ポケットWiFi

ポケットWiFiを2年縛りなし・違約金/契約期間不問で使う方法

ポケットWiFiの中には、契約期間の縛りなしで利用できるサービスがあるのをご存じですか?

多くのポケットWiFiは2~3年縛りの契約期間があり、途中で解約すると高額な違約金がかかります。

この記事で解決する悩み

  • 3年は長い!1年くらい使えればいい
  • 利用中のポケットWiFiは自分に合っていけど今解約すると違約金が高い
  • 2年縛りなしでデータ通信無制限で使えるポケットWiFiがほしい

この記事では、違約金なしで契約/解約が自由にできる、国内おすすめポケットWiFiを紹介します。

モバイルWiFi全般をポケットWiFiとして表現しています。

結論:レンタルポケットWiFi「SPACE WiFi」がコスパ最強

まずはサクッと結論から。

2年縛りなしのポケットWiFiをお求めならば、レンタルポケットWiFiの「SPACE WiFi」が最もおすすめです。

おすすめポイント

  • 当然、2年縛りなし
  • 月間データ通信制限なし
  • WiMAX2+エリアに対応したモバイルWiFiルーターが借りられる
  • クレジットカード/口座振替両方に対応

他にもおすすめできる2年縛りなしのポケットWiFiがありますが、その中でもダントツで利用しやすいのがSPACE WiFiです。

このSPACE WiFiは民泊の運営者に人気あり、民泊WiFiとも言われています。

もちろん、個人での契約もできるので、ぜひ利用してみてください。

SPACE WiFiレビューページ

SPACE WiFi公式ページ

なぜおすすめできるのかを、他のポケットWiFiの違約金や、料金の比較という側面から解説していきます。

ポケットWiFiの途中解約は多額の違約金が発生する

一般的な契約をするポケットWiFiでは2年縛り、もしくは3年縛りを設けています。

基本的に途中解約をした場合、多額の違約金が発生するのがポケットWiFiやWiMAXのデメリット。実際にどの程度違約金が発生するのかを、主要会社数件を例にまとめました。

主要ポケットWiFiの違約金表

1年2年3年違約金0円のタイミング
au9,500円
※別途機種代金の残り
25ヶ月目
ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル37ヶ月目

なお、機種代金を一括ではなく分割払いにしている場合、違約金に加えて残りの機種代金も支払わなければならないので、実質的な解約料金はもう少し高くなります。

また、基本的に解約金が0円になるタイミングは1ヶ月のみとなっており、それを過ぎたら再度1年目という処理をさせられます。なので、そのタイミングで解約できなければ、2年縛り再開という結果に…。

主要WiMAXの違約金表

契約月を0ヶ月目とした時、それぞれのプロバイダで違約金が次のように変化します。

1年2年3年違約金0円のタイミング
UQ WiMAX19,000円14,000円9,500円37ヶ月目
Broad WiMAX37ヶ月目
カシモWiMAX25ヶ月目
GMO とくとくBB24,800円24,800円9,500円25ヶ月目

WiMAXにも2年縛りがあり、契約期間によって解約料金も変動します。

1年以内の解約だと、最大19,000円の違約金を支払わなければならないのが辛い所。WiMAXは更新月まで使うとトータルの月額料金が他のポケットWiFiより圧倒的に安いのですが、途中で解約する場合は割高になってしまうデメリットも。

長く使えばトータル料金が安い2年縛りだが…

縛りがあるポケットWiFiですが、デメリットばかりではありません。

契約期間中に利用し、更新月に解約できればお得なケースがあります。縛りがあるプランはその分、月額プランが割安になっていること多いためです。

そのため、キッチリと更新期間まで利用するととコストを抑えられます。縛りがあるとどうしてもデメリットのように感じてしまいますが、更新月をしっかり把握していればお得なこともあるのです。

上記表は2~3年縛wiりのWiMAX一覧ですが、最も安いプロバイダで3年間のトータルが130,941円となります。

ただしこれは、キャッシュバックやその他特典などを一切つけない状態の料金なので、あくまでも目安として考えてください。

なぜ違約金が発生してしまうのか

WiMAXやポケットWiFiを途中解約してしまうと違約金が発生するのには、しっかりとした理由があります。

それは、端末代金を最初にプロバイダ側で負担してくれるからです

モバイルWiFiルーターは10,000円を超える機器なので、それを肩代わりする代わりに長く使ってねという意図も含まれていると思います。なので基本的には、2年縛り、3年縛りなどの契約期間を設けているのです。

逆に端末を借りる形になる契約だと、違約金が発生しないケースが多いです。

2年縛りなしだとこんなに節約できるメリットが

仮に1年間ポケットWiFiを利用する場合、3年間の契約期間が設けられているYahoo!WiFiと今回紹介する縛りなしのポケットWiFiでは、発生する費用がこんなに変わってきます。

