UQモバイル

UQモバイル機種変更の全知識!乗り換えにおすすめの端末は?

更新日:

UQモバイルは、以前まで機種変更ができませんでしたが、2018年6月13日からようやく機種変更に対応。しかし、UQモバイルで機種変更を考えているけども、いまいちお得なのかわからない、必要なものは何?などの疑問が生まれてくると思います。

  • 機種変更はそもそもお得?
  • 機種変更時の注意点
  • ベストな機種変更タイミング
  • 2つの機種変更のやり方
  • 端末乗り換えにおすすめな機種

本記事では、UQモバイルの機種変更について徹底解説。これからUQモバイルで機種変更を行いたい方の参考になれば幸いです。

そもそも機種変更自体お得なのか?

UQモバイルで機種変更を考えている人の多くは、24回の分割払いをそろそろ終えようとしている人、もしくは新しい端末に魅力を感じ、スマホの乗り換えを検討している方かと思います。いきなり機種変更するのではなく、一度本当にお得かは検証してみたでしょうか?

結論:基本的に2年経過したら乗り換えした方がお得です。

場合によっては、機種変更より他社へMNPしたほうが月額料金が抑えられます。例えば、すでにUQモバイルの「ぴったりプラン/おしゃべりプラン」を契約して1年以上経過している場合や、更新月のタイミングが来てしまったケース。これらの条件に当てはまる場合は、他社へ乗り換えたほうがお得になることが多いです。

なぜ乗り換えたほうがお得なのかについてを、これから丁寧に説明していきます。

条件次第では、機種変更より他社へ乗り換えたほうがお得に

お得になる秘訣は「イチキュッパ割」が適用されているかどうかです。

大前提として知ってもらいたいのが、「すでにぴったりプランやおしゃべりプランを契約している人は、機種変更ではイチキュッパ割を再適用できない」という事です。イチキュッパ割は最初の1年間毎月の基本料金を1,000円割引するキャンペーンです。もしこのキャンペーンを適用させたい場合、次の2つの方法を取ることができます。

  1. UQモバイルを再契約する
  2. 通常の音声プランから「ぴったりプラン/おしゃべりプラン」へのプラン変更

前者の再契約は現実的ではありません。そもそも、UQモバイルを解約した後に再申し込みをしたとしても審査で落ちてしまいます。そのため、機種変更しつつイチキュッパ割を適用させたい場合、「ぴったりプラン/おしゃべりプラン」へのプラン変更が必須となります。

「おしゃべりプランからぴったりプラン」や「ぴったりプランからおしゃべりプラン」への変更では意味がないので注意して下さい。

実際に機種変更より乗り換えたほうが安くなる例をご紹介。UQモバイルと料金プランがほぼ一緒な、「ワイモバイル」をモデルとして検証しています。比較に使う端末は、両社で販売されている「iPhone 6s 128GB」。

【お得にならない例】おしゃべり/ぴったりプラン:24回の分割払い終了翌月

UQモバイル
(機種変更)
ワイモバイル
(乗り換え)
基本料金プラン 3,218円 3,218円
端末代金 2,484円 × 24回 2,700円 × 24回
割引内訳 マンスリー割:864円 月額割引:1,080円
ワンキュッパ割:1,080円(1年間)
月々の支払い 4,838円 3,758円

24回の分割払いが終わった場合、UQモバイルではイチキュッパ割が既に無くなっているため、ワイモバイルに乗り換えするよりも月額料金が高くなってしまいます。もしワイモバイルへ乗り換えした場合は、最大24ヶ月間の月額割引とワンキュッパ割が12ヶ月間付与されるため、UQモバイルより1,080円お得に使うことができます。

【同条件になる例】通常音声プランで:4回の分割払いが終わった翌月

UQモバイル
(機種変更)
ワイモバイル
(乗り換え)
基本料金プラン 3,218円 3,218円
端末代金 2,484円 × 24回 2,700円 × 24回
割引内訳 マンスリー割:864円
イチキュッパ割:1,080円(1年間)
月額割引:1,080円
ワンキュッパ割:1,080円(1年間)
月々の支払い 3,758円 3,758円

逆に他社へ乗り換えするより機種変更の方がお得になるケースが、「プラン変更」です。もし今のプランが「高速データ + 音声通話プラン」で、機種変更と同時にぴったり/おしゃべりプランのいずれかに変更した場合、イチキュッパ割が適用されます。

そのため、月額料金がワイモバイルと同じとなります。

少々稀なケースですが、この場合でもないと機種変更は損をしてしまいます。なので、基本的には2年たった段階で他社へ乗り換えるのがベストと言えるでしょう。また、2年後は増量オプションも有料になってしまうので損をします。

UQモバイルで機種変更する際の注意点

これまでの流れで、決して機種変更がお得になるとは限らないと説明してきました。それでもUQモバイルをそのまま使いたい、機種変更をしたいという方は次の点に注意して機種変更を行いましょう。

機種変更は無料ではなく手数料が発生する

UQモバイルで機種変更をする場合、3,240円の手数料が発生します。無料ではないので初回請求時は注意しましょう。iPhone 6s 32GBに機種変更した場合の初回請求イメージが下記となります。

初回請求イメージ

  • 割賦金:2,592円
  • ぴったりプランS:2,138円(割引含む)
  • マンスリー割:-864円
  • 機種変更手数料:3,240円
  • 初回支払合計:7,106円

