ワイモバイルとUQモバイルの比較!どっちがおすすめかを検証

今回比較する格安SIMは、「ワイモバイル」と「UQmobile(UQモバイル)」です。

ワイモバイルもUQmobile(UQモバイル)も地上波でのCMを流しており、知名度は格安SIMの中でもツートップの格安SIMとも言えます。この2つは料金体系や、大手キャリアのサブブランド、通信速度が他の格安SIMと比べて速いなどという共通する項目が多数存在し、正直な所どっちで契約するほうがいいのかわからないという人も多いかもしれません。

そこでこのページでは、ワイモバイルとUQmobile(UQモバイル)を比較して、どっちがおすすめなのかを様々な視点で考察し紹介しています。これから格安SIMと契約している人の参考と慣れば幸いです。

スポンサーリンク

ワイモバイルとは

ワイモバイルとはソフトバンク傘下の格安SIMでb-mobileの他に、唯一ソフトバンクの回線を使って通信できる格安SIMです。ワイモバイルと言えばマスコットキャラクターのふてニャンが人気で、スマホを契約したりすると特典としてふてニャングッズがもらえるなんてこともありました。ピコ太郎さんとジャスティンビーバー氏のコラボCMもソフトバンクでは流しており、そこからワイモバイルの存在を知ったと言う人もいるかもしれません。

ワイモバイルは料金体系が非常にシンプルで使いやすいのが特徴です。用意されているプランは3つのプランしか存在せず、音声通話は必須の契約になっています。大手3キャリアのように複雑な料金体系ではなく、おまけにその3キャリアよりも月額料金を大きく下げることができるので、多くのユーザーから好まれています。

こソフトバンクには無料で使えるWi-Fiスポットがあるのですが、このWi-Fiスポットをワイモバイルでも使うことが出来ます。全国のファストフード店や駅、カフェなどにWi-Fiスポットがあるので、お店が至る所に多い東京や大阪などでは重宝する機能かと思います。

唯一デメリットがあるとすれば、2年経ってから解約しないと違約金が発生することです。音声通話付のプランしかないので仕方がない部分はあります。mineo以外だと音声通話の格安SIMは一定期間の縛りがあり、大手3キャリアでも同じ契約体系なので、この縛りが携帯電話業界のスタンダードだと思って諦めましょう。

公式サイト:ワイモバイル

UQmobile(UQモバイル)とは

UQmobile(UQモバイル)とは、auのサブブランドとして格安SIMを提供している事業者です。地上波でのCMでは三女が有名で気になってUQモバイルについて調べてみたという人も多いのではないのでしょうか。2016年末くらい、UQモバイルが大きく宣伝し始めて駅の看板などにも大きく広告を載せていたので、聞いたことはある、見たことはあるという人も多いでしょう。

そんなUQモバイルはワイモバイル同様に月々1980円から無料通話も含めて利用することができ、キャリアから乗り換えるときに速度や通話に関して違和感なくMNPしたい人にとってもおすすめできる格安SIMです。回線はもちろんauの回線を使っているので、速度も本家au並に速いことで利用者が増えてきています。

UQモバイルは殆どの部分でワイモバイルと似ています。例えば音声通話を含めた定額制月額料金が1980円からと言う部分や、契約期間が2年というところ、さらにMVNO事業者としては殆ど見かけない学割もワイモバイル同様にUQモバイルでも行っています。キャリアのサブブランドというだけあって、こういったキャンペーン部分はお互い意識しているのかもしれませんね。

公式サイト:UQmobile(UQモバイル)

ワイモバイルとUQmobile(UQモバイル)の比較ポイント

2つの格安SIMの簡単な紹介がすみましたので、早速この2つのどこを比較していくかを紹介します。当サイトでは以下の点に注目してそれぞれを比較していきます。

  • 料金プラン
  • 無料通話
  • 通信速度
  • 取扱端末
  • キャンペーン

いつもですと、サポートも比較対象に含めてどっちがおすすめなのかを検証しているのですが、どちらもキャリアのサブブランドということで、サポートに関しては格安SIMの中でもトップクラスに良いです。実際に2つともオンラインサポートを利用してみましたが、個人的に不満な点はありませんでした。ですので、今回は上記5点を比較していきます。

ワイモバイルとUQmobile(UQモバイル)の比較

1.料金プラン

ワイモバイル

 月額料金(1年目)
月額料金(2年目)
データ容量(2年間)
データ容量(2年以降)
スマホプランS1980円
2980円
2GB
1GB
スマホプランM2980円
3980円
6GB
3GB
スマホプランL4980円
5980円
14GB
7GB

