あなたにぴったりのポケットWiFiを教えます

爆速!ポケットWiFi部

WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX2+の評判から見る本当のメリット・デメリット

更新日:

2019年2月7日から、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンが強化されました!月額料金を今まで通り割引する他、5,000円のキャッシュバックが提供されます。キャッシュバックを受け取ることにより、3年間のトータル料金が120,660円と間違いなくWiMAX業界最安値級となりました。期間限定なので、お早めに!

GMO とくとくBB公式(月額料金大幅割引)

WiMAXを契約するにあたって非常に悩むのがプロバイダ選び。WiMAXのプロバイダは様々ありますが、その中で比較的ユーザーから多く選ばれているのが今回紹介する「GMOとくとくBB WiMAX2+」。

そこで本記事では、GMOとくとくBB WiMAX2+利用者から見た評判・評価やメリット・デメリットを徹底解説。ネット上では評判が悪いという噂も耳にするかもしれませんが、それが本当に正しいのかこの記事で確かめてもらえたら幸いです。

GMOとくとくBB WiMAX2+の評判が悪いとされるたった一つの理由

ネット上で検索していると、「GMOとくとくBBのWiMAXは評判が悪いから辞めたほうがいい」と口コミが書かれているのを一度は見たことがある人も少なくないはずです。例えばTwitterでは、次の様な悪い口コミが見つかります。

GMOとくとくBB自体の知名度は他のWiMAXよりも高く、ユーザー数もそれに伴って多いです。ではなぜ、ユーザー数が多いにも関わらずGMOとくとくBB WiMAX2+の評判が悪いと言われるのか。その理由はたった一つです。

キャッシュバックの受け取りを忘れて、もらい損ねてしまったから

実は多くのメディアでは、GMOとくとくBBのWiMAXはキャッシュバックありで契約したら3年間のトータル料金で一番安いと書いています。それは確かに間違いではありませんが、問題は受け取れなかった時ですよね。キャッシュバックを受け取れなかったら当然ながら最安値級にはなりませんし、むしろ損をしてしまうことがあります。

なぜ多くのメディアではキャッシュバックキャンペーンをおすすめするかはわかりませんが、実はGMOとくとくBB WiMAX2+にはもう一つキャンペーンが存在します。それは、「月額料金割引キャンペーン」です。

実のところ、月額料金割引キャンペーンの方が絶対に損をしませんし、おまけに3年間のトータル料金を見ても業界最安値級です。なので当サイトでは、GMOとくとくBBのWiMAX2+を契約するのでしたら、絶対にこのキャンペーンをおすすめします。

これらを踏まえて上で、GMOとくとくBBのWiMAX2+はどんな特徴があるのか、他社と比較してどのくらいの料金なのか、メリット・デメリットはどこにあるのかを詳しく解説していきたいと思います。

大前提:WiMAXに関して知ってもらいたいこと

WiMAXを選ぶ際、色々なプロバイダがあってどれにしようか迷っているユーザーが多いかと思います。私も最初のWiMAXを契約するまでは非常に悩みましたし、契約しようと考えてから2週間くらいは色々と調べた記憶があります。

今ではGMOとくとくBBの他にSo-net、Broad WiMAXも契約していますが、3つのWiMAXを契約してわかったことがあります。それは、「プロバイダによって通信速度が大きく変わることはない」ということです。

速度が遅い原因は電波の状態だったり、室内で少し電波が弱まる特徴があるからです。これに関してはプロバイダを変更したとしても変わらないので、その場合はLTE回線のポケットWi-Fiの利用をおすすめします。

2年プランはほぼ全部のプロバイダで終了

2018年中期まではGMOとくとくBB WiMAX2+でも2年プランがありましたが、2019年からは3年プラン一本になっています。その他、カシモWiMAXでも2年プランを頑張って提供していましたが、こちらもついに終了。

実質2年プランのプロバイダはほぼ無くなり、これからWiMAXを契約するのでしたら3年プランのみとなります。

GMOとくとくBB WiMAX2+の特徴

GMOとくとくBBの特徴をザックリと表すと、次のようになります。

  • お得なキャンペーンが常時2つ開催されている
  • 月額料金やトータル料金が業界最安値級
  • さすが大手通信事業者!最新サービスへの対応が早い

それぞれをもっと詳しく紹介していきます。

選べる2つのキャンペーン!

