5G おすすめ記事

楽天の5G回線って?いつから始まる?提供時期や他社との比較をチェック!

更新日:

楽天モバイルは今までドコモやKDDIの回線を借りてモバイル通信事業を行なっていましたが、2019年10月1日より独自のキャリアとしてサービスをスタートさせました。

そんな楽天が提供する『5G回線』とはなにかについて、詳しくリサーチしてきました!

そもそも5G回線って!?3Gや4Gとの違いを紹介

まずは、5Gという回線についての基礎知識から見ていきましょう。5Gとはどんな回線なのか、今までの3G・4Gとはどんなところが違うのかなど、詳しく解説していきます。

そもそも5G回線ってどんな回線なの?

そもそも「○G」とは、携帯電話やスマホなどの通信に用いられる移動通信の規格のことで、速度をさしています。「G」は「Generation(世代)」をあらわしており、「3G」は「第3世代」、「4G」とは「第4世代」という意味です。

つまり5Gは「5G」は「5th Generation」の略で、「第5世代移動通信システム」のことなのです。「G」は世代が進むほど高速かつ安定したモバイル通信となってきていることから、通信における進化の歴史ともいえるでしょう。

3Gや4Gと比べて最大の進化は『通信速度』!

5Gが従来の4Gや3Gと大きく異なるのは、やはりなんと言ってもその通信速度でしょう。3Gから4Gに変わった際にも「早くなった!」と驚かれた方も多かったと思いますが、5Gに変わるとより早くなるのです!

4Gの通信速度は100Mbps~1Gbpsですが、5Gでは最大100Gbpsが可能と言われています。まだ予測の段階ですが、実現すればその差は100倍以上となり、「コンテンツ表示・ダウンロード終了までの待ち時間」が大いに少なくなるのです。

どうして5Gが必要になる?

現代では、スマートフォンやパソコン、タブレットなどに限らず、家電や車などの『モノ』もインターネットに繋がる、いわゆる『IoT(Internet of Things)』が普及しています。

このlotに全面的に対応するためには、インターネットの多数接続が欠かせません。

5GはIoTのさらなる増加を想定し、多数の同時接続を前提に設計・開発されているのです。今はまだ普及率の低いスマートホームも、より多くの利用者が生まれ、私たちの暮らしを快適にしてくれることでしょう。

5Gが実現する高速通信で4Gよりもさらに低遅延性を実現でき、その結果タイムラグの発生を抑えられ、VR技術の応用や車対車の通信による事故回避、ロボットの遠隔操作など、さまざまな分野でのスムーズな運用に期待できます。

5Gで私たちの未来が変わる?!

このような革新的な変化により、私たちの未来は今よりも更に便利なものへ変化してゆくでしょう。現在はテストや一部区間のみの運行である自動運転、VRやARを活用してのリアルタイム通信などが普及するかもしれません。

さらに、タイムラグのない通信によりリモートワークが加速したり、地方と都心の格差是正が起こったりなど、働き方を自由に選べる社会もすぐ近くにきているかもしれないのです。

楽天の5G回線って?現状わかることを紹介!

ここからは、楽天が提供する5G回線とはどんなものなのか、現状発表されていることをもとにまとめていきます。他社キャリアと比較して紹介しますので、今後5G回線を導入する際の参考にしてみてくださいね。

早期に5Gに特化したネットワークが低コストで提供される

楽天モバイル最大の強みは、次世代のシステムである『完全仮想化ネットワーク』を活用できることです。他社はすでにキャリアを所持していることから、古い設備から新しい5G用の設備に移行しなくてはなりませんが、楽天は新規参入のため、すぐに新たなシステムの導入ができるのです。

完全仮想化ネットワークとは、簡単に言えば「いまある汎用サーバーを通信用ネットワーク機器おして動作させる」システムです。これによって巨額の設備投資をしなくてよくなり、かつ維持費用も少なく済みます。そのため、他社より早期に、かつ低コストでの5G回線の提供が可能となるのです。

2020年6月頃開始の予定とされている

早期といっても、一体いつころの開始となるかの目処は出ているのでしょうか。キャリア回線には、電波周波数の割り当てが必要となります。これは自由というわけではなく、総務省が定めた規定の周波数に則らなくてはなりません。

2019年4月に総務省が発表した電波周波数の割り当てから見るサービス開始時期は、

  • NTTドコモ:2020年春
  • KDDI/沖縄セルラー電話:2020年3月
  • ソフトバンク:2020年3月頃
  • 楽天モバイル:2020年6月頃