ワイモバイルには、スマホプランS/M/L の3つのプランしか用意されていなく、非常にシンプルな料金体系がわかりやすいと評判です。たしかに他の格安SIMの場合ですと、1GB~20GBまで10パターンの料金プランが存在したり、低速プランや●●が安くなるプランなど、少しわかりにくい点も多いです。音声通話の有無なども選択肢に入れるともっと増えますね。

ワイモバイルではそのようなわかりにくい料金プランは全てとっぱらい、全て音声通話つきということもあり、キャリアからMNPしてくる際にどのプランを選べばいいのかを月々の高速データ通信容量と無料音声通話時間だけで選択することが出来るので、スマホに疎い方でも簡単に契約までいけてしまうのが特徴的だと思います。

ワイモバイルのプランに含まれているのは、「無料音声通話 + パケット定額 + Yahoo!プレミアム」の3つになります。月額500円から使えるYahoo!プレミアムの特典は大きいですね。

ワイモバイルの最大のメリットは、無料音声通話が非常に優秀という所です。ワイモバイルの無料音声通話は、「だれとでも10分間かけ放題で、月にそれを300回まで使える」ことです。300回使うことはほぼないと思いますし、他の格安SIMでよくある専用アプリを使えば5分間かけ放題というものでもないので、非常に使いやすいです。

この他にもワイモバイルは様々なキャンペーンが契約時に自動で付与されて、1年間はワンキュッパ割りで月額料金から1000円引き、さらに2年間はデータ容量2倍というキャンペーンが付随してきます。ワイモバイルを賢く使うなら、2年縛りが終わった段階で、どこかの格安SIMにMNPして、2年後また戻ってくるというのが一番存せずに使える方法かと思います。

また、家族割もワイモバイルでは存在しています、家族でワイモバイルを利用すると2回線以降の基本使用料が月々500円OFFとなります。例えば父親が1回線ワイモバイルで契約したとして、その後に母親と娘が契約したとします。その場合は、母親と娘の基本使用料が毎月500円引きとなり、スマホプランSだと1480円から利用することが可能になるのです。

ワイモバイルの家族割はかなりお得です。もし、家族で携帯料金を安くしたいのであれば、ワイモバイルが良いでしょう。

いずれにせよ、格安SIMの中では最も音声通話プランが使いやすくて安いのがワイモバイルです。大手キャリアと同じ感覚で使いたいならワイモバイルがおすすめですね。

UQmobile(UQモバイル)

 おしゃべりプランS
ぴったりプランS
おしゃべりプランM
ぴったりプランM
おしゃべりプランL
ぴったりプランL
基本料金1980円(最大13か月)
2980円(14か月目以降)
2980円(最大13か月)
3980円(14か月目以降)
4980円(最大13か月)
5980円(14か月目以降)
音声通話(おしゃべりプラン)5分以内の国内電話が何度でも無料
※5分超過後は20円/30秒
音声通話(ぴったりプラン)無料通話60分/月(2年間)
26ヶ月目以降は無料通話30分/月
無料通話120分/月(2年間)
26ヶ月目以降は無料通話60分/月
無料通話180分/月(2年間)
26ヶ月目以降は無料通話90分/月
月間データ容量最大2GB(最大25か月)
通常1GB
最大6GB(最大25か月)
通常3GB
最大14GB(最大25か月)
通常7GB
通信速度下り最大150Mbps
(上り最大25Mbps)
下り最大150Mbps
(上り最大25Mbps)
下り最大150Mbps
(上り最大25Mbps)
データ容量超過後の通信速度送受信最大300kbps送受信最大300kbps送受信最大300kbps
契約期間2年間2年間2年間

UQモバイルで大々的にプッシュしているプランが、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の2つです。言ってしまえば、ワイモバイルのスマホプランS/M/Lと殆ど変わりませんが、音声通話の部分が少し変わってきます。

ぴったりプランだと、2年間に限り月に60分~180分までかけ放題(その後は30分~90分)となっており、おしゃべりプランですと、5分以内の国内通話がなんどでも無料、というサービス内容になってきます。他の格安SIMでもよくある5分以内かけ放題がUQモバイルでは選ぶことができます。

また、この2つのプラン以外にもデータ通信専用SIMのプランや、データ無制限プランなども存在しており、ワイモバイルよりは選べる料金プランが多くなっています。ただし、殆どの場合はUQモバイルをメインで使うスマホとして契約する人が多いので、ぴったりプランまたはおしゃべりプランのどちらかを契約するケースが多いようです。その他の料金プランについては下記表を御覧ください。

料金プラン名月額基本料金通信速度通話料最低利用期間
データ高速プラン980円/月月間データ容量3GBまで受信速度最大225Mbps
3GB以降は200Kbpsに制限
なし
データ高速+音声通話プラン1,680円/月20円/30秒12ヶ月
データ無制限プラン1,980円/月月間データ容量無制限で最大受信速度500Kbpsなし
データ無制限+音声通話プラン2,680円/月20円/30秒12ヶ月

