2018年新型iPad(第6世代)実機レビュー/Proにも負けない実力

2018年3月下旬、2018年新型iPad(9.7インチ)がついに発表され、アップルストアにて販売も開始されました。今回のiPadは第6世代に分類されており、今後はアップルストアだけでなくドコモ、au、ソフトバンクでも取扱を始めるようです。

そこで本記事では、2018年新型iPad(第6世代)の実機レビューを行いました。iPad Proの廉価版という立ち位置と思って購入しましたが、その実力はProにも負けていません。

新型iPad(第6世代)の総合評価

今回購入した新型iPadを実際に触ってみての個人的な評価を発表します。

総合評価:4.2/5

良かった点

  • ついにApple Pencilに対応
  • iPhone 7並のパフォーマンス
  • Apple Pencilが筆圧感知にも対応

イマイチな点

  • イラスト作成目的だと若干画面が小さく荒い

思った以上に不満点はありません。強いて言うならば、ガッツリとしたイラスト作成目的で購入しようと考えている方は、画面の小ささが不便に感じるかもしれないということです。

もしイラスト作成目的で購入するのでしたら、画面サイズが大きくスペックも上な12.7インチiPad Proを購入することをおすすめします。

そして何より、今回のiPadではApple Pencilに対応しています。今までApple PencilはiPad Pro専用ペンでしたが、今後は価格の安いiPadでも使えるということで、これを待っていたというユーザーも多いのではないでしょうか。

2018年iPad(第6世代)のレビュー

ここからは新型9.7インチiPadの外観についてレビューしていきます。

アップルストアから送られて来た箱を開封すると、9.7インチのiPad本体、ACアダプタ、ライトニングケーブルが同封されていました。ひと目見ただけでディスプレイ表面のキレイさに目を奪われてしまうほど。

今回はゴールドカラーを購入しました。ゴールドは2017年のカラーと全く変わらない色合いをしています。今回の新型9.7インチiPadは、縦240mm、横169.5mm、厚さ7.5mmと旧型iPadと全く一緒です。

側面のボタン周りを確認。ボタン周りは旧型iPadと変わらない配置となっています。iPhoneはすでにイヤホンジャックを廃止していますが、iPadに関してはイヤホンジャックが備え付けられています。音ゲーユーザーも安心の設計です。

スピーカーおよび充電口(ライトニングケーブル対応)が備え付けられています。iPad Proよりも若干厚いですが、それでも7.5mmの薄さなので比較的持ちやすく感じました。

ホームボタンは従来通り

ホームボタンは旧型iPadと変わらない設計となっています。

以前、2018年のiPadはホームボタン廃止でFace ID採用か、という記事が乱立していましたが、このように従来どおりの物理ボタンを採用しております。リーク情報はそこまでアテにならないなと再認識しました。

初期設定も簡単

他のiOS端末を使っている場合、新型iPadにデータやWiFiの設定を移すのも簡単です。

スタートアップ時に他のiOSデバイスをiPadに近づけると、その端末で使われている各種設定やアプリなどをそのまま自動でiPadに設定することが可能です。

設定の移動は数分から数十分かかります。写真データなどは移せないので別途iCloudなどを使って落とす必要があります。自動で移せる範囲はApple IDと紐付いているデータのみです。

アプリなどを全て移したくない場合でも大丈夫です。初期設定画面でアプリは全てダウンロードするか、それとも手動で行うかを選ぶことが出来ます。

Apple Pencilに対応した新型iPadは筆圧感知も

2018年の新型9.7インチiPadはApple Pencilに対応しました。今までは高価なiPad Proにしか対応していませんでしたが、今後は4万円前後で購入できる新型iPadでもApple Pencilが使えるという、ユーザーにとっては嬉しい大きな進化を遂げました。

メモ帳で書く際は筆圧を感知出来ていないようでしたが、専用のペイントソフトを使ってみると、筆圧によって筆の強さが変わっていることが確認できました。

しっかりと筆圧感知に対応していると感じましたが、ペイントソフトで文字を書いたときに気になったのが、若干文字が滲んで見えたことです。

ペイントソフトとの相性もあるかもしれませんが、環境によってはこのような事も考えられるので、新型iPadでイラスト作成をしようと考えている方は注意して下さい。

カメラはそこそこ!しかし大きな期待はできない

iPadのカメラは端末に埋め込まれた形になっており、カメラの出っ張りがないためレンズに傷がつきにくい設計だと感じました。

肝心のカメラですが、そこまで大きな期待はできません。デュアルレンズでもないのでポートレートモードなどもありません。

しかし、そこまで悲観する必要はなく、そこそこの画質で撮影することが出来ます。近影の撮影でも上記くらい鮮明な写真となります。

少し遠目で撮影。新型iPadでは背景ぼかしなどのテクニックは使うことができませんが、普通に写真を撮る程度でしたら全く問題ないと感じます。

タブレットを使って写真撮影をする人は少ないと思いますので、カメラ機能はあくまでもおまけ程度に考えておけばいいかもしれません。

新型iPad(第6世代)のベンチマークテスト

最後に新型iPad(第6世代)のベンチマークテストを行いました。

プロセッサ(CPU)のベンチマーク

シングルコア3473、マルチコア5830というスコア結果に。2018年の新型iPadに採用されているプロセッサはA10 Fusionとなっており、確実に旧型iPadよりも性能はアップしています。

スコアを見てみても、iPhone 7と同等程度のスコアを記録できているので、値段の割には性能面も期待できる結果に。

端末自体のベンチマーク

最後に端末のパフォーマンスを測定。やはりプロセッサ同様にiPhone 7と同等、少し上という結果になりました。流石にiPad Proには敵いませんが、廉価版と考えると上々のスコアを記録できていると感じます。

2018年新型iPad(第6世代)レビュー/まとめ

以上、2018年の新型9.7インチiPadの実機レビューでした。

価格は学生教員の場合、32GBのWiFiモデルが3万5800円から購入することができ、非常にリーズナブルなiPadとなっています。また、学生教員でなくても3万7800円から購入でき、さほど変わらない価格となっています。

米国より若干高い値段設定となっていますが、iPad Proよりは確実に安いため、これからiPadを購入しようか考えていた人におすすめできる製品です。

iPad Pro 10.5インチに関しても当サイトでレビューしています。どっちを購入しようか迷っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。