ワイモバイルのスマホ

ワイモバイルおすすめ機種5選!販売中全端末を比較【2019年8月】

更新日:

ワイモバイルの契約を悩んでいる方で、料金プランは決まったけれども、どの機種を選べば良いのか迷っていないでしょうか。機種自体はそこまで多くはありませんが、スペック内容を見ても良し悪しがイマイチ分かりづらいのも事実です。

そこで本記事では、ワイモバイルおすすめ機種を全端末と比較して5つ紹介。ワイモバイルの機種選びに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

2019年8月:ワイモバイルおすすめ機種トップ5ランキング

今月のワイモバイルおすすめ機種は、次の5端末になります。

おすすめ機種トップ5

  1. iPhone 7
  2. HUAWEI P30 lite
  3. HUAWEI P20 lite
  4. iPhone 6s
  5. Android One X5

上記5機種がおすすめな理由について、良い点・悪い点や利用しているユーザーの口コミを見ながら解説していきます。

1位:iPhone 7

iPhone 7は、2016年に発売されたApple社からは初の電子マネー(Felica)に対応したスマホです。前作のiPhone 6sと比較すると、カメラ、バッテリー要領、プロセッサ、その他諸々が大幅に進化を遂げているため、当時はありえないほどに売れました。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
73,116円~ 3,780円~

この機種の良い点

  • Suica等の電子マネー(felica)が使える
  • iPhone初の防水・防塵機能搭載
  • ワイモバイルで販売されている中では最新のiPhone
  • ステレオスピーカー搭載
  • ホームボタンが物理方式ではなくなったので、劣化がほとんどない

この機種の悪い点

  • 最新のiPhoneから2世代ほど前の機種
  • 機種代金が少々高い

iPhone 7利用者の口コミ・評判

iPhone 5sからの機種変更で、iPhone 7にしました。前の機種と比較すると大きく性能が向上していて、スマホだけで駅の改札を通過できるようになったのは非常に便利だと感じました。また、Apple Payが使えるので、電子マネーでの買い物もこれを機会にするようになりました。
お風呂でiPhoneを使うとき、今まではジップロックなどに入れていました。iPhone 7では防水機能がついているので、ジップロックなしでお風呂にスマホを持ち込めるようになったのが長風呂の私にとって嬉しかったです。

ワイモバイルオンラインショップで見る

2位:HUAWEI P30 lite

HUAWEI P20 liteのアップグレード版として、2019年5月24日にHUAWEI P30 liteが販売開始されました。一時期米国の禁輸措置でHUAWEI端末の販売が中止になりましたが、6月3日から解禁され、Android売上ランキングでも一時期トップになるくらい人気でコスパの良い端末です。

※ 解禁されましたが、ワイモバイルでは発売が未定となっております。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
108円~ 1,980円~

この機種の良い点

  • SoCがKirin 710にアップグレードされた
  • 内部ストレージが64GBに増えた
  • 背面光沢が美しいデザイン
  • トリプルカメラを搭載

この機種の悪い点

  • 画面サイズが6.15インチと少々大きめ
  • 防水・防塵に非対応
  • おサイフケータイに非対応

HUAWEI P30 lite利用者の口コミ・評判

P30 liteのトリプルカメラは見た目がダサいのが致命的。しかし、3つのカメラレンズを使った撮影は今までよりも高精細な写真が撮れるようになった。一言でいえば、価格帯の割にカメラ性能が良すぎる。
AIセンサーが思ったよりもイマイチ。AIありなしであまり映像が変わらない。また、手ぶれ補正もひどく動画撮影にはあまり向いていない端末と感じた。

ワイモバイルオンラインショップで見る

3位:HUAWEI P20 lite

HUAWEI P20 liteは2018年6月に発売された端末で、Androidの中では2018年に最も売れた端末となります。2019年になってもその勢いは衰えず、スマホ売り上げランキングでiPhoneに次ぐ人気。Androidの中ではハイスペック端末を抑えて売れている機種となります。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
108円~ 1,980円~

