【UGREEN】ワイヤレス急速充電器のレビュー!置くだけでiPhone 8も充電ができる一品

最近のスマートフォンは有線での充電以外に、ワイヤレスで充電可能な機種が増えてきました。2017年9月22日に発売されたiPhone 8ではついにQi対応となり、ワイヤレスで充電が可能になりました。

もちろんアップル公式でもワイヤレス急速充電器は販売されていますが、その値段は税抜き6,980円と若干高いため購入するかどうか迷った人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、値段も安くコンパクトな見た目が特徴のUGREENのワイヤレス急速充電器のレビューをしていきます。これからワイヤレス急速充電器を購入しようと思っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

【UGREEN】ワイヤレス充電器の基礎スペック

Wireless Charger UGREEN Quick Charger QC 2.0 10W QI ワイヤレス充電 iphone 5W 無線 充電 HTC,Xperia,Galaxy,Samsung Note5,S6 Edge +,S7,S7 Edge S8,S8 Plus等対応

UGREENのワイヤレス充電器は、「Qi(チー)」に対応しているスマホでないと利用することができません。Qi対応のスマホを利用すると、パッドの上に置くだけで充電が開始されます。

  • アウトプット:最大10W
  • インプット:DC 5V/2A、DC 9V/1.67A

急速充電ですが、最大10Wの出力を出すには「Galaxy S7/S7 edge/Note 5/S6 Edge+」のいずれかのスマホならできると説明書に記載されておりました。ただ、あくまでも急速充電の話なので、ワイヤレス充電自体は問題なくiPhone 8等で行うことができます。

また、説明書には書かれておりませんが、Galaxy S8/S8+でもワイヤレスでの急速充電を行うことができます。通常の充電は出力が5V/2Aとなっています。

【UGREEN】ワイヤレス急速充電器のレビュー

簡単にスペックを紹介した所でUGREENのワイヤレス充電器のレビューを行っていきます。Amazonから届いた箱を開けると、その中には正方形のシンプルな箱が入っていました。思ったよりも小さめです。

箱の中には、「ワイヤレス急速充電器」「USB-microUSBケーブル」「取扱説明書」の3点が入っています。説明書は親切にも日本語訳がついていました。これで使い方はバッチリなはず。

ワイヤレス充電器を手のひらに乗せるとこんな感じ。手のひらサイズって感じですね。思った以上に薄くて軽かったのが印象的です。これなら持ち歩きも便利そうですし、荷物としてバッグに入れても余分な重さにはなりません。

UGREENのワイヤレス充電器はmicroUSBケーブルを使って電源を供給します。電源を供給すると、ブルー/グリーン/ライトブルーが相互に点滅します。これがワイヤレス充電器がオンになっている証拠です。

  • ブルー:充電中
  • グリーン:充電終了
  • ブルー(点滅):デバイスの位置を調整する必要あり

インジゲーターがブルーで点滅していると、きちんと充電されないので注意してください。

実際にiPhone 8を置いて充電されるかチェックしてみました。この位置からは反応しません。ある一定の距離になると充電機能が反応するようです。

そーっとワイヤレスパッドにおいてみるとiPhone 8の充電が開始されました。きちんと反応するようで良かったです。今回はクリアケースをつけて充電を試していますが、問題なく充電ができました。

USBケーブルに接続しなくても良い時代に

以上が、UGREENのワイヤレス急速充電器のレビューでした。

寝る際に毎回USBケーブルやライトニングケーブルに接続していましたが、この充電器を使うとパッドの上にポンと置くだけで勝手に充電されるので便利です。Qiに対応しているスマホを使っている方はぜひワイヤレス充電器を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