スマホのWi-Fi接続が切れる7つの原因と対処方法【iPhone/Android】

家の中や外出先のフリーWi-Fiを使っていると突然Wi-Fiの接続が切れてしまったり、繋がらなくなってしまう現象に陥る場面があります。スマホのWi-Fi接続が切れたとしてもLTE通信可能なSIMカードをスマホに挿していたら問題ありませんが、スマホがWi-Fi専用機だったり、高速データ通信に制限がかかっていたら目も当てられません。

そこでこのページでは、スマホのWi-Fi接続が切れる7つの原因とその対処方法をまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク

スマホのWi-Fi接続が切れる原因と対処方法

Android/iPhone共通編

1.Wi-Fiルーターのエラー

もしかするとあなたが使っているWi-Fiルーター側で何らかの不具合が生じているかもしれません。例えばWi-Fiルーターの電源を落としている場合だったり、NTTのモデムとWi-Fiルーターを接続していなかったりしているかも。

その場合はWi-Fiルーターの電源を入れれば良いですし、モデムとルーターを繋げば解決です。もし、それでもWi-Fiの接続が切れる・接続できない時はm一度Wi-Fiルーターを再起動してください。再起動は電源を抜き差しするだけで大丈夫です。

2.よくわからん時はとりあえず再起動

とりあえずWi-Fiの接続がよく切れる場合はスマホのメモリやキャッシュをリセットするためにも、スマホ側とWi-Fiルーターの2つを再起動してみましょう。

iPhoneを再起動するには、「電源ボタン + ボリュームを下げるボタン」を同時に長押しすれば矯正再起動となります。Androidの場合は、電源ボタンを長押しすることで再起動メニューが出てくるのでそちらをタップして再起動してください。

3.電波状況もチェックする

Wi-Fiの電波状況もしっかりとチェックしましょう。使っているスマホの設定によっては、Wi-Fiの電波が弱ければ自動的にLTE通信に切り替えるという設定が存在します。

特にiPhoneの場合はiOS9からWi-Fiアシストという機能が追加されたため、この機能のせいでWi-Fi接続がよく切れることがあります。Wi-Fiアシストの詳しい設定方法は後述の「iPhoneの場合」でご説明します。

少し話がそれましたが、電波状況が悪い原因として「障害物」が多いからということもあります。実はWi-Fiの発する周波数によって、障害物に弱いものや強いものもあるので、それが原因でWi-Fiの接続がプツプツと切れることもあります。

Wi-Fiの周波数は「2.4GHz」と「5GHz」の2つが存在し、使っているWi-Fiルーターによってはどちらか一方しかない場合もあります。しかし、両方兼ね揃えているWi-Fiルーターを使っている人は無意識のうちに障害物に弱いほうの周波数を掴んでWi-Fi接続をしているのかもしれません。

それぞれ2.4GHzと5GHzではどんな違いがあるのかを引用させていただきます。

2.4GHz帯の方が障害物にも強くて、この帯域を利用してる機器も多いんだけど、その分、電波干渉が起こりやすくて通信が不安定になる可能性も高い。

5GHz帯は電波干渉が起こりにくいから安定的なんだけど、この帯域を利用できない機器も多くて、障害物に弱い。

つまり、障害物のある環境で5GHzの周波数を使っているとWi-Fiの接続が切れやすくなってしまうのです。5GHzは障害物に弱いため、部屋と部屋を挟んでしまうと極端に接続状態が悪くなってしまいます。

なので、Wi-Fiルーターのある部屋以外でスマホを使うのでしたら、比較的障害物に強い2.4GHzの周波数をスマホのWi-Fiで掴むように設定してください。

しかし、Wi-Fiをスマホで掴むと語尾に2.4GHz、5GHzの文字列がついている場合もあれば、ついていない場合もあります、その時はWi-Fiルーターの説明書を読んでどっちが2.4GHzなのかを確認するようにしてください。

AndroidですとWi-Fiの周波数を確認することができますので、説明書をなくしてしまった場合はこの方法で周波数を確認してください。ちなみにBUFFALO製品のWi-Fiルーターは「G-◯◯◯◯」が2.4GHz、「A-◯◯◯◯」が5GHzとなります。