この機種の良い点

  • ワイモバイルで購入すると、機種代金が108円と激安
  • ダブルレンズカメラで高画質の写真撮影が可能
  • 3,000mAhの大容量バッテリー搭載
  • 急速充電に対応
  • 光沢感のある背面ボディと高級感デザイン

この機種の悪い点

  • 画面サイズが5.8インチと少々大きめ
  • 防水・防塵に非対応
  • おサイフケータイに非対応

HUAWEI P20 lite利用者の口コミ・評判

指紋認証の他に顔認証もついていてすごい。顔認証が使えないときは指紋認証、その逆で使えるのが便利。カメラ性能も良くて、マイクロSDカードにも対応しているので、安い割に高性能で良かった。
ミドルレンジモデルの中では非常に使いやすいけれども、電波周りが弱い気がする。タッチ感度もiPhoneと比べるとちょっともっさりした感じですが、価格帯からすればこのくらいが妥当かも。

ワイモバイルオンラインショップで見る

4位:iPhone 6s

iPhone 6sは2019年時点でも、スマホ売り上げランキングに食い込んできます。iPhone 7と違って防水・防塵機能や電子マネーを使えないといった欠点はありますが、逆にそれらを使わないユーザーにとっては価格も安いのでオススメできます。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
32,292円~ 1,980円~

この機種の良い点

  • 月額割引を適用できるので実質料金が安い
  • 最新iOSにまだ対応できている
  • 安価な割に高性能
  • イヤホンジャックがついている最後のiPhone

この機種の悪い点

  • 最新のiPhoneから3世代前
  • 昨今の高負荷がかかるスマホゲームは難しい
  • ホームボタンが物理式なので、経年劣化しやすい

iPhone 6s利用者の口コミ・評判

ワイモバイルでiPhone 6sが緊急値下げされていたので購入しました。音楽はBluetoothではなく有線イヤホンで聞きたい派で、iPhone 6sはイヤホンジャックがついていて良かった。値段が安い割にまだまだ大抵のスマホゲームはできるので、しばらくはiPhone 6sで十分そうです。
最近は電子マネーが普及してきたので、決済にfelicaが使えないiPhone 6sは少々古いかなと感じる。felicaを使わないならまだまだいい機種だと思います。

ワイモバイルオンラインショップで見る

5位:Android One X5

Android Oneシリーズは、Googleの最新技術を体験できる端末です。Googleが行うAndroidのアップデートにいち早く対応している機種で、シンプルで使いやすいのが特徴的。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
83,484円~ 3,780円~

この機種の良い点

  • 防水・防塵に対応
  • おサイフケータイに対応
  • 最新OSのAndroid 9.0に対応
  • 3,000mAhの大容量バッテリー
  • AI(人工知能)カメラを搭載し、最適な撮影モードを自動で選択

この機種の悪い点

  • 6.1インチだけれどもディスプレイが縦長すぎて持ちにくい
  • 音ゲーが少し音ズレしている

Android One X5利用者の口コミ・評判

CPUもMSM8998、メモリも4GB積まれているので動作は思った以上に快適。それに加えディスプレイ解像度も高いため、画面が非常にキレイなのが良かった。
端末セールでワイモバイルで3万円クラスで買えたのは嬉しい。Android One X5はハイエンドモデルに分類されるので、正直この値段で購入できたのは奇跡です。

ワイモバイルオンラインショップで見る

ランキング外全機種の口コミ・評判

その他、ランキング外の機種について簡単に紹介します。中には販売価格が異常に安い端末もあるので、コスパを重要視する人は一通り目を通してもらえたら幸いです。

iPhone SE

iPhone SEは、実質5sの後継機にあたる小型サイズの端末です。後継機ですが、スペック自体はiPhone 6sと大きな差はなく、手が小さい人でも持ちやすいのが人気の端末。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
57,564円~ 2,480円~

