ワイモバイルの基礎知識

2年縛りなし!ワイモバイルの新しい「スマホベーシックプラン」はおトクか?

投稿日:

Y!mobile(ワイモバイル)では2019年10月1日から、電気通信事業改正法による分離プランの義務化に伴い、新プランを発表しました。今までのワイモバイルは2年縛りで途中解約すると違約金が発生しましたが、それが撤廃。

新プランでは、契約期間の縛りなし、違約金なしでワイモバイルを使えるようになります。

そこで本記事では、2年縛りなしのワイモバイル新プランは本当におトクなのかを徹底紹介。これからワイモバイルとの契約を考えている方の参考になりましたら幸いです。

ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」とは?

ワイモバイルでは、従来のスマホプランを2019年9月30日に受付終了し、10月1日から料金やサービス内容を見直しした「スマホベーシックプラン」の提供を開始。

スマホベーシックプランはどのようなプランなのかを紹介します。

月額料金とデータ容量

スマホベーシックプランは、月額2,680円から使えます。従来のプラン同様に3つのデータプランが用意されていますが、新プランではS、M、LからS、M、Rと名称が変わりました。

それぞれの月額料金とデータ容量は次のとおりです。

その他、国内無料通話が1回10分以内なら無料で使えます。この他に、おうち割光セットや新規割などを適用すると、スマホベーシックプランSの場合、最大6ヶ月間月々1,480円で利用することが可能です。

なお、データ容量は2年間のみ増量無料で、3年目からは有料となるので注意が必要です。

2年縛りがなくなった

ワイモバイルを始め、音声通話プランで契約したスマホは基本的に2年契約となっています。もし、契約満了月まで利用せずに解約した場合、ワイモバイルだと9,500円(税抜)の違約金の支払いが必要でした。

しかし、10月1日からのスマホベーシックプランへの改定で、2年縛りが無くなった上、いつ解約しても契約解除料金を支払う必要がなくなりました。

機種販売価格の見直しと支払い方法の選択肢が増えた

新プランへの移行に伴い、ワイモバイルで販売されている機種の販売価格が見直しされました。下記は一例ですが、Android One S5は従来より40%、かんたんスマホは23%の値下げとなっています。

なお、月額割引等を一切適用しない時の販売価格、10月1日時点での販売価格なので、時期によって価格が変動することに注意しましょう。

その他、機種販売価格の見直しの他に、支払い方法に36回払いが増えました。

  • 一括払い
  • 24回払い
  • 36回払い

トータルで支払う金額は変わりませんが、月々の支払額は安くなるので36回払いも大いに需要がある支払い方法だと感じました。

現在利用中の人もベーシックプランへ移行できる

スマホプランS/M/Lを利用している方は、下記条件のいずれかを満たすことで違約金9,500円を免除してスマホベーシックプランに移行できます。

  1. ワイモバイルを2年以上契約していること
  2. 機種変更と同時に対象プランに変更すること

対象プランは、スマホベーシックプラン、ケータイベーシックプランSSのどちらかになります。2年以上契約していなくても、機種変更と同時に新プランへ契約変更するだけで違約金は免除できます。

旧プランと新プランはどっちがおトクかを検証

ワイモバイル公式サイトでは、約12%ほど新プランのほうがおトクになったと書いていました。

しかし、本当におトクになったかはしっかりと料金の内訳を比較しないと不透明です。そこで、旧プランと新プランの料金やデータ容量を徹底比較して、新プランが安いかどうかを検証してみました。

データ容量の比較

まずはデータ容量の比較から。下記が旧プランと新プランのデータ容量をまとめた表です。

旧プラン 新プラン
S 3GB 3GB
M 9GB 9GB
L(R) 21GB 13GB

※ 2年間の増長オプション適用時

SとMは、旧プランと新プランで同じデータ容量。しかし、一番データ容量が大きいプランで比較すると、旧プランが21GBで新プランが13GBと、約8GBの差がついています。

SもしくはMプランを選択する場合はおトク度は変わりませんが、大容量プランのLを使っていたワイモバイルユーザーがRに変更すると、かなりおトク度が減ってしまうと感じました。

