LINEモバイル

LINEモバイルの評判は悪い?レビューしてわかった使用感【2018年版】

更新日:

これからLINEモバイルへ乗り換えしたいけれども、「利用者のレビュー評価はどんな感じ?」、「評判が悪いって聞いたけど本当はどうなんだろう?」と契約を躊躇している人もいるでしょう。そこで本記事では、LINEモバイルの評判や実際に使ってみた使用感などを徹底解説

  • ユーザーからの口コミ・評判
  • 悪い評判は本当か、レビューしながら検証
  • LINEモバイルがおすすめな人

悪い評判があると契約もしにくいです。本当にLINEモバイルは口コミどおりの格安SIMなのか、この記事を通して知ってもらえたら幸いです。

ユーザーからのLINEモバイルの評判・口コミ

良い評判

  • 月額料金はとにかく安い!乗り換えて良かった
  • 初月の基本料金が無料
  • iPhoneが使える
  • ソフトバンク回線に関してはそこそこ速い
  • 電波はキャリアと同じくらい入るので広い
  • LINEの年齢認証やID検索ができる
  • SNSのパケット代が無料なのが嬉しい
  • ソフトバンク回線は品質保証の詫びギガプレゼントがある
  • 余ったパケットを友達にプレゼントできる

悪い評判

  1. 昼休みのLINEモバイルが遅すぎる!ダイヤルアップ接続レベル
  2. 夜の時間帯、朝の電車に乗っているときにニュースすら見れないレベルで遅い
  3. ドコモ回線の速度がかなり遅い
  4. 初めての格安SIMなので自分で初期設定できるか不安
  5. そもそも格安SIMの契約自体が不安
  6. CMが恥ずかしい。直視できない
  7. 音声通話無料のかけ放題オプションをつけると料金が高い

LINEモバイルを実際に使っているユーザーの口コミ、評判ですが、基本的に良い評判についてはそのとおりなので気にする必要はありません。問題は、悪い評判として書かれていた口コミ。

これらが本当なのかを検証するため、実際にLINEモバイルのドコモ回線、ソフトバンク回線を使ったレビューを行いました。CMに関しては賛否両論あるので、あえて触れません。

【レビュー】悪い評判は本当か?LINEモバイルを使ってみた検証結果

LINEモバイルでは、ドコモ回線とソフトバンク回線の2つが用意されており、料金プランは全く同じです。当メディアではそれぞれの回線を契約し、リアルタイムで通信速度の測定も行っています。実際に2017年からLINEモバイルを使い続けた感想を交えながら、ユーザーからの悪い評判について本当かどうかをご紹介していきます。

通信速度がとにかく遅い評判について

結論:常時遅いわけではありません。一部の時間帯に遅くなります。

格安SIM全般でよく言われるのが、「通信速度が遅い」ということ。これはLINEモバイルだけでなく、UQモバイルを除いたほぼ全てのMVNOに当てはまります。ただし、全ての時間で遅いわけではなく、筆者の体感では、朝の通勤ラッシュ時、お昼の休憩休み、夜のゴールデンタイムの3つの時間帯で遅くなる傾向にあると感じました。

実際に当サイトで毎日計測している速度結果では、次のように速度が時間帯によって変わります。

ユーザーからの口コミのとおり、LINEモバイルは朝の8時~9時台、お昼の12時~13時台、夜の18時~22時台の間で速度が低下するのは間違いありません。実際に遅くなった状態の速度は、1~3Mbps程度。ひどい時は1Mbpsを下回ることもあるのが残念です。ただし、その時間帯以外ではそこそこの通信速度は出ているので、遅くなる時はWiFiに繋ぐなどして対処することもできます。

ドコモ回線?ソフトバンク回線?どっちが遅いのか

結論:ドコモ回線より、ソフトバンク回線の方が速いのは間違いありません。

ユーザーからの悪い評判に、「ドコモ回線が遅い」とありました。そこで、「ソフトバンク回線はどうなの?」と疑問を抱く人も多いでしょう。実際の所筆者もそれぞれの回線を契約していますが、ドコモよりソフトバンク回線のほうが速いです。その理由は2点あると考えています。

  1. 後から追加された回線のため、利用者数がドコモ回線より少ない
  2. 一定の品質を保つようにソフトバンクから言われている

格安SIMの特性として、ユーザー数が増えれば増えるほど通信速度が遅くなりやすいこと。LINEモバイルは元々ドコモ回線のみだったので、そちらにユーザーが集中しています。一方のソフトバンク回線は、2018年8月から追加された回線のため、ユーザー数がドコモ回線よりも少ないのがメリット。そのため、ソフトバンク回線のほうが通信速度が速くなります。

もう一つ、ソフトバンク回線を取り扱っているMVNOが少ないこと。完全な推測になりますが、ソフトバンク回線を取り扱うならば、親会社から通信の品質は落とさず、一定のクオリティは維持しないと取扱させないと言われている可能性。

そのためLINEモバイルでは、2018年8月から12月まで「格安スマホ最速CHALLENGE」キャンペーンを行っています。1Mbps以上の速度がキープできなかったら、詫びギガとして1GBプレゼントする特典となっており、一定の品質を保つための施策としてキャンペーンをしていると推測できます。

今からLINEモバイルを契約する場合、一定の品質を保てそうなソフトバンク回線がおすすめですね。

LINEモバイルの初期設定は難しい?

