IT学習 プログラミング学習

Tech Kids Schoolは小学生向けのプログラミング教室。特徴や身につくスキルを紹介

投稿日:

Tech Kids Schoolは、プログラミング教育の業界で今1番勢いのあるプログラミングスクールです。

しかし、月謝や、子供にプログラミングを習わせる是非などで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、Tech Kids Schoolに興味がある方に、ピッタリの情報をお届けします!

Tech Kids Schoolは小学生向けのおすすめプログラミング教室!

Tech Kids School

Tech Kids Schoolは、東京・大阪などの都市部を中心に展開している小学生向けのプログラミング教室です。

Tech Kids Schoolの特徴を以下にまとめました。

Tech Kids Schoolの特徴
対象 小学生(中学生以降は別途専用のコースあり)
エリア ・東京:3校(渋谷、秋葉原、二子玉川)
・大坂:1校(梅田)
※関東、四国、九州・沖縄エリアにパートナー教室あり
コース 継続学習コース、短期体験コース
※継続学習の場合の授業は、1回120分間・年間36回(週に2回)
入会金 0円
受講料月額 19,000円
教材費月額 2,000円
支払い方法 クレジットカードのみ
持ち物 PC(Mac推奨、Windowsも可)、充電器、USBメモリ、イヤホン
※PCを借りる場合:レンタル月額4,000円
学べる内容 プログラミングの基礎
・「Swift」でのiPhoneアプリ開発
・「C#」と「Unity(ユニティ)」での3Dゲーム開発
・IllustratorやPhotoshopなどを用いたデザイン
・プレゼンテーション
ほか ・ロボコン、ワークショップなどのイベントを多数開催
体験レッスンあり

Tech Kids Schoolは、AbemaTVでも有名なサイバーエージェントグループの子会社が運営しており、最大3年間のカリキュラムを用意する一方、長期休暇中には短期体験コースも実施しています。

そのため、「プログラミングを本格的に習わせたい」といったご家庭はもちろん、「プログラミングに興味はあるけど、いきなり長期で通わせるのは迷う…」というご家庭にもぴったりの内容となっています。

