iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

充電器

【RAVPower】ACアダプタ USB充電器(4ポート/40W)のレビュー【RP-PC026】

投稿日:

複数台のスマホを充電する機会が多くなったので、4ポートくらいのUSB充電器を購入することに。今回選んだのはAmazonでも比較的評価の高いRAVPowerのACアダプタ型USB充電器で、各ポート最大2.4Aまで出力できる優れもの。

そこで本記事では、RAVPower RP-PC026のレビューを行っています。USB Type-Cでの充電時の出力、Lightningケーブルでの出力も同時に計測しているので、充電速度具合が気になる方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

【RAVPower】USB充電器 RP-PC026のスペック

説明書の製品仕様は次のようになっています。
型番RP-PC026
入力AC 100-240V
50/60Hz 1.2A
出力合計40W
ismart USB 出力各ポート最大DC 5V/2.4A
サイズ7.9 x 7.0 x 2.7 cm
重量122.9g

各ポートから最大で12W出力される計算になりますが、合計出力は最大で40W。予想としては、5V/2.4Aとは書かれていますが実際はその数値を下回る電力しか出力できないかと思います。

実際の電力出力具合は記事の下部で紹介していますので、ぜひご参考に。

また、RAVPower RP-PC026はQuick Chargeに対応していません。急速充電自体には対応していますが、QC3.0はおろかQC2.0にも対応していないので、Quick Charge対応のUSB充電器を求めている方は注意して下さい。

【RAVPower】USB充電器 RP-PC026の外観レビュー

ここからはRAVPowerのUSB充電器のレビューとなります。

手のひらサイズの箱のなかに、ACアダプタ型USB充電器本体、取扱説明書、サポート兼保証書が入っています。

USBケーブル等は一切入っていないので、自分のスマホに合わせてUSB Type-Cやmicro USBケーブルを購入しなければなりません。

USB充電器本体はこんな感じ。今回は4ポート、それぞれ合計で40Wの出力ができるタイプのUSB充電器を購入しました。PD接続はできません。

ACアダプタ型なので、当然ながらコンセントに直接差せるようになっています。なお、コンセントに当たる部分は出し入れができるような作りに。USB充電器を持ち歩く時に便利です。

外観自体は普通のUSB充電器と変わりませんが、決して安っぽい作り、材質ではないので見た目も悪くありません。

4ポート、急速充電対応のACアダプタ型USB充電器の中では確実にコスパが良い部類に入るでしょう。

USB Type-Cの電力出力具合

ここからは、肝心のUSB充電器としての性能をレビューしていきます。まずはUSB Type-C対応のスマホで充電をした時に、どの程度電力出力をするかをチェック。

今回レビューに使った端末は、Galaxy S8 Android 8.0となります。

テスターをUSB充電器に挿して、そのままUSB Type-CケーブルとGalaxy S8を接続した時の出力結果が下記となります。

DC 5.08V/1.71A」、出力電力は8.687Wとなりました。

1つのポートが最大12Wと考えた時、約72%の性能は引き出せているので許容範囲かなと思います。数値を見る限りではQuick Chargeに非対応となっていますが、QC1の最大10Wに対応しているのではないかなと感じます。

USB充電器の仕様が細部まではわからないのでハッキリとは言えませんが、目安として10Wに近い数値が出ていれば急速充電器としては合格かと思います。

スポンサーリンク

Lightningケーブルの電力出力具合

次にiPhoneと接続した時の電力出力具合をレビューしていきます。

今回レビューに使った端末は、iPhone 8 iOS11.3となります。

先程同様に、テスターをRAVPowerの充電器に挿してライトニングケーブルとiPhone 8を接続。その時の出力結果が下記となります。

DC 5.08V/1.26A」、出力電力は6.194Wという結果に。

思った以上に良い結果が出なかったのは、もしかするとライトニングケーブルの規格が原因かもしれません。予想としてはUSB Type-C同様に8W以上の数値を記録してくれると思っていましたが、想定を下回る結果になり残念。

ライトニングケーブルは当たり外れが大きいのが少々残念な所。

【RAVPower】USB充電器 RP-PC026は4ポートで使いやすい

ここまで、RAVPower RP-PC026のUSB充電器をレビューしてきました。

Quick Charge 2.0以上に対応していないですが、4ポートで最大40W出力できることから、QC1.0並の速度で充電することは可能です。安価ですし、作りも安っぽくないので個人的にはコスパはまずまず良いかなと感じました。

今回レビューしたUSB充電器の購入を考えていた方のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-充電器
-RAVPower, RP-PC026, USB充電器

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.