GMOとくとくBB WiMAX2+では、「キャッシュバックキャンペーン」と「月額料金割引キャンペーン」の2つが常設されています。多くのメディアでは、前者のキャッシュバック特典を推しているため、後者の月額料金割引キャンペーンを知らないという方も多いです。

そしてそれぞれの月額料金・トータル料金を比較した場合、両者にそれほど大きな差はありません。

どっちを選んでも間違いなくお得ではありますが、筆者は月額料金割引キャンペーンをオススメしています。その理由は、「月額料金割引キャンペーンをおすすめする理由」で詳しくご紹介します。

キャッシュバック金額は他社より高め

ちなみにキャッシュバックキャンペーンについてですが、受け取れる金額は他社よりも圧倒的に高くなっています。下記表からわかる通り、GMOとくとくBB WiMAX2+の特典金額はずば抜けていることがわかります。

順位プロバイダキャッシュバック契約期間受取日指定機種備考
1GMO とくとくBB37,000円3年11ヶ月目W05
2GMO とくとくBB32,950円3年11ヶ月目W05クレードル
3GMO とくとくBB32,000円3年11ヶ月目W06
4GMO とくとくBB32,000円3年11ヶ月目WX05
5GMO とくとくBB31,400円3年11ヶ月目L02
6GMO とくとくBB31,400円3年11ヶ月目HOME 01
7@nifty30,000円3年12ヶ月目WX05
8BIGLOBE30,000円3年12ヶ月目-
9GMO とくとくBB29,000円3年11ヶ月目WX05クレードル
10JP WiMAX16,000円3年初月+12ヶ月目WX056,000円分は12ヶ月目受け取り

もしキャッシュバックキャンペーンを使って契約するのでしたら、GMOとくとくBB WiMAX2+を選ぶのが無難かと思います。

WiMAXの中でも月額料金が安い

GMOとくとくBBは、数あるWiMAXプロバイダの中でも月額料金が安い傾向にあります。一例ですが、他社と比較したときの月額料金の一部をご紹介します。

プロバイダ名 月額料金
GMOとくとくBB 2,170円 ~ 4,263円
So-net 3,620円 ~ 4,379円
Broad WiMAX 2,726円 ~ 4,041円
JP WiMAX 2,800円 ~ 4,100円

一部にはなりますが、これだけ見ても他のプロバイダより料金が安いことがわかります。より詳細な月額料金や3年間のトータル料金は、「3年間のトータル料金がWiMAXで最安値級」の項目にてまとめています。

大手ならではの対応の早さ

GMOとくとくBBは通信事業の中では大手の部類に入ります。そんなGMOでは、どこよりも早く最新ルーターを用意したり、学割キャンペーンなどを実施したりと、対応の早さに関しては他のプロバイダよりも圧倒的に早いと感じます。

