ポケットWiFi

WiFIレンタルどっとこむは短期間だけ利用したい人に最適!メリットと注意点を解説

「WiFiレンタルどっとこむ」は、最短1日からポケットWiFiをレンタルできるサービスです。

利用期間を1日単位で決められることから解約金を気にする必要がなく、光回線が開通するまでのつなぎとしてピッタリのサービスです。

そこで本記事では、WiFiレンタルどっとこむの料金プランや申し込みの流れ、利用する上での注意点についてご紹介していきます。

WiFiレンタルどっとこむの概要
月額料金
※選ぶプランによって料金が異なります
ソフトバンク端末短期1日:400円~
30泊31日:6,000円~
※無制限プランの最安値
au端末短期1日;1,200円~
30泊31日:3,600円~
※5GBプランの最安値
UQ WiMAX端末短期1日:450円~
30泊31日:6,750円~
※無制限プランの最安値
初期費用利用期間に応じた合計金額+受取手数料
(例:短期1日400円プランを3日間利用する場合)
400円×3日間=1,200円+受取手数料
受取手数料1台:500円
2台以上:1,000円(4台まで)
返却手数料送料:自己負担
空港返却:1台500円、2台以上1,000円(4台まで)
ポスト返却:470円×台数
契約期間1日~
解除料なし
端末代金0円(解約時要返却)
支払い方法クレジットカード

WiFIレンタルどっとこむの申し込みはこちら

WiFIレンタルどっとこむの基本情報

WiFiレンタルどっとこむの基本情報

それでは最初に、WiFiレンタルどっとこむのサービス内容から見ていきましょう。

1日から利用可能なレンタルWiFI

WiFiレンタルどっとこむは、最短1日から利用できるレンタルWiFiサービスです。

利用期間は自分で好きなように選べるので、数日間の国内旅行や突然の入院時でも安心してインターネットを利用できます。

ただし、長期利用の場合は他のポケットWiFiよりも料金が割高になってしまうので気をつけましょう。

申し込み後すぐに利用可能

WiFiレンタルどっとこむは、ポケットWiFiのレンタルサービスです。

光回線のような工事は一切不要なので、端末を受け取り次第、すぐに使い始めることができます。

平日15時までの申込みで原則当日出荷

平日15時までに申し込んだ場合は、原則当日出荷されます。

そのため、最短で翌日からポケットWiFiを使い始めることができます。

ただし、北海道や沖縄本島は申込日から翌々日、離島の場合は到着日が翌々日以降となる可能性があるのでご注意ください。

どうしても申し込み当日から使いたい場合は新宿営業所へ

どうしても申し込み当日からポケットWiFiを使いたい場合は、WiFiレンタルどっとこむの新宿営業所に行けば当日受け取りが可能です。

WiFiレンタルどっとこむ新宿営業所
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-4-10
KDX東新宿ビル3・4・5階
株式会社ビジョン(運営会社)
0120-474-235

