FUJI WiFiの評判や口コミ!レビューしてわかったこと

FUJI WiFi(フジワイファイ)は、株式会社レグルスが提供しているポケットWiFi、およびSIMのレンタルサービスです。

本記事では、そんなFUJI WiFiのサービスについて徹底解説しています。それと同時に、実際にFUJI WiFiで契約して通信速度や、機種のレビューも行っています。

FUJI WiFiは比較的ネット上でも評判が良く、非常に使いやすい事で認知されています。これからポケットWiFiを使ってみようと思っている方に、まさにうってつけのサービスです。

「FUJI WiFi」の実機レビュー

実際に「FUJI WiFi」の200GBプランを契約してみました。月額4,800円で200GBも使えるのは非常にお得と感じましたし、私は頑張ってポケットWiFiを使ったとしても、1日6GB前後の消費が限界だったので、4G/LTE無制限プランはいらないなと思いこっちを契約しました。

FUJI WiFiは契約完了後、2~3日後にポストにポケットWiFiを配達してくれました。下記のようなクッション型封筒にポケットWiFiが入っています。

同封物として入っているのは、モバイルルーターの使い方やスマホとの接続方法が書かれた説明書。後はモバイルルーター本体と充電用のUSBケーブルとなります。ACアダプタはオプション品なので、自宅にない人は一緒に契約すると良いでしょう。

それでは次からFUJI WiFiの実機レビューを行っていきます。

モバイルルーターのレビュー

200GBプランで借りられるモバイルルーターは、「FS030W」、「304ZT」、「501HW」3つの中のどれかになります。機種は自分で選ぶことは出来ず、FUJI WiFi側で勝手にチョイスして送ってきます。

そして今回200GBプランで届いたモバイルルーターが「FS030W」でした。

正方形の形が特徴的なモバイルルーターで、下り速度は最大150Mbps、上り速度が最大50Mbps。さらにBluetooth接続での通信も行うことができ、その時は最大3Mbpsの通信速度になります。ただ、基本はWiFi接続で良いと思います。

また、連続通信時間も約20時間とバッテリー持ちが良いのも特徴。WiFi通信規格は、「IEEE802.11a/b/g/n/ac」と、ほぼ全てに対応している高性能なモバイルルーターとなっています。

本体真ん中のボタンを少し長押しするとモバイルルーターが起動します。

モバイルルーター起動後、LTEアイコンやバッテリーが画面上に表示されます。この状態になったら、後はスマホ等と接続するだけでWiFiが使えるようになります。

また、F030Wの側面にはWPSボタンもついています。WPSを使っての接続も可能ですが、SSIDとパスワードを打ち込んで繋いだほうが個人的にはわかりやすくていいかなと思います。

ルーター自体も非常に軽くて持ち運ぶ際も邪魔にならないなと感じました。

手で持ってもこんなに小さい。

接続方法

接続方法も非常に簡単です。

ルーターの電源ボタンを「1回」押すと、下記画面が表示されます。

WiFi接続するためのSSID(プライマリSSID)、およびそのパスワード(プライマリKey)が表示されるので、今回はこれを使ってiPhoneと接続を行います。

まずは、iPhoneのホーム画面から「設定アプリ」を開きます。開いたら、WiFiネットワーク一覧の中にあるFUJI WiFiのSSIDを探してタップしてください。今回の場合は「FS303W_P31090」となります。

次にモバイルルーターに書かれていたパスワード(プライマリーKey)を入力して、右上の「接続」をタップすると接続が完了となります。

接続も非常に簡単で、難しい操作は一切ありません。なんとなくWiFiの接続は難しそうと思っている方も、これなら簡単に見えたのではないでしょうか。

FUJI WiFiの通信速度を測定

ポケットWiFiで最も気になる「通信速度」をFUJI WiFiでも測定してみました。

その結果、PING値が40ms、下り速度29.4Mbps、上り速度10.1Mbpsという上々な結果に。お昼の12時台でもこの通信速度なので、夜のゴールデンタイムはこれより少し遅いか、もしくは同じくらいの速度でしょう。

