あなたにぴったりのポケットWiFi、WiMAX、格安SIMを教えます

インターネット通信部

WiMAX

WiMAXはギガ放題でも7GB超えたら速度制限になる事も!解除は不可

投稿日:

WiMAXはGMOとくとくBBで

WiMAXには、月間7GBまで使える通常プランの他に、データ通信無制限のギガ放題プランの2つが存在します。多くの方は後者のギガ放題プランを選ぶと思いますが、速度制限にかかる条件が少し勘違いしやすいです。

特に多いのが、「ギガ放題でも7GBを超えたら速度制限にかかってしまう?」という勘違いです。

そこで本記事では、WiMAXのギガ放題プランの速度制限について徹底解説。間違いやすい、ギガ放題の7GB制限について理解を深めてもらえたら幸いです。

WiMAXはギガ放題でも7GB超えたら速度制限にかかるのか?

結論を言うと、「ある一定条件を満たしてしまうと、ギガ放題でも7GBを超えたら速度制限」に掛かります。ギガ放題なのに、月間データ量で速度制限に掛かるのは詐欺ではないか、と感じる人が多いと思います。

事実、普通の使い方をして通信制限が起きるのはおかしいですが、UQ WiMAX公式では、「この有料モードを使いすぎると、問答無用で翌月まで速度制限を掛ける」と明言しています。

その有料モードが「ハイスピードプラスエリアモード」です。

「ハイスピードプラスエリアモード」とは

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX 2+回線の他に広いエリアで使えるauの4G LTE回線を使った通信が出来るモードです。通常このモードは、月間1,000円程度の有料オプションとなりますが、基本的にどのプロバイダでも3年プランを選んだ場合は無料で使えるようになっています。

WiMAXには3つの回線が用意されています。その中で現在使われている回線が、WiMAX 2+とau 4G LTEの2つです。WiMAX回線に関しては、WiMAX 2+の普及に伴い廃止になります。

そのため、実質的に使われるのは「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」の2つ。基本的にはハイスピードモードだけを使って運用する人が多いです。

WiMAXの速度制限詳細

ここで一度、WiMAXはどのようなタイミングで速度制限が掛かるのかを確認しましょう。

WiMAXでは、直近3日間で10GB以上の通信をした場合、翌日の18時~26時頃まで最大下り速度が1Mbpsまで制限されます。

上記の例だと、3日間で12.5GB使ってしまったら、4日目の18時~26時までの速度制限。その後も直近3日間の通信量を見て、10GB以下になったら速度制限が解除されます。

データ通信量は、WiMAX 2+とau 4G LTEの合計値で算出されます。例えば、ハイスピードプラスエリアモードで5GB、ハイスピードモードで7GB使った場合でも速度制限の対象です。

ハイスピードプラスエリアモードの落とし穴

広範囲のau 4G LTE回線を使えることから、一見ハイスピードプラスエリアモードは非常に優秀な機能と錯覚しやすいです。しかし、ハイスピードプラスエリアモードには大きな落とし穴があります。

それは、このモードを使って通信した時に月間7GBを超えてしまった場合、翌月までWiMAX 2+とau 4G LTE回線の通信速度が最大128kbpsまで制限されてしまうことです。

128kbpsの速度はネットサーフィンすらできない状態なので、制限に引っかかったら一発アウトです。ギガ放題で7GBの制限に掛かってしまった人の多くは、ハイスピードプラスエリアモードを使っていると思われます。

ハイスピードプラスエリアモードの7GB制限は翌月まで解除できない

さらに厳しいのが、ハイスピードプラスエリアモードでの速度制限は、翌月になるまで解除することができません。通常の7GBプランであれば。パケット追加という形を取れば速度制限を解除することができますが、ハイスピードプラスエリアモードはそうも行きません。

なので、ギガ放題プランを利用する人はWiMAX 2+だけで通信する「ハイスピードモード」を使うのが基本となります。筆者もハイスピードプラスエリアモードはよほどのことがない限りは使いませんし、おそらく今後も利用することはないでしょう。

本当に緊急事態で、WiMAX 2+の電波が届かない時に使うモードです。各種プロバイダでこのオプションが無料なのも、おそらくほとんどの人が使うことがない機能だからだと思います。

ハイスピードプラスエリアモードにするだけで7GB制限の対象になる

もしかすると、「auの4G LTE回線に接続したときだけデータ通信量がカウントされるのでは」と思っている人もいるかもしれません。しかし残念ながら、ハイスピードプラスエリアモードにした場合WiMAX 2+の電波に接続されたとしても、通信量がカウントされます。

例えば、ハイスピードプラスエリアモードにしてWiMAX 2+で3GB、au 4G LTE回線で4GBのデータ量となった場合、合計値が7GBを超えているので通信制限の対象となります。WiMAX 2+回線のみで7GBを超えた場合も速度制限の対象です。

逆にハイスピードモードにしてWiMAX 2+で8GBの通信をした場合は、速度制限にかかりません。あくまでも、「ハイスピードプラスエリアモード」を使った時の通信量の合計値が7GBを超えなければいいので、ハイスピードモードを常時使っていれば心配ご無用です。

まとめ

最後に、この記事のまとめになります。

  • ギガ放題でもハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えたら速度制限の対象
  • ハイスピードプラスエリアモードでの速度制限は翌月まで解除できない
  • 基本的にハイスピードモードだけでインターネットに接続することをオススメ

ギガ放題でも条件次第では7GBを超えたら通信制限に掛かるので、できるだけハイスピードプラスエリアモードは使わないようにしましょう。

モバイルWiFiルーターの設定で、「HSモード(ハイスピードモード)」を選べばWiMAX 2+のみの通信となります。間違っても「HS+Aモード(ハイスピードプラスエリアモード)」は選ばないように設定してあげてください。

【2019年9月】おすすめWiMAXプロバイダ

月額料金 2,170円〜
3年間実質料金 125,660円
【参考】他社の3年間実質料金
Broad WiMAX 131,986円
JP WiMAX 134,100円
カシモWiMAX 129,068円

他社プロバイダと比較した場合最安値級となってくるのが、「GMOとくとくBB」となります。GMOとくとくBBではその他にキャッシュバックキャンペーンも行なっていますが、特典を受け取れなかったことを考慮に入れると月額料金割引キャンペーンを選ぶのが無難。

これからWiMAXを契約する方には、GMOとくとくBBをおすすめします。使用感のレビューやインタビュー記事も記事にしていますので、気になる方は一度チェックを!

-WiMAX
-WiMAX

Copyright© インターネット通信部 , 2019 All Rights Reserved.