この機種の良い点

  • 手のひらに収まるサイズなので持ちやすい
  • イヤホンジャックがついている
  • iPhone 6sとのスペック差はそこまで大きくない

この機種の悪い点

  • Apple Payを含むFelica決済が使えない
  • 端末が3世代前なので少し古い

iPhone SE利用者の口コミ・評判

最近のiPhoneはどれも大きなサイズで、片手操作が難しいのが不満点です。しかしiPhone SEのサイズ感はぴったりで、一番手に馴染む、使いやすいと感じています。スマホでゲームも動画も見ないので、このサイズ感が自分には最適だと思いました。
ゲームをしている時、たまに処理落ちしてしまう。やはり3世代前くらいのiPhoneなので、最近の高負荷がかかるスマホゲームには不向きだと感じました。ただ、ゲームをしないのでしたら全く不自由ないです。

Android One S5

シャープ株式会社から2018年12月下旬に発売されたAndroid端末。Googleの新機能をいち早く体験できる機種で、シャープ独自のIGZOパネルが採用されたフルHD+の液晶画面が高精細で明るい表示を生み出してくれます。また、従来の液晶パネルよりも消費電力が約21%ほどカットされているのも特徴です。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
53,676円~ 2,330円~

この機種の良い口コミ

  • ローエンドモデルの端末なので価格が安め
  • セキュリティアップデートが毎月提供される
  • 防水・耐衝撃性能に優れている
  • IGZOディスプレイなので液晶画面がキレイ

この機種の悪い口コミ

  • 高スペックではないので、高負荷のゲームは厳しい
  • ワンセグやおサイフケータイ非対応
  • 指紋認証を含めた生体認証に非対応

Android One S4

京セラから発売された、Android端末。Android One S5の1世代前の端末なので、スペック面ではS4が完全に劣る形になります。また、地味に製造元が異なっているので、IGZOディスプレイなどは採用されていないのが残念なところ。

分割払いができないので、端末料金は一括払いの32,400円なのがデメリット。つまり、月額割引を適用できないのでお得感は薄いです。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
32,400円 1,980円~

この機種の良い口コミ

  • 京セラなので耐衝撃性に優れている
  • ロースペックではあるが、カメラ性能はそこそこ良い
  • シンプルなUIなので、スマホが初めての人でも使いこなせる

この機種の悪い口コミ

  • 分割払いでの購入ができない
  • ワイモバイルの月額割引を適用できない
  • ロースペックなので、高負荷のゲームは耐えられない

Android One S3

2018年1月頃にシャープから発売された、Android One Sシリーズの3作目。ワイモバイルでは分割払いでの購入が終了しており、端末価格が一括払いのみの32,400円と若干高くなっています。コスパの面で見ると、あまり優れていません。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
32,400円~ 1,980円~

この機種の良い口コミ

  • スマホに特別なこだわりがないので十分なスペック
  • 防水・防塵機能がしっかりとついている
  • 最新のAndroid OSへのアップデートに対応している

この機種の悪い口コミ

  • おサイフケータイやワンセグがついていない
  • 高負荷がかかるアプリが苦手

Android One S2

京セラから2017年3月10日に発売された、Android Oneシリーズの2作目。現在ワイモバイルでの正規ラインナップとしては並んでおらず、アウトレットセール限定での販売端末となっています。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
7,000円 1,980円~

この機種の良い口コミ

  • 防水・防塵機能を完備
  • 京セラ製なので、耐衝撃性に優れている
  • ワイモバイルにて、端末が一括払い7,000円と安い

この機種の悪い口コミ

  • 2019年においては、スペック不足が否めない
  • バッテリー容量が2,300mAhと小さめ
  • ワンセグ・おサイフケータイに非対応

Android One S1

シャープから2017年2月24日に発売された、Android One Sシリーズの初代機。現在ワイモバイルではアウトレットセール対象の機種ですが、オンラインストアから通常購入することも可能です。端末販売価格は7,000円と安めの設定。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
7,000円 1,980円~

