Twitter スマホアプリ

Twitterの新機能「トピックフォロー」は要チェック機能!?

更新日:

Twitterの新機能である「トピックフォロー」という言葉は聞いたことがありますか?Twitterをやっている人でもその存在をまだ知らない人も多いのではないでしょうか。

また聞いたことがある人でも使っている人は少ないと思います。そこで、今回は新機能の「トピックフォロー」にどんな機能があって、実際に使ってみて役に立つのかどうか検証してみます。

この記事を読んで、ぜひ「トピックフォロー」を使うかどうか判断してください。

Twitterの「トピックフォロー」とは?

Twitterの新機能「トピックフォロー」が2019年11月13日から実装されました。しかし、あまりトピックが流れているのを見ていないなと思います。また使っている人もまだ少ないでしょう。

そこでここでは「トピックフォロー」でどのようなことができるのか説明します。

トピックフォローとは 

トピックフォローとは300以上のトピックの中から興味があるトピックをフォローすることで、そのトピックに関係するツイートがホームタイムライン上に表示されます。

そのトピックに関連するツイートであれば、フォローしていないユーザーのツイートも表示されるという新しい機能です。

トピックフォローの仕組みは? 

トピックフォローの仕組みは、ユーザーが興味関心のあるワードに対して、ホームタイムラインに表示されるというものです。

そのトピックをフォローすることで、そのトピックに関するツイートが表示されるようになります。

あなたが関心があるとツイッターが考えているトピックは、「Twitterデータ」 の 「Twitterから取得した興味関心」で確認できます。興味がないものは外しておいても良いでしょう。

また、検索結果にも関係するトピックがある場合は表示されるので、そこでフォローすることもできます。

トピックフォローで何ができるのか 

トピックフォローを使うことで、ある特定のトピックをフォローするだけで興味のあるツイートがホームタイムライン上に表示されます。

そのため、自分でそのトピックに関して詳しいユーザーや人気のあるツイートを探さなくても良いという利点があります。

あるトピックについて情報収集だけを目的にするならば、とても便利な機能です。

トピックフォローとリストは何が違うのか 

ツイッターにはリスト機能があります。こちらも興味関心によってリストを分けて、リスト管理をすることで情報を整理できます。

しかし、こちらもフォローと同じで、自分でリスト化したいユーザーを探す必要があります。これに対して、トピックフォローはトピックさえフォローすればいいので、リストよりも簡単に話題を追うことができます

トピックフォローを使うべき人は? 

トピックフォローを使うべき人はツイッターで情報を得たいけれども、どのユーザーをフォローして良いか分からない人です。

また関心のあることがハッキリしている人もトピックフォローを利用することで、知りたい情報を簡単に得ることができると思います。

Twitterのトピックフォローに関するユーザーの反応

Twitterの新機能「トピックフォロー」が日本版でもリリースされているわけですが、まだ話題にのぼることはほとんどありません。

では実際に日本で使っている人はいるのでしょうか。ここでは「トピックフォロー」に関するユーザーの反応について簡単にまとめてみます。

これ何の機能?と思う人 

Twitterの新機能「トピックフォロー」について知らないという人もいます。「あれ、こんなの前からありました?」という感じで、機能そのものを知らないという反応です。

確かにまだリリースされて間もないですし、ほとんど話題にのぼっていないので、知らないのも仕方がないことだと思います。

「トピックフォロー」は知っているけど使い方が分からない人 

次に「トピックフォロー」そのものは知っていますが、使い方が分からないという方も多いです。確かにこれどうやって使うの?となりますよね。

説明がほとんどないので、使い方は検索して調べるしかありません。

トピックをフォローしてみたという人

まだあまり使われていない「トピックフォロー」ですが、トピックをフォローしてみたという方もいました。フォローした人はちょっと興味があってフォローしてみたという感じで、トピックについて詳しい情報を知りたいという感じではないようです。

まだ始まったばかりの機能なので、実際にどうなるのか興味本位でフォローするのは理解できます。

自分のツイートが全然関係ない人に見られることに抵抗がある人も 

中にはフォローされていない人に自分のツイートが見られることに抵抗がある人もいました。確かに、全然関係ない人に見られる可能性があるわけですが、ツイッターの特性上、鍵垢でなければフォローされなくてもツイートを見られる可能性はあります。

そのため、こうした抵抗感は理解できるものの、ツイッター社が何らかの対策を打つとは考えにくいでしょう。

Twitterのトピックフォロー機能を使ってみた。 

新機能の「トピックフォロー」は大変気になる機能なのですが、ほとんど話題にのぼることがありません。そこで今回は実際に「トピックフォロー」を使ってみました。

「トピックフォロー」に関心がある方は参考にしてください。

パソコン版でも利用できる

「トピックフォロー」はアンドロイド版のみ利用できるとのことでしたが、パソコンでも利用できました。最初、トピックを選択すると言われても何をしていいのか全くわかりません。

実際に下の画面を見て、どうしていいか分からないというユーザーの方もいました。タイムラインにトピックが流れてくるという話なので、タイムラインを見ていましたが見つかりません。

そこで検索してフォローする方法を試してみました。

検索してフォローしてみた 

今回は「Super Mario」で検索してみました。すると、以下のように検索結果が出てきましたのフォローしました。

検索結果のトピックをフォローすると先ほどの画面に、トピックが表示されるようになりました。これでトピックのフォローは終了です。

話題によってはホームタイムラインにはほとんど流れてこない 

スーパーマリオの話題がタイムラインに流れてくるのを待ってましたが、流れてきませんでした。そこで、別のトピックをフォローしてみました。

それはK-POPグループBTSのジミンについてのトピックです。

するとすぐにトピックとしてタイムラインに流れてきました。左上のマークに注目してください。トピックのマークがついていますね。

トピックフォローを使っている人は少ない? 

実際にトピックフォローを使ってみたのですが、現在、トピックフォローを使っているユーザーは少ないと思われます。

ほとんどタイムラインで話題に上がることはありませんし、検索してもトピックフォローを有効に活用しているというユーザーはいませんでした。

アンドロイド版が先にリリースされ、パソコン版でも利用できるようになってはいますが、まだ時間が経っていないので、使っていない人が多いのだと思われます。

日本語のトピックはまだ少ない 

今回、ふたつのトピックをフォローしてみたのですが、どちらもアルファベットでの検索でした。日本語でいくつか検索してみたのですが、トピックは出てきません。

現在、日本語のトピックはほとんどないのではないでしょうか。日本語のトピックをフォローしているというユーザーが検索してもヒットしませんでした。

まだ始まったばかりのサービスなので、これから本格的に日本語のトピックが増えていくのかもしれません。日本のツイッターユーザーは多いので、十分に考えられます。

まとめ

ここまでTwitterの新機能である「トピックフォロー」について説明してきました。ツイッター内での反応を見ると、まだ利用している人は少ないようです。

また私自身も利用してみましたが、私が関心のある日本語トピックは見つからなかったので、トピックそのものがまだ少ないのかもしれません。

今後、時間が経てばトピックが増えて、話題に上る可能性がありますので、それまでは簡単な使い方をマスターするぐらいにしておきましょう。

-Twitter, スマホアプリ

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.