Youtubeのアプリが勝手に開く場合の対処方法!ブラウザで開きたい人必見

みなさんはYoutubeをiPhoneやAndroidのスマホから視聴する場合に、何を使って視聴しているでしょうか。おそらくはYoutubeの公式アプリを使って視聴している人が多いと思いますが、人によってはSafariやGoogle Chromeなどのブラウザで開いて視聴している人もいるでしょう。

ですが、いつの間にかブラウザでYoutubeを開いたはずなのに、勝手にYoutubeアプリが開くようになってしまった人もいるようです。

そこで今回は、Youtubeのアプリが勝手に開く場合の対処方法を紹介します。Safariなどのブラウザで開きたい人は必見です。

スポンサーリンク

Youtube公式アプリのバージョンアップで勝手に開くように

今まではブラウザで開くことができたのに、いきなりYoutubeアプリが勝手に開くようになってしまった。

それはいつ頃からなのかと言いますと、Youtubeのアプリがバージョン12.11にアップデートされてからブラウザではなくアプリで開くようになったみたいです。iPhoneでのアップデート履歴となりますが、おそらくAndroidでも同じようなアップデートが行なわれているはず。

便利と言えば便利なのですがアプリで開きたくない人もいるのに、今回の強行策を取られてしまうのはいささか残念で仕方がありません。できればアプリの自動起動はオフにしてブラウザで見たい場合もありますよね。

まぁ対処方法自体アップデート履歴に載っていますので、その手順通りにやるとブラウザから開くことができるようになります。

引き続きブラウザでYoutubeを表示したい場合は、リンクをタップして画面上部の[youtube.com]をタップします

では実際にブラウザでYoutubeを開いた時にブラウザで見る方法の手順をご紹介していきます。

Youtubeが勝手に開くのを防ぐ方法

今回はiPhoneからSafariブラウザを使ってYoutubeを開きたいと思います。まずは動画をSafariで検索しましょう。

そして検索結果に表示されている動画をタップしてください。

すると、Youtubeアプリが勝手に開くのでSafariブラウザに戻るように操作をしましょう。

Youtubeアプリの上部に「< Safariに戻る」「youtube.com >」のどちらかをタップするとSafariでのYoutube再生画面へ戻ることが出来ます。戻ったらその状態で再生をしてみてください。問題なく再生されるはずです。

Safariに戻る or youtube.comが表示されない場合

Youtubeアプリが勝手に開かれた時、上部のyoutube.comやSafariに戻るが表示されないことがあります。これは、Youtubeアプリを少し放置してしまうと自動的に消えてしまうので、再生画面をタップしたりしてください。

画面を少しずらしてあげると再生画面の裏にはきちんと表示されています。単純に表示順序が入れ替わっただけですね。

最後に

以上が、Youtubeアプリが勝手に開く場合の対処方法の紹介でした。

ブラウザで開きたい場合はぜひこの方法を試してみてください。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