Yahoo!WiFiSAKURA WiFi
初期手数料3,000円8,960円
月額料金4,380円3,680円
違約金29,280円0円
1年間合計84,840円53,120円
差額31,720円の節約に

1年間の契約と考えた場合、違約金の有無で請求額が31,720円も差がついてしまいます

基本的に違約金が発生するポケットWiFiは、契約した月数によって料金も変わってくるので、3年ピッタリ利用するのならお得ですが、もし途中で解約したくなった場合は、ほとんどのケースで損をしてしまいます。

なので、0年~1年程度利用するのでしたら、2年縛りや違約金なしのポケットWiFiのほうが断然お得です。

違約金なしのポケットWiFiにデメリットはないのか

何個か2年縛りなしのポケットWiFiを使ってきましたが、目立ったデメリットはありません。

ポケットWiFiの仕様自体、他社のサービスと全く変わりありませんし、通信速度の制限に関しても月に100GB、200GBの容量を使えるものや、3日/10GBの制限はあるが、無制限で使えるポケットWiFiなど、様々なプランが用意されています。

端末は基本的に選べない

唯一デメリットがあるとすれば、違約金なしのポケットWiFiはレンタルの場合がほとんどなので、端末は予めあちらに用意してもらったものを使わなければならないことです。当然ながら、最新のモバイルルーターを利用することができません。

なので、最新機種を使っている通常契約したWiMAXと比べると通信速度が少し遅くなる可能性も。

ポケットWiFiレンタルという選択肢

前章でサラッと紹介しましたが、基本的に2年縛りなし、違約金なしのポケットWiFiを使う場合は「レンタル」という形になります。

レンタルと言えば長くても数週間、料金の計算方法は日割りというイメージがあります。

しかし最近では一定の月額料金支払う形で、端末をレンタルするという形で使えるポケットWiFiが増えてきました。当サイトでも紹介しているレンタルポケットWiFiで言えば、下記のようなものがあります。

縛りなしWiFiの評判!徹底レビューでメリット・デメリットを紹介

FUJI WiFiの評判や口コミ!レビューしてわかったこと

一昔前だとポケットWiFiやWiMAXは通常契約するのが当たり前でしたが、昨今は上記のようなサービスも登場。

なので、1年間という長すぎず短すぎずの期間でお試し感覚で利用したいならば、レンタルポケットWiFiを視野にいれるべきです。

2年縛りなしのポケットWiFiを選ぶコツ

5社以上のポケットWiFiを使ってきた経験から、2年縛りなしのサービスを選ぶ際は3つのポイントをチェックするようにしましょう。

1.利用期間

まずは自分が利用したい期間を最優先で決めましょう。例えば、1週間だったり、1ヶ月程度であれば月額料金タイプのポケットWiFiよりも、日割りレンタルできるサービスのほうがお得です。

利用期間別のおすすめレンタルポケットWiFiを下記記事にまとめています。気になる方は一度参照してみてください。

ポケットWiFiを短期レンタルしたい!おすすめ&比較【2020年3月】

2.月額料金

違約金なしのポケットWiFiサービスは何社か存在します。その時に、自分の利用期間でどの程度月額料金や初期手数料が変わるのかをきちんとチェックすることをおすすめします。

下記は、2年縛りなし、データ通信無制限ポケットWiFiの事務手数料、月額料金などを比較した表になります。

SPACEWiFiFamíliawifiSAKURAWiFi
年間トータル料金45,300円58,600円53,1200円
月額料金3,680円3,980円3,680円
送料無料1,000円無料
初期手数料なし3,000円8,960円
解約事務手数料なし5,000円なし
データ通信無制限
通信制限3日/10GB指定機種3日/3GBなし

※すべて税抜価格

比較的お得と呼ばれる違約金なしのポケットWiFiでも、利用する企業が異なるだけでトータルの料金は大きく変わります。

月額料金やトータル料金だけが全てではありませんが、ポケットWiFi選びでは価格比較はその中でも重要ポイントなので、しっかりとチェックするようにしましょう。

3.レンタルでもデータ通信無制限であること

1日や1週間程度なら月間7GB制限のポケットWiFiでも十分かもしれませんが、1ヶ月以上使うのでしたらレンタルでもデータ通信無制限プランを選ぶようにしましょう

無制限で利用できないと、長期間使うの場合圧倒的不利でストレスが溜まってしまいます。

また、3日10GB制限はあるけども月間無制限で使えるというポケットWiFiやWiMAXがほとんどですが、中にはどれだけ使っても大丈夫というモバイルWiFiもあります。

ただし、そんなポケットWiFiでも、あまりに多量の通信量が確認された場合に手動ペナルティで制限がかかってしまうので注意が必要です。

よくある質問

ポケットWiFiについて、多くの方が気になる点をまとめてみました。

あなたの疑問も解決できるはずなので、ぜひ参考にしてください。

格安SIMとポケットWiFiはどっちがいいの?