ただし、貸し出し可能な機種や在庫数には限りがあるため、事前に連絡した上でお申し込みください。

また、新宿営業所の営業時間は平日10時~18時となっているので気をつけましょう。

契約期間の縛りがないのが魅力

WiFiレンタルどっとこむは契約期間の縛りがないのが最大の魅力です。

これまでは2年契約や3年契約が一般的だったポケットWiFiですが、解約金がかかることから数日〜数か月程度の超短期利用には向いていないことが特徴でした。

ですが、WiFiレンタルどっとこむはこれまでの常識を打ち破り、ポケットWiFiを1日単位で利用できるサービスを開始しました。

最長利用期間は設けられていないので、光回線が開通するまでの一時的なネット回線として使うことができます。

ソフトバンク・au・WiMAX回線を選択可能

WiFiレンタルどっとこむでは、ソフトバンク・au・WiMAX回線を選ぶことができます。

au回線は31日間で5GBまでしか使えませんが、ソフトバンクとWiMAX回線では無制限プランが選べます。

自分の好みに合わせてポケットWiFiの回線を選べるのは嬉しいポイントです。

ただし、無制限プランは無制限と謳いながらも「1日あたりの容量制限」が設けられている点にはご注意ください。

好みの回線やスペックを選べる複数端末を用意

選んだ回線によっては、複数端末の中から好きな端末を選ぶことができます。

ただし、かなり昔に発売された機種も混じっているので、基本的には以下の端末を選ぶのがおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむで選ぶべき端末
  • ソフトバンク回線:SoftBank T6 無制限(1日5GB・月間150GB制限)
  • au回線:FS030W 5GB
  • UQ WiMAX回線:WiMAX W06 無制限(3日10GB制限)

※au回線は2020年10月現在で1機種のみしか選べません

これらの端末は利用料金に対して使えるデータ容量が多いことからコストパフォーマンスに優れている端末と言えます。

WiFiレンタルどっとこむを検討中の人は、上記を参考にして申し込んでみてください。

通信速度は端末により異なる

なお、同じ回線であっても選んだ端末によって最大通信速度は異なります。

たとえば、各回線における最大速度は以下のとおりとなっています。

WiFiレンタルどっとこむの端末スペック上の最大速度
  • ソフトバンク回線:最大300Mbps(機種名:E5383)
  • au回線:最大150Mbps(機種名:FS030W)
  • WiMAX回線:最大440Mbps(機種名:WX06)

※WiMAX端末の最大速度は「W06」の最大1.2Gbpsですが、WiFiレンタルどっとこむではその速度で利用するための「ハイスピードプラスエリアモード」を利用できないように制限がかかっています

端末ごとの最大速度は後述しますが、利用する端末によっては最大速度が遅い場合があります。

これらはあくまで技術上の最大値ですが、最大値が大きければ実測値も速くなる傾向にあるということを覚えておいてください。

一部の端末を除いて利用は国内のみに限定

WiFiレンタルどっとこむは、ソフトバンク回線の「GlocalMe」という端末を除き、すべての端末が国内利用に限定されています。

そのため、GlocalMe以外の端末をレンタルする場合は海外での利用ができません。

また、GlocalMeは昨今話題の「クラウドSIM」に対応の端末ですが、WiFiレンタルどっとこむではソフトバンク回線のみが使えるように設定されています。

その他のポケットWiFiのようにドコモ回線やau回線が使えるという訳ではないので、混同しないようにご注意ください。

受取・返却は宅配またはコンビニ・空港受取ができる

WiFiレンタルどっとこむは空港受取も可能

WiFiレンタルどっとこむの端末受け取り方法と返却方法は以下のとおりです。

WiFiレンタルどっとこむの受け取り方法と返却方法
受け取り方法返却方法
  • 宅配受取
  • 空港受取
  • コンビニ受取
  • 店舗受け取り(渋谷ちかみち、新宿営業所)
  • 宅配返却
  • 空港返却
  • ポスト返却

