キャンペーン

ヤングモバイルがおすすめな理由や評判/当月キャッシュバックが激熱

Y!mobile(ワイモバイル)は公式オンラインストアでキャッシュバックキャンペーンを行っていません。そのため、契約の際にキャッシュバックがある正規代理店を探していた方も多いのではないでしょうか。しかし実際は正規代理店はほとんどなく、数少ない代理店もキャッシュバックを行っていませんでした。。

これまでそんな事情がありましたが、2019年8月頃から新しくワイモバイルの正規代理店「ヤングモバイル」が登場しました。この正規代理店はキャッシュバックを貰うことが出来るため、ワイモバイル契約時に重宝する存在になるでしょう。

そこで本記事では、ワイモバイルの正規代理店「ヤングモバイル」について徹底紹介。利用者の評判や口コミもまとめていますので、利用するかどうかの判断材料として頂ければ幸いです。

ヤングモバイルとは?サービス内容を徹底紹介

ヤングモバイルは、SoftBankの正規代理店でおなじみの「おとくケータイ.net」を運営する日本企業開発支援株式会社が”ワイモバイル正規代理店”として2010年に設立したサービスです。

「おとくケータイ.net」のキャッシュバック還元額には驚かされた方も多かったと思いますが、日本企業開発支援株式会社は今回のヤングモバイルでもかなり強力なキャンペーンを実施。

おとくケータイ.netで培ったノウハウが、ワイモバイルの代理店としても活かされているので「サービス当初によくあるトラブルなどもヤングモバイルでは少ない」と、かなり評判もいいようです。

【300×250】ヤングモバイル

公式ページ:https://young-mobile.net

ヤングモバイルが販売する「ワイモバイルのスマホ」ってちゃんと繋がる?料金は?

格安スマホでまず気になるのは「ほんとに繋がるの?」「どこまで安くなるの?」というところ。

まずはワイモバイルの電波の繋がりやすさと、ヤングモバイルを通してワイモバイルを契約した場合の料金を調べてみました。

ワイモバイルの電波はちゃんと繋がるの?

格安スマホと聞くと「安かろう悪かろうなんじゃ…?」と思う方もまだ多いかと思いますが、ワイモバイルはその点で心配はいりません。

なぜなら、ワイモバイルはソフトバンク株式会社が運営するソフトバンクに次ぐブランド(キャリア)だから。実際ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を使っているため、品質の差はほとんどありません。ワイモバイルが「他の格安スマホのように回線速度が落ちない」といわれているのはそのためです。ライフラインになりつつあるスマホだからこそ、安心して利用できるのが一番ですね。

ヤングモバイルの月額料金とデータ容量

ヤングモバイルは正規代理店なので、ワイモバイルと全く一緒のスマホプランがあります。新規もしくはソフトバンク回線以外からの乗り換えで、次のような料金プランを適用することができます。

プランSMR
基本料金2,680円3,680円4,680円
新規割 適用1,980円2,980円3,980円
新規割 + 家族割orおうち割1,480円2,480円3,480円
プラン名プランSプランMプランR
基本データ容量3GB9GB14GB
データ増量オプション適用4GB12GB17GB

その他、全てのプランに国内通話10分間無料オプションがついています。2019年9月時点ではスマホプランでしたが、10月1日からスマホプランが無くなって新しいスマホベーシックプランに移行されました。

6ヶ月間の料金が安い理由は、新規割が適用され半年間月々700円割引されるからです。また、新規契約もしくは他社からの乗り換え(MNP)や契約変更でデータ増量オプション無料キャンペーンも適用されます。

このように、ヤングモバイルではワイモバイルのサービス内容をそっくりそのまま反映できます。もちろん新規割、家族割などのキャンペーンも適用することが可能です。

取り扱いスマホ一覧

SIMカードだけの契約ではなく、ヤングモバイルは基本的にスマホセットでの契約が必要です。2019年10月時点で用意されている端末は次の8機種。

  1. iPhone 7(スマホ7)
  2. iPhone 6s(スマホ6)
  3. SONY Xperia 8
  4. HUAWEI P30 lite
  5. HUAWEI P20 lite
  6. かんたんスマホ
  7. Android One X5
  8. Android One X4
  9. Android One S5

その他にも気になっている機種がある場合は、問い合わせをすれば在庫確認をしてくれます。

おとくケータイ.netからの流れですが、iPhone系は全て文言を変えて掲載しています。理由は不明ですが、別の言葉で書かれていてもなんとなくどの機種か推測できると思います。

ワイモバイルの最新端末が基本的にヤングモバイルでも取り扱われています。ワイモバイルのおすすめ機種は下記記事にスペックと同時に詳しくまとめていますので、参考までに。

ヤングモバイル最大のメリットは最短当月キャッシュバック振り込み!

