あなたにぴったりのポケットWiFiを教えます

爆速!ポケットWiFi部

WiMAX

ヘビーユーザーがWiMAXをおすすめしない5つの理由

更新日:

WiMAXを契約したいのですが、どこかでおすすめできないと聞きました。なぜおすすめできないのでしょうか?
実はヘビーユーザーからはイマイチと思われる部分が多いのがWiMAXです。実際に何が不満なのか、おすすめしないのかを詳しく紹介していきますね。

本記事では、これからWiMAXの契約を考えている方に向けて、なぜヘビーユーザーからの支持を得ていないのかを徹底解説しています。ただし、全員におすすめできない訳ではなく、WiMAXを選ぶべき人もいます。そういった方達におすすめなWiMAXを紹介すると共に、逆にWiMAX以外を選ぶべき人への代替案も合わせて紹介していますので、参考になれば幸いです。

WiMAXをおすすめしない5つの理由

インターネットを四六時中使うヘビーユーザーが、WiMAXを選ばない理由は全部で5つあります。細かい部分を加えるともっとありますが、基本的には次の5ポイントがヘビーユーザーにとっては重要です。

  1. 1日~3日で使えるギガ数が決まっているから
  2. PING値が高いので、反応速度を求められるオンラインゲームに不向きだから
  3. 外でWiFiにつなぐことはほとんどないから
  4. 室内や地下で電波が少し弱まるから
  5. 契約期間が2年~3年と長いから

このように言われる理由を、もっと詳しく解説していきます。

【理由1】3日で10GBの通信制限が辛い

WiMAXを提供しているプロバイダでは、月間7GBまでのプランと、無制限で使えるプランの2つが用意されています。当然ながら、後者の使い放題プランを選ぶ人が多いですが、実際に利用すると本当の意味で無制限で使えるわけではない事に気づきます。

WiMAXの場合、3日で10GB以上の通信量が発生すると、翌日の18時から翌々日の2時までの約8時間は速度が1Mbps以下まで制限されます。速度制限のイメージ図が下記です。

18時~2時の間と言えば、お昼に仕事や学業をしている人は自宅で息抜きをしている時間帯になります。その時に速度制限がされてしまうと、せっかくの息抜きタイムにネットゲームや動画視聴も満足にできない残念な状態に。1日で数GB利用する人にとっては、この3日で10GB制限が辛いと感じるかもしれません。

1Mbps以下でどんな事ができる?

WiMAXでは速度制限で1Mbps以下になりますが、実際にどのくらいのスピードがでているのでしょうか。実際にWiMAXを利用している方の声が下記となります。

下り速度が0.98Mbps程出ているので、これならばネットサーフィンは可能です。YouTube等の動画視聴もギリギリできますが、低画質以外はストリーミングが途中で止まること必至です。速度制限されても使い物にならない、というわけではないのがWiMAXです。ただし、オンラインゲームは1Mbps以下では絶対に無理です。

【理由2】WiMAXはPING値が高いので一部のネットゲームに不向き

ヘビーユーザーがWiMAXをおすすめしないのは、反応が求められるオンラインゲームに不向きなことが大きな原因の一つとして挙げられます。

PINGとは、サーバーにデータを送ってから帰ってくるまでにかかった時間を指します。例えば、100msだった場合サーバーからの応答時間は0.1秒といったイメージです。100msなら、1秒間に10回サーバーと通信していることになりますね。

オンラインゲームは常にサーバーと通信をして動かすため、1回の通信で0.1秒かかるとするとゲームでラグ(遅延)が発生し、まともに動かせない状態に陥ります。特に反応を求められる格闘ゲームのネット対戦や、FPSなどのオンラインゲームは、PING値が小さくなければ話になりません。ゲームによって適切なPING値異なりますが、大体の目安は次のようなイメージです。

