Twitter

2019年のTwitterで足跡は残る?基本的につくことはない

投稿日:

mixiを利用していた世代にとっては、SNSは足跡が残るのが当たり前と認識していることが多いです。そのため、Twitterを始めとしたSNSアプリで、フォロワーのプロフィールやツイートを見ると足跡が残ってしまわないか不安な人もいるでしょう。

そこで本記事では、2019年時点でTwitterの閲覧やアクセスで足跡は残るのか徹底解説。ご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

結論:Twitterでは足跡は残らない

結論を先に行ってしまうと、Twitterでは足跡機能が存在しないため、フォロワーのツイートやプロフィールなどを閲覧したとしても、アクセスした証拠は残りません。

Twitterはアカウントをもっていなくてもツイートの閲覧は可能なので、特定の個人を特定するような足跡機能をサービス内に組み込ませるのは難しいのかもしれません。

Twitterの足跡に関するよくある質問に対する回答

Twitterに足跡機能は存在しませんが、ツイートで次のような疑問を投げかけている方もいました。

  • Twitterの足跡の見方や設定方法
  • アカウントなしで見た時に足跡がつくのか
  • 足跡の閲覧履歴の消し方・削除方法

これらは、Twitterにはそもそも足跡機能がそんざいしないので、全く心配する必要はありません。全て、存在しない事項となります。

足跡の調べ方は存在するのか?

Twitterの足跡を独自のやり方で解析する人もいます。主に次のような手段を使って、足跡のログを残しているようです。

  • 足跡解析アプリ
  • 特定のURLを踏ませて、アクセスしたアカウントの@以下のidを抜き取る

いずれもTwitter公式とは全く無関係のサービスになるため、これら不審なアプリやURLを見かけた場合はなるべくアクセス、利用しないことを推奨します。もし特定のURLを踏むのでしたら、一度Twitterからログアウトするのが良いでしょう。

Twitter足跡解析ツールは利用しないこと

2017年頃に、「Twitter足跡解析ツール」と呼ばれるサービスが登場しました。名前のとおりですが、Twitterとアプリ連携することで足跡を解析してくれるツールと謳われています。

しかし、このツールはスパムツイートを自動的につぶやいてしまう、Naverまとめに転送されてしまうと言った被害が多く見受けられました。

利用しなければ全く問題ありませんが、もしこういった変なツールとTwitterをアプリ連携をしてしまった場合は、すぐに解除をしてください。アプリ連携の解除方法は下記記事に詳しくまとめています。

参考Twitter:アプリ連携の解除方法を画像付きで紹介【PC/スマホ】

Twitterアナリティクスでアクセス解析は可能

Twitterでは、アナリティクスと呼ばれるアクセス解析機能が用意されています。Twitterアナリティクスでは、以下のことを知ることが可能です。

  • 自分のツイート数
  • 自分のツイートが何回他ユーザーに表示されたか
  • 自分のプロフィールに何人アクセスしたか
  • 自分宛てのツイート数
  • フォロワーの増減
  • Twitterカードが埋め込まれたツイート回数

個人を特定するような足跡解析はできませんが、どの程度自分のツイートが周りに表示されているかを知ることはできます。個人レベルでアナリティクスを利用することはないと思いますが、企業でTwitterアカウントを運用している人だとよく使われているツールです。

足跡はつかないが注意したいこと

Twitterに足跡機能はありませんが、相手に自分がこのツイートやプロフィールを閲覧していることがバレることもあります。自分が見ていることを知られたくない場合は、以下のことに気をつけましょう。

  • いいね
  • DM(ダイレクトメッセージ)
  • リツイート
  • フォロー

これらのアクションをすると、Twitterでは相手に通知が届くようになっています。もちろんアカウント名つきなので、足跡同様に個人を特定することが可能です。

もし、絶対に足跡をつけたくない場合は、サブとして閲覧専用アカウントを作ってこっそり相手のツイートを見るのが良いかと思います。

 

スポンサーリンク

-Twitter
-Twitter

Copyright© DigitalNews365 , 2019 All Rights Reserved.