ただし、サポートに関してはその限りではありません。

GMOとくとくBB WiMAX2+を選ぶメリット

GMOとくとくBB WiMAX2+の特徴を知った上で、それらはどのようなメリットがあるのかご紹介します。

3年間のトータル料金がWiMAXプロバイダの中で最安値級

下記は、WiMAXプロバイダを3年間利用した時のトータル料金をまとめた表となります。

プロバイダ名月額料金3年間トータル料金
JP WiMAX¥2,800〜¥118,100
GMO とくとくBB
CBあり
¥3,609〜¥118,160
GMO とくとくBB
CBなし
¥2,170〜¥120,660
@nifty
CB特典
¥3,420〜¥123,790
BIGLOBE WiMAX
CB特典
¥3,695〜¥129,310
@nifty
CB特典
¥3,420〜¥129,390
DTI WiMAX¥2,590〜¥129,670
AsahiNet
WiMAX 2+
¥4,290〜¥130,280
Broad wimax¥2,726〜¥131,626
So-net WiMAX¥3,620〜¥133,320
BIGLOBE WiMAX
月額割引特典
¥3,345〜¥133,320
カシモWiMAX
最安級プラン
¥1,380〜¥133,368
hi-ho WiMAX(CBなし)¥2,980〜¥135,080
カシモWiMAX
最新機種プラン
¥1,380〜¥135,668
YAMADA Flat
年間パスポート
¥3,696〜¥136,056
hi-ho WiMAX(CBあり)¥3,780~¥141,960
novas WiMAX¥2,780〜¥143,880
UQ WiMAX¥3,696〜¥149,428
EDION WiMAX¥4,180〜¥153,480
YAMDA Flat¥4,267〜¥158,628
Dis mobile
WiMAX
¥3,696〜¥158,628
BIC WiMAX¥3,696〜¥158,628
ヨドバシカメラ
2年プラン
¥3,696〜¥158,629
ヨドバシカメラ
3年プラン
¥3,696〜¥158,629
J:COM WiMAX¥4,379〜¥160,644
advent WiMAX¥4,380〜¥160,680
KT WiMAX 2+¥4,380〜¥160,680
KT WiMAX 2+¥4,380〜¥166,680

表を見るとわかる通り、GMOとくとくBB WiMAX2+の月額料金、トータル料金はトップクラスの安さになっています。

1位のJP WiMAXが現在は最も安くなっていますが、端末の返却が必要なケースがあったり、解約金が最大30,000円となっていたりと、他のプロバイダよりも違約金周りが厳しくなっているのがデメリット。絶対に3年間キッチリ使うことを想定していないと損をしてしまいます。

解約手続きがマイページ上で完結する

マイページのメニュー

一般的にインターネット回線やWiMAX、ポケットWi-Fiはユーザーに解約してもらいたくないものです。そのため、解約手続きが複雑だったり、必ず電話をしなければいけなかったりとプロバイダによっては解約まで非常に手間がかかります。

しかし、GMOとくとくBB WiMAX2+は解約手続きが簡単です。BB navi(マイページ)にアクセスし、「サービス・オプションの削除・解除」からWiMAXの解約がすぐに行なえます。他のプロバイダと比較しても間違いなく楽なので、こういった手続き面は利用ユーザーからも高い評価を受けています。

GMOとくとくBB WiMAX2+のデメリット

メリットとは逆に、GMOとくとくBB WiMAX2+にはどんなデメリットが有るのかも知っておかなければなりません。私がGMOとくとくBBを利用してきてデメリットと感じた部分は、大きく2つあります。

キャッシュバックは受け取れないことも考慮に入れなければならない

数年前に一度GMOとくとくBBのWiMAXを契約したことがあります。その時は月額料金割引ではなくキャッシュバックキャンペーンを選びました。そして、当然ながら受け取りを忘れてしまった過去があります。

GMOとくとくBB WiMAX2+のキャッシュバック金額はたしかに高いのですが、実際に受け取りができるまで11ヶ月の期間を要するのが最大のデメリットだと感じました。そのため、もしキャッシュバックキャンペーンを使ってGMOとくとくBB WiMAX2+に申し込むのでしたら、キャッシュバックが受け取れない可能性も考慮しなければなりません。

サポートは期待しない方が良い

GMOとくとくBBは月額料金、契約更新月まで利用したときのトータル料金がWiMAX業界最安値級です。それを可能にしているのが、人件費の節約。基本的に店舗は存在せずネット上での契約しかできないため、テナント料なども大幅にカットできます。

その分を月額料金を安くすることに充填しているため、サポートに関してはあまり期待しないほうが良いと感じています。

一度使ったことがありますが、やはり電話は繋がりにくいです。

月額料金割引キャンペーンをおすすめする理由

キャッシュバック金額自体は業界でも最高額に近いため、多くのメディアではこの特典を使った契約をおすすめしています。しかしながら、私はあまりおすすめしません。確かに前述したWiMAXのプロバイダ料金比較表を見ると、キャッシュバック特典ありの方が3年間トータル料金が安いです。

ただし、これはあくまでもキャッシュバックを受け取れた時の話。受け取れなかった時は単純にキャッシュバック分の金額がプラスになるので、結果的に損をしてしまう可能性も考慮に入れなければいけません