圧倒的にポケットWiFiです

これには2つの点でポケットWiFiが秀でているためです。

一つ目は、複数端末で使えることです。ポケットWiFiは、持ち運べるWiFiを指すため複数端末の接続ができます。

そのため一人がポケットWiFiを所持していれば、複数人とインターネットを共有できます。

しかし格安SIMだとそういうわけにはいきません。SIMはいわゆるICカードで、端末に装着することで初めて効果を発揮します。

SIMカードを装着した端末のみでインターネットが使用でき、他の人たちとはインターネットを共有できません。

上記より複数人での利用を考えている場合には、圧倒的にポケットWiFiに軍配が上がると言えます。

二つ目は、通信速度です。
格安SIMはお昼や夜のゴールデンタイム(20時~23時)で使い物になりません。

出典:価格.comマガジン

上記は、価格.comが行っている格安SIMの速度調査です。夜のゴールデンタイムになっていない18時台にもかかわらず、UQモバイルを除いたMVNOは軒並み1Mbps前後。(ワイモバイルはMNOなので除外)

1Mbpsと言えば、WiMAXが速度制限にかかった時と同じ。言ってしまえば格安SIMは、WiMAXが常時通信制限にかかっている状態で利用しなければいけないハンデがあります。

また、データ通信無制限で利用できる格安SIMはnuroモバイルなどがありますが、予め速度がそこまで出ないようになっているので不便です。

なので、格安SIMをポケットWiFiの代わりとして使うのはありえない選択肢になります。

違約金なしの「SPACE WiFi」をおすすめする4つの理由

ここまで2年縛りなしはレンタルがおすすめ、レンタルポケットWiFiを使うならどうやって選べば良いのかを紹介してきました。

それらの結果を統合すると、冒頭でも紹介した「SPACE WiFi」が最もバランスとコスパが良いポケットWiFiになります。

初期手数料/違約金なし/端末代金なし

SPACE WiFi
年間トータル料金45,300円
月額料金3,680円
送料無料
初期手数料なし
解約事務手数料なし
データ通信無制限
通信制限3日/10G

※すべて税抜価格

SPACE WiFiの特筆すべき点は、初期手数料・違約金・端末代金が一切かからないところです。

違約金なしのポケットWiFiは何社かありますが、初期手数料が無料という会社はSPACE WiFiのみ。

初期手数料が安い分、1年間のトータル料金も下がるので、半年程度の短い期間でもお得に契約することが可能です。

また端末料金は2万〜4万円ほどのポケットWiFiが多くあるため、端末料金がかからないことはかなりお財布に優しいですよね。

端末料金が無料と宣伝していても、実際は途中解約時に端末料金の支払いが発生したりする会社が少なくありませんが、SPACE WiFiはレンタルWiFiのため、端末料金がかかりません。

そのため導入が非常に気軽にできるWiFiだと言えるでしょう。

月額料金が安い

SPACEWiFiFamíliawifiSAKURAWiFi
年間トータル料金45,300円58,600円53,1200円
月額料金3,680円3,980円3,680円
送料無料1,000円無料
初期手数料なし3,000円8,960円
解約事務手数料なし5,000円なし
データ通信無制限
通信制限3日/10GB指定機種3日/3GBなし

※すべて税抜価格

ポケットWiFiを選ぶコツでも軽く紹介しましたが、SPACE WiFiは似たようなサービスを展開している会社の中で、月額料金、1年間トータルでの料金が業界最安値級です。

月額レンタル制度のポケットWiFiは、何らかの形で初期手数料が取られてしまいますが、それもSPACE WiFiにはなし。

月額料金自体も安いので、他と比較して年間で1万円以上差が開いてしまう事もあります。

通信費の節約と言う意味でもおすすめできるポケットWiFiです。

口座振替にも対応

SPACE WiFiは料金支払い方法が口座振替にも対応しています。

支払い方法の関係で「クレジットカードを使いたくない」と考えている方も少なくないでしょう。

また「ポケットWiFiが欲しいけど、クレジットカードを持っていない」なんて方もご利用いただけます。

通信会社の多くはクレジットカード払いが主流であり、意外と口座振替に対応している会社は多くありません。

クレジットカードを所持するにはカード会社の審査を通過する必要があるため、一定の信用が担保されるためです。

そのため、口座振替に対応している通信会社は嬉しいですよね。

WiMAX2+とソフトバンク回線が用意されている

SPACE WiFiには、WiMAX2+、もしくはソフトバンクの回線が使えるモバイルルーターの2種類が用意されています。

それぞれ最新端末ではありませんが、1つ型落ち程度のルーターなので、まだまだ現役で利用可能なスペックです。

ただし、どちらの端末が送られてくるかは届くまでわかりません。

それだと自分が住んでいるエリアでWiMAX2+回線が使えないからNGでは、と思われるのも仕方がないです。

しかし、SPACE WiFiでは、もし電波状況等の理由で繋がらない場合、申込み完了後にサポートセンターにお問い合わせをして事情を説明すると、対応エリアのポケットWiFiを送ってくれます