この機種の良い口コミ

  • 最新Android OSのアップデートに対応している
  • IGZOディスプレイでキレイな描画と消費電力の削減に成功
  • 電池持ちが良い

この機種の悪い口コミ

  • ワンセグ・おサイフケータイに非対応
  • ローエンドモデルで、高負荷のアプリに向いていない

Android One X4

2018年6月7日にシャープから発売された、Android One Xシリーズの4世代目。SDM630を採用しており、メモリも3GBと十分なスペックを積んでいるため、少し負荷がかかりがちなアプリも処理することが可能です。端末価格は67,932円と高いですが、分割払いで月額割引、一括払いで端末価格が10,584円とグッと安くなります。コスパは比較的高めな機種です。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
10,584円/67,932円 3,180円~

この機種の良い口コミ

  • 最新Android OSへのアップデートに対応
  • フルHDのIGZOディスプレイがキレイで高精細
  • 3,100mAhの大容量バッテリーで電池持ちが良い
  • ハイレゾ/おサイフケータイにも対応
  • 高い防水機能を搭載

この機種の悪い口コミ

  • あくまでもミドルレンジスマホで、あまりにも大きな負荷があると処理落ちする
  • 耐衝撃性はあまりない

Android One X3

2018年1月に京セラから発売された、Android One Xシリーズの3作目。一括払い、分割払い共に端末販売価格は同じですが、どちらも月額割引を適用できるため、機種代金を含んだ月々の支払いはAndroid One X4よりも安くなっています。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
45,252円~ 2,980円~

この機種の良い口コミ

  • おサイフケータイ/ワンセグに対応
  • テザリングオプションに対応
  • 電池持ちはそこそこ良い
  • 京セラ製なので耐衝撃性に優れている

この機種の悪い口コミ

  • 電源ボタンの位置が従来のスマホと違うので押しにくい
  • 急速充電には非対応

Android One X2

2017年12月7日にHTCから発売された、Android One Xシリーズの2作目。アウトレットセール対象品となっており、一括払いしか選択することができません。しかし、ミドルレンジスマホでありながら販売価格は10,000円と比較的安めなので、そこそこコスパは良い端末と言えます。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
10,000円 1,980円~

この機種の良い口コミ

  • おサイフケータイに対応
  • 最新のAndroid OSのアップデートにも対応
  • HTC独自の「エッジ・センス」を搭載している
  • ハイレゾ音源の再生に対応している

この機種の悪い口コミ

  • ワンセグに対応していない
  • 機種自体が少し古い
  • ワイモバイルではアウトレット品(中古)以外の取り扱いがない

Android One X1

2017年6月にシャープから発売された、Android One X1シリーズの初代機です。ワイモバイルでは、現在新品での取り扱いは終了しており、アウトレット(中古)品の販売のみを行なっています。ミドルレンジスマホですが、機種代金は10,000円ポッキリと安め設定なので、これからスマホデビューする方でも抵抗なく買える価格だと思います。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
10,000円 1,980円~

この機種の良い口コミ

  • 最新Android OSにアップデート可能
  • 指紋認証を搭載している
  • ワンセグ/おサイフケータイに対応している
  • 防水/防塵機能も完備

この機種の悪い口コミ

  • 高負荷がかかるアプリには不向き
  • 暗い場所ではカメラのピントが合いにくい
  • 機種自体がやっぱり古め

かんたんスマホ

2018年8月9日に京セラから発売された、スマホが初めてのユーザーでも使いやすいをコンセプトにした機種です。一般的なスマホと違って、ホーム画面のUIが異なります。販売価格は少々高めですが、初めてスマホを使う高齢者の方や小さい子供にオススメされている機種です。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
60,156円~ 2,780円~