無料体験も可能なので、お子さんが興味を示したらまずはお試ししてみるのをおすすめします。

Tech Kids Schoolを試してみる

Tech Kids Schoolとは

Tech Kids Schoolは小学生が通う日本最大級のプログラミングスクールです。

この章では、Tech Kids Schoolとはどのような場所なのかを解説していきます。

小学生・子供向けのプログラミング教室

Tech Kids Schoolは、業界の中でも最大手のプログラミング教室です。

2013年からスタートし、卒業生は 5000人超え(2020年時点)。多くの小学生がプログラミングを学習しているのです。

公式HPには、

スキルを身につけることだけが目的ではなく、テクノロジーを武器として、自らのアイデアを実現し、社会に能動的に働きかけることができる人を育てています。

とあります。

最先端のプログラミング技術のティーチングをしつつ、エンターテインメントなイベントも多数開催しています。

サイバーエージェントの子会社が運営

Tech Kids Schoolは、AbemaTVでおなじみサイバーエージェントグループの子会社「CA Tech Kids」が運営。

授業を体験した家庭からの声で「エンターテインメント性が高い」「最先端を行っている」というものをよく見かけます。

これらも、サイバーエージェントが親会社だと考えると納得できますね。

最大3年間の継続学習カリキュラムを用意

プログラミング教室は月2回授業が多いなか、Tech Kids Schoolは月3回とほぼ毎週授業があります

授業のカリキュラムは継続学習コースと短期体験コースの2つ。

「継続学習コース」は1コマ120分授業で年間40コマ。対して「短期体験コース」は2日間と3日間のプランがあります。

どちらも、しっかりプログラミングに取り組みたい子どもに向いている充実した内容になっています。

詳しい内容は次の章で詳しく紹介します。

ロボコンやイベントを開催

Tech Kids Schoolのイベント

小学生向けのプログラミングイベント開催、書籍の出版と、プログラミング教育をリードしているTech Kids School。

夏休みなどに有名企業とコラボし、子供が喜びそうなイベントも開催しています。

保護者にも詳しく教えてくれるので、子供と一緒に楽しめるのがポイント。しかも、無料のものが多く気軽に参加できます。

都内に3校、大阪に1校展開

魅力的なTech Kids Schoolですが、現在開講している教室は都心部だけです。

  • 東京:渋谷 / 秋葉原 / 二子玉川
  • 大阪:梅田

地方在住だと交通費がかさむ場合もあるので、そこも加味して教室を選びましょう。

各地に提携教室もある

地方在住の方は、Tech Kids Schoolパートナー教室を活用してみてください。

パートナー校はTech Kids Schoolから認定された提携教室で、学童や学習塾、認定講師の自宅などで、プログラミングを学ぶことができます。

関東エリア

東京 ウィズダムアカデミー 恵比寿教室
東京 ウィズダムアカデミー 目白教室
東京 ウィズダムアカデミー 成城祖師谷大蔵教室
東京 ウィズダムアカデミー 市ヶ谷飯田橋教室
東京 ウィズダムアカデミー 駒沢桜新町教室
東京 ウィズダムアカデミー 三鷹吉祥寺教室
東京 Tech Kids Home Teacher 大田区久が原教室
神奈川 ポケモングローバルアカデミー たまプラーザ教室
神奈川 ポケモングローバルアカデミー センター北教室
神奈川 ウィズダムアカデミー 横浜上大岡教室
神奈川 ASAHI KIDS.アフタースクール港北綱島教室
神奈川 Tech Kids Home Teacher 川崎宮前平教室
千葉 Tech Kids Home Teacher 千葉幕張ベイタウン教室
千葉 Tech Kids Home Teacher 千葉我孫子教室
千葉 T-KIDSシェアスクール 柏の葉キャンパス教室
埼玉 Tech Kids Home Teacher 埼玉西大宮教室

四国エリア

香川 NESTON Kids Programming School

九州/沖縄エリア

長崎 島原城下プログラミングスクール
沖縄 意伸学院 美里教室
沖縄 ADVANCE Programming Academy

教室の見学や入学希望の方は、各教室へお問い合わせください。

Tech Kids Schoolのカリキュラム

ここからは、Tech Kids Schoolのカリキュラムについて詳しく見ていきます。

一般的な授業の他に、長期休みに短期集中で学べる「Tech Kids CAMP」も。お子さんに合ったプランを選びましょう。

コースは2種類

コースは2つあり、自分のお子さんや状況に合わせて選べます。

  • 継続学習コース:ほぼ毎週通学
  • 短期体験コース:夏休みなどに2~5日間

また、無料レッスンも用意されており、そちらで子供の反応を見てから継続か短期かを選ぶことも可能。

1. 継続学習コース

Tech Kids Schoolの継続学習コース

Tech Kids Schoolでは、最大3年間のカリキュラムを使用しています。年間授業数は36コマで、月3回の授業回数です。

まずは「First Stage(プログラミング基礎コース)」から。パソコンに慣れ、プログラミングの基礎を学び、自らのアイデアを実現する力を身につけます。

First Stageが修了すると、2年目以降の「Second Stage(全72コマ)」へ。

Second Stageでは、実用的なスキルが身につく「iPhoneアプリ開発コース」や「Unityプログラミングコース(3Dゲーム開発)」を選択できます。

継続学習については、のちほど詳しく解説します。

2. 短期体験コース

Tech Kids Schoolの短期体験コース

Teck Kids Schoolの短期体験コースには、東京渋谷・大阪梅田で実施される「対面キャンプ」のほか、史上初の実施となる自宅のPCから参加できる「オンラインキャンプ」の2種類があります。

ここではそれぞれの日程や学習内容、料金について見ていきましょう。

「Tech Kids CAMP Summer 2020」の対面キャンプ

「Tech Kids CAMP」は、全国1万人以上の参加実績を誇る、小学生のためのプログラミング体験ワークショップです。

夏休みの予定や、プログラミング経験の有無にあわせて選べることから、経験者だけでなく初心者のお子さんにも人気のイベントとなっています。

2013年に開始されたこの「対面キャンプ」ですが、2020年も開催予定。全世界で大人気のゲーム「マインクラフト」を通して、プログラミングの楽しさを学べる内容になっています。

