ワイモバイル iPhone 8の対応状況について!テザリングも利用可能に

今回の記事では、ワイモバイルでiPhone 8(Plus)は利用できるのか、そしてテザリングは使えるのかをご紹介していきます。

iPhone 8(Plus)はドコモ、au、ソフトバンクの3キャリア以外にアップル公式からも販売されています。アップル公式から購入したiPhone 8に関しては最初からSIMロックが解除されている、SIMフリー版となっているので、一般的にはワイモバイルや格安SIMで利用することが可能となっています。

スポンサーリンク

ワイモバイルでiPhone 8は問題なく利用可能

iPhone 7からiPhone 8へSIMカードを移し設定を全て引き継ぎしたところ、iPhone 8では問題なくワイモバイルのSIMを認識してくれました。設定の引継ぎをするとAPNの設定もしなくてよく、そのままワイモバイルのSIMカードを使うことができます。

もし、iPhone 8からワイモバイルのSIMカードを利用すると言う場合はAPNの設定が必要となってきます。iPhoneの場合はローカル上で手動設定ができないため、Wi-Fiの接続が必須となってきます。

iOSのAPNファイルダウンロードページへ

これでiPhone 8のAPN設定は完了となります。Wi-Fiに接続していればすぐに設定は完了し、そのまま再起動なしでワイモバイルの4GLTE通信を行うことが出来ます。

iPhone 8はテザリングにも対応している

iPhone 8はテザリングにも対応しています。自分でも確かめ、チャットサポートでもできるか確認した所大丈夫と返信をもらいました。ただし1点気をつけてもらいたいのが、iPhone 8はワイモバイルの動作保証端末ではないということです。

もしワイモバイルのSIMカードを利用してなんらかの不具合がiPhone 8で起こっても、ワイモバイル側では保障しない事になっているので注意してください。

では実際にワイモバイルのSIMカードを差したiPhone 8でテザリングをしてみたいと思います。

設定アプリを開く → インターネット共有」もしくは「設定アプリを開く → モバイルデータ通信 → インターネット共有」を開いてください。後はその画面でインターネット共有をオンにするだけで親機側の設定は完了です。

次にテザリング接続したい端末でWi-Fi接続してみます。Wi-Fi接続一覧画面を見てみると、親機側のiPhoneが一覧に表示されているのがわかります。あとはこの項目をタップしてパスワードを入力すると、Wi-Fi接続は完了となります。

iPhone 8側でテザリング接続が完了しているかもチェック。テザリング接続ができていると、画面上部のバーが青色に変化し「インターネット共有:◯台接続中」と表示されるようになります。

これで、ワイモバイルでもiPhone 8がきちんとテザリング接続できることが確認できました。

ワイモバイルのテザリングオプションは無料

ワイモバイルのテザリングオプションは無料で利用することが出来ます。申込みも不要で、SIMカードさえ持っていればいつでもテザリングをすることが可能です。

ただし対象プランがあり、「スマホプラン」「データプラン」「シェアプラン」「ケータイプランSS」のいずれかのデータプランに加入していないと利用することが出来ないので注意してください。

最後に

以上が、ワイモバイルでiPhone 8(Plus)は使えるのか、テザリングは可能かの紹介でした。

ワイモバイルでは、型落ちのiPhoneもオンラインストアにて販売しています。最新のiPhoneもSIMロックを解除した端末、元々SIMフリーである端末であれば利用することが出来るので、実質自分の好きなiPhoneを使えるようになっています。

型落ちのiPhoneは安く販売されているケースが多いので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ワイモバイルオンラインストアへ

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