Quick Typeキーボードで片手操作ができない時の対処法【iOS11】

iOS11からQuick Typeキーボードにて片手操作ができるようになりました。

左右どちらかにキーボードを寄せることで、親指が届く範囲にキーボードの位置が調整され、画面の大きいiPhone 7 PlusやiPhone 8 Plusを使っている人にとっては嬉しいアップデートだと思います。

しかしながら、このQuick Typeキーボードで片手操作をしようと思っても、変更方法がわからなかったり、そもそも片手操作するための切り替えアイコンが表示されない人もいらっしゃるかと思います。

そこで今回の記事では、Quick Typeキーボードで片手操作ができない時の対処方法を紹介していきます。なお、iOS11以降での機能なので、それ以前のiOSでは片手操作は出来ませんので注意してください。

スポンサーリンク

Quick Typeキーボードで片手操作する方法

Quick Typeキーボードで片手操作に切り替える方法は非常に簡単です。文字を入力する際に、「地球儀アイコン」を長押しするだけで簡単に切り替えすることが可能です。

すると、ポップアップ画面に3種類のキーボードが表示されます。左から「左寄せ」「デフォルト」「右寄せ」となっています。今回は左寄せにしてみました。

このような感じで、片手用キーボードを表示することが出来ます。

ぜひ片手でソイラテを飲みながら、キーボード入力をしてみてください。

片手切り替えのキーボードが表示されない場合の対処方法

片手切り替えのキーボードが表示されない人もいるのではないでしょうか。私はiOS11にアップデートした後、地球儀アイコンを長押ししても片手操作のキーボード切り替えアイコンがでませんでした。

この場合、iOS11にきちんとアップデートされているかはもちろん確認すると思いますが、もしiOS11にアップデートしていても片手切り替えが出来ないのでしたら、画面表示の設定が原因として挙げられます。

ですので、片手切り替えのキーボードが表示されない人は以下の設定を確認してください。「設定アプリ → 画面表示と明るさ → 表示」。

この「表示」が「拡大」となっていたら、片手切り替えのQuick Typeキーボードが表示されません。ですので表示を「標準」に設定してあげてください。そうすると、キーボードの設定画面を見てみると、「片手用キーボード」という項目が追加されているかと思います。

ここから設定をしてもいいですし、実際に入力する際に地球儀を長押しして切り替えても良いです。

個人的には地球儀アイコンから片手用キーボードの切り替えを行ったほうが良いかなと思います。

最後に

以上が、Quick Typeキーボードで片手操作が出来ない時の対処方法でした。

iOS11に関するアップデート情報や不具合情報も下記記事にてまとめていますので、まだどんな機能があるのかわからないと言う人はチェックしてみてください。

参考iOS11の不具合情報と変更点のまとめ!アップデート時はWi-Fi接続必須
スポンサーリンク

Twitterフォロー&シェアよろしくです♪