と発表されています。ただ注意が必要なのは、サービスが開始となるタイミングが必ずしも全国でサービスが使える時期とは限らないということです。
特に楽天は、キャリアの新規参入ということから、基地局の運営開始とともに少しずつ利用可能範囲が広がると考えておくべきでしょう。

実際にサービスが使えるエリアは制限されそう

上記と少し重なる部分もありますが、楽天モバイルが独自の回線を持ってから5gサービスが始まるまではあまり時間がなく、5G基地局自体が全都道府県で運営されたとしても、全国利用に関しては、まだ時間がかかりそうです。

現状、5g回線が始まってからの全国利用可能状態としては、
NTTドコモ:97.0%
KDDI/沖縄セルラー電話:93.2%
ソフトバンク:64.0%
楽天モバイル:56.1%
と発表されています。徐々に利用可能範囲が広がってゆくようなので、自分の住んでいる地域が初期の時点で利用可能なのか確認しておくほうがいいでしょう。

現状では価格感は発表となっていない

5g回線の運用自体は中国でテストがされており、日本国内でも国内電波遮断状態での5G通信テストも行われています。

ですが今のところはまだ価格設定などは発表になっていません。対応機種はあるものの、Appleからの公式情報はまだ発表されていません。

2020年には対応iPhoneが投入されるとの予測が為されています。

楽天の5Gが実現すると実際にできることとは?

最後に紹介するのは、楽天の5Gが実現すると実際にできるようになる『未来』です。今後、そう遠くない将来に体感できるであろうことを、おおきく4つの項目にまとめました。5G回線がもたらすのは快適な通信環境だけではなく、多くのテクノロジカルな未来といえるでしょう。

超高速大容量での通信

特長のところで記載したことでもありますが、やはり何よりも変わる変化が『超高速かつ大容量のデータ通信の実現』でしょう。今までダウンロードに時間がかかっていた2時間の映画だってさくっと数秒でダウンロードでき、ゲームなども快適な環境かつ今までにない美麗グラフィックでのプレイができます。

また、より身近なテーマとしては、テレビでのスポーツ観戦やライブ鑑賞などもあります。臨場感あふれる迫力の体験ができ、熱狂と興奮がまるでその場にいるように、リアルタイムで味わえることでしょう。

超低遅延

電話をしていると、タイムラグがあってすこし声が遅くなることがありますよね。あれは、電波が遅延しているからなのです。
5G回線では、データの送受信に遅延がなくなるため、楽天モバイルで5Gが実現すればタイムラグが激減します。

さらに、タイムラグのなさはロボット操作や無人の自動車運転が可能となります。
次に説明する多接続が加わることで、ドローン操作や自動配達システムなどが現実のものとなり、よりスピーディな取引が実現できるでしょう。

多数同時接続

今まではあまり多くの端末をつなぐとどうさが遅くなりがちでしたが、 5G回線では、膨大な数の端末と同時接続が可能になります。
さらにその内容も、スマートフォンやPCなどに留まりません。

上記で説明したように、低遅延によって超高画質のARやVRをラグなく使用できます。
多数接続を行っていれば、例えば家にいながらにして楽天市場のバーチャルショッピングが可能となるかもしれないのです。

既に実用化されているスマートホームでは、家に帰る前にエアコンを付けておいたり、明かりをつけたり、テレビをつけたりもできています。まるでSFのような世界が、もうすぐそこにきています!

モノとモノがつながる世界に

大手携帯キャリアである他社はもちろん、楽天でもこのように5G回線が実用化されると、あらゆるモノとモノが繋がり、本当の意味での垣根のない世界ができる1歩となるでしょう。

もちろん、これはまだ見通しの話であり、現実にはなっていません。
ですが、家や車、さらには街がつながれば、これから日本が陥るであろう超高齢者社会における見守り体制や、子供を育てる際の防犯防災やコミュニティバスの運行などが可能となるのです。

これは、私たちの世界がより暮らしやすい街へと変わる、小さいながら大きい第一歩なのです!

まとめ

楽天が提供する5G回線には、まだ基地局の少なさなどの問題はあるものの、将来的に見ると他キャリアよりも安価な回線提供が見込まれています。

今後来るであろうテクノロジー時代に必要不可欠なテクノロジーが5Gであるといえるでしょう。
楽天の5Gは、東京五輪に間に合わせる形で6月に開始予定です。今から『未来』を先取りする準備をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-5G, おすすめ記事

Copyright© DigitalNews365 , 2020 All Rights Reserved.