あなたにぴったりのポケットWiFiを教えます

爆速!ポケットWiFi部

モバイルWiFiルーター

Speed Wi-Fi NEXT W06の評価は?WX05とスペック・価格を徹底比較

更新日:

2019年2月7日から、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンが強化されました!月額料金を今まで通り割引する他、5,000円のキャッシュバックが提供されます。キャッシュバックを受け取ることにより、3年間のトータル料金が120,660円と間違いなくWiMAX業界最安値級となりました。期間限定なので、お早めに!

GMO とくとくBB公式(月額料金大幅割引)

「これからWiMAXを契約しようと思っているが、機種がいろいろあってどれを選べば良いのかわからない」。「乗り換えや機種変更でSpeed Wi-Fi NEXT W06を選ぼうか迷っている」。このようなお悩みはお持ちでないでしょうか。

そこで本記事では、Speed Wi-Fi NEXT W06をレビューした評価や、ライバル機種であるSpeed Wi-Fi NEXT WX05との比較を行っています。モバイルWiFiルーター選びに参考になりましたら幸いです。

Speed Wi-Fi NEXT W06の特徴・スペック

製造メーカー HUAWEI
名称 Speed Wi-Fi NEXT W06
下り速度 【ハイスピードモード(WiMAX2+)】
下り最大558Mbps【ハイスピードプラスエリアモード(LTE)】
下り最大1.2Gbps
上り速度 【ハイスピードモード(WiMAX2+)】
上り最大30Mbps【ハイスピードプラスエリアモード(LTE)】
上り最大75Mbps
連続通信時間 【ハイスピードモード(WiMAX2+)】
ハイパフォーマンス:約7時間10分
スマート:約9時間
バッテリーセーブ:約11時間40分【ハイスピードプラスエリアモード(LTE)】
ハイパフォーマンス:約5時間
ノーマル:約6時間40分
バッテリーセーブ:約10時間
バッテリー 3,000mAh
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
対応ネットワーク WiMAX2+
au 4G LTE
同時接続台数 最大16台
寸法 約128×64×11.9mm
重さ 約125g

特徴1:ギガビット超え!下り最大1.2Gbpsに対応

WiMAXのモバイルWiFiルーターで初めて下り速度の理論値がギガ超えを果たしました。ただし、あくまでも理論値。実際に使うと絶対に1.2GB近い速度はでないことは念頭に置いておきましょう。

1.2Gbpsの高速通信をするには、テザリング方法を一般的なものではなくUSBケーブルを利用しなければならない、そしてハイスピードプラスエリアモード、ハイパフォーマンスモード、および4×4MIMOの設定をオンにする条件をすべてクリアする必要があるので、かなりハードルは高いです。

そもそもWiMAX2+回線を使っている人で、ハイスピードプラスエリアモードを利用する人はほとんど居ないでしょう。7GBで通信制限にかかってしまうので使うシーンも緊急時以外にないと思います。

特徴2:受信感度が20%アップするハイモードアンテナ搭載

Speed Wi-Fi NEXT W06には、高性能のハイモードアンテナが搭載されました。このアンテナが搭載されたことにより、アンテナ感度が約20%向上し、室内で繋がりにくかった部屋でも電波をキャッチしやすくなりました。

さらに、スマホやパソコンのWi-Fi子機の位置をキャッチして、その位置まで電波を届けるTXビームフォーミング機能も搭載しています。今まで通信が安定しなかった部屋でも、Wi-Fiが途切れることなくインターネットを利用することができます。

特徴3:3つのパフォーマンスモード

Speed Wi-Fi NEXT W06には、バッテリーの状態や通信速度の状態を変更するためのモードが3つ用意されています。

モード 通信速度 バッテリー消費
ハイパフォーマンス
スマート
バッテリーセーブ

それぞれのモードの通信速度とバッテリー消費の状態を表にしたのが上記です。ハイパフォーマンスモードは通信速度が向上する代わりにバッテリー消費が激しくなるモード、スマートは最も通信速度とバッテリー消費のバランスが良いモードで、初期設定ではこのモードが設定されています。

バッテリー消費モードは通信速度の最大値を抑え、バッテリーの消耗を少なくするエコモードです。出先でWiMAXを利用する際は、バッテリー消費モードを利用する方が電池も長持ちして長時間持ち歩くことが可能です。

基本的には家の中ならハイパフォーマンス、特にこだわりがないなら初期設定のスマートモード、出先で使うならバッテリーセーブモードが良いと思います。

特徴4:専用アプリでスマホから操作

Speed Wi-Fi NEXT W06の操作は、端末上の他スマホ専用アプリからの操作も可能です。「HUAWEI HiLink」と呼ばれるアプリをインストールすると、Speed Wi-Fi NEXT W06の状態の確認、パフォーマンスモードの変更ができます。