データ高速プランは文字通り音声通話なしとなっていますが、最低利用期間などを設けていないので気に入らなかったら違約金なしで簡単に解約することが可能です。月額料金も3GBで980円となっているのでそこそこ安いのではないかと感じます。

以上、ワイモバイルとUQモバイルの料金プランを比較してきました。目的によって変わってきますが、音声通話プランありなら、どちらもおすすめ、データ専用SIMとして使いたいならUQモバイルしかない、ということになります。また、家族で同じ会社で契約したい場合、家族割を考慮に入れると、ワイモバイルがおすすめです。2回線目以降月々500円引きになるのはワイモバイルの強みです。家族でお得に使いたいならばワイモバイルをおすすめします。

2.無料通話

次に比較していくのは無料通話部分です。ワイモバイルもUQモバイルもお互いに無料通話のかけ放題サービスが存在します。果たしてどっちがお得でおすすめなのかを見ていきたいと思います。

ワイモバイル

ワイモバイルの無料通話に関してですが、「1.料金プラン」の項目でも紹介したとおり、「だれとでも10分間かけ放題で、月にそれを300回まで使える」というサービスが全てのプランに付随してきます。正直な所10分300回は、なかなか使い切ることはありませんし、よくある5分かけ放題の2倍も1回の電話で話すことが可能なので、お店の予約などをするときでも安心して使える無料通話時間だと思います。

さらにワイモバイルではこのサービスに加えて、「スーパーだれとでも定額」オプションが存在しています。このオプションは何なのかと言いますと、国内通話が通話時間・回数無制限で使える通話完全定額サービスです。通常のスマホプランに1000円プラスするだけで無制限でかけ放題となります。

現時点(2017年5月7日)では、格安SIMの中でも唯一の無制限かけ放題オプションです。ワイモバイルデフォルトの10分間通話無料だけでは満足しきれない人にとっては、かなりおすすめのオプションです。ワイモバイルは無料通話に関しては格安SIMの中でトップクラスと言ってもいいでしょう。

公式サイト:ワイモバイル

UQmobile(UQモバイル)

UQモバイルの無料通話は、「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」の2つになります。前章でも紹介したとおり、ぴったりプランは2年間に限り月に60分~180分(3年目以降は30分~90分)通話かけ放題。おしゃべりプランはどれだけ使ったとしても、5分以内の通話なら無料というサービスになっています。

残念ながらUQモバイルにはこれ以外の通話オプションはありません。以前のUQモバイルよりは格段に通話サービスが向上しているのですが、ワイモバイルと比べるとやはり劣ってしまうのがハッキリとわかります。

公式サイト:UQmobile(UQモバイル)

以上のことから、無料通話に関してはワイモバイルがおすすめ、という結論です。2つを比較しても、デフォルトの無料通話に関してはワイモバイル、さらに無制限かけ放題オプションのあるワイモバイルが有利です。キャリアのかけ放題に慣れている人でしたら、ワイモバイルが非常におすすめです。

3.通信速度

ワイモバイルの通信速度、およびUQモバイルの通信速度を毎月計測しています。詳しくは下記記事を参考にしてください。

ワイモバイルの通信速度は遅い?他の格安SIMとの比較・実測結果【2017年5月】

2017.03.04

UQモバイルの通信速度は遅い?mineoや他SIMと比較実測してみた【2017年5月】

2017.03.18

結論から言うと、どちらもダウンロード速度は他の格安SIMより速いです。キャリアでの通信速度に慣れている人でしたらどちらの通信速度も満足できると思います。ただ、アップロードをする場合ですとUQモバイルのほうが断然高速です。それ以外でしたらどちらも変わらないので好きな方を選ぶ、という選択方法でもありかと。

一つ気をつけてもらいたいのは、今使っているスマホでワイモバイルやUQモバイルと契約したいかどうかです。もしかすると、今使っているスマホでは2つの周波数帯域に対応していない可能性もあります。

ドコモ回線でしたらほとんどのSIMフリースマホで使えるのですが、ワイモバイルとUQモバイルはワイモバイル(ソフトバンク)回線、auの回線なので、まずは公式サイトで自分の使っている端末が本当に動くのかを確認してから契約するようにしてください。

4.取扱端末

ワイモバイル

以前は取り扱い端末が少なかったワイモバイルですが、現在は多くの格安SIMフリースマホを取り扱うようになりました。他のMVNO事業社では取り扱っていないNexus 5やiPhone 5sなどが使える特徴があります。

また、ワイモバイル独自で販売されているAndroid Oneは最新のAndroid OSが使える端末です。これは他の所では販売していないワイモバイルだけの特権となります。スマホセットで購入するならHuaweiの製品やFREETELの製品もあるので以前よりは選べる幅が広くなって良かったと思います。