PING値 目安
100ms以下 動画視聴・ネットサーフィンは問題なし
50ms以下 反応が求められないオンラインゲームなら快適に
30ms以下 大体のオンラインゲームは快適に動く
10ms以下 言うことなし。どんなゲームでもバッチリ快適に動く

WiMAXのPING値は思った以上に高く、35~80msの間をウロウロしています。実際に私のWiMAXを使って測定したPING値は、44msでした。

このような理由から、ネットゲームを頻繁にプレイするヘビーユーザーからWiMAXは敬遠されています。

【理由3】外で使えるWiMAXのメリットを体感できないから

WiMAXを選ぶのに、外でもWiFiを使いたいからという理由もあるでしょう。そういった目的で契約するならば、ヘビーな使い方もしないのでWiMAXはおすすめできます。しかし、自宅回線として使って外でWiFiは必要ない人にとっては、わざわざWiMAXを選ぶ理由はありません。

それならば、固定回線を引いたり、SoftBank Airを使うのが最も賢い選択肢です。固定回線は回線を敷くのに工事などの手間が発生しますが、SoftBank Airならばルーターをコンセントに繋ぐだけで使えるので、工事が面倒な方におすすめできます。WiMAXによくある3日で10GBの速度制限もないので、自宅回線代わりに使うならSoftBank Airを検討するのも良いでしょう。

ソフトバンクエアーの速度は遅い?実機を使って通信速度を計測してみた

Softbank Air(ソフトバンクエアー)のインターネットでの口コミや評判を見てみると、 ソフトバンクエアーは夜の通信速度が遅くて使い物にならない 全然繋がらない! 速度が遅いくせに高い などなど ...

続きを見る

【理由4】部屋の中で少し電波が弱まるのが残念

口コミなどでよく見かけますが、WiMAXは電波の性質上室内でやや繋がりにくいのがマイナスポイントです。ヘビーユーザーは常時ネットに繋いでいるので、途中で電波が弱まったりするとストレスに感じてしまうことも。

WiMAXは遮蔽物の回避が苦手なため、基地局から届けられる電波がルーターに届くまでに弱まってしまいます。そのため、室内の中心部などに設置すると電波が不安定になる現象が起こるのです。

WiMAXのルーターは、窓際に置くと電波をキャッチしやすくなり、通信も安定します。

デメリット解消?「ハイスピードプラスエリアモード」とは

WiMAXには、デフォルトで使えるWiMAX2+回線と、有料でauのLTE回線が用意されています。auのLTE回線を使うには「ハイスピードプラスエリアモード」というオプションをつけなければならなく、3年契約したWiMAXは月額1,005円のオプション料金がずっと無料になります。

auのLTE回線なので、通信エリアが広く、室内でもそこまで電波が弱くなることはありません。WiMAX2+回線のデメリットを完全に打ち消す素晴らしいオプションと感じるのも無理はないでしょう。しかし、実際に利用するとデメリットだらけなので、このモードを使う人はほとんどいません。

なぜなら、ハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまでしか使えなく、それ以上使ってしまうと3日10GB関係なく、翌月までずっと速度制限されてしまうからです。加えて、WiMAX2+も一緒に制限されてしまうので使い勝手が非常に悪いです。

3日10GB制限では1Mbps以下ですが、ハイスピードプラスエリアモードでの制限は128kbps以下の速度に。緊急時以外の利用は絶対におすすめしません。

【理由5】契約期間が長く感じてしまう

WiMAXを使って気に入らなければ解約すれば良いのですが、そう簡単には解約できません。解約するとなると、更新月以外は違約金が発生します。しかも、WiMAXの契約期間は2年~3年と長い期間となっているため、解約タイミングも難しいです。

ヘビーユーザーとしては、通信品質に問題があればすぐ解約したいというのが心情。契約期間の長さに不満を覚え、WiMAXをおすすめしないのは仕方がないかもしれません。

逆にWiMAXがおすすめできる人

これまでWiMAXをおすすめしない5つの理由を紹介してきましたが、逆にWiMAXがおすすめな人もいます。次に該当する方はWiMAXでも問題ないので、WiFi選びの選択肢として入れてみてください。

  • 1日の通信量がそこまで多くない
  • オンラインゲームなどを頻繁にプレイしない
  • 外でも手軽にWiFiに接続したい
  • 長期的にWiMAXを利用する予定がある
  • 契約目的がネットサーフィンや動画視聴である

3日10GBの制限があるWiMAX。それを考慮に入れて契約するのでしたら、通信速度も速く持ち歩きも出来るので、WiMAXはおすすめできます。

プロバイダはどこを選ぶべきか?