ヤングモバイルを使う理由は唯一つ。それはキャッシュバック最大10,000円が現金で貰えるからです。

おまけにヤングモバイルは特典を還元してもらう期間が2週間後と決まっており、契約してから1年後というような気が遠くなる日数を待たなくて良いのが最大のメリットです。キャッシュバック特典の受け取り日は、契約日で次のように変わります。

  1. 1~15日に契約した場合、当月末日に振り込み
  2. 16日以降に契約した場合、翌月15日に振り込み

最短2週間、最長でも1ヶ月の振り込み期間なので、他のキャッシュバック特典を提供しているサービスと比較すると良心的であることは間違いありません。

スマホとセットで購入すると還元額は10,000円ですが、SIMのみ契約だと5,000円のキャッシュバックであることに注意してください。

キャッシュバック特典の受け取り条件

キャッシュバック特典の受け取り条件は、スマホセット契約とSIMカードのみ契約で異なります。

スマホセットの特典受け取り条件

スマホセットの場合、受け取れるキャッシュバック特典は10,000円。

受け取りの条件は、まず最初に「スマホベーシックプランR」に加入すること。スマホプランRは31日後から自由に変更することができますが、プラン変更の適用が最短で3ヶ月目となるので最初に2ヶ月間はやや高めの金額を支払わなければなりません。

もしあなたが本来スマホベーシックプランSに加入したい場合、2ヶ月間はスマホベーシックプランRで過ごさなければならないので、6,000円の料金がプラスされます。ですが、キャッシュバックを受け取れば結果的にペイできるどころか、ワイモバイル公式サイトで契約するよりも4,000円お得になります。

スマホセットの特典受け取り条件

  • 最低ワイモバイルを1年間使うこと
  • 最初はスマホベーシックプランRに加入すること

SIMカードのみの特典受け取り条件

SIMカード契約の場合、受け取れるキャッシュバック特典は5,000円。

スマホセットのようにスマホベーシックプランRへの加入は必要ありませんが、31日間はプランを落としてはいけないことが受け取り条件になります。

例えば、最初にスマホベーシックプランMにしたけれども、契約してから2週間後にスマホベーシックプランSに変更してしまった場合は特典受け取りの対象外です。最初からスマホベーシックプランSに加入している人であれば、特に支障はない受け取り条件でしょう。

SIMのみ契約の特典受け取り条件

  • 最低ワイモバイルを1年間使うこと
  • 31日間は契約プランをランクダウンさせてはいけない

【300×250】ヤングモバイル

公式ページ:https://young-mobile.net

ヤングモバイル契約時に注意したいこと

ヤングモバイルを使ってワイモバイルと契約するに当たり、いくつか注意すべき点があります。

機種変更はキャッシュバックの対象外

機種変更の場合、ヤングモバイルではキャッシュバックの対象外となるので注意してください。

キャッシュバックを受け取るには、新規契約もしくは他社からの乗り換え(MNP)が必須です。スマホセットもSIMカードのみ契約でも同様の条件になります。

ワイモバイル公式オンラインストア限定キャンペーンは適用外

ワイモバイル公式が行っているキャンペーンは基本的にヤングモバイルでも適用できます。例えば、データ増量オプション無料キャンペーンや、ワンキュッパ割などです。

その一方で、ヤフーモバイルやワイモバイル公式オンラインサイト限定で行われているキャンペーンは、ヤングモバイルで適用外になります。例えば、2019年9月だと次のような限定キャンペーンが行われていました。

  • PayPayボーナスライト15,555円プレゼント
  • 5周年キャンペーン全般
  • 5のつく日特典!PayPayボーナスライト5,555円プレゼント
  • ゾロ目の日特別セール
  • ヤフオク落札とSIMカード契約でPayPayボーナスライト最大20,000円プレゼント

これらの特典は、ヤフーモバイルもしくはワイモバイル公式オンラインサイト経由の契約でしか適用ができません。ヤングモバイルは全てのキャンペーンを適用できるわけではないことを認識しておきましょう。