初級コースと中級コースに分かれており、日程も2日間・3日間・4日間の中から選べるので、お子さんのレベルやスケジュールにあわせて選ぶことも可能です。

以下では、対面キャンプの日程と開催地をまとめました。

2daysプラン
7月23日(木)~7月24日(金) 10:00-16:00 【大阪】
大阪富国生命ビル
7月25日(土)~7月26日(日) 10:00-16:00 【東京】
渋谷スクランブルスクエア
8月3日(月)~8月4日(火) 10:00-16:00 【東京】
渋谷スクランブルスクエア
8月6日(木)~8月7日(金) 10:00-16:00 【東京】
渋谷スクランブルスクエア
8月9日(日)~8月10日(月) 10:00-16:00 【東京】
渋谷スクランブルスクエア
8月12日(水)~8月13日(木) 10:00-16:00 【東京】
渋谷スクランブルスクエア
8月15日(土)~8月16日(日) 10:00-16:00 【東京】
渋谷スクランブルスクエア
8月17日(月)~8月18日(火) 10:00-16:00 【大阪】
大阪富国生命ビル
3daysプラン
8月5日(水)~8月7日(金) 10:00-16:00 【東京】
渋谷スクランブルスクエア
8月8日(土)~8月10日(月) 10:00-16:00 【東京】
渋谷スクランブルスクエア
8月8日(土)~8月10日(月) 10:00-16:00 【大阪】
大阪富国生命ビル
8月11日(火)~8月13日(木) 10:00-16:00 【東京】
渋谷スクランブルスクエア
8月11日(火)~8月13日(木) 10:00-16:00 【大阪】
大阪富国生命ビル
8月14日(金)~8月16日(日) 10:00-16:00 【東京】
渋谷スクランブルスクエア
8月14日(金)~8月16日(日) 10:00-16:00 【大阪】
大阪富国生命ビル
4daysプラン
7月23日(木)~7月26日(日) 10:00-16:00 【東京】
渋谷スクランブルスクエア
7月23日(木)~7月26日(日) 10:00-16:00 【大阪】
大阪富国生命ビル

開催地は東京と大阪の2か所で、7月23日から順次開催予定となっています。

なお、対面キャンプの料金は以下のとおり。

  • 【2Daysプラン】34,000円(税別)
  • 【3Daysプラン】49,000円(税別)
  • 【4Daysプラン】63,000円(税別)

支払いはクレジットカードのみとなっているので、注意が必要です。

また、持ち物として、昼食、飲み物、2GB以上のUSBメモリ、イヤホンが必要になります。PCは会場で用意されているため、身軽にプログラミングを体験しに行けますよ!

「Tech Kids CAMP Summer 2020」のオンラインキャンプ

また、今年はコロナの影響を鑑み、史上初となるオンライン開催も決定。パソコンとネット環境があれば、全国どこからでも参加可能です。

オンラインキャンプでは未経験者・初心者・経験者それぞれのレベルにあわせ、ゲーム開発を体験できるプログラムとなっています。コースは2日間・5日間・7日間の3つから選択できます。

オンラインキャンプの日程はこちら。

2日で挑戦!迷路ゲーム開発コース
7月25日(土)~7月26日(日) 10:00-13:00
8月3日(月)~8月4日(火) 15:00-18:00
8月6日(木)~8月7日(金) 10:00-13:00
8月13日(木)~8月14日(金) 10:00-13:00
8月13日(木)~8月14日(金) 15:00-18:00
5日で挑戦!シューティングゲーム開発コース
8月3日(月)~8月7日(金) 10:00-12:00
8月3日(月)~8月7日(金) 14:00-16:00
8月17日(月)~8月21日(金) 10:00-12:00
8月17日(月)~8月21日(金) 14:00-16:00
7日で挑戦!オリジナルゲーム開発コース
7月27日(月)~8月2日(日) 10:00-12:00

