VPN

VPNでWiFiの利用が安全になる!テレワークにも必須のおすすめも紹介

VPN

テレワークやカフェで安全にWiFiを利用するには、VPNが欠かせません。

無料WiFi(公衆WiFi)には、セキュリティ上の問題があることが多いためですは。

そこでこの記事では、 WiFiが安全に利用できるVPNについて紹介します。

VPNのメリット・デメリット、実際の利用方法についても解説するのでぜひ参考にしてください。

VPNとは

VPNとは

VPNと聞いて、よく知っている方というのは少ないはずです。
VPNとは、「Virtual Private Network」のことで、仮想専用ネットワークと訳せます。

VPNはインターネット上に仮想の専用機を設けて、安全な情報のやり取りを可能にします。

無料WiFiが増えてきたことにより、これまで以上に注目されるようになってきたのです。

VPNはどんなときに使うの?

VPNの使い方

VPNはいったいどのような時に使うのでしょうか。

VPNは無料WiFiにつなげるだけでなく、社外から社内や他社への接続にも使うことがあります

むしろ本来の目的は後者の方です。

無料WiFiにつなげる場合

VPNは、無料WiFiを利用する際に使われます
無料WiFiとは誰でも簡単につなげられるWiFiです。

無料WiFiがあると、大変便利なので、すぐに利用したくなりますよね。

とくにちょっと喫茶店で仕事をしたいとなった場合に、無料WiFiが利用できるのは大変嬉しい限りです。

外国人観光客にとっても、無料でWiFiが利用できるのは大変便利なサービスですし、グローバルスタンダードだともいえます。

しかし、そこには情報漏洩の危険性もあるのです。

そこでVPNで接続する人がいるわけです。

社外から社内のネットワークにアクセスする場合

VPNを使えば、社外から社内のネットワークにアクセスすることが可能です。

大きな設備も入りませんし、簡単に外部から操作ができます

そのためIT系の会社などではVPNを使って作業することがあります。

VPNの種類は?

VPNの種類

VPNには次の4つの種類があります。
この4つの種類は、とくに採用されることが多いVPNの代表になります。

・IPsec

「IP Security Architecture」の略で、通信を暗号化する仕組みのことです。

通信内容を傍受したとしても、暗号化されているため解読が難しいというものです。

・L2TP/IPsec

「L2TP over IPsec VPN」のことで、L2TPはトンネリングプロトコルになります。

L2TPはネットワーク上に保護されたトンネルを作って、そこを通して通信をおこなうというやり方です。

その仕組みだけでは通信が保護されるわけではありませんので、通信を暗号化するIPsecと組み合わせた形で使われます

・PPTP

PPTPも通信方式の1つで、Microsoft社によって開発されました。
そのためウィンドウズを利用する際には、障害が起きにくいといえます。

・SSL-VPN

SSLを使ったVPN方式のことです。

SSLという言葉は聞いたことがありませんか?
一般的にウェブサイトで用いられる暗号技術です。

専用のソフトも必要なく、ウェブブラウザさえあれば手軽に通信可能です。

VPNを利用するメリットは?

VPNのメリット

今まで何度か述べてきていることに加え、VPNには利用するメリットが3つあります。
ここではその3つのメリットについて説明します。

1.安全な通信環境を構築できる

VPNは暗号化通信になるため、安全に通信をおこなえます
第三者にIPアドレスが知られることもありません

2.距離に関係なく同一のネットワークを形成できる

VPNは、距離に関係なく疑似的なLANを作れるため、外部からでも同一のネットワークに入れます

よくIT系では、依頼された企業のネットワークに外部から入って操作することもあります。
その際にVPNが使えるとかなり便利です。

実際に私も仕事で使ったことがありますが、費用もかからず、依頼する企業も依頼される企業にもメリットが大きい方法です。

3.専用機を使うよりもコストがかからない

もしVPNが使えないとなれば、専用機を使って外部とつなげる必要があります

専用機を使うことになれば、それだけ費用はかかります。

もちろん専用機を使えば、その分セキュリティー面に関してはさらに向上するわけですが、費用対効果を考えると、VPNで十分という場合も多いです。

VPNを利用するデメリットは?