違いはどこ?W06とWX05を徹底比較

製造メーカー HUAWEI NEC
名称 Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT WX05
発売日 2019年1月24日 2018年11月8日
下り速度 【ハイスピードモード(WiMAX2+)】
下り最大558Mbps【ハイスピードプラスエリアモード(LTE)】
下り最大1.2Gbps
最大440Mbps
上り速度 【ハイスピードモード(WiMAX2+)】
上り最大30Mbps【ハイスピードプラスエリアモード(LTE)】
上り最大75Mbps
最大75Mbps
連続通信時間 【ハイスピードモード(WiMAX2+)】
ハイパフォーマンス:約7時間10分
スマート:約9時間
バッテリーセーブ:約11時間40分【ハイスピードプラスエリアモード(LTE)】
ハイパフォーマンス:約5時間
ノーマル:約6時間40分
バッテリーセーブ:約10時間
【ハイスピードモード】
おまかせ一括:約8.1時間
スタンダード:約11.5時間
バッテリーセーブ:約14時間
エコモード:約18時間【ハイスピードプラスエリアモード】
おまかせ一括:約8時間
スタンダード:約10.5時間
バッテリーセーブ:約13.3時間
エコモード:約16.8時間【連続待ち受け】
休止状態:約700時間
ウェイティング時:50時間
バッテリー 3,000mAh
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11ac/11n/11a (5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b (2.4GHz帯)
対応ネットワーク WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
重さ 約125g 約128g

Speed Wi-Fi NEXT W06とSpeed Wi-Fi NEXT WX05のスペックは上記表になります。製造メーカーがHUAWEIとNECで違うため、スペックや機能面で異なる場所が多いです。

基本性能の優劣

  • 通信速度の理論値:Speed Wi-Fi NEXT W06
  • バッテリー持ち:Speed Wi-Fi NEXT WX05

それぞれの違いを見ていく際、必ず比較すべきなのが通信速度とバッテリー持ちです。この2つを比較した場合、通信速度の理論値ならSpeed Wi-Fi NEXT W06、バッテリー持ちならSpeed Wi-Fi NEXT WX05に軍配が上がります。

通信速度に関してはあくまでも理論値なので、実際に計測をするとどっちのモバイルWiFiルーターを使っても大きな差は生まれません。ですが、スペック表を見た時、バッテリー性能に大きな違いがあるのがわかります。

バッテリーを長持ちさせるなら、断然Speed Wi-Fi NEXT WX05です。特にエコモードとバッテリーセーブモードを比較すると、約6時間20分もバッテリー持ちの差が開きます。

機能面の大きな違い

次の箇所がそれぞれのメイン機能となります。

  • Speed Wi-Fi NEXT W06:ハイモードアンテナ
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05:2.4GHz帯のWi-Fi使用状況を確認して変更できる

Speed Wi-Fi NEXT W06に搭載されたハイモードアンテナは一見すると独自機能と思われますが、実はSpeed Wi-Fi NEXT WX05にも似たような機能があります。その機能が「WiMAXハイパワー」。WiMAXハイパワーとは、WiMAXの送信出力を上げることができる機能です。電波強度が強い所では恩恵が殆どありませんが、逆に弱い所だとWX05より前の機種より通信速度が改善されるようになりました。

一方の2.4GHzのWi-Fi使用状況をビジュアルで確認できる機能は、Speed Wi-Fi NEXT WX05にしか搭載されていません。

Wi-Fiには「チャネル」と呼ばれる周波数帯があり、同じチャネルを複数人が使うと通信速度が低下するというデメリットがあります。そのチャネルの使用状況をグラフでチェックできる機能がSpeed Wi-Fi NEXT WX05に追加。これにより、空いているチャネルを自分で選ぶことができるので、接続人数による速度低下を逃れることができるようになりました。

特殊な機能面では、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」が圧倒的有利かと感じます。

バッテリー持ちと通信速度どっちで選ぶか

最終的にどっちかを選ぶことになりますが、次の面で決めるのがおすすめです。

  • 通信速度重視:Speed Wi-Fi NEXT W06
  • バッテリー持ち重視:Speed Wi-Fi NEXT WX05

機能面も考慮するならSpeed Wi-Fi NEXT WX05が若干有利かと思います。ただ、最も新しい機種が欲しいのでしたらSpeed Wi-Fi NEXT W06がおすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06の評価