月額料金の比較

重要となってくるのが、月額料金。下記は、旧プランと新プランの月額料金をまとめた表です。

割引等の適用 旧プラン 新プラン
S 通常料金 2,980円 2,680円
ワンキュッパ割 1,980円 -
ワンキュッパ+おうち割 1,480円 -
おうち割 - 2,180円
おうち割+新規割 - 1,480円(6ヶ月)
M 通常料金 3,980円 3,680円
ワンキュッパ割 2,980円 -
ワンキュッパ+おうち割 2,280円 -
おうち割 - 3,180円
おうち割+新規割 - 2,480円(6ヶ月)
L 通常料金 5,980円 4,680円
ワンキュッパ割 4,980円 -
ワンキュッパ+おうち割 3,980円 -
おうち割 - 4,180円
おうち割+新規割 - 3,480円(6ヶ月)

※ 基本2年間の料金

基本料金に関しては、新プランのほうがたしかに安くなっています。しかし、割引を適用してしまうとかなり料金差がわかりにくくなっており、場合によっては旧プランの方が安くなることもあります。

例:プランSで1年間の料金を比較する

旧プランでワンキュッパ割とおうち割、新プランでおうち割と新規割を適用し、1年間運用するとなるとどっちが安くなるのかを検証してみました。

旧プランの場合、ワンキュッパ割が1年間適用されることに加えおうち割も適用されているので、12ヶ月間は1,480円で利用することが可能。1年の実質料金に直すと、17,760円となります

一方の新プランでは、おうち割と新規割を適用できますが、後者は6ヶ月間のみ。つまり、6ヶ月間は1,480円、残りの6ヶ月は2,180円での運用となります。これを1年の実質料金に直すと、21,960円

1年間の料金比較結果

旧プランよりも新プランのほうが4,200円高くなる。

例:プランSで2年間の料金を比較する

1年間の比較では新プランのほうが高くなってしまいましたが、これが2年間契約した場合は結果が変わるかもしれません。再度2年間の実質料金で比較していきます。

旧プランの場合、1年間はトータルで17,760円。2年目はワンキュッパ割の適用がなくなるため、料金が高くなります。通常料金からおうち割を適用したときの料金が2,480円となるので、12ヶ月に直すと29,760円。1年目と合算して、2年間の実質料金は47,520円となります

新プランの場合、1年間のトータル料金は21,960円。2年目以降もおうち割のみ適用でずっと2,180円で使うことができ、12ヶ月に直すと26,160円となります。1年目と合算すると、2年間の実質料金は48,120円

2年間の料金比較結果

旧プランよりも新プランのほうが600円高くなる。

まとめ

新プランは基本料金だけを見るとたしかに旧プランより12%ほど安くなっているのは間違いありません。ですが、割引を適用した時に実質料金が変わり、1年目、2年目でも旧プランのほうが月額料金が安くなる仕組みになっています。

検証してみた結果、ワイモバイルの新プランは実質値上げだと感じました。その代わりに契約縛りがなくなるので、いつでもMNPできるようになったのはかなり利便性が高まったのではないでしょうか。

【2019年9月】ワイモバイル人気機種TOP3

iPhone 7

  • Apple Payが利用可能
  • 高スペックスマホ
  • ゲームもサクサク動く

ワイモバイルで購入できる最も新しいiPhone。Apple Payにも対応し、スマホをかざすだけで改札を通れたり、お買い物も全て電子マネー決済ができるようになりました。

HUAWEI P20 lite

  • ワイモバイルで購入すると、機種代金が108円と激安
  • 指紋認証と顔認証の2つが使える
  • Android端末の中でコスパ抜群

2018年Android端末で最も売れたスマホとして紹介されているのが、HUAWEI P20 lite。コスパ抜群で、ワイモバイルで購入すると機種代金が108円となります。おサイフケータイに対応していないのが若干のマイナスポイント。

iPhone 6s

  • 型落ちながら現役で使えるスペック
  • iPhoneシリーズ最後の物理ボタン
  • Apple Payにも対応

3世代型落ちのiPhoneですが、2019年もバリバリで使えるのがiPhone 6sです。4.7インチのRetinaディスプレイに、長時間駆動バッテリーを搭載。価格が落ちた今だからこそ買い時のiPhoneです。

-ワイモバイルの基礎知識
-料金プラン

Copyright© ワイモバイルのメリット・デメリット , 2019 All Rights Reserved.