4.Wi-Fiの接続台数の問題

Wi-Fiルーターに接続しているスマホやゲーム機の台数は気にしたことがあるでしょうか。例えば、家の中でWi-Fi接続するとして下記のように使っている人も多いはずです。

  • スマホ4台と接続
  • ゲーム機1台と接続
  • タブレット1台と接続
  • テレビ1台と接続
  • パソコン3台と接続
  • その他3台と接続

こんな感じでガンガンWi-Fi接続していると、安価なWi-Fiルーターの場合接続台数が多すぎて極端に通信速度が落ちてしまったり、接続が切れるということがあります。

ですので普段使わないような機器に関してはWi-Fi接続を切っておき、普段使うものを最小限接続しておくようにしましょう。わりと安価で外部アンテナなどを使って接続台数を気にしなくても良い製品が下記となります。

5.OSのバージョンと機種の相性が悪い

古い機種に対して最新のOSにバージョンアップなどを行ってしまうと、なぜかWi-Fiの接続が切れたりすることが多発してしまいます。正直OSのアップデートは古い機種ではなく最新のスマホに向けて調整を行うのがほとんどなので、古ければ古いほど不具合は多発します。

この場合はOSのバージョンアップを行わない、またはスマホを最新機種に乗り換えるなどするしかありません。

iPhoneの場合

1.Wi-Fiアシストを使わない

iPhoneを使っている人はデフォルト設定で「Wi-Fiアシスト」に設定されているはずです。この機能は、Wi-Fiの接続状況が悪い時に自動的にモバイルデータ通信に切り替えてくれる機能です。

そして、電波状況が不安定なところでWi-Fiアシスト機能が働いてしまうと、Wi-Fi接続したりモバイルデータ通信に切り替わったりとフラフラした状態になってしまい、結果的にWi-Fiの接続が切れるという状況が多発してしまいます。

Wi-Fiアシストをオフにするには、「設定アプリ」を開き「モバイルデータ通信 → Wi-Fiアシスト」で機能をオフにすることができますのでお試しください。

Androidの場合

スリープ時のWi-Fi設定を見直す

Androidではスリープ時にWi-Fi接続をどうするのかを設定することができます。今回の設定方法は、Android7.0 Huawei nova liteを使って紹介していきます。

まずは設定アプリを開き、「Wi-Fi → 設定」をタップします。次の画面に「スリープ時のWi-Fi接続を維持」という項目があるので、次の3つの中からWi-Fi接続方法について選択してください。

  • 維持する
  • 充電中のみ維持する
  • 維持しない(データ通信量が増加)

基本的に「維持する」を選んでおくと良いでしょう。バッテリーの消費は速くなりますがWi-Fi接続はしたままなので、接続が切れやすくなることはありません。

auの方は「おまかせWi-Fiモード」になっていないかチェック!

auの方はau Wi-Fi接続ツールを使っている方もいるのではないでしょうか。このツールではWi-Fi接続が不安定になるバグも過去に見つかっていますので、もしかするとこれが原因の可能性もあります。

au Wi-Fi接続ツールの各種設定を開き、「自動接続設定 → おまかせWi-Fiモードをオフ」にすることで解決することがありますので、もしこのツールを使っている方はやってみましょう。

最後に

異常が、スマホのWi-Fi接続が切れる7つの原因と対処方法をiPhone、Androidの2つを使って説明してきました。

まだまだ他の要因はあるはずですが、とりあえず自分の経験でWi-Fi接続がよく切れるときに試した方法を主に紹介してきました。

何をやっても接続が切れる場合は、単純に端末が故障している可能性もありますので、修理に出すか新しい端末を購入しましょう。

スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪

ABOUTこの記事をかいた人

iPhone・Androidを中心にガジェットのレビューや、Webサービス・スマホアプリの使い方などを紹介しています。 広告掲載・レビュー依頼等はフッターの「広告掲載・商品レビューについて」からご連絡お願いします。