※店舗での返却はできません
※それぞれで手数料が発生します

元々は短期間の国内旅行向けにサービスを展開していたことから、空港窓口での受取・返却が可能です。

また、コンビニや場所を指定しての受け取りも可能なので、旅行先や入院中であっても問題なく端末を受け取れます。

返却する際は同封の返送用袋を使ってポストに投函するだけで簡単に返却することができるので、手軽に利用できることがメリットといえます。

運営は株式会社ビジョン

WiFiレンタルどっとこむを運営するのは東証一部上場企業の「株式会社ビジョン」です。

海外向けのグローバルWiFi事業や法人携帯サービス、オフィス関連サービスなど幅広いジャンルを手掛けており、海外にも拠点を持つほどの大規模な法人です。

WiFiレンタルどっとこむ以外にも数多くのポケットWiFiを運営・販売しているので、サービスの安定性や信頼度では非常に安心できるサービスといえます。

WiFIレンタルどっとこむの料金

基本情報を学んだところで、WiFiレンタルどっとこむの料金を確認していきましょう。

端末により料金は異なる

WiFiレンタルどっとこむは、ソフトバンク・au・WiMAXの3回線から好きなサービスを選べます。

ただし、それぞれの回線で選べる端末が多種多様で、選んだ端末によって使えるデータ容量と利用料金が大きく変わります。

そのため、事前に確認してからお申し込みください。

ソフトバンク回線の端末

ソフトバンク回線で選べる端末のデータ容量と利用料金は以下のとおりです。

ソフトバンク回線で選べる端末の一覧表
機種名データ容量利用料金下り最大速度
短期1日30泊31日
SoftBank T6無制限
(1日5GB・月間150GB制限)
450円6,750円
(1日あたり217円)
150Mbps
SoftBank 601HW無制限
(1日1GB制限)
400円6,000円
(1日あたり193円)
612Mbps
SoftBank E5383無制限
(1日3GB・月間90GB制限)
450円6,750円
(1日あたり217円)
300Mbps
30GB1,700円5,600円
(1日あたり180円)
5GB1,200円3,600円
(1日あたり116円)
SoftBank 501HW無制限
(1日3GB・月間90GB制限)
450円6,750円
(1日あたり217円)
187.5Mbps
30GB1,700円5,600円
(1日あたり180円)
SoftBank 303ZT無制限
(1日3GB・月間90GB制限)
450円6,750円
(1日あたり217円)
187.5Mbps
SoftBank 801ZT10GB1,500円4,500円
(1日あたり145円)
67Mbps
7GB1,300円3,900円
(1日あたり125円)
GlocalMe(国内利用時)無制限
(1日3GB・月間90GB制限)
450円6,750円
(1日あたり217円)
150Mbps
GlocalMe(海外利用時)500MBまたは1GB/日500MB:670円~1,270円/日
1GB:970円~1,570円/日

※GlocalMe(海外利用時)の利用料金は国によって異なります。詳細は公式サイトhttps://www.wifi-rental.com/item/item32.htmlをご参照ください

ソフトバンク回線の端末は非常に数が多いですが、基本的にはコスパの良い「SoftBank T6」、または価格が安い「SoftBank 601HW」を選ぶのがおすすめです。

それ以外の端末は、使えるデータ容量に対して利用料金がかなり割高に設定されているので、あまりおすすめできません。

au回線の端末

au回線で選べる端末のデータ容量と利用料金は以下のとおりです。

ソフトバンク回線で選べる端末の一覧表
機種名データ容量利用料金下り最大速度
短期1日30泊31日
FS030W5GB1,200円3,600円
(1日あたり116円)
150Mbps

au回線で選べる端末はFS030Wのみとなります。

使えるデータ容量に対して利用料金が高めに設定されているので、特別な理由がない限りは他の端末を選ぶのが良いでしょう。

WiMAX回線の端末

WiMAX回線で選べる端末のデータ容量と利用料金は以下のとおりです。

ソフトバンク回線で選べる端末の一覧表
機種名データ容量利用料金下り最大速度
短期1日30泊31日
WiMAX W06無制限
(3日間10GB制限)
550円7,700円
(1日あたり248円)
440Mbps
WiMAX WX06550円7,700円
(1日あたり248円)
WiMAX WX03450円6,750円
(1日あたり248円)
WiMAX WX05550円7,700円
(1日あたり248円)

※WiFiレンタルどっとこむのWiMAX端末は「ハイスピードエリアモード」が利用できません

WiMAX回線の中で選ぶ場合は「WiMAX WX06」がおすすめです。

その理由はそれ以外の端末は発売時期が古く、バッテリーがへたっている可能性が考えられるからです。

WiMAX端末の発売時期
  • WX06:2020年1月30日
  • W06:2019年1月25日
  • WX05:2018年11月8日
  • WX03:2016年12月2日