ここまでSpeed Wi-Fi NEXT W06のスペックなどを見てきました。他の機種等と比較した結果、次のように評価できます。

  • 通信速度:
  • バッテリー性能:
  • 独自機能:
  • 総合評価:

前機種のW05と比較して通信速度やバッテリー性能が若干向上しました。また、最大接続可能台数も10台から16台にグレードアップし、確実に使いやすくなったのは間違いありません。今から購入するのでしたら断然Speed Wi-Fi NEXT W06ですが、Speed Wi-Fi NEXT WX05の方が個人的にはおすすめできます。

Speed Wi-Fi NEXT W06を0円で手に入れる方法

Speed Wi-Fi NEXT W06の価格ですが、機種を購入するとなると7,000円程度になります。ですが、WiMAXと一緒に購入するとSpeed Wi-Fi NEXT W06を価格0円で手に入れられることも。WiMAXを提供しているプロバイダによっては機種代金がかかりますが、筆者が利用しているGMOとくとくBBではSpeed Wi-Fi NEXT W06を無料で手に入れることができます

GMOとくとくBBのおすすめポイント

W06のキャッシュバックにも対応している

GMOとくとくBBではキャッシュバックキャンペーンを行っており、W06を契約した際のキャッシュバックにも対応しています。2019年1月時点でのW06のキャッシュバック金額は次の通り。

  • データ端末のみ:34,900円

高額キャッシュバックを見込めるので、もしW06狙いで契約するのでしたら最高値のGMOとくとくBBがおすすめです。

月額割引キャンペーンを選択できる

キャッシュバックキャンペーンによる特典の受け取りに失敗しそうと感じている方は、GMOとくとくBBが用意している月額割引キャンペーンを選択するのをおすすめします。

当然ながら、月額料金割引を適用するとキャッシュバックキャンペーン適用時の月額料金よりも安くなります。その分キャッシュバックを受け取れた時はトータル料金で1~2万円程差が開きますが、確実に受け取れるかわからない特典よりも、安心感はあります。

トータル料金が安い

GMOとくとくBBは、月額料金も安いですがトータル料金の面で見ても間違いなくトップクラスに安いです。それぞれ、W06が販売されているプロバイダと比較したときのトータル料金が下記となります。

キャッシュバックありのプロバイダは現在GMOとくとくBBのみ

プロバイダ名 3年トータル料金 キャッシュバックあり
トータル料金
最大キャッシュバック金額
GMO とくとくBB 155,160円 120,260円 34,900円

月額料金割引のプロバイダと比較

3年 契約期間
Broad WiMAX 131,626円 3年
GMO とくとくBB 118,180円 3年
So-net WiMAX 124,680円 3年

W06に対応したキャッシュバックありのプロバイダは、現在GMOとくとくBBなので選択肢は一つしかありません。月額料金割引を実施しているプロバイダは3つありますが、その中で最もトータル料金で安いのが「GMOとくとくBB」です。

キャッシュバックあり/なし、どっちを選択してもGMOとくとくBBが最もお得なのは変わりありません。

まとめ

ここまで、Speed Wi-Fi NEXT W06のスペックや価格、WX05との比較を徹底的に行なってきました。

記事のまとめ

  • 前機種のW05からスペック自体はやや向上している
  • WX05とW06を比較すると、若干Speed Wi-Fi NEXT WX05に軍配
  • 端末を無料で手に入れるなら「GMOとくとくBB」がプロバイダの中で最安値級

【2019年6月】おすすめWiMAXプロバイダ

月額料金 2,170円〜
3年間実質料金 122,660円
【参考】他社の3年間実質料金
Broad WiMAX 131,986円
JP WiMAX 134,100円
カシモWiMAX 129,068円

他社プロバイダと比較した場合最安値級となってくるのが、「GMOとくとくBB」となります。GMOとくとくBBではその他にキャッシュバックキャンペーンも行なっていますが、特典を受け取れなかったことを考慮に入れると月額料金割引キャンペーンを選ぶのが無難。

さらに今なら、月額料金の割引に加えて5,000円のキャッシュバックを受け取れるチャンス。もし受け取れた場合の3年間実質料金が「117,660円」となり、筆者の知りうる限りではほぼ最安値に近い金額になります

これからWiMAXを契約する方には、GMOとくとくBBをおすすめします。使用感のレビューやインタビュー記事も記事にしていますので、気になる方は一度チェックを!

-モバイルWiFiルーター
-Speed Wi-Fi NEXT W06, スペック, レビュー

Copyright© 爆速!ポケットWiFi部 , 2019 All Rights Reserved.