FUJI WiFiは通信速度も比較的速く安定しており、3日/10GB制限のないプランもあるのが本当に嬉しいメリットです。

FUJI WiFiのプラン詳細

FUJI WiFiには、モバイルルーターを貸し出す「ルータープラン」と、SIMのみを貸し出す「SIMプラン」の2つが用意されています。

ルータープラン

ルータープランは全部で8つのプランが用意されています。それぞれの月額料金や通信速度制限についてまとめた表が下記となります。

プラン名 月額料金(税抜) 速度制限
4G/LTE
いつも快適プラン
6,000円 なし
200GBプラン 4,800円 なし
100GBプラン 3,800円 なし
50GBプラン 3,100円 なし
25GBプラン 2,500円 なし
10GBプラン 2,300円 なし
WiMAX2+ with
au 4G/LTEプラン
2,980円 3日/10GB
WiMAX2+ with
au 4G/LTEプラン
[月々割]
980円 3日/10GB

「WiMAX2+ with au 4G/LTEプラン」を除いたプランは、全てソフトバンク回線を使っています。なおかつ、それらは3日で10GBまでの制限が一切ありません。

例えば200GBプランを契約した場合は、月間200GBまでは1日に10GBでも20GBでも使って良いですし、200GBの上限に達するまでは速度制限がかかりません。

この中で、4G/LTEいつも快適プランは月々の上限が設定されていないプランとなっていますが、「あまりにも異常な通信量を観測出来た場合は、意図的に通信制限をかけられる」ようになっています。

異常な通信量がどのくらいまでかはわかりませんが、P2Pなどを使って1日100GB以上の通信をしてしまう場合は、もしかしたら近いうちに通信制限を掛けられてしまう恐れがあるので注意が必要です。

通信制限がかかった後の通信速度は、「128kbps」となっており、まともに使えるには程遠いです。YouTubeもまともに開けません。

WiMAX2+ with au 4G/LTE[月々割]プランの詳細

ルータープランの中で、唯一月々割で月額980円から使えるWiMAX2+のプランがあります。

一見お得に見えますが、実際は初期費用として39,800円支払わなければならないこと、そして25ヶ月目からは2,980円に値上げされてしまう落とし穴があります。

1年程度FUJI WiFiを使うのならば、普通の「WiMAX2+ with au 4G/LTEプラン」を契約したほうが安いです。

SIMプラン

SIMプランは、「通常プラン」と「おまとめプラン」の2つに分かれています。それぞれのプランについて、別々にご紹介します。

通常プラン

通常プランは、全部で4つのプランが用意されています。

プラン名 月額料金(税抜) 速度制限
200GBプラン 4,800円 なし
100GBプラン 3,800円 なし
50GBプラン 3,100円 なし
20GBプラン 2,400円 なし

ルータープランとは違い、無制限で使えるプランが存在しません。料金もルータープランと変わらないので、正直な所メリットがどこにあるのか差別化が難しいプランかと思います。

おまとめプラン

おまとめプランは、全部で4つのプランが用意されています。

プラン名 月額料金(税抜) 速度制限
200GBプラン 3,980円 なし
100GBプラン 2,980円 なし
50GBプラン 2,480円 なし
20GBプラン 1,980円 なし

おまとめプランの特徴は、それぞれ利用期間によって料金が変わってくることです。

例えば、200GBプランをおまとめプランで契約した場合、毎月の料金は次のように変化します。

  • 3ヶ月利用:4,700円
  • 6ヶ月利用:4,500円
  • 9ヶ月利用:4,300円
  • 13ヶ月利用:3,980円

なお、実際は1ヶ月毎に料金を支払うのではなく、一括での支払いとなります。なので、利用したい期間によって下記金額を一括払いしなければなりません。

  • 3ヶ月利用:14,100円
  • 6ヶ月利用:27,000円
  • 9ヶ月利用:38,700円
  • 13ヶ月利用:51,740円

一括払いをした期間が過ぎた場合、今度は毎月の料金を割引された価格で支払うこととなります。例えば、14ヶ月目の場合は月額料金3,980円の支払いとなります。

契約期間を決めて使う場合、おまとめプランのほうが圧倒的に月額料金が安くなるメリットがあります。ただし、途中で解約してしまうと損をしてしまうデメリットもあるので、ある程度長く使うのがわかっている方におすすめのプランです。

SIMプランを使う場合「モバイルルーター」が必要

SIMプランを契約する場合、別途モバイルルーターを購入しなければなりません。モバイルルーターとは、SIMカードを挿してWiFiを使えるようにする機器のことを指します。

スマホを利用するのも良いですが、iOS(iPhoneやiPad)ではテザリング機能が使えないため注意が必要です。モバイルルーターは1台購入しておけば他のSIMでも利用することが出来るので、SIMプランを契約するならば同時にAmazonなどで購入するのが良いでしょう。

関連SIMフリーモバイルルーターおすすめ比較!格安SIMを刺して手軽に使えて超便利!