在庫状況にもよりますが、申し込む際に端末を選べるのであればWiMAXの中でも最新端末の「WX06」を選ぶのがおすすめです。

サービスごとのデータ使用量の目安

ここまで読んだ人の中には、「自分がどれくらいのデータ容量を使えれば十分なのかよくわからない」という人も多いのではないでしょうか。

以下で1GBあたり、1時間あたりでできることを一覧表にしてまとめたので、端末を選ぶ際の参考にしてください。

1GBあたりでできること
  • WEB閲覧:約4,000ページ
  • メール送信:約2,000通
  • LINEメッセージ:約50万回
  • MAP閲覧:約270回
1時間あたりでできること
  • ZOOM音声通話:約200MB
  • ZOOMビデオ通話:約1GB
  • LINE音声通話:約25MB
  • LINEビデオ通話:約1GB
  • Skype音声通話:約200MB
  • Skypeビデオ通話:約1GB
  • YouTube:約1GB
  • Netflix:約1GB

※使用するデータ通信量は実際の電波状況や読み込むファイルの大きさによって変動します
参照:よくある質問|WiFiレンタルどっとこむhttps://www.wifi-rental.com/qa

テレワークが増えている人にとっては、1時間のZOOMビデオ通話で約1GBのデータ容量を消費するので、3日10GB制限のWiMAX回線を選ぶのが良さそうです。

YouTubeやNetflixを視聴する人は、1日あたり3~5GBの制限があるソフトバンク回線でも十分なデータ容量といえるでしょう。

このように、自分の使い方に合わせてWiFiレンタルどっとこむの端末をお選びください。

利用日数が増えると割引がある

WiFiレンタルどっとこむは、利用日数が増えれば増えるほど1日あたりの利用料金が安くなります。

具体的にいうと、15日以上使う場合は1日あたりの利用料金が116円~247円に割引されます。

そのため、約2週間以上使う場合は30泊31日プランで申し込んだ方が料金を節約できる計算になるので、ぜひ覚えておきましょう。

申し込みの際に選ぶ利用開始日から料金が発生する

WiFiレンタルどっとこむの利用料金は、申し込みの際に選ぶ「利用開始日」から発生します。

利用開始の4日前までは無料でキャンセルできますが、それ以降は申し込み金額の100%が請求されることになるのでご注意ください。

端末の到着日時は指定できるが直前申し込みだと間に合わない可能性もある

申し込みの際に端末到着日を指定できますが、在庫状況や発送状況によっては希望通りに到着しない場合があります。

もし、利用開始日に端末を受け取れなかった場合でも通常通り利用料金は発生してしまうので、ギリギリになってから直前申し込みをするのはやめておいた方が無難です。

WiFIレンタルどっとこむの申し込みはこちら

WiFiレンタルどっとこむを利用するメリット

WiFiレンタルどっとこむを利用するメリットは以下のとおりです。

WiFiレンタルどっとこむを利用するメリット
  • 数日~短期間の利用に最適で違約金も不要
  • 端末が届けば工事なしですぐに使える
  • 最新端末も含め選択肢が多い

それぞれのメリットについて、簡単にご紹介していきます。

数日〜短期間の利用に最適で違約金も不要

WiFiレンタルどっとこむは、最短で1日から利用できることが特徴のレンタルWiFiサービスです。

利用料金は最安400円から使えるので、数日程度の利用であればそこまで高い費用を支払う必要はありません。

30泊31日プランは一見すると利用料金がかなり高く見えますが、大手キャリアのポケットWiFiやクラウドSIMでは通常の月額料金に加えて1万円前後の解約金という縛りがあります。

