YouTubeの画質が悪い原因と対処方法。アップロード側の問題も【PC/スマホ】

YouTubeを見ているといきなり画質が悪くなる現象が多々起こります。特にスマホ(iPhone/Android)からYouTubeの動画を見るときはその傾向が顕著に現れて、時間帯によってはYouTubeが見れたもんじゃないと感じる人もいるでしょう。

しかし画質の悪い原因は自分の環境による影響であったり、自分ではどうしようもできない場合もあります。

そこでこのページでは、YouTubeの画質が悪い原因と対処方法を紹介しています。YouTubeの画質が悪すぎて視聴に耐えられない方は必見です。

スポンサーリンク

YouTubeの画質が悪くなる原因とは

YouTubeでは、インターネット接続の通信速度に依存して画質が自動的に変更されるようになっています。そして、パソコンではネット回線が混み合う時間帯などに自動的に画質が低下します。

スマホでYouTube動画を見る時は、「3G/4G/Wi-Fi」などの通信環境の変化と通信速度によって画質が変化しています。

もし、Wi-Fiに接続しないでYouTubeを見ていると高速回線(4G)の速度制限に引っかかってしまい、3Gでの接続になるため動画の再生がスムーズにできなかったり、高画質でYouTubeの動画を見られなくなってしまいます。

手動で高画質設定にしても、データ通信の速度が間に合っていないので途中で再生が止まってしまう現象が頻繁に起こることもあります。これはYouTube側の原因というよりも、自分のスマホの通信速度が遅いことが原因として挙げられます。

そして、YouTubeを快適に視聴したいのでしたら、最低でも1.2mbps以上の通信速度が必要だと言われています。

投稿者のアップロード時の画質も原因

YouTube動画の画質が悪くなる原因は自分以外にもあります。それは動画投稿者のアップロード時の画質です。

元々の動画の画質が低い場合は、YouTubeニアップロードしても高画質の720p等で動画を視聴することはできません。なので、自分で画質の調整などしても絶対に画質は改善しないのです。

こればっかりはどうしようもないので、投稿者に高画質版はないのかコメントやメッセージを送ったりしてお願いするしかありません。

YouTubeの画質が悪いときは手動で画質変更しよう

先程少し触れましたが、実はYouTubeでは画質を意図的に変更することが出来ます。デフォルト状態ですとYouTubeの画質はあっち側で自動識別して動画が止まらない程度の画質に調整してくれるので便利と言えば便利です。

しかし、それでも最適な画質になっていないこともあるので、あまりにも画質が悪い場合は手動で画質を変更してあげましょう。

PCでの変更方法

先にパソコンでYouTubeの画質を変更する方法を解説します。電波状況の応じて画質を自動で調整するのではなく、固定して動画を楽しみたい時にはこれから説明する設定をすることで、画質を固定して動画を再生することができます。

まずはYouTubeの動画ページで動画上にマウスカーソルを合わせて、メニューを表示させてください。

メニューが表示されたら、赤枠の「設定」マークをクリックします。するとポップアップメニューが表示されるので、そちらから「画質」を選択します。

画質」の中にある画質の設定項目は動画によって変わります。高画質の動画を再生したい場合は数字の横に「HD」と書いてあるものを選ぶことをおすすめします。画質の選択が完了したら、再び設定マークをクリックします。

これで画質が高画質に固定されました。

インターネットの回線速度に問題がなければ、高画質動画を途中で止まることなく楽しむことができます。

スマホ(iPhone)での変更方法

iPhone版のYouTubeの公式アプリではWi-Fi接続時のみ、画質が選べるようになりました。ここでの画質の設定方法の解説は、Wi-Fiを接続していることを前提で解説しています。

3Gおよび4Gでの接続時は画質の変更ができず、全てYouTube側での自動画質設定となります。

YouTube動画の再生画面です。再生されている画面に触れると動画メニューが表示されます。画面右上にある設定メニューをタップします。するとメニューが表示されますので「画質」を選択します。

画質が表示されるので、高画質でYouTube動画を再生したい方は720p以上の画質を選ぶことをおすすめします。

720pがどれほどの画質かというと、一般的なDVDと同じレベルの画質と言えます。DVDと同じ画質でしたら、細部までぼやけることなく、くっきりとした映像を見ることができますね。スマホからYouTubeを見るのでしたらこの程度で充分だと思います。

ちなみにWi-Fiに接続されていない時に上記の設定をしようとしても断られてしまいますので、画質を高画質に固定したりする際は動画を再生する前にWi-Fiに接続することを忘れないようにしましょう。

最後に

以上が、YouTubeの画質が悪い原因と対処方法の紹介でした。

画質の自動設定は便利といえば便利ですが、シークの進みを重視して必要以上にYouTube側が画質を下げてしまう時もあります。そういった時に画質が悪くなったなと感じると思うので、今回紹介した方法で高画質に戻してあげるのも良いでしょう。

  Youtubeの通信制限前に!通信量を抑える対処法と節約アプリの紹介
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。