また、オンラインキャンプの料金は以下のとおりです。

  • 【2日で挑戦!迷路ゲーム開発コース】19,800円(税別)
  • 【5日で挑戦!シューティングゲーム開発コース】39,800円(税別)
  • 【7日で挑戦!オリジナルゲーム開発コース】69,800円(税別)

こちらも、支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

なお、オンラインキャンプ開催までに、自宅にて下記の用意が必要です。

  • Scratchのインストール
  • Zoomのインストール

対面キャンプとオンラインキャンプそれぞれに特色があります。

「現地で集まって体験したいか、自宅で体験したいか」「短期間で取り組みたいか、ある程度時間をかけたいか」などについて、お子さんと相談してみてください。

短期体験コースとは別に無料体験も可能なので、まずはお試しで体験してみるのもおすすめです。

Tech Kids Schoolを試してみる

継続学習コースは1年間で1コースをマスター

継続学習コースのFirst Stage

ここまで短期体験コースの詳細を見てきましたが、続いては継続学習コースを詳しく見てみましょう。

継続学習コースの1年目となるFirst Stage(全36コマ)では、プログラミングの基礎を学習します。

First Stageはパソコンに慣れ、プログラミングの楽しさに気付くことが目的です。

「こんなのあったらいいな」と想像しているものを、実際に形にするためのスキルの基礎となるものを学んでいきます。

2年目以降は2つの講座を用意

継続学習コースのSecond Stage

2年目以降のSecond Stage(全72コマ)では、本格的にプログラミング言語を学び、アイデアを実現する力を身につけます。

実用的なスキルが身につく「iPhoneアプリ開発コース」か「Unityプログラミングコース(3Dゲーム開発)」が選択できるようになります。

iPhoneアプリ開発コース

Appleによって開発されたプログラミング言語「Swift」で、iPhoneアプリ開発を行うコースです。

ゲームやツールなどのiPhoneアプリ開発を通して、本格的なプログラミング言語を学習していきます。

今までのキャンプで未経験の参加者がつくったアプリはAppStoreで公開中です。お子さんが開発したアプリが全世界のユーザーに利用されるかもしれませんよ。

Unityプログラミングコース

プログラミング言語「C#」と「Unity(ユニティ)」という開発ツールで、3Dゲーム開発を行うコースです。

奥行きのある3次元空間のゲームの開発を通じて、本格的なプログラミング言語を学習していきます。

「自分で遊んでみたい!」と思うゲームをつくることで、好奇心や探究心といったワクワクをカタチにすることができます。

デザインやプレゼンテーションを学ぶことができる

年次関係なく受けられるプログラミング以外の授業もあります。

デザインスキルや自分の考えを相手に伝わるよう発信するプレゼンテーションスキルを学ぶ講座を通して、

  • テクノロジーを武器としてアイデアを形にする知識
  • 自らのアイデアを実現し、社会に能動的に働きかける
  • デザインスキルとプレゼンテーション能力を鍛える

