Huawei端末の急速充電器に使えるTronsmart Presto 10000mAhのレビュー!FCP対応の嬉しいモバイルバッテリー

このページでは、モバイルバッテリー「Tronsmart Presto 10000mAh」のレビューをしていきたいと思います。

※ 今回の記事はTronsmart様から提供でお送りしています。

スポンサーリンク

Tronsmart Presto 10000mAhのスペック

まずは簡単にTronsmart Presto 10000mAhの基礎スペックから紹介。

  • 品名:Tronsmart Presto 10000mAh
  • バッテリー容量:10000mAh
  • 入力:5V/3A、9V/2A、12V/1.5A
  • 出力1:5V/3A、9V/2A、12V/1.5A
  • 出力2:5V/2.4A
  • サイズ:約139.5 * 68 * 16mm
  • 重量:209.5g
  • その他1:Qualcomm Quick Charge 3.0対応
  • その他2:VoltIQ & FCP(Fast Charger Protocol)

入出力がそれぞれ3つずつ存在するのは、このモバイルバッテリーがQualcomm Quick Charge 3.0に対応しているからです。また、VoltIQ技術を取り入れるいますので、もしQuick Charge 3.0に対応しておらずQuick Charge 2.0には対応している場合は、自動的にモバイルバッテリー側が充電方法をQuick Charge 2.0のほうに合わせてくれます。

その他に、Huawei独自急速充電技術Fast Charger Protocol(FCP)に対応しているモバイルバッテリーで、このFCPに対応しているモバイルバッテリーは国内ではほとんど見かけません。もしHuaweiの端末を使っている方で、端末の急速充電器として使えるモバイルバッテリーを探しているのでしたら、個人的にはこのモバイルバッテリーを強くおすすめします。

Tronsmart Presto 10000mAhのレビュー

Tronsmart Presto 10000mAhの簡単な基礎スペックを紹介したところで、早速商品のレビューに移りたいと思います。

まずは外箱からチェック。手触りの良い外箱からモバイルバッテリーなどを取り出しました。付属品として、USB-microUSBケーブル、モバイルバッテリー収納袋、ユーザーマニュアルが入っていました。

収納袋が入っているのはかなり嬉しい。こういった収納袋を同封しているモバイルバッテリーは少ないので、かなり粋な心遣いを感じます。

では次に本体のモバイルバッテリーの外観をチェック。モバイルバッテリーの表面は非常に手触りがよくしっとりしていて持ちやすいです。デザインも非常にシンプルなので好印象。裏面にはQuick Charge 3.0に対応しているとのロゴも配置。

モバイルバッテリーのサイズ感のチェック。iPhone7を並べてみた所、ほぼほぼ同じくらいの大きさということがわかります。若干Tronsmart Presto 10000mAhのほうが縦に長いかなという感じです。

側面にはボタンがついております。このボタンを長押することで4つのLEDライトが光るので、これからバッテリーの残量を確認することが出来ます。もしLEDライトの光を消したい場合は再度ボタンを長押ししてください。

最後にUSBポート部分の確認。VoltIQ対応のポートと、Quick Charge 3.0対応のポートがそれぞれついております。microUSBポートに関しては入力ポートとなっているのでここからモバイルバッテリーの充電が可能です。

もし急速充電に対応していない端末を使っていたとしても、VoltIQのほうに接続すれば最大2.4Aの電流を流してくれるので、普通の充電器よりも充電速度は早いです。

またQuick Charge 3.0対応ポートのほうに接続した場合でも自動的に最適な電流を流してくれるようになっています。

以上が、Tronsmart Presto 10000mAhの外観レビューでした。

Tronsmart Presto 10000mAhはUSB Type-Cにも対応

それでは実際に充電機能はどんな感じになっているのかを確認していきます。

とりあえず一番気になっていた部分である「USB Type-C」対応端末でも問題なく充電ができるかどうか。早速Quick Charge 3.0ポートの方にGalaxy S8+を接続してみた所、きちんと急速充電という表示が端末上に表示されました。

Galaxy S8はQuick Charge 2.0対応で、3.0には対応していないのでどうなるかと心配でしたが、このモバイルバッテリーでしたらQuick Charge 2.0を自動検出して急速充電をしてくれるようです。

ただし一点気をつけてもらいたいのは、あくまでもmicroUSB-USB Type-C間での充電となるため、本来のUSB Type-Cの充電規格である C to Cには対応していないという点です。

Tronsmart Presto 10000mAhのおすすめポイント

最後にTronsmart Presto 10000mAhのおすすめポイントを何点か紹介。

  • FCP対応でHuawei端末の急速充電器として使える
  • VoltIQ対応で最適な電流を流してくれる
  • USB Type-C搭載端末でも問題なく充電可能
  • 10000mAhの大容量モバイルバッテリー
  • 高機能でありながら約2000円と良心的な価格

悪いところを探そうと思いましたが、それらしい欠点が見当たらないモバイルバッテリーでした。おおむねAmazonのレビュー評価通りの商品かと思います。かなりユーザー満足度は高いモバイルバッテリーでしょう。

最後に

以上が、Huawei端末の急速充電器としても使えるモバイルバッテリー、「Tronsmart Presto 10000mAh」のレビューでした。

Huawei端末対応の急速充電器は種類がかなり少ないので、このモバイルバッテリーは非常におすすめできます。Huawei端末でなくても、Galaxy、iPhone、Xperiaでも急速充電が可能になっているのでどの端末でも満足して使うことが出来るでしょう。

モバイルバッテリー選びで迷っているのでしたら、Tronsmart Presto 10000mAhを強くおすすめします。

  車載OK!車内で使えるBluetoothスピーカー「Tronsmart Elements T2」のレビュー
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。