Twitter Lite ホーム画面にショートカットを追加する方法【iPhone/Android】

このページでは、Twitter Liteのショートカットをホーム画面に追加する方法をまとめています。

Twitter LiteはAppStoreやPlayStoreでアプリをダウンロードして利用するものではなく、ブラウザ上で動くウェブアプリとして作られています。ですので通常ではホーム画面にアプリが常駐しませんので、自分で追加して上げる必要があります。

スポンサーリンク

ホーム画面にショートカットを追加する方法

Twitter Liteはスマートフォンやタブレットから利用することが出来ます。Twitter Liteの簡単な紹介や複数アカウントの管理については下記記事にてまとめていますので参考にしてください。

参考Twitter Liteは複数アカウント管理ができないが動作は従来のTwitterよりサクサクに

 

ホーム画面にショートカットを追加するには条件があり、それはAndroidではChrome、そしてiPhoneではSafariを使わなければいけないことです。どちらもChromeからホーム画面にショートカットを作成できるかと思いましたが、AndroidとiPhoneではアプリの作りが若干異なっていて、iPhoneのChromeでは「ホーム画面に追加」がありませんでした。

AndroidのChromeにしかホーム画面追加がない

1.Androidでショートカットを追加

Chromeを開いたら右上の縦の三点リーダをタップして、[ホーム画面に追加]をタップします。

ホーム画面にショートカット追加

あとはショートカットの名前を決めて「追加」押すと、Androidのホーム画面にTwitter Liteのショートカットが表示されます。

2.iPhoneでショートカットを追加

iPhoneでTwitter Liteのショートカットをホームに追加するには、SafariでTwitter Liteを立ち上げます。

Twitter Liteを開いたら、[共有ボタン]をタップし、その中に存在する[ホーム画面に追加]を選択します。

Safariの共有ボタンからショートカットを作成

あとはショートカットの名前をつけて右上の「追加」をタップして完了です。

ホーム画面にショートカット追加

これでiPhoneでもショートカットにネイティブアプリと同じようなアプリアイコンが追加されました。

最後に

以上が、Twitter Liteのショートカットをホーム画面に追加する方法の紹介でした。

追加したアプリアイコンをタップするだけでTwitter Liteが開くようになりますので便利です。ぜひお試しください。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