VPNのデメリット

ではVPNを利用する際にデメリットは無いのでしょうか。
ここではVPNを利用する際のデメリットについて4つ説明します。

1.セキュリティ面が完ぺきではない

VPNはセキュリティー上、安全性が高いと説明しました。

しかしセキュリティーが完璧になるわけではありません

外部から侵入される可能性は認識しておいた方がよいでしょう。

2.VPNのサポートは期待できない

VPNを利用して、セキュリティー上の問題があったとしても、サポートは期待できないと思っておいた方がよいです。

何かあった場合も自己責任であるという理解は必要です。

3.通信速度が遅い

VPNを利用してみると、通信速度が遅いというのがわかります。
暗号化も使っているため、通信速度が遅くなるわけです。

こればかりは仕方がないことでしょう。

4.バッテリーの消耗が激しい

スマホでVPNを使う場合、バッテリーの消耗が速くなります

暗号化などをしなければならないわけですから、その分バッテリーを消耗するというわけです。

バッテリーの減りが激しいというのは、外で仕事をする人にとってはデメリットですよね。

無料WiFiを利用する際になぜVPNが必要なのか

VPNの目的

VPNは安全性も高く、コストもかからずに導入できる方法ですが、無料WiFiを使う際にもオススメです。

ではなぜ無料WiFiにつなげる際にVPNが必要なのでしょうか

無料WiFiはセキュリティ上のリスクがある

無料WiFiは、セキュリティー上のリスクが存在しています。

誰でも繋げられるわけですから、外部から情報を取られる可能性はあります。

また無料WiFiを偽り、犯罪者が情報を盗み取ろうとしている可能性もあります。

無料WiFiにつなげていると、デバイスとアクセスポイントの内容がすべてわかってしまいます。

このように便利な無料WiFiもそのまま接続するのにはリスクがあるのです。

VPNはセキュリティを向上する

VPNは暗号化通信であると述べてきました。

無料WiFiに繋いでいても、暗号化された情報であれば解読される可能性が低くなりますよね。

そのためVPNで無料WiFiに繋げれば、安全性が増すと言われているわけです。

もちろん完ぺきではありませんが、無料WiFiに何の対策もしないで繋げるよりは間違いなく安全です。

そこでVPNを使って、無料WiFiにつなぐ人が多いわけです。

無料WiFiでVPNはどうやったら使える?

VPNの使い方

ではいったいどのようにすれば無料WiFiでVPNを使えるのでしょうか

ここではVPNを利用する3つの方法について紹介します。

1.VPNアプリ

VPNアプリアプリをインストールして登録するだけで利用できます。

かなり簡単に設定できますし、特定の端末だけで利用するのであれば大変便利です。

月額利用料もそれほど高くありません

オススメのVPNアプリは?

VPNには評判のよいアプリがいくつかありますが、ここでは2つ紹介します。

■ノートン セキュア VPN

ノートンという会社をご存知でしょうか?

ウィルスソフトを販売しているので、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そのノートがVPNアプリを販売しています。

料金はダウンロード1年版、1台のみに入れるのであれば、2,990円(税抜)、3台にダウンロードする場合は3,490円(税抜)で購入できます。

そもそもがセキュリティーソフトで有名な会社ですので、安心して購入できるというメリットもあるでしょう。

ノートン セキュア VPN : スマホセキュリティ

ノートン セキュア VPN : スマホセキュリティ

NortonLifeLock, Inc.無料posted withアプリーチ

■WiFi セキュリティ Hotspot Shield

ホットスポットシールドというサービスもあります。

こちらは世界中で利用されており、評価も高いソフトです。

無料でも利用できますが、有料版の方が5台までダウンロードでき、日本語サポートが受けられるのでお得です。

さらに海外でも使えます

ダウンロード1年版で2,980円とかなり安く利用できるのも魅力ですね。

HotspotShield VPN & Wifi Proxy

HotspotShield VPN & Wifi Proxy

AnchorFree Inc.無料posted withアプリーチ

無料のアプリもあるが…

VPNのアプリには無料版もたくさん出されています。

もちろん中にはよいものもあるわけですが、かなり危険な無料アプリもあるのです。

そうした見極めは、初心者には難しいと思います。

有料版が必ずしもよいというわけではありませんが、ここで挙げた2つのどちらかを選んでおけば間違いありません。

無料版で反対に情報流出してしまっては大変です。

ぜひ有料版で試してみてください

2.VPNサービス

VPNには、オンライン上で利用できるVPNサービスがあります

その代表的なものがVPN Gateです。

こちらは筑波大学が運用しているものなので、無料で提供されています。

ただし実験的に始まったものなので、サービスが終了する可能性はあると考えておいた方がよいでしょう。

3.VPNがついているルーター

VPNが付いている無線LANルーターもあります。

こちらは有料で利用することになります。

モバイルWiFiルーターの中には、VPNが付いているところも多いようです。

WiFiが安心して利用できるVPNサービス4選

WiFiが安心して利用できるVPNについて分かったところで、具体的におすすめのVPNサービスを4つ紹介します。

NordVPN

NordVPN

料金1ヶ月プラン月額1,315円
(1ドル110円の場合)
1年プラン月額769円
(1ドル110円の場合)
3年プラン月額384円
(1ドル110円の場合)
初期費用無料
対応デバイス台数1アカウントにつき最大6台
利用可能なOS・ブラウザWindows
macOS
Linux
Android
iOSなど

ココがおすすめ!

