UQモバイル

UQモバイルに通話無制限のかけ放題はある?通話料を半額にするには

更新日:

ワイモバイルからの乗り換え、もしくは比較時によくある質問として、「UQモバイルでは通話のかけ放題オプションがあるのか」という疑問。

そこで本記事では、UQ mobile(UQモバイル)には通話を無制限で使えるかけ放題オプションはあるのか、なかった場合の代替案について詳しく解説していきます。

結論:UQモバイルに無制限のかけ放題音声オプションなし

残念ながらUQモバイルには、ワイモバイルのような通話かけ放題オプションがありません。

UQモバイルの音声通話プランは全部で3つで、次のような仕様になっています。

プラン名 音声通話の仕様
おしゃべりプラン 1回5分間、国内通話何度でもかけ放題
ぴったりプラン S:月間60分かけ放題
M:月間120分かけ放題
L:月間180分かけ放題
通常音声通話プラン 20円/30秒

おしゃべりプラン/ぴったりプランは、無料で使える音声通話仕様が含まれています。

おしゃべりプランの場合1回5分間なら何度でもかけ放題となっていますが、5分を超過してしまうと30秒毎に20円の料金が発生してしまいます。ぴったりプランも同様で、無料通話分を使い切ったら30秒毎に20円の料金が発生するので利用する際は注意が必要です。

ワイモバイルの場合デフォルトで10分間かけ放題となっており、さらに月額1,000円プラスすることで国内通話が完全にかけ放題になるオプションが用意されています。

ですが、UQモバイルにはそういったオプションが一切ないので、電話を多く使う人にとっては向いていないと言えるでしょう。

おしゃべりプラン/ぴったりプランの音声通話仕様は国内限定です。海外で国際ローミングを使った通話をする際は別料金となるので注意して下さい。

本当に無制限のかけ放題が必要かを考える

UQモバイルには無制限で通話かけ放題のオプションがありませんが、本当に必要なオプションかを一度立ち止まって考えてみましょう。

niftyが行った1ヶ月の電話利用時間調査では、約7割の人が1日あたり1分未満の通話時間となっています。

しかも、月に10時間以上の電話が必要な人の職業は「経営者や会社役員」がほとんどとなっています。月間1時間以上の通話でさえ10%未満なので、ほとんどの人はUQモバイルのぴったりプラン、もしくはおしゃべりプランで十分です。

この調査からわかるのは、本当にかけ放題オプションが必要な人はほんの一握りと言うことです。

さらに昨今では、無料で通話ができるLINE通話などのIP電話を使う人も多くなってきたので、キャリアによる音声通話の優位性が低くなってきています。

UQモバイルの通話料を無料・半額にする小技

まず先程も紹介したとおり、UQモバイルと契約して通話料無料で使いたいと言う場合はLINE通話がおすすめです。LINE通話ならばネットにさえ繋がれば音声通話が無料で使えてしまいます。

LINE通話を使えれば音声通話SIMにする必要がないのでは、と思うかもしれませんが、ショッピングサイトや何かしらの契約をする際にIP電話の番号だと審査落ちすることが多いです。

なので、普通に電話番号を1つは持っておくことをおすすめします。

楽天でんわで通話料を半額にする

楽天でんわとは、10円/30秒で使える通話サービス(アプリ)です。楽天モバイルだけしか使えないと思われがちですが、UQモバイルを始め、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリア、その他格安SIM(MVNO)でも使えます。

楽天でんわの使い方は簡単で、会員登録をすればすぐに利用できます。また、スマホにアプリをインストールしなくても、「003768」と発信番号の先頭につけると自動的に楽天でんわ経由の通話ができるように。

自前の電話番号を利用できる

一般的にこういったサービスは、IP電話のように新しく050から始まる電話番号を取得しなければならないのが普通です。なので、後から電話をかける人にIP電話の電話番号を知らせなければならないという手間も発生します。

ですが、楽天でんわなら今まで使っていた090や080、070から始まる電話番号を利用して電話をかけることが出来ます。

別の電話番号の取得・管理の必要性が一切なくなるので、電話番号を変えずに通話料だけ半額にしたいという方におすすめです。

UQモバイルの無料音声を組み合わせて使おう

最も賢いUQモバイルと楽天でんわの使い方をご紹介します。

楽天でんわのデメリットは「無料通話が適用外」になってしまうことです。つまり、UQモバイルのおしゃべりプランやぴったりプランの無料通話の意味がなくなってしまいます。

そこで提案したいのが、UQモバイルの無料通話を使い切ってから楽天でんわを使う、もしくは10分以上かかる通話は楽天でんわを使う方法です。

おしゃべりプランを契約するなら

おしゃべりプランは、5分間の国内通話が何度でもかけ放題という音声通話仕様となっています。

このプランを契約して楽天でんわも組み合わせて使うのならば、予め通話が10分以上になるというケースが最もおすすめです。

UQモバイルの通話料金が20円/30秒なので、10分の通話で楽天でんわと同等の通話料金になります。そして、10分以上になると30秒毎に10円の差がついてしまい、楽天でんわのほうがお得に使うことが出来ます。

ぴったりプランを契約するなら

ぴったりプランは月あたりの通話時間が決まっているプランです。

なので、楽天でんわを利用するならば、無料音声通話時間を使い切った後からになります。それまでは普通に電話を掛けたほうが確実に通話料を抑えられます。

例えば、ぴったりプランSを契約して60分の無料通話を使い切ってから楽天でんわを使うイメージです。

UQモバイルの音声通話プラン、どう選ぶ?

月額料金は全く同じなので、おしゃべりプラン、ぴったりプランを選ぶ際のポイントは自分の通話スタイルで変わってくるぞ。

おしゃべりプランがおすすめな人

  • 短い時間の電話を何度も行う人
  • 通話は大抵5分以内で終わってしまう人

ぴったりプランがおすすめな人

  • 月に1時間~3時間程度通話をする人
  • 通話時間が長い時と短い時と差が激しい人
  • 通話をあまりしない人

基本的に通話をあまりしない人は「ぴったりプラン」が良いかと思います。もしかすると極稀に長電話をしてしまうことも考えられるので、保険という意味で、おしゃべりプランのような1回あたりの時間制限ではない方が使いやすいでしょう。

UQモバイルのかけ放題/まとめ

以上、UQモバイルの無制限かけ放題オプションの有無と、通話料を半額にして賢く使う小技の紹介でした。

昨今は色々と通話料を安くする方法があるので、そこまで無制限のかけ放題を意識する必要がなくなりました。UQモバイルには無料音声通話プランもあるので、それと楽天でんわなどを組み合わせて通話料を節約して使っていきましょう。

最強の格安SIM?UQモバイルのここがスゴイ!

最大13,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中!

-UQモバイル
-, ,

Copyright© クチシム , 2018 All Rights Reserved.