ルータープランとSIMプランの違い

それぞれの違いですが、ルータープランでは当然ながらモバイルルーターを含め、ネットに接続するための機器を全てFUJI WiFi側で用意してくれます。一方でSIMプランの場合は、モバイルルーターは自分で用意しなければならないという手間が発生します。

プランにも違いがあり、SIMプランには「WiMAX2+ au 4G/LTE」が存在せず、使い放題のプランもありません。

ですが、おまとめプランを使うことによって、長期のレンタルでルータープランより月額費用を抑えられるという特徴を持っています。

個人的にはポケットWiFi一式をレンタルしてくれるルータープランをおすすめしますが、既にモバイルルーターを持っている人でしたらSIMプランも大いにありです。

FUJI SIMのスペック

SIMプランで使われる「FUJI SIM」。

SIMカードのサイズは「nano SIM」のみとなっており、micro SIMなどを使う場合はSIMアダプターを利用する必要があります。

また、FUJI SIMの通信速度は、受信最大187.5Mbps/送信最大37.5Mbpsとなっています。これだけの速度があれば十分です。

【FUJI SIMの対応バンド】

LTE/4Gバンド:B1/3/8/11/28/41/42
3Gバンド:B1/8/9

FUJI WiFiの料金詳細

FUJI WiFiでは、月額料金の他に次のような初期手数料やオプション料金が設定されています。

料金(税抜)
月額料金 各種プランに準ずる
契約事務手数料 2,000円
違約金/契約解除料 なし
送料 無料
オプション品
充電ACアダプター 300円
安心サポート 300円/月
安心サポート Premium 620円/月
安心サポート Premium for SIM 620円/月

※安心サポート/安心サポート Premiumを申し込んだ際、支払料金から「安心セットお値引き300円」が適用される

FUJI WiFiのここがおすすめ!

違約金なし!お試しに最適

FUJI WiFiの最も良い点として挙げられるのが、「違約金なし」という所です。

通常のポケットWiFiでしたら、3年間の契約縛りがあり、その期間内に契約解除をしてしまったら使った年月によって違約金を支払わなければなりません。

ポケットWiFiの契約はハードルが高いと言われるのも違約金の影響です。

しかしFUJI WiFiでは、いつ解約したとしても違約金が発生しないため、気に入らなければすぐに解約できるのがポイントです。今までハードルが高かったポケットWiFiの契約も、FUJI WiFi登場のおかげでグッと下がったと感じます。

プランによっては3日/10GBの速度制限なし

実はFUJI WiFiでは、プランによっては「3日/10GB」の速度制限がありません。それぞれのプランで速度制限があるかどうかを下記表にまとめました。

FUJI WiFi 通信制限
4G/LTEいつも快適プラン
(無制限プラン)
なし
200GBプラン なし
100GBプラン なし
50GBプラン なし
25GBプラン なし
10GBプラン なし
WiMAX2+ with
au 4G/LTEプラン
3日/10GB
WiMAX2+ with
au 4G/LTE[月々割]プラン
3日/10GB

原則、WiMAX2+プラン以外は通信速度制限がありません。ただし、異常な通信量を検知した場合は、意図的に通信速度制限をかけられます。

とは言っても、P2Pを使って1日で50GB以上の大量ダウンロード等をしなければ大丈夫なはずなので、普通に使う分には速度制限がかけられることはないでしょう。

おそらくですが、200GBプランまでは用意されているので、1日でそれ以上使えばさすがに4G/LTEプランでも通信速度に制限はかけられると思います。

ソフトバンク/au回線のどちらかを選べる

FUJI WiFiでは、他のポケットWiFiとは違って、ソフトバンク回線だけでなくau回線を使ったWiMAX2+も用意しています。

WiMAX2+の特徴としては、通信速度が速いということがあります。しかし、PING値は大きいためオンラインゲームなどには向いていないというデメリットも。実際に渡しもWiMAX回線でオンラインゲームをしたことがありますが、パケット詰まりを起こしラグでまともに動けない状態が続いていました。

