VR

【ジャンル別】おすすめのVRゲーム10選!ホラー?RPG?

更新日:

「VRゲームやってみたい!でも何を購入すればいいか迷うな・・・」
「好きなジャンルのVRゲームのおすすめが知りたいな!」

VRゲームは種類が多く、何から始めればいいのか選びにくいですよね。
特に初めてVRゲームの購入を検討している人は、実際に何が1番いいのか分からない方も多いはずです。

そこで今回は、VRゲームの購入を検討している方に向けて、ジャンル別におすすめのVRゲームをご紹介していきます。
好きなジャンルが明確な人は、すぐに作品を発見出来るようになっているため、ぜひ好きなゲームを探してみてください。

ホラー系

まずはホラー系のVRゲームから紹介します。
ホラー系のゲームは、VRの技術によって、これまでよりも緊張感やスリルを感じることが出来るようになりました。

当然ながら、多くのゲーム会社がホラー系のゲームコンテンツ制作を行っており、非常に多数のゲームがリリースされています。

バイオハザード7 レジデント イービル

カプコンが製作を担当している、超大人気シリーズの「バイオハザード」の最新作『バイオハザード7 レジデント イービル』がリリースされています。

前編がPSVRに対応しており、これまでよりパワーアップした恐怖感を感じることができるようになりました。

バイオハザードシリーズの特徴は、なんといってもサウンドやグラフィックの不気味さで、本物さながらの恐怖を味わうことが可能です。

Edge Of Nowhere

「Edge of Nowhere」は、1920年代の南極で消息を絶った仲間の探検隊を探す、ホラーアドベンチャーゲームです。
作品の魅力としては、氷と雪の世界の中を進んでいく際の、途中で何が出てくる分からない恐怖感を楽しむことが出来る点です。

仲間の隊員たちは変わり果てた姿で見つかり、闇には何やら謎の生物が・・・
最後まで全く気を抜くことができないスリリングなアドベンチャーゲームとなっており、ホラー好きの方は必見です。

The Inpatient -闇の病棟-

PSVRでリリースされ、サイコロジカルホラーとして話題を呼んだ作品として知られる「The Inpatient -闇の病棟」。

この作品は、Playstation 4『Until Dawn-惨劇の山荘-』に登場するブラックウッド精神病院が舞台となっており、関連シリーズとして製作されました。

舞台は1950年代のアメリカの精神病院で記憶喪失となったプレイヤーが、自分がこの病院にいる理由、病院の謎などを解き明かしていきます。

シューティング系

シューティング系のゲームも、VRの技術によってよりリアルに楽しめるようになったコンテンツの1つですよね。
VRによってコントローラーでシューティングするよりも、VRヘッドセットを使って五感を研ぎ澄ましてプレイすると、より臨場感を楽しめます。

こちらも非常に人気のシリーズなので、シューティングゲームを楽しみたい方にはおすすめです。

SUPER HOT

PC向けアクションシューティングゲームをVR向けにリメイクして作られた『SUPERTHOT』は、同じ空間にいる敵を全員倒すとクリアになります。
自分が動く時にのみ、時間が進む設定となっているため、動いている間のみストーリーが進行していきます。

ゲームの進行が自分自身の動きによって進んでいくため、立ち止まって考えたりする時もあり、非常に戦略的なゲームでもあります。

Bone Works

『Bone Works』の特徴は、物理法則を忠実に再現している点で、一貫したルールで設計されたゲーム内の物理力学によって物を投げたり、飛ばしたりできます。

昨年2019年にリリースされると、ゲーム配信プラットフォームの「Steam」で同時プレイ人数ランキングトップにランクインしていました。

発売時点から非常に人気の高い作品をぜひ実際に体験してみてはいかがでしょう。

ACE COMBAT7: Skies unknown

『ACE COMBAT7』は、PSVR対応の人気フライトシューティングゲームで、実際にコックピットに乗り込んだかのような体験をすることが可能です。

Playstation Storeでは、VR体験のモードも配信しており、最大5分間を無料でプレイすることができるため、気軽に体験してみましょう。

ライアン・マークス リベンジミッション

「ライアン・マークス リベンジミッション」は、イギリス・ロンドンを拠点に活動するギャング組織の息子、ライアンマークスの一人称視点でアクションを楽しむことができます。

まるでアクション映画の主人公になったような、スリルと興奮体験を味わうことができ、ファンからの人気も根強い作品の1つです。

「アクションの質だけではなく、ストーリーも非常に面白い」という声も多く、作品自体も楽しむことができそうです。

RPG・アクション系

最後にご紹介するのが、RPG・アクション系の作品です。

シューティング系と若干似通った要素はあれど、ストーリーを進めていくことに重きを置いている点では、大きな違いあります。

今回は日本の作品もランクインさせているため、ぜひ参考にしてみてください。

Moss

Mossは、ファンタジーな世界観が人気の旅するVRパズルアドベンチャーゲームです。

主人公のネズミを俯瞰視点で、動かしながら敵と戦って行ったり、謎を解いていくのが大きな魅力です。

『ゼルダの伝説』などの作品が好きな方は、ハマりやすい作品であること間違いなしなので、ぜひ無料体験してみてはいかがでしょう。

ASTRO BOT RESCUE MISSION

ロボットの「ASTRO」と一緒に、迷子になってしまった仲間たちを助けるために旅をするVRアクションゲーム『ASTRO BOT RESCUE MISSION』。

PSVRのみの対応となっており、コントローラーを使って謎を解いたりする系のアクションが満載です。

VR初心者にも易しい作品と言われており、画面が激しく動かない点も魅力の1つです。

東京クロノス

東京クロノスは、クラウドファンディングで1,800万円以上物支援金を獲得し、Oculus公式から必見タイトルとしても選ばれました。

東京・渋谷を舞台に閉じ込められた8人の幼馴染と一緒に、ストーリーを進めていく形になっています。

360度渋谷の街並みや、風景などを忠実に再現しており、VRヘッドセットをつければ辺りを見渡すことも可能です。

まとめ

今回は、VRゲームの購入を検討している方に向けて、おすすめの作品をジャンル別にご紹介してきました。

どの作品をプレイしても、これまでの2D画面での動作と比べて、非常に臨場感溢れる映像を楽しむことが可能です。

作品によって対応しているデバイスが異なるため、購入前に必ず自分が持っている機器でプレイできるか確認するようにしましょう。

続きを読む

-VR
-Nintendo Switch, PS4, PSVR, VR, おすすめゲーム, ゲーム

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.