必ず旧端末のデータ移行/バックアップをすること

機種変更を行う場合、自分で旧端末のデータを新しい端末に移行する必要があります。キャリアスマホであれば、店舗に行けばデータの引き継ぎを有料でしてもらえますが、基本的にUQモバイルはそれらを自分でやらなければなりません。iPhoneの場合、自動バックアップの設定をしておけばよいですが、Androidの場合データをSDカード等に移したりしなければならないので少々面倒です。

Androidスマホのデータバックアップ方法を下記記事にまとめています。AndroidからAndroidへの機種変更をお考えの方は参考にして下さい。

参考【Android】SDカードに写真や動画データを移動させる方法

旧端末で分割払いをしている方は2つの注意点が

UQモバイルで新しく発売されたスマホが魅力的で、機種変更したばっかりなのに端末を変えたい人は注意点が2つあります。

  1. 6ヶ月以内の機種変更は割賦契約ができない
  2. 旧端末の割賦残債は引き続き請求される

もし分割払いで購入し、6ヶ月以内の機種変更を行いたい場合、一括購入であれば変更可能です。もし割賦契約をしたい場合、一度旧端末の残債をまとめて支払いすれば再度割賦契約が可能になります。そして、6ヶ月以降に再度機種変更する時は割賦契約できますが、旧端末の残債は引き続き24ヶ月間毎月請求されるので注意しましょう。

機種変更申し込み後のキャンセルはできない

原則、UQモバイルでは機種変更に限らず申し込み後のキャンセルはできません。

キャンセルNG例

  • 新規契約申し込み後
  • MNP申請後
  • 機種変更申し込み後

増量オプション2年間無料キャンペーンを必ず適用させること

UQモバイルでは、機種変更をしたタイミングで増量オプションが2年間無料になります。その時注意したいのが、申込み時に増量オプションを申し込むことです。

このタイミングで増量オプションを申し込まなかった場合、2年間無料となりませんので注意して下さい。

UQモバイルで機種変更する2つの方法

店頭にスマホを持ち込みして機種変更

必要なもの

  • 本人確認書類
  • 頭金

店頭で機種変更をする場合、本人であるかどうかの確認を求められる可能性があります。なので、念の為免許証などの本人確認書類を持っていくことをおすすめします。また、店舗によっては分割払い時に頭金を頂くこともあるので注意して下さい。

店舗の場合スタッフさんと話をしながら機種変更するので、手順については人によってマチマチです。ここでは店舗機種変更の手順を省略させて頂きます。

自分でオンラインショップ経由で機種変更

必要なもの

  • my UQ mobileへのログインID/パスワード

オンラインショップ経由で機種変更を行う場合、本人確認書類は必要ありません。理由は、契約時に本人確認書類の提出は既に済んでいるからです。手続きの際はmy UQ mobile(マイページ)へログインし、機種変更をしていきます。手続きのやり方は次の通り。

ネットからの手続きの流れ

  1. オンラインショップで申し込み
  2. 端末を自宅までお届け(約2~3日)
  3. 回線切替(SIM切替)
  4. 開通完了

回線切替は、同封されている資料を見ながらやるのが一番わかりやすいです。回線切替が完了したら、旧端末から新端末へデータの引き継ぎなどを行いましょう。

機種変更に関するよくある質問

2年以内に機種変更すると違約金が発生する?

機種変更では違約金は発生しません。発生するのは「機種変更手数料3,240円」のみです。ただし、UQ購入サポートを契約中の方は、機種変更時に解除料金が発生するのでこの点だけ注意しましょう。

機種変更のベストタイミングは?

一括払いでスマホを購入した場合、機種変更のタイミングはいつでも大丈夫です。分割払いですと、最低限6ヶ月以降に機種変更を行いましょう。また、機種変更によって2年間増量オプションが無料になるので、24回払いが終わったタイミングで機種変更するのもおすすめできます。

他所で購入したSIMフリースマホを使って機種変更できる?

自分でSIMフリースマホを用意する場合、UQモバイル内で機種変更処理はできません。この場合、機種変更ではなくSIMカードの差し替えをするだけで良いです。SIMフリースマホを自分で用意するメリットは、色々なスマホの中から自分の好きな端末をチョイスできる点です。

しかし、機種変更扱いにはならないので、2年間増量オプション無料キャンペーンを適用できないデメリットもあります。

いつからマンスリー割が適用される?

マンスリー割の適用は、機種変更時に料金プランを変更するかどうかで変わってきます。

料金プランを変更する場合

回線を切り替えた翌月から新しいマンスリー割が適用。それまでは前機種のマンスリー割が適用され続けます。

回線切替は原則翌月なので、実質翌々月から新しいマンスリー割が適用される形ですね。

料金プランを変更しない場合

機種変更が完了した翌月から新しいマンスリー割が適用。変更完了月は前機種のマンスリー割が適用されます。

UQモバイル機種変更まとめ

ここまで、UQモバイルの機種変更について解説してきました。

今回のまとめ

  • UQモバイルの機種変更がお得とは限らない
  • 条件によっては乗り換えのほうがお得
  • おすすめの乗り換え先はワイモバイル

今回紹介した機種変更のメリット・デメリットなどを踏まえた上で、引き続きUQモバイルを利用するかどうか決めて下さい。もし2年目以降お得になりそうになかった場合は、似たようなプランを提供しているワイモバイルがおすすめです。

最強の格安SIM?UQモバイルのここがスゴイ!

-UQモバイル
-,

Copyright© クチシム , 2019 All Rights Reserved.