ですので、私は月額料金割引キャンペーンを絶対におすすめします。そこまで大きく料金に差があるわけでもないので、損をしない割引特典を選ぶのが無難かと思います。GMOとくとくBB WiMAX2+のキャッシュバック受け取りは11ヶ月後なので、忘れてしまう可能性も多いにあり得ますからね。

実際に私は過去に受け取りを忘れてしまいました…。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 利用者へインタビューして口コミは本当か聞いてみた

今回は、WiMAX歴4年、GMOとくとくBB WiMAX2+を1年半利用している「ヨシさん(仮名)」に、ネット上に書かれている評判や口コミについて、ヨシさんの考えを聞いていきます。率直な意見をお願いします。よろしくおねがいします!
ヨシ
よろしくおねがいします!と言ってもそこまで話すことはないかもしれませんが…できる限り嘘偽りなしで答えていきます(笑)
早速ですが、GMOとくとくBB WiMAX2+ってぶっちゃけどうなんですか?使ってみた率直な感想が聞きたいです。
ヨシ
いきなりですね!うーん…個人的には現状満足していますね。実はGMOとくとくBBと契約する前まで、Broad WiMAXやSo-netを使っていたんですけど、そっちよりは料金的にも満足しています。

ヨシさんはGMOとくとくBB WiMAX2+を3年契約しています。どうやら、更新月が来るまでは使い続けるようです。その前まで使っていたBroad WiMAXやSo-netに関しては、3年契約が終わる前に解約して乗り換えをしていると答えてくれました。

ヨシ
あと最初に言ってしまうと、GMOとくとくBBと契約するなら「月額料金割引キャンペーン」の方を選ぶのがおすすめですよ。これなら絶対に損をしないので!
なるほど!自分もそう思っています。では次から口コミ・評判の真偽について聞いていきたいと思います。

室内で電波が入りにくいのは本当か?

室内での電波の入りが悪い。外出中は満足していますが、肝心な自宅での電波が悪い。
酷いときは一本もゲージがない。ムラがありすぎます。

ヨシ
これに関してはWiMAXの電波の性質上仕方がないと思って割り切ってます。WiMAX回線ってちょっと特殊で、スマホのLTEと同じように考えて契約すると痛い目を見ます。

WiMAXは障害物に弱い「2,500MHz」の周波数が使われています。一方のドコモやau、ソフトバンクでは障害物に強い「800MHz」の電波を利用。そのため、WiMAXの電波は室内に入り込む前に一度遮蔽物にぶつかってしまうため、電波の強度が落ち、アンテナにムラが発生してしまいます。

WiMAX電波のイメージ

なので、WiMAXを室内で使うならば「窓際かつ少し高い位置に置く」と電波のキャッチが安定しやすいです。

キャッシュバック案内メールがわかりやすくなった

キャッシュバックメールがわかりやすくなり、タイトルも「とくとくBBからのお知らせ キャッシュバック特典について」になっており、振込先口座を送信すると「キャッシュバック特典 銀行振込受付のお知らせ」というタイトルで確認メールが届く。入力からキャッシュバックまで最短1ヶ月かかるのは遅いなとは思う。

ヨシ
昔は非常にわかりにくかったと聞いたことがあります。おそらく、あまりにも苦情が多くなったので分かりやすく変えたんでしょうね。

ただし、キャッシュバックの案内メールは契約してから11ヶ月後に届くので、それまで忘れないように「リマインドメール」などを使うことをおすすめします。

通信速度が遅いのは本当か?

接続速度が1~0mbpsでした。使っているほうがフリーズしそうです。スマホでのテザリングよりはるかに遅いです。

ヨシ
WiMAXの3日10GB制限を理解していない可能性があります。速度制限なしでこの速度はありえません。

GMOとくとくBBに限らず、WiMAXでは「3日で10GB以上の通信をした場合、翌日の18時~2時まで1Mbpsの速度制限がかかる」という制限があります。ネット上で速度が遅いと評価しているのは、おそらく多くの方が速度制限に気づいていない可能性が高いです。

サポートが悪いのは本当か?