結論:取扱説明書どおりに設定すれば簡単です。ただし、詳しいやり方が書かれていません。

LINEモバイルを契約すると、SIMカードと一緒にマニュアルも送られてきます。

LINEモバイルの初期設定は、基本的にAPN設定を済ませれば終わりです。APN設定が終わればデータ通信、および音声通話ができるようになります。iPhoneではQRコードを読み込めば、自動的にAPN設定(プロファイルのインストール)が完了します。しかし、Androidでは端末側で設定を手動で行わなければならないので、初めて格安SIMを契約した人にとっては難しい部分もあるかもしれません。

LINEモバイルのAPN設定は下記記事でも紹介しています。

【LINEモバイル】APN設定方法を徹底解説【iPhone/Android】

本記事では、LINEモバイルのAPN設定方法についてドコモ回線、ソフトバンク回線それぞれに分け実機を用いて紹介しています。 LINEモバイルでは、2018年6月からソフトバンク回線も追加されました。 …

続きを見る

その他、LINEモバイルをもっと便利に使うためには、別の初期設定が必要です。特にやっておくべき初期設定が下記となります。

  1. LINEアカウントの作成(引き継ぎ)
  2. LINEモバイル公式アカウントを友だち追加
  3. 契約者連携・利用者連携

上から順番に設定をしていきましょう。契約者連携・利用者連携を済ませると、マイページへのログイン、LINEポイントの受け取り、データ残量確認、データプレゼントなどができるようになります。初期設定は少し面倒ですが、マニュアルにもやり方が書かれているので、それを見ながら一つ一つクリアしていきましょう。

初めての格安SIMとしておすすめできる?

結論:初めてでも大丈夫です!ただし、auからの乗り換えは注意を

LINEモバイルへこれから乗り換えする場合、店舗で契約する方法と、WEB上から契約する方法のどちらかを選べます。今までキャリア契約していた人は、店舗契約が当たり前だったため、LINEモバイルでも同じようにお店にいって契約したいと考えている人も多いでしょう。

しかし、LINEモバイルの実店舗は数が少ないのがデメリット。多くの方はLINEモバイルをネット上から契約するため、その契約方法が嫌な方にとってはおすすめできない格安SIMです。ただし、初めての格安SIMでも、ネット契約に抵抗がない人にはおすすめできます。

auから乗り換えする人は端末のSIMロック解除を

LINEモバイルへキャリアから乗り換える人、特にauからのMNPは注意を。ドコモ、ソフトバンクはそれぞれ同じ回線種類を選べば端末のSIMフリー化は必要ありませんが、auは回線が用意されていないので、LINEモバイルで同じ端末を引き続き使う場合はSIMロック解除が必須です。

SIMロック解除は少し手続き面倒なので、初めて格安SIMに乗り換える人にとってハードルが高いかもしれません。それさえクリアできたら、初めての方でもおすすめできる格安SIMです。

10分かけ放題オプションを付けると料金が高くなる

結論:音声通話SIMを使いたい人にとっては、少々割高です。

LINEモバイルは、データ通信SIMと音声通話付きSIMで分かれています。キャリアからの乗り換えを想定した場合、音声通話付きプランの契約が必須でしょう。しかし、LINEモバイルはキャリアとは違い、無料音声がデフォルトでついておらず、30秒毎に20円の通話料金が発生します。

もしキャリアのように使いたい場合は、「10分電話かけ放題オプション」を申し込まなければなりません。このオプションは月額880円の料金が発生するため、月額料金が安い事が魅力的なLINEモバイルの良さを少し打ち消してしまっています。実際に、10分かけ放題オプションを付けた場合の料金表が下記となります。

さらに、10分かけ放題を適用させるには、通話アプリ「いつでも電話」を利用しなければなりません。iPhoneやAndroidに標準で備わっている通話アプリでは、例えオプションを付けたとしても10分かけ放題にならないので注意が必要です。

音声通話の使い勝手は、正直イマイチかも。

LINEモバイルへの乗り換えがおすすめな人

悪い評判と書かれていた口コミに関して、実はそこまで間違いではないことがわかりました。それを踏まえて、LINEモバイルを契約すべき人、他の格安SIMを選ぶべき人をまとめました。

LINEモバイルがおすすめな人

  • 一部時間帯の通信速度の低下を我慢できる
  • ドコモ、ソフトバンク回線からの乗り換え
  • SNSを多く使う人(カウントフリーでパケット代がタダになる)
  • 電話を頻繁に使わない人
  • 月額料金をとことん安くしたい人

結果的に、LINEモバイルは通話を多く使わずに、とにかく今の月額料金を大幅に節約したい人におすすめです。通信速度に関しては、一部の時間帯を除けばそこそこ速いです。ただし、遅くなる時間帯はWiFi接続するなどして対策する必要があります。

その他、LINEモバイルには「カウントフリー」と呼ばれる機能があり、LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムの通信量が発生しなくなります。コミュニケーションフリープラン以上のサービスなので注意してください。また、一つ上のプランになるとLINEミュージックの通信量も無料になります。

音声通話や通信速度に満足できない人はUQモバイル

もし、LINEモバイルの口コミ・評判を見て、もっと快適な通信速度や無料音声通話付きで安い格安SIMを探している人におすすめなのがUQモバイルです。当サイトではUQモバイルとLINEモバイルを比較した記事も掲載しておりますので、参考にしてみてください。

どっちがおすすめ?UQモバイルとLINEモバイルを徹底比較

これからキャリアからUQモバイル(UQ mobile)、もしくはLINEモバイル(ラインモバイル)へ乗り換えをする際、両社はどのような違いがあるのかを気にする人も多いはず。そこで本記事では、UQモバイ …

続きを見る

とことん速度面の快適さを求めるなら、UQモバイルが最もおすすめだ。

最強の格安SIM?UQモバイルのここがスゴイ!

-LINEモバイル
-, ,

Copyright© クチシム , 2019 All Rights Reserved.