適用できる公式キャンペーン

次のワイモバイル公式キャンペーンは、ヤングモバイルでも適用されます。

  • 家族割引
  • おうち割光セット
  • 下取りプログラム
  • ワンキュッパ割
  • SIM単体契約特別割引
  • 月額割引

公式オンラインストアのPayPayポイント付与などが必要ない人は、これだけ割引が適用されるなら問題ないと思います。

ヤングモバイルの評判・口コミ

ヤングモバイルはあくまで代理店なので、Twitterや5chなどを見ても実際に利用してみたという書き込みはあまりありません。

しかしヤングモバイルの扱うワイモバイルのクチコミはたくさんみつかりました。

料金的には安いというクチコミが多く、使い心地に関しては満足しているという声が多く見受けられました。

ヤングモバイルの申込みの流れ

ヤングモバイルはオンライン限定の代理店なので、ヤングモバイル公式サイトから申し込むことができます。
※店舗での契約はありません。


● ヤングモバイル申し込みの流れ ●

  1. 使用中のキャリアからMNP予約番号を取得する
  2. 公式申込みページから申し込む
  3. 利用情報を登録&各種書類を提出
  4. 電話をかけて開通する

ワイモバイル公式オンラインストアのように入力フォーム一つで済ませられないので、申込みから契約完了までやや時間がかかりましたが、お得さを考えると許容範囲でした。

1.MNP予約番号を取得する

まず初めに、使用中のキャリアでMNP予約番号を取得します。

電話番号を引き継いでヤングモバイルで使用するため、MNP予約番号を使用します。ドコモ・auはキャリアのマイページ(My docomo、My au)から取得可能で、ソフトバンクは電話取得が必要です。(ドコモ・auでも電話取得は可能)

各キャリアのMNP予約番号取得窓口はこちら。

● MNP予約番号取得の受付窓口 ●

  • docomoの受付窓口:0120-800-000
  • auの受付窓口:0077-75470
  • Softbankの受付窓口:0800-100-5533

※9時~20時受付


取得したMNP予約番号は取得日を含めて15日のみ有効なので、取得後は早めに申し込みするのが良いでしょう。

MNP予約番号を取得する際に安いプランや割引の提案を受けることもありますが、それを含めて検討してもワイモバイルの方が安いので、しっかりと断ることが大切です。

【注意!】SIMロックは乗り換え前に解除しておく

乗り換え前に使っていたスマホをワイモバイルでも使いたいという場合は、申し込み前にSIMロックを解除しないといけません。

SIMロックの解除は店頭では手数料3000円ですが、各キャリアのマイページ(My docomo、My au、My SoftBank)なら無料なので、こちらがおすすめです。

2.ヤングモバイルに申し込む

MNP予約番号取得後は公式ページの「お問い合わせ・お申し込み」から申し込み開始。

名前、電話番号、アドレスなどの項目を入力して確認。申し込み内容の確認画面が表示されるので、送信を押すと申込み完了となります。

3.利用情報を登録&各種書類を提出

必要情報を送ると、入力したアドレスにヤングモバイルから

  • キャッシュバックキャンペーンの内容
  • 申し込み手続きの流れ

などを記載されたメールが送信されます。

そのメールに「ヤングメールから申し込み希望」と返信すれば手続きが進みます。
その後、下記の必要書類の送付を行えば登録完了です。

  1. 利用者情報を登録フォームに記入
  2. 本人確認書類を提出
  3. 利用情報を登録&各種書類を提出
  4. 郵送される契約書に記入・捺印し返送

契約の処理が完了次第、端末・SIMカード等が契約に応じて自宅に届きます。

電話で開通の連絡を行う

端末・SIMカードが届いたら、電話で開通作業をします。端末とSIMカードがとどいた時には、回線はまだ不通なので忘れずに行ってください。
※新規契約の場合、この開通作業は必要になりません。

ヤングモバイルまとめ

ここまで、ヤングモバイルのサービス概要などを徹底紹介してきました。ワイモバイルと料金が変わらず、加えてキャッシュバックを受け取ることが出来るため、絶対に損をすることがないのがヤングモバイルです。

キャッシュバックも最短2週間後、遅くても1ヶ月後に最大10,000円現金で受け取ることができ、なおかつSIMのみ契約にも対応。かなりユーザーにとってメリットが多い契約となるので、個人的にワイモバイルを契約するのでしたらヤングモバイルを強くおすすめします。

【300×250】ヤングモバイル

ヤングモバイル公式サイト

-キャンペーン
-ヤングモバイル, ワイモバイル

Copyright© ワイモバイル最強伝説 , 2020 All Rights Reserved.