問い合わせの電話はなかなかつながらないし、メールの返信は遅い。

ヨシ
ネット販売店の宿命ですね。キャリアスマホと同じように「お客さま対応」を期待すると、サポートが悪いと感じるのは仕方がありません。

基本的にスマホを始め、ネット上だけで何かを販売している場合、サポート対応はそこまで良くないというのがあります。その理由は、とことん人件費を削るためです。人件費削減でサポート対応できるオペレーターの数が限られているので、何人も同じ時間帯に電話を掛けると多くの時間待たされてしまいます。

月額料金を大幅に安くしているプロバイダはこういった傾向が強いです。料金を取るか、しっかりとしたサポートを取るかを天秤に掛けた時、どちらを選択するかは自分次第です。

GMOとくとくBB WiMAX2+の契約手順

これからGMOとくとくBBでWiMAXを契約する方は、次の手順に沿って契約することをおすすめします。

  1. 必須!自宅周辺の通信エリアチェック
  2. 2つのキャンペーンから片方を選ぶ
  3. ルーターは最新機種を選ぶ
  4. キャンペーンサイトから申し込みを行う
  5. 自宅に届いたら Wi-Fi設定を!
  6. 不要なオプションの解約を行う

1.通信エリアを確認する

WiMAX契約前に必ずチェックしてもらいたいのが、通信エリアの確認です。WiMAXはスマホのLTE回線ほど通信エリアが広いわけではないので、住んでいる地域によっては電波が入らず圏外の可能性もあります。

返品保証制度も基本的には圏外での返品は受け付けておらず、機器の不具合だったり初期不具合が対象となっています。なので、後から後悔しないように絶対に通信エリアに自宅が入っているかだけは確認しましょう。

確認方法は簡単。GMOとくとくBB WiMAX2+の公式ページにて住所検索で調べることができます。詳しいエリア確認方法は下記記事で紹介していますので、1度目を通してもらえればと思います。

WiMAX対応エリアの確認方法!範囲が狭いのは本当?【2019年6月】

自宅でWiMAXを使おうと思っているが、本当に電波は入るのだろうか、対応エリアの範囲内だろうかと心配になった経験はないでしょうか?しかし安心してください。WiMAXの対応エリアは簡単に調べることが可能 ...

続きを見る

2.キャンペーンを選ぶ

WiMAXの通信エリア圏内だった場合、次は月額割引とキャッシュバックキャンペーンどちらかを選びましょう。私のオススメは月額料金割引ですが、キャッシュバックもメリットはあります。

  • キャッシュバックがきちんと受け取れるとトータル料金がグッと安くなる
  • 最新端末での契約も高額キャッシュバックに対応している

どちらを選ぶかはあなた次第になりますが、後々損をしない方を選びましょう。

3.最新機種の中からモバイルWi-Fiルーターを選ぶ

契約するキャンペーンを選んだら、次はWiMAXを利用するためのモバイルWi-Fiルーターを選びます。この時、何種類かのルーターがあってどれを選ぶべきか悩むかもしれません。そんな時は、最新機種を選んでおけば間違いはないでしょう。

2019年3月時点での各シリーズの最新機種は次の通りです。

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi HOME L02

この中で「HOME L02」だけはホームルーターとなるので注意しましょう。ホームルーターは持ち歩きが出来ないタイプで、コンセントに接続して電力供給をしています。なので、コンセントが有る場所でないと使えないというデメリットがあります。

しかし、最大接続台数が30台以上となっているので、家族でWiMAXを利用する時はホームルーターを選んだほうが良いです。

持ち歩きができるNEXT W06とNEXT WX05は、最大接続台数が10台ちょっとなので、一人もしくは二人暮らしの時に使わないとあっという間に接続数の上限を突破してしまいます。接続台数の上限を突破すると速度がガクッと落ちる、Wi-Fiが切れるという症状が現れるので注意してください。

個人的なおすすめは「Speed Wi-Fi NEXT W06」。スリム&コンパクトで持ち歩きが非常にしやすいです。実際に利用してみたレビューもあるので参考にしてみてください。
評判はどう?Speed Wi-Fi NEXT W06を1週間使って感じたW05との違い

Speed Wi-Fi NEXT W06の購入と同時にWiMAXの契約を考えてはいないでしょうか。もしくは、機種変更でW06にしょうか迷っている方もいらっしゃると思います。私も使い心地や、通信速度は実 ...

