2つ存在します。

投げ銭するタイミングで、改めて設定し直さなければならないのは、かなり面倒なので必ず予め設定しておくことをおすすめします。

YouTubeアカウントを作成しておく

まずYouTubeアカウントを作成しておかないと、生配信画面のコメント欄でコメントする段階で引っかかってしまいます。

YouTubeアカウントを作成しておくと、その後もかなりスムーズに業務を行うことができるため、必ずアカウント作成は終えておきましょう。

支払い方法を決めておく

投げ銭の支払い方法は、

  • クレジットカード
  • バンドルカード
  • デビットカード
  • PayPal

の4つだけです。

その他の電子マネーなどは利用することが出来ないため注意が必要です。

PayPalやデビットカードは残高不足の場合、投げ銭を行うことができないため、必ず残高があるかどうか予め確認しておく必要があります。

何か特別な理由がない限りは、クレジットカードにしておくのが1番無難なので、まずは一旦クレジットカードで設定しておくことをおすすめします。

YouTubeの投げ銭の還元率!配信者に還元されるのは◯%?

あなたが投げ銭をしたお金は、残念ながらそのまま全額が配信者に還元される訳ではありません。

投げ銭をした分のお金は、全体の6~7割のみが配信者に入ると言われており、3~4割分はYouTube側が手数料として徴収する形になっています。

中には、自分が配信者に向けて投げたお金が「なんでYouTubeから天引きされてるの!」と怒りを覚えている方もいるかもしれません。

しかしYouTubeは基本的にプラットフォームビジネス。

投げ銭によって配信者の収益に貢献できるものの、一部分がYouTubeに持っていかれてしまうのは仕方ないことなのだと受け止めることも重要です。

YouTubeの投げ銭機能を使って配信者に注意を引いてもらおう!

今回はYouTubeの生配信において、どうやって投げ銭を行うのかについて具体的に解説してきました。

投げ銭を行うことによって、配信者に注意を引いてもらうことができ、直接プレゼントを送ることができるのは大きなメリット。

ただ予め必要最低限の設定をしておかないと、投げ銭をする際にもスムーズにいかないかもしれません。

好きな配信者がいる方は、ぜひ積極的に投げ銭機能を使って、配信者に注意を引いてもらうよう心がけましょう。

YouTubeの使い方をもっと知る
YouTubeの使い方まとめ

-Youtube

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.