などの、プログラミング以外の社会で必要な能力も養えます。

レッスンの流れ

Tech Kids Schoolのレッスンの流れ

ここでは、簡単にレッスンの流れについて解説していきます。

  1. 授業スタート
  2. 今日つくるゲームを確認
  3. 各自のペースで学習
  4. 完成&発展学習

おおまかには、このような流れでどのレッスンも進んでいきます。

1回120分、月3回の通学学習が基本

1コマ120分間で、4~6人のグループに分かれて授業がスタート。

Tech Kids School独自のオンライン学習システムを用いて学習を進めていき、毎回の授業で1つの作品を完成させます。

どんなゲームをつくるのか、ゴールイメージを確認してから開発をスタートします。

解説動画を見たり、メンターのアドバイスを受けながら、1人1人が自分のペースで進めることができます。

ゲームが完成したら、残りの時間は発展学習。今まで習った知識を活かしてさらに機能を付け足したり、課題にチャレンジしたりして、知識と技術の定着をはかります。

振替受講にも対応

体調不良や都合により授業を欠席する場合は、振替受講ができます。

ほかのスクールだと、欠席も授業回数にカウントされてしまうこともあるので、こういった制度はありがたいですよね。

Tech Kids Schoolの特徴と魅力

全国にたくさんプログラミング教室がある中で、どうしてテックキッズスクールが特に評判なのか気になりますよね。

ここでは、継続学習コースを基本として、Tech Kids Schoolの特徴と魅力を、評価されているポイントとともに紹介します。

大手IT企業のサイバーエージェントが運営

Tech Kids Schoolはサイバーエージェントが運営

Tech Kids Schoolは、AbemaTVなどのネットサービスを開発している「サイバーエージェント」が運営しています。

子ども向けの初歩的な内容だけでなく、SwiftやC#など、本格的なプログラミング言語を学習するコースも提供。

小学生でも楽しくわかりやすく、ハイレベルなプログラミングを学べます。

初心者から上級者まで対応

教室に通うほとんどの子供がパソコン初心者。パソコン経験のない子供でも、マウスで簡単に楽しく学べるカリキュラムが用意されています。

上級者向けのコースもあるので、専門の技術スキルとプレゼン力が職業訓練学校や専門学校レベルでマスターできます。

ただし、教室へ入会すると「First Stage(プログラミング基礎コース)」から受けなくてはいけないので、注意が必要です。

プロも使用するプログラミング言語で開発できる

授業では、SwiftやC#などプロも使用しているプログラミング言語で開発。

IllustratorやPhotoshop等のツールを用いて作品のデザインを仕上げます。

上級コースの生徒を対象に、実際に活躍するプロのデザイナーから学ぶデザインの概念や、UI・UXの考え方、Adobe XDを活用したプロトタイピングなど、より専門的な内容も身につけられますよ。

プログラミング以外のスキルを身につけられる

Tech Kids School では、デザイン力、プレゼン力などのプログラミング以外のスキルも身に着けられます。

  1. 物事を論理的に考え「計画・段取りする力」
  2. アイデアを形にするための「創り出す技術力」
  3. 自らのアウトプットを世の中へ「伝える発信力」
  4. 自らの力で実現しようとする「主体的な姿勢」

※公式HPより抜粋

3年でアプリや3Dゲームなどを独力で開発できるようになった子や、コンテストで賞を受賞されアプリをリリースした子もいるんだとか。

単にプログラミングだけでなく、表現やデザイン性をあげることもできるのです。

メンターのサポートを受けながら学習できる

基本、オリジナルの教材で学習を進めますが、課題につまづいた際にはメンターと呼ばれるスタッフがサポートしてくれます。

「メンター」とは、厳格な選考・研修を経て認定された大学生・大学院生のスタッフ。ITの知識が豊富な教育学部系の学生が中心です。

子供3~4名につきメンター1名の少人数制でサポートしてくれますよ。

Tech Kids Schoolの料金

プログラミングスクールはとにかく楽しいので長く続く習い事です。

そのため、料金が高いとどうしても長く続けることは難しくなっていきますよね。

月謝だけでなく、交通費やイベント費などもチェックしておくと安心して通えます。

入会金不要、受講料は月額19,000円

Tech Kids Schoolの主な費用は以下のとおり。

Tech Kids Shoolの料金
授業数 月3回(1回120分)
入会金 0円
教材費 2,000円/月
受講料 19,000円/月
PCレンタル料金 4,000円/月(PC持参の場合は不要)
支払い方法 クレジットカードのみ

一般的な教室で毎月かかる料金は月謝、テキスト代、教室維持費などで、電車で通う場合は交通費もかかります。

Tech Kids Schoolでは、入会金は不要なので始めやすくなっています。

ただ、前払い制で申し込み時に初月分の月謝などを支払わないといけませんので、そこは注意が必要です。また、支払い方法はクレジット決済のみとなっています。

毎月19,000円の月謝は高額に見えますが、プログラミング教室の相場は1時間3000円以上なので、テックキッズスクールの料金はよく見ると一般的な価格設定なのです。

