Windows 10

Windows10:すべてのプログラムが削除に!代替機能を紹介

投稿日:

Windows10では、「すべてのプログラム」が削除され、別の機能に置き換わりました。いつの間に消えたのか、と最初は困惑するかもしれませんが、「すべてのアプリ」という代替機能が用意されています。

そこで本記事では、Windows10における「すべてのプログラム」の代わりになる「すべてのアプリ」の開き方を紹介。ご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

Windows10における「すべてのプログラム」に該当する場所

Windows10は、すべてのプログラムがすべてのアプリに変化しています。表示方法は至ってシンプル。

キーボードの「Windowsキー」を入力、もしくはツールバーの「Windowsアイコン」をクリックしてください。

すべてのプログラムに該当する箇所は、Windowsメニューを開いた時に表示されるA~Zのアルファベットの項目になります。以前とは違い、フォルダ形式で表示されないので最初は戸惑うかもしれませんが、基本的にすべてのアプリにインストールしたソフトなどが表示されます。

アクセサリフォルダは「Windowsアクセサリ」に

電卓やペイント、メモ帳が格納されているフォルダは「Windowsアクセサリ」です。

その他に、システム管理ツールなども「Windows◯◯」というフォルダに格納されています。

Windows10で「すべてのプログラム」を表示する方法

基本的にWindows10をインストールしたら、「すべてのアプリ」が表示されている状態です。しかし、何らかの設定を変更してしまい、「すべてのアプリ」が表示されなくなってしまうことも。

そんな時の対処法として、Windows10で「すべてのアプリ」を表示する方法をご紹介します。

1.「Windowsキー」もしくはツールバーから「Windowsアイコン」をクリックし、「設定(歯車アイコン)」を開く。

2.Windowsの設定画面が表示されるので、一覧から「個人用設定」をクリック。

3.「スタート」タブを開き、「スタートメニューにアプリの一覧を表示する」をオン。「全画面表示のスタートメニューを使う」をオフにしましょう。

これで、Windowsのメニュー画面にすべてのプログラム(アプリ)が一覧で表示されるようになります。「全画面表示のスタートメニューを使う」をオンにしてしまうと、一々Windowsメニューを表示した時に全画面になること、「すべてのアプリ」を開くために、もう1クリック必要となるので手間がかかります。

ですので、この項目はオフにすることを個人的に推奨します。

よく使うアプリはショートカットを作成しよう

インストールしたアプリを、一々すべてのプログラムから開くのは手間がかかります。そこで、よく使うアプリはスタートメニューにピン留めして、ショートカットを作成することをオススメします。

作成したショートカットは、スタートメニューの右側に表示されます。

1.1.「Windowsキー」もしくはツールバーから「Windowsアイコン」をクリックし、すべてのアプリからショートカットに登録したいソフトウェアを探す。

2.ショートカットを作成したいソフトをマウスで右クリックし、「スタートにピン留めする」をクリック。

この作業をすることで、スタートメニューを開いた時に、ピン一覧にショートカットが表示されます。毎回すべてのプログラムから探す手間が省けるので、よく使うソフトはピン留めしてショートカットを作成しておきましょう。

スポンサーリンク

-Windows 10
-Windows10

Copyright© DigitalNews365 , 2019 All Rights Reserved.