この機種の良い口コミ

  • ワイモバイルなら60歳以上は国内通話かけ放題になる
  • 文字が大きいので画面が見やすい
  • 無料でサポートが受けられる
  • 迷惑電話対策アプリがデフォルトでインストールされている
  • ワンセグが搭載されている

この機種の悪い口コミ

  • ロースペックなので、高負荷のアプリは向いていない
  • 指紋認証が搭載されていない
  • おサイフケータイに対応していない

HUAWEI nova lite for Y!mobile

2017年10月12日にHUAWEIから発売された、ミドルスペックの端末。現在ワイモバイルオンラインストアでの取り扱いは終了しており、アウトレットセールでもあまり見かけなくなってきました。見かけたら安価で端末を購入できるので、割と狙い目かもしれません。

販売価格 機種代金を含んだ月々の支払い
-円 1,980円~

この機種の良い口コミ

  • 指紋センサーが搭載されている
  • フルHDのディスプレイがキレイ
  • もともと20,000円台で購入できるスマホだが、コスパは抜群

この機種の悪い口コミ

  • ストレージ容量が小さい
  • 国内DSDSに非対応
  • ワンセグ/おサイフケータイに非対応
  • 最新Android OSへのアップデート更新が終了している

今月のオススメは2機種!

ここまで、ワイモバイルで販売されている機種を全て比較してきました。その上で、オススメトップ5に入っている中で特に良いと感じる機種をiPhone、Android端末から一つずつピックアップしました。

iOSを選ぶなら「iPhone 7」

iPhone 7は、初めてiOSでfelicaが搭載された端末で、昨今の電子マネー普及に伴って価値も高まっています。販売価格は多少高くなっていますが、ワイモバイルの契約更新がされる2年間使うことを前提に考えると、コストパフォーマンス自体は悪くありません。

また、iPhone 7でしたら高負荷のゲームアプリも難なくこなせます。個人的には、ワイモバイルで今最もオススメできる機種です

ワイモバイルオンラインショップで見る

Androidを選ぶなら「HUAWEI P20 lite」

Androidを選ぶのでしたら、ワイモバイルなら「HUAWEI P20 lite」以外ありえません。(P30 liteが発売未定のため)

非常にコストパフォーマンスに優れており、2018年でAndroidで最も売れた端末としてランクインしています。おサイフケータイに対応していないのは少々痛いですが、端末価格が108円からなので、なるべくコストをかけずにワイモバイルへ乗り換えたい人にオススメしたい機種です。

ワイモバイルオンラインショップで見る

【2019年7月】ワイモバイル人気機種TOP3

iPhone 7

  • Apple Payが利用可能
  • 高スペックスマホ
  • ゲームもサクサク動く

ワイモバイルで購入できる最も新しいiPhone。Apple Payにも対応し、スマホをかざすだけで改札を通れたり、お買い物も全て電子マネー決済ができるようになりました。

HUAWEI P20 lite

  • ワイモバイルで購入すると、機種代金が108円と激安
  • 指紋認証と顔認証の2つが使える
  • Android端末の中でコスパ抜群

2018年Android端末で最も売れたスマホとして紹介されているのが、HUAWEI P20 lite。コスパ抜群で、ワイモバイルで購入すると機種代金が108円となります。おサイフケータイに対応していないのが若干のマイナスポイント。

iPhone 6s

  • 型落ちながら現役で使えるスペック
  • iPhoneシリーズ最後の物理ボタン
  • Apple Payにも対応

3世代型落ちのiPhoneですが、2019年もバリバリで使えるのがiPhone 6sです。4.7インチのRetinaディスプレイに、長時間駆動バッテリーを搭載。価格が落ちた今だからこそ買い時のiPhoneです。

-ワイモバイルのスマホ
-おすすめ機種, ワイモバイル

Copyright© ワイモバイルのメリット・デメリット , 2019 All Rights Reserved.