今は自宅回線を解約してソフトバンク回線のポケットWiFiを使っていますが、こちらの場合WiMAX回線よりはPING値がマシという印象です。オンラインゲームも問題なく出来ています。

逆に言えば、PING値を気にしない使い方(動画の視聴など)であれば、WiMAX2+回線は非常におすすめできます。

このように、自分の用途にあったプランを選択できる余地が残されているのがFUJI WiFiの特徴でもあります。

FUJI WiFiのネットの評判/口コミ

FUJI WiFiは比較的人気のあるポケットWiFiなので、良い口コミもあれば悪い口コミも当然ながらあります。そこで実際に利用している筆者が、その口コミ評判についてぶった切ってみます。

悪い口コミ/評判

室内だと3Mbps程度しか通信速度がでない。外なら20Mbpsも出るのに、これじゃ自宅の回線代わりにFUJI WiFiを使うことができない。

▼ この評価に対する答え

おそらく、WiMAX2+ 4G/LTEプランを契約しているのだと思います。WiMAX2+は室内では少し繋がりにくいという弱点があり、それがネックになっている可能性があります。

また、モバイルルーターの置き場所も窓の近くだったり、なるべく外に近い所いしてあげると繋がりやすくなります。

良い口コミ/評判

100GBの大容量プランを契約したが、3日で10GBの通信速度制限がないのでたまにいっぱい使った時でも制限に怯える必要がないのが良かった。
最初はWiMAX2+プランで契約していたが、3日10GBの速度制限が使いにくかったので100GBプランに変更した。
本来ならば一度解約して再度契約する形になるのですが、初期手数料無料のキャンペーンを使って実質無料でプランの乗り換えができてよかった。

人気YouTuberもガチ評価のFUJI WiFi

UUUMの人気YouTuberの瀬戸弘司さんは、様々なガジェットをレビューしているガジェットレビューYouTuberとして知られていますが、この方も実際にFUJI WiFiを使って、その使いやすさに好評価を推しています。

動画の中で言っていますが、やはり3日/10GB制限がないことと違約金なしという部分が好評価の理由のようですね。

FUJI WiFiの4G/LTEプランが値上げ

2017年12月1日に、FUJI WiFiでは「4G/LTEいつも快適プラン」が値上げされました。元々は4,800円と非常に安かった月額料金ですが、現在は6,000円となっています。

しかしこれはFUJI WiFiの利用者が増え、回線の品質を保つためには仕方がなかった値上げだと思います。そのかわりとして、4,800円で使える200GBプランも出ましたし、1日6GB程度の通信量であれば、そちらを使うのも良いでしょう。

もしくは代替案となりますが、同じく違約金なしのポケットWiFiに「SAKURA WiFi」が存在します。SAKURA WiFiでは「4G/LTEいつも快適プラン」と同等のプランが、通常価格4,500円のところ、特別価格3,680円で提供されています。

私もSAKURA WiFiを使っており、現在職場と家でFUJI WiFiと使い分けています。SAKURA WiFiの使用レビューも当サイトで行っていますので、FUJI WiFiより安い無制限プランが気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

関連「SAKURAWiFi」の実機レビュー!通信速度や口コミ評判なども

FUJI WiFiのキャンペーン/クーポンコードについて

【2018年6月4日更新】

現在FUJI WiFiでは、プラン乗り換えキャンペーンを行っています。プラン乗り換えキャンペーンでは、「SIMプラン」もしくは「WiMAX2+から別ルータープランへ乗り換え」する際の初期手数料が無料になります。

開催期間は「2018年6月1日 ~ 2018年6月10日 23:59」までとなっています。

キャンペーンを適用するには、一度FUJI WiFiを解約し、乗り換えキャンペーン利用のメールを送ります。するとFUJI WiFiからクーポンコードが送られてくるので、それを新たなプラン申込時に入力することで、初期手数料が無料になります。

最後に

以上、FUJI WiFiの特徴や評判の徹底解説でした。

FUJI WiFiは非常に人気が高いポケットWiFiなので、貸し出せる端末がなくなったら契約ができなくなる可能性もあります。実際にWiMAX2+プランなどは一時的に新規お申込みの受け付けを拒否したりしていました。

FUJI WiFiの認知度が高くなってきたので、その他のプランでも同様の事が考えられます。もしFUJI WiFiとの契約を少しでも考えている方は、新規契約できなくなる前に申し込みをすることを強くおすすめします