ですので、そこまで心配する必要はありません。あちらでも注文した方の住所を確認して、WiMAXもしくはソフトバンク回線の繋がりやすいほうを送ってくれます。

データ通信無制限で使える

最後のメリットとして、月間データ通信無制限で使えることがあります。

ただし、完全に無制限というわけではなく、通常のWiMAX等と同様に、3日で10GB制限が設けられています。また、WiMAXとソフトバンクで制限の仕方も若干異なります。

速度制限条件

  • WiMAX:3日の合計で10GB以上の場合、翌日夜の18時~24時で速度制限
  • ソフトバンク:1日3GBを超えたら当日中は速度制限(翌日開放)

一応どちらも、1日3GBくらいを目安に使うと速度制限が掛からずに、いつでも快適なインターネットを楽しむことが出来ます。

SPACE WiFiを選ぶ注意点

メリットだらけのSPACE WiFiですが、もちろん注意点もあります。
ここではSPACE WiFiを選ぶ際の注意点を3つご紹介します。

  • 契約終了後は端末の返却が必要
  • 端末の故障・紛失時の弁済金が高額
  • 解約には1ヶ月以上かかる

注意点をしっかり理解し、購入を検討することで自分の納得感が大きく異なります。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

契約終了後は端末の返却が必要

注意点一つ目は、契約終了後は端末の返却が必要なことです。

SPACE WiFiはレンタルWiFiのため当然、契約終了後は端末を会社に返却しなければいけません。レンタルWiFiのため非常にお得な価格を実現しています。

返却の際は返却期間もしっかり設けられており、期日までに指定住所へのデバイスの返却が必要になります。

また返却期日に遅延が発生した場合は、月額料金が1か月分追加で徴収されます。

そうならないためにも期日をしっかり確認し、守るようにしましょう。

端末の故障・紛失時の弁済金が高額

注意点二つ目は、端末の故障・紛失時の弁済金が高額なことです。

端末が故障したり、紛失したりすると40,000円の請求があります。40,000円と聞くと、かなり高額に感じますよね。

他では10,000円ほどの価格設定をしている通信会社が多いため、比較してもずば抜けて高額です。

しかし、そんな方のためにしっかりと保証サービスが付いています。

保証サービスもアリ

万が一の端末の故障・紛失が怖いという方に向けて保証サービスもあります。

「あんしん端末補償」というサービスに加入することで料金を10,000円まで軽減できます。

しかし「あんしん端末補償」に加入するには月額500円を支払う必要があります。

どれだけ使用するか、端末の故障・紛失のリスク、料金とそれぞれのバランスを加味して「あんしん端末補償」に加入するかを判断してください。

解約には1ヶ月以上かかる

注意点三つ目は、解約には1ヶ月以上かかることです。これは解約の仕組みによるものです。

SPACE WiFiでは、当月解約ができず、解約申請をした翌月末が解約月になるという特殊な解約方式を採用しています。

そのため、解約の検討は早め早めに済ませておくことが得策です。

また、解約時にはポケットWiFiの返却が必要になるのですが、この返却期日に遅れると別途月額料金の請求があるため、SPACE WiFiの解約時にはしっかりと期日を確認するようにしましょう。

2~3年縛りから開放されましょう

2年縛りが嫌!もっと自由にポケットWiFiを使いたいという方は「SPACE WiFi」で決まりです。

以上のことから、通常契約した場合やライバルポジションのポケットWiFiと比較した時、最もコスパが良くおすすめできるのが「SPACE WiFi」です。

  • 初期費用なし/違約金なし
  • 月額3,680円から使える
  • 2年縛りなど一切なし

これらの条件を全て満たしているのは「SPACE WiFi」のみ。

SPACE WiFiは公式ページを見ると「民泊WiFi」とされていますが、民泊を運営されていない方でも問題なく契約できます。一個人の申し込みも積極的に受け付けているので、最近申し込みが多くなってきているようです。

貸し出せるモバイルWiFiルーターが無くなれば、一時的に新規申し込みを制限する可能性もあるので、違約金なしのポケットWiFiを今現在探し中という方は、一度公式サイトをチェックして、自分の希望を満たせるサービスかを確認してみてください。

SPACE WiFiレビューページ

SPACE WiFi公式ページ

-ポケットWiFi
-ポケットWiFi, 違約金なし

Copyright© 爆速WiFi道場 , 2020 All Rights Reserved.