通常ならば本家である「UQ WiMAX」を契約するのが当たり前かもしれませんが、WiMAXにはプロバイダと呼ばれる事業者があります。プロバイダによって月額料金が大きく異なり、中にはキャッシュバックキャンペーンを行っている事業者も。安くておすすめできるWiMAXの、月額料金やトータル料金をまとめたのが下記となります。

Broad WiMAXやGMOとくとくBBは、本家より確実に月額料金が安いので評判は悪くありません。詳しいプロバイダの選び方は、下記記事で詳しく解説していますので、WiMAXの契約を考えている人は参考にしてください。

嘘なし!無制限ポケットWiFiの最強・最安はこれで決まり

仕事などで外でネットに繋げる環境が欲しい 一人暮らしで自宅の固定回線代わりに使いたい もちろんデータ通信が制限なしで使えれば最高! でも色々無制限ポケットWiFiがあるからどれを選べば… 無制限ポケッ ...

続きを見る

ヘビーユーザーにもおすすめするなら無制限ポケットWiFi

もしこの記事を読んで、「やっぱりヘビーユーザーにはおすすめしないのか」と感じて、WiMAXの契約を辞めようと考えている方に代替案を紹介します。それは、ソフトバンクの4G LTE回線を使ったポケットWi-Fiをレンタルすることです。

WiMAXをおすすめしない理由に、「契約期間の縛り」や「1日の通信制限」などがありました。それらのデメリットを解消しているのが、「SAKURA WiFi」です。

SAKURA WiFiがおすすめできる理由

SAKURA WiFiがあなたにおすすめできる理由は4つあります。

  1. データ通信無制限で使える
  2. レンタルなので、契約期間の縛りがなく違約金もなし
  3. ソフトバンクの4Gエリア対応なので、室内でも電波が強い
  4. 完全定額制!月額料金の変動がないので勘定しやすい

ソフトバンクのLTE回線だからと言って、速度が遅いことは決してありません。むしろ速度はWiMAXに遜色ないレベルです。実際にSAKURA WiFiを使って計測して、下り速度80.6Mbps、PING値が27msという高スコアをマークできました。

10GB以上使っても3日の速度制限に引っかからなかったので、このポケットWiFiならばヘビーユーザーにもおすすめできます。一度SAKURA WiFiのレビュー記事に目を通し、その上で契約するかどうか判断してもらえたら幸いです。

SAKURA WiFiの実機レビュー!通信速度や口コミ評判なども

レンタルポケットWiFiの中でも、1日からのレンタルではなく月額単位から借りることができる「SAKURA WiFi(さくらWiFi)」。解約金不要のモバイルWiFiルーターということで、実際使い勝手は ...

続きを見る

まとめ

ここまで、ヘビーユーザーがWiMAXをおすすめしない理由について詳しく解説してきました。

この記事の結論

  • 3日制限が嫌ならポケットWiFiがおすすめ
  • そこまでデータ通信量が多くないならWiMAXがおすすめ

記事の中で紹介したSAKURA WiFiは非常に好条件ですが、月額料金はWiMAXより少し高めです。ですが、ヘビーユーザーも満足できるサービス内容となっています。これからWiMAXを契約しようと思っている方は、SAKURA WiFiも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

-WiMAX
-WiMAX, おすすめしない

Copyright© 爆速!ポケットWiFi部 , 2019 All Rights Reserved.