続きを見る

4.キャンペーンサイトから申し込みをする

月額料金割引、およびキャッシュバックキャンペーンは専用のキャンペーンサイト経由から申し込みをしないと適用されません。以下にそれぞれのキャンペーンサイトへのページリンクを記載します。

GMOとくとくBBのキャンペーンを適用させるには、安心サポート/安心サポートワイド、Wi-Fiオプションの2つを必ず契約しなければなりません。どちらも最初の2ヶ月は無料ですが、それ以降は毎月料金が発生するので、できるだけ解除しておくことをおすすめします。

また、データ無制限で使えるギガ放題の他に、ライトプランの定額プランがあるかと思います。定額プランは月額7GBまでのデータ量しか通信ができないので絶対にオススメしません。契約するのでしたら必ず「ギガ放題」を選びましょう。

5. 自宅に届いたらWi-Fi設定をして利用する

自宅にWiMAXのルーターが届いたら、起動してWi-Fiの設定を行いましょう。Wi-Fi設定に必要な情報は、全てルーター上で確認できます。以下の例は、Speed Wi-Fi NEXT W06での操作となります。

モバイルWi-Fiルーターを起動して、「Wi-Fi接続設定」をタップ。

Wi-Fi接続設定では、4つの設定方法を選べます。スマホの設定をするのでしたら、QRコードの読み取りが最も楽です。パソコンでやる場合は、手動設定からSSIDとパスワードを表示させましょう。

手動設定を選ぶとSSIDとパスワードが表示されます。パソコンやスマホのWi-Fi設定メニューを開くとルーターのSSIDが表示されているはずなので、それを選んでパスワードを入力すれば設定完了になります。

これでWiMAXを使ってインターネットが楽しめるようになります。

6.不要なオプションは早めに解約しよう

ここまで全てクリアしたら、最後に契約時につけた不要なオプションを解約しましょう。オプションは初月無料ですが、翌月から課金が発生するのでその前に不要だと思うオプションは、BB navi(マイページ)から解約しましょう。

ログインして「サービス・オプションの削除・解除」から現在つけているオプションの確認、および解約ができます。

まとめ:損をしたくない人は月額料金割引キャンペーンを選ぶべし

以上、GMOとくとくBB WiMAX2+の特徴から、悪い口コミに対する利用者から見た真実などの紹介でした。今回の記事をまとめると次の通り。

  • キャッシュバックの受け取りを忘れると「悪い評価」に繋がりやすい
  • GMOとくとくBB自体は、WiMAXの中でも最安値級
  • これから契約する人はキャッシュバックのない月額料金割引キャンペーンがおすすめ!

GMOとくとくBB WiMAX2+の2つのキャンペーンは下記となります。私は月額料金割引特典をおすすめしますが、最終的に選ぶのはあなたの気持ち次第。最終的な損得を考えてどちらかのキャンペーンを選びましょう。

【2019年6月】おすすめWiMAXプロバイダ

月額料金 2,170円〜
3年間実質料金 122,660円
【参考】他社の3年間実質料金
Broad WiMAX 131,986円
JP WiMAX 134,100円
カシモWiMAX 129,068円

他社プロバイダと比較した場合最安値級となってくるのが、「GMOとくとくBB」となります。GMOとくとくBBではその他にキャッシュバックキャンペーンも行なっていますが、特典を受け取れなかったことを考慮に入れると月額料金割引キャンペーンを選ぶのが無難。

さらに今なら、月額料金の割引に加えて5,000円のキャッシュバックを受け取れるチャンス。もし受け取れた場合の3年間実質料金が「117,660円」となり、筆者の知りうる限りではほぼ最安値に近い金額になります

これからWiMAXを契約する方には、GMOとくとくBBをおすすめします。使用感のレビューやインタビュー記事も記事にしていますので、気になる方は一度チェックを!

-WiMAX
-GMOとくとくBB, WiMAX, 口コミ, 評判

Copyright© 爆速!ポケットWiFi部 , 2019 All Rights Reserved.