  • VPN最速で安定接続
  • 1アカウントで6台まで接続可能
  • 選べるプランが豊富

NordVPNは、59ヵ国で提供される実に5,600台以上の中から利用できるサーバーが選べます。

VPNはサーバーの数が多いほど、負担が減るため速度が速くなります。そのため、NordVPNは数あるVPN中でも最速級を誇るのです。

また、NordVPNの1アカウントで最大6台のデバイス接続が可能。同時に複数のデバイスの利用ができます。

さらに1ヶ月~3年プランまで豊富に揃っているので、自分の利用環境に合わせた選択が可能です。

これまで無料WiFiなどのセキュリティに不安があった方にはとくにオススメします。

NordVPNの公式サイトへ

月餅VPN

月餅VPN

料金
1ヶ月プラン月額1,000円
3ヶ月プラン月額900円
半年プラン月額850円
通年プラン月額800円
初期費用無料
対応デバイス台数1アカウントにつき最大3台
利用可能なOS・ブラウザWindows
macOS
Linux
Android
iOS

ココがおすすめ!

  • 7日間の無料体験ができる
  • 速度制限・帯域制限がない
  • 24時間即時アカウント発行

月餅VPNはインターネットの規制が厳しい中国やベトナム、イランでも日本や海外のWEBコンテンツが見られるサービスです。

海外への出張や旅行先から日本IPも安心して利用できます。

月餅VPNは登録前に7日間の無料体験が可能です。そのため、VPNを使ったことがない方にもおススメできます。

1アカウントにつき3台まで同時に接続できるので、家族や友人とシェアして使うえるのも嬉しいポイントです。

どこにいても安心してWiFiを利用できる頼もしいサービスです。

月餅VPNの公式サイトへ

セカイVPN

セカイVPN

月額料金1,000円
初期費用無料
対応デバイス台数1アカウントにつき最大3台
利用可能なOS・ブラウザWindows
macOS
iOS(iPhone、iPad)
Android

ココがおすすめ!

  • 最大2ヶ月無料で利用が可能
  • 契約期間の縛り・違約金なし
  • わずか3分で利用が可能

セカイVPNはその名前のとおり、世界各国に設置されたVPNサーバーへの接続が可能。各国のIPアドレスでネットへのアクセスが可能なIP共有型のVPNサービスです。

セカイVPNのサーバーが設置されているのは、日本、アメリカ、ドイツ、台湾、韓国の5ヵ国。パソコンやスマホから自由に接続ができます。

さらにセカイVPNは、最大2ヶ月の無料体験プランがあります。契約期間の縛りや違約金などがないため、その2ヶ月間でやめても費用は一切かかりません。

WiFiのセキュリティに不安のある方は、ぜひ利用してみてください。

セカイVPNの公式サイトへ

アバスト セキュアラインVPN

アバスントVPN

料金1年プランデバイス1台
月額407円
デバイス最大5台
月額515円
2年プランデバイス1台
月額308円
デバイス最大5台
月額408円
3年プランデバイス1台
月額308円
デバイス最大5台
月額408円
初期費用無料
利用可能なOS・ブラウザWindows
Mac
iOS
Android
Android TV

ココがおすすめ!

  • 7日間の無料トライアルで安心
  • 30日間の返金保証あり
  • デバイス数でプランが選べる

セキュアラインVPNを提供しているのは、世界最大規模のネットワークセキュリティ会社のひとつです。

セキュアラインVPNを利用すれば、IPアドレスを隠してアバストのアドレスでサイトへのアクセスが可能になります。

そのため、Wifiやネットワークの安全性を確保できるのです。

また、ストリーミングやゲームにも対応、さらに閲覧したウェブサイトや使用したアプリの履歴を残さないシステムになっています。

セキュアラインVPNなら、どの日本全国の無料WiFiも安心して利用ができるのです。

セキュアラインVPNの公式へ

無料WiFiはVPNを使って接続

これまでセキュリティに不安を抱えながらWiFiを使っていた方、または何も考えずにWiFiを使っていた方も多いでしょう。

無料のWiFiなどは非常に便利ですが、やはりリスクも大きいです。

とくに仕事の情報や個人情報を扱うときには注意が必要になります。

VPNを利用すれば、大切な情報が盗まれる危険性が劇的に軽減できます。

ここで紹介したVPNはとても優れたサービスなので、ぜひ活用してみてください。

-VPN
-VPN, WiFiセキュリティ

Copyright© 爆速WiFi道場 , 2020 All Rights Reserved.