それらを考慮すると、WiFiレンタルどっとこむの30泊31日プランを選んだ方がトータル費用を節約できるケースが多いので、ぜひ覚えておきましょう。

端末が届けば工事なしですぐに使える

WiFiレンタルどっとこむに申し込むと、最短で翌日には端末が届きます。

端末を受け取ったら電源を入れるだけですぐに使い始めることができるので、光回線のように工事を待つ必要はありません。

使い終わったら付属の返却袋に入れて返送するだけなので、これまでのどのポケットWiFiよりも気軽に利用できることがメリットです。

最新端末も含め選択肢が多い

WiFiレンタルどっとこむは、各キャリアが販売する最新端末も含め、非常に選択肢が多いことが特徴です。

かなり限定的な使い方ですが、これから購入を検討中の端末がある場合は、利用料金が安いWiFiレンタルどっとこむで使用感を確かめてから購入するといった利用方法も可能です。

利用者の要望に合わせて自由に端末を選べるのは魅力的なポイントといえるでしょう。

こんな人におすすめ

WiFiレンタルドットコムは、こんな人におすすめのサービスです。

WiFiレンタルどっとこむがおすすめの人
  • 自宅のWiFiが使えるようになるまでに時間がかかりそうな人
  • 光回線の開通工事が数か月ほど先になってしまった人
  • 国内旅行をする予定がある人
  • 突然、入院することになってしまった人
  • 今後もテレワーク(在宅ワーク)が続きそうな人

最短1日から利用できるポケットWiFiなので、冒頭でお伝えしたような「光回線が開通するまでのつなぎ」として使うことができます。

また、ホテルや病院を配送先に指定できるので、旅行先や入院中の人にも向いています。

昨今ではテレワーク需要が急増しているので、今後も在宅ワークが続く可能性がある人にもおすすめです。

これらに該当した人は、次に解説する注意点に目を通した上で、WiFiレンタルどっとこむへの申し込みを検討されてみてはいかがでしょうか。

WiFIレンタルどっとこむの申し込みはこちら

WiFiレンタルどっとこむの6つの注意点

最短1日から使えることが最大の特徴のWiFiレンタルどっとこむですが、以下のような注意点があります。

WiFiレンタルどっとこむの7つの注意点
  1. 月額料金換算は高め
  2. 無制限プランは機種によって1日あたりの容量制限がある
  3. レンタル期間をすぎると自動延長になる
  4. レンタル品を紛失すると弁済金が発生
  5. 通信速度が遅いという意見も
  6. 支払いはクレジットカードのみ

これからWiFiレンタルどっとこむに申し込もうと思っている人は、必ずこれらの注意点を確認してから申し込むようにしましょう。

1.月額料金換算は高め

WiFiレンタルどっとこむは1日単位から利用できる反面、30泊31日プランはかなり割高な価格設定となっています。

WiFiレンタルどっとこむと他のポケットWiFiの月額料金の比較を見てみましょう。

WiFiレンタルどっとこむと他のポケットWiFiの月額料金比較
サービス名回線種別/データ容量月額料金契約期間/解除料
WiFiレンタルどっとこむソフトバンク回線
/無制限
※1日5GB・月間150GB制限
6,750円なし
au回線
/5GB
3,600円なし
WiMAX回線
/無制限
※3日間10GB制限あり
6,750円なし
ZEUS WiFiクラウドSIM
/100GB
1~3か月目:2,980円
4か月目以降:3,480円
2年間
/9,500円
THE WiFiクラウドSIM
/4GB/1日
(実質120GB程度)
1~3か月目:4,280円
4か月目以降:4,642円
2年間(自動更新なし)
/9,800円
それがだいじWiFiクラウドSIM
/100GB
3,250円(機器代金込み)2年間
/4,500円
UQ WiMAXWiMAX回線
au回線
/無制限
※3日間10GB制限あり
3,880円2年間
/1,000円
GMOとくとくBB WiMAXWiMAX回線
au回線
/無制限
※3日間10GB制限あり
1~3か月目:3,609円
4か月目以降:4,263円
3年間
/1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降:9,500円