PCをレンタルする場合は有料

テックキッズスクールに通うときに用意するものは以下の3つです。

  1. パソコン(レンタル可能)
  2. イヤホン
  3. USBメモリ

パソコンはMacでもWindowsでもOKですが、必要なスペックがあるので要チェックです。持ち込めるパソコンがない場合は月4,000円(税別)でレンタルができます。

  • レンタルありの1年間の料金
    ⇒300,000円(25,000円×12)
  • レンタルなしの1年間の料金
    ⇒252,000円(21,000円×12)

となり、1年で48,000円も差が出ます。長く続きそうなら、購入を検討してもいいかもしれませんね。

別途教材費がかかる

継続学習コースでは、月謝のほかに教材費の2,000円などが必要です。

そのため、月の支払いは月額19,000円+教材費月額2,000円21,000円(税別)となります。

支払い方法はクレジットカードのみ

支払い方法は、現在クレジットカード決済のみ対応しています。毎月のクレジット引き落とし日に翌月分の受講料を決済します。

ただし、初月分のみ申し込み時に決済することとなっているので、この点も覚えておきましょう。

Tech Kids School申し込み前に注意事項を確認

最後に、Tech Kids School申し込み前の注意事項を確認しておきましょう。知らないで始めてしまうと、思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません。

情報をしっかり知っておくことで、最大限の恩恵を受けられるようになるはずです。

First Stageからスタートが必須

他社のスクール等にてScratchを学んでいるお子さんでも、First Stageからスタートすることが必須となっています。

Second Stageへ進むためには、テックキッズスクールの指定するカリキュラムを網羅的に学ぶ必要があるためです。

ただし、詳しくScratchを学んでいるお子さんには、そのお子さんに合った進め方を案内できる場合もありますので、一度事務局へ相談してみてもいいでしょう。

対象は小学生のみ

Tech Kids Schoolは対象を小学生としているため、中学生は受講出来ません。そのため、カリキュラム途中であっても、小学校を卒業した場合は退会となります。

ただ、中学生は、兄弟校である中高生向けプログラミングスクール「Life is Tech! School」の受講が可能です。

途中までの受講であっても、中高生向けプログラミングスクール「Life is Tech! School」にてプログラミングを本格的に学ぶ際に役に立つはずです。

スペックを満たしたPCが必要

プログラミングは、PCを用いて行います。タブレット端末ではなく、以下のスペックを満たしたPCを用意しなければなりません。

Tech Kids Schoolで使用するPCのスペック
First Stageまでの方 ▽Mac(推奨)
【OS】OSX ver10.10以上(Yosemite以上)
【CPU】Intel Core i5 2.2Ghz以上
【メモリ】4GB以上
▽Windows
【OS】Windows8/10以上(64bit)
【CPU】Intel Core i5以上
【メモリ】4GB以上
Second Stage(Unityコース)の方 ▽Mac(推奨)
【OS】OSX ver10.13以上(High sierra以上)
【CPU】Intel Core i5以上
【メモリ】8GB以上
▽Windows
【OS】Windows10以上(64bit)
【CPU】Intel Core i5以上
【メモリ】8GB以上
Second Stage(iPhoneコース)の方 ▽Mac(推奨)
【OS】OSX ver10.13以上(High sierra以上)
【CPU】Intel Core i5以上
【メモリ】8GB以上
※iPhoneコースの場合、Macのみ対応可。

Tech Kids Schoolは、月4,000円払えば、教室でのみ使用できるパソコンを貸してくれます。

ただし、このパソコンは持ち帰り不可です。月3回しか教室で受講しないことを考えると、やはり教室も家も同じパソコンを使える方がいいかもしれませんね。

まとめ

Tech Kids Schoolは最先端&エンターテインメントなプログラミング教室で、【継続学習コース】【短期体験コース】と2つのコースがあります。

プログラミングはとにかく楽しく、今後の教育にも役立つはず。

まずは無料体験レッスンで、Tech Kids Schoolの授業を体験してみましょう!

Tech Kids Schoolを試してみる

-IT学習, プログラミング学習
-プログラミング学習

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.