UQmobile(UQモバイル)

UQモバイルでは最新の格安SIMフリースマホをワイモバイルよりも多く扱っています。ただ、ワイモバイルにあってUQモバイルにない製品などもありますので注意してください。iPhone 5sもワイモバイル同様に扱っており(2017年5月7日)、これが非常に人気が高いです。もしかするとiPhone 8が発売されたら、UQモバイルでもiPhone6sの販売があるかもしれません。

もし、欲しい端末がないのでしたら、独自にアマゾンで購入してからSIM単体で契約するという方法もあります。端末アシストなどを使えば月々お得にスマホを使えて便利なのですが、欲しい端末がないとなるといくら通信速度が速かったり、サービスが良くても契約してしまうのをためらってしまいます。おすすめのSIMフリー端末については下記記事をご参考にしてください。

格安スマホおすすめ端末比較2017!人気の機種からピックアップ

2016.12.10

5.キャンペーン

ワイモバイル

ワイモバイルのお得なキャンペーンをまとめると次のようになります。

  • ワンキュッパ割り(1年間月額料金1000円引き)
  • 2年間高速データ通信量2倍
  • 端末のアウトレットセール

この3つがワイモバイル最大のキャンペーンでしょう、上の2つはワイモバイルと契約すると自動的に付与されるキャンペーンです。やはり注目すべきはアウトレットセールです。

アウトレットセールは、在庫処分市とも呼ばれ、ワイモバイル内で販売している端末を安く購入できるキャンペーンです。ここでアウトレットになっている商品は在庫限りで、不定期で商品が入れ替わります。ですので、NEXUSが安くなっているチャンスにワイモバイルと契約する使い方もできます。

ワンキュッパ割りと2年間高速データ通信2倍だけでも、他のMVNO事業社で行うキャンペーンよりもお得です。ワイモバイルは学割も行っているので、キャンペーンに関してはかなり手厚いかと思います

UQモバイル

UQモバイルでは目立ったキャンペーンを行ってはイません。ですが春頃にはるとワイモバイル同様に学割キャンペーンを開催しています。それ以外となりますと、ゲリラ的に新生活応援セールや商品券プレゼントキャンペーンなどを行っているようです。

ワイモバイルで存在するワンキュッパ割と2年間高速データ通信量2倍キャンペーンは、UQモバイルですとデフォルトで料金プランに組み込まれています。ですのでキャンペーンとしては登場させていないようです。

キャンペーンの部分で比較してみましたが、ワイモバイルに軍配が挙がります。常時開催している端末のアウトレットセールは非常に魅力的です。UQモバイルでもこのようなキャンペーンを開催するかもしれませんが、現時点(2017年5月7日)ではありませんので、今のところはワイモバイルのほうが勝っていると感じました。

最終的にワイモバイルとUQモバイルを比較してどっちがおすすめか

ワイモバイル

  • 電話をよく使う
  • 大手キャリアと同じ感覚で使いたい
  • キャリアメールを使いたい
  • ふてニャングッズが欲しい
  • 安定した通信速度でスマホを運用したい

音声通話を使うならワイモバイルが最強クラスです。UQモバイルと非常に似た料金プランですが、音声通話の部分だけ見てみるとワイモバイルに軍配が挙がります。また、ワイモバイルにはキャリアメールが用意されているところも他の格安SIMとの差別化となっています

公式サイト:ワイモバイル

UQmobile(UQモバイル)

  • データ通信SIMで契約したい
  • auのスマホをそのまま使いたい
  • 大手キャリアと同じ感覚で使いたい
  • 電話は軽くする程度だ
  • 安定した通信速度でスマホを運用したい

データ通信SIMのみほしいのでしたらUQモバイルは非常におすすめです。3GBで980円から使うことができ、通信速度も安定して速いのでかなり使い勝手はいいでしょう。また、軽く電話をする人でしたらワイモバイルくらいの無料通話はいらないと思いますので、UQモバイルでも充分かと思います。

公式サイト:UQmobile(UQモバイル)

最後に

以上が、ワイモバイルとUQモバイルを比較して、どっちがおすすめかの検証でした。

どちらもかなりおすすめの格安SIMです。キャリアのサブブランドなので極端に通信速度が下がるわけでもありませんし、無料通話プランもしっかりと存在しているので使いやすさは抜群です。強いていうならば、自宅で電波がしっかり届くのか、音声通話はどの程度使うのかで選択肢が変わってきますので、公式サイトをしっかりと読み選択しましょう。

  ワイモバイル学割2017「ヤング割」情報まとめ!家族割を適用し2年間月額1480円でワイモバイルを使いこなそう!
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

出島

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。