WiFiレンタルどっとこむを30泊31日プランで契約した場合、他のポケットWiFiのおよそ2倍近い金額となってしまいます。

解約金を考慮するとWiFiレンタルどっとこむの方がトータル費用は安く済みますが、3か月以上使うと大抵の場合で他のポケットWiFiを使った方が料金を節約できます。

そのため、WiFiレンタルどっとこむは短期間に限定して利用するのが望ましいといえるでしょう。

2.無制限プランは機種によって1日あたりの容量制限がある

WiFiレンタルどっとこむには「無制限プラン」がありますが、それぞれ1日あたりの容量制限があります。

WiFiレンタルどっとこむの容量制限
  • SoftBank T6 無制限:1日5GB・月間150GB制限
  • SoftBank 601HW 無制限:1日1GB制限
  • SoftBank E5383 無制限:1日3GB・月間90GB制限
  • SoftBank 501HW 無制限:1日3GB・月間90GB制限
  • SoftBank 303ZT 無制限:1日3GB・月間90GB制限
  • GlocalMe(国内利用時)無制限:1日3GB・月間90GB制限
  • WiMAX回線 無制限:3日間10GB制限

上記の通り、無制限と謳いつつも実際には容量制限があります。

WiFiレンタルどっとこむでは、容量を超過すると128Kbpsの速度制限(ドコモ・au・ソフトバンクと同様)が行われるので、使いすぎにはご注意ください。

なお、上記のような容量制限は他のポケットWiFiでも同様で、本当の意味で使い放題のポケットWiFiサービスは今のところ存在しません。

データ容量を気にせず使いたい人は、光回線やCATVなどの固定回線を利用するようにしましょう。

3.レンタル期間をすぎると自動延長になる

申し込んだ際に決めた利用期間(レンタル期間)をすぎると、自動的に契約が延長となります。

宅配便以外の方法で返却する場合、返却端末が株式会社ビジョンに到着した日が「利用終了日」となるので気をつけましょう。

なお、自動延長後の利用料金はWiFiレンタルどっとこむの「商品・料金ページ」にある「詳細ページへ」ボタンを押すことで1日あたりの延長料金が調べられます。

利用日数に応じた延長料金は、登録したクレジットカードから翌月に引き落とされます。

4.レンタル品を紛失すると弁済金が発生

レンタル品を紛失してしまうと、以下の金額の弁済金が発生します。

WiFiレンタルどっとこむの弁済金
項目弁済金安心補償サービス加入時
端末40,000円8,000円
端末電池パック3,000円600円
SIM再発行手数料3,000円600円
ACアダプタ1,000円200円
付属品500円100円
予備バッテリー3,000円600円
ポーチ1,000円200円
無線子機1,400円280円
クレードル6,000円1,200円
TVチューナー15,000円3,000円
カーチャージUSB3,000円600円
USB×4ポートACアダプタ3,000円600円

安心補償サービスに加入していると、弁済金が5分の1にまで減額されます。

オプション料金は1日あたり40円しかかからないので、基本的には本オプションに加入しておくことをおすすめします。

5.通信速度が遅いという意見も

WiFiレンタルどっとこむの口コミや評判を見てみると、通信速度が遅いといった意見が見られます。

以下、Twitterから集めた実際の利用者からの口コミをご覧ください。

ご覧の通り、「通信速度が遅くて使えない」「1日あたりの容量制限が厳しい」といった声が見受けられます。

上述の通り、WiFiレンタルどっとこむは完全に無制限なサービスではないので、データ消費量に気をつけながら利用するのをおすすめします。

6.支払いはクレジットカードのみ

WiFiレンタルどっとこむの支払い方法は、以下のブランドのクレジットカードのみに対応しています。

対応クレジットカードのブランド
  • Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners

デビットカードや口座振込、Pay-palなどでの支払いには対応していません。

クレジットカードを持っていないと申し込みができないのでご注意ください。

WiFiレンタルどっとこむ利用の流れ

WiFiレンタルどっとこむを利用するまでの流れは以下のとおりです。

WiFiレンタルどっとこむ利用の流れ
  1. 申し込みは公式Webページから
  2. 希望端末と受取・返却方法を選択
  3. オプションサービスを選択
  4. クーポンコードがあればお得に利用可能
  5. 端末受取後、すぐに利用開始可能
  6. 端末を返却してレンタル終了

WiFiレンタルどっとこむは、あくまでポケットWiFiのレンタルサービスです。

利用期間が終了した後は端末を返却する必要があるので、必ず最後まで手続きを行うように心がけましょう。

1.申し込みは公式Webページから

WiFiレンタルどっとこむに申し込むには、まずは公式サイトにアクセスしましょう。

公式サイトにアクセスしたら、画面右上にある「お申し込み」ボタンを押します。

2.希望端末と受取・返却方法を選択

続いて、自分が使いたい端末とプラン、申し込む台数を決めます。

そのまま画面を下にスクロールし、受け取り方法と返却方法を選択しましょう。

利用期間は1泊2日からOK

受け取り方法と返却方法を選んだ後は、利用期間を選びます。

利用期間は最短で1泊2日からOKなので、利用開始日に余裕を持ったスケジュールでお申し込みください。

3.オプションサービスを選択

利用日数を決めたら、オプションサービスを選択します。

WiFiレンタルどっとこむのオプションサービス
  • モバイルバッテリー:200円/日
  • 無線子機:30円/日
  • カーチャージャーUSB:100円/日
  • USB×4ポートACアダプター:100円/日

なお、はじめからチェックが入っている「安心補償サービス」は、1日40円のオプション料金で万が一の時の弁済金を5分の1にまで減額できます。

そのため、基本的には付けたままにしておくのがおすすめです。

4.クーポンコードがあればお得に利用可能

WiFiレンタルどっとこむには、クーポンコードが用意されています。

クーポンの入手方法は、WiFiレンタルどっとこむを一度利用するか、利用したことのある人から譲ってもらうかの2通りが挙げられます。

利用料金が最大で33%オフになる破格の割引クーポンなので、家族や知人の中にWiFiレンタルどっとこむを利用したことがある人がいないか確認しておきましょう。

5.端末受取後、すぐに利用開始可能

WiFiレンタルどっとこむは、平日15時までに申し込みをすれば原則当日発送されます。

最短で翌日には端末が到着し、電源をいれればすぐに使い始めることができます。

光回線のように待たされることがないので、急ぎで使いたいという人でも安心でお申し込みいただけます。

利用4日前までのキャンセルは無料

なお、申し込みは利用開始日の4日前までなら無料でキャンセルすることができます。

3日前になってしまうと利用料金の100%が請求されてしまうので気をつけましょう。

6.端末を返却してレンタル終了

利用期間が終わったら、ポケットWiFiを株式会社ビジョンに返却してレンタル終了となります。

宅配便以外の方法で返却する場合、ビジョンに端末が到着した日が利用終了日となるので、余裕を持って返却手続きを行うようにしてください。

まとめ

本記事では、最短1日から利用できるレンタルWiFiサービスの「WiFiレンタルどっとこむ」について解説しました。

1日単位で利用できることから解約金の縛りを気にすることなく使えるサービスなので、光回線が開通するまでのつなぎとしての利用がおすすめです。

また、配送先を指定できるので旅行先や入院中の病院からでも気軽に利用できます。

利用日数が長期間になると料金が割高になってしまうので、短期間に限定して利用するようにしてみてください。

WiFIレンタルどっとこむの申し込みはこちら

-ポケットWiFi
-ポケットWiFi, レンタル

Copyright© 爆速WiFi道場 , 2020 All Rights Reserved.