あなたにぴったりのポケットWiFiを教えます

爆速!ポケットWiFi部

ポケットWiFi

SPACE WiFiの評判・口コミ・レビュー!民泊WiFi最高峰の利便性

更新日:

2019年2月7日から、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンが強化されました!月額料金を今まで通り割引する他、5,000円のキャッシュバックが提供されます。キャッシュバックを受け取ることにより、3年間のトータル料金が120,660円と間違いなくWiMAX業界最安値級となりました。期間限定なので、お早めに!

GMO とくとくBB公式(月額料金大幅割引)

昨今、民泊用のポケットWiFiサービスが増えてきています。

その中で私が「これは良い!」と思って契約したのが、民泊を運営していない個人でも使える「SPACE WiFi(スペースワイファイ)」。

そこで本記事では、SPACE WiFi(スペースワイファイ)の評判・口コミ、使用レビューをご紹介しています。

結論:SPACE WiFiの契約は大成功

2018年6月末にFUJI WiFiを解約した後、すぐにSPACE WiFiを契約しました。特に不満があったわけではないですが、WiMAX回線を使いたかったことや、SPACE WiFiの「最安値保証」という言葉に釣られて乗り換えをしました。

結果としては、SPACE WiFiに乗り換えをして大成功

通信速度も問題なく動画も快適に視聴でき、外でも家でも電波がしっかり入るので個人的には満足しています。やはり手数料が一切かからないことと、民泊WiFiでは最安値を保証するという安心感があり、これから人気が出てくると予想しています

一時期、SPACE WiFiではレンタル端末が不足してしまったこともあるので、今の段階で気になっている方は早めに契約することをおすすめします。

どうせ1ヶ月使って満足できなくても違約金なしで解約できるので、ポケットWiFiのお試しという感覚で契約しても問題ないかと思います。

発送遅延中

現在スペースワイファイの申し込みがかなり増えており、通常は翌日発送のところ、3日~7日の時間がかかっています。端末も少なくなってきているようなので、申し込みするなら早めを推奨します。

SPACE WiFi公式へ

SPACE WiFi(スペースワイファイ)とは

SPACE WiFi(スペースワイファイ)とは、民泊WiFiの一つです。端末を購入して契約するタイプではなく、端末をレンタルして利用するタイプのポケットWiFiです。

「民泊WiFi」と聞くと、「民泊を運営しているオーナーさん専用のポケットWiFi?」と思ってしまうのですが、個人は契約できるんですか?
最初はそんな感じでしたが、現在は個人でも契約できるようになっているので心配いりません。

そんなSPACE WiFiには料金プランや、メリット・デメリットにについてご紹介していきます。

SPACE WiFiのメリット・デメリット

SPACE WiFiの料金や仕様を、似たようなポケットWiFiと比較したのが下記表になります。

ポケットWiFiの月額レンタルを行っているSAKURA WiFiや民泊WiFi Famifiと比べても月額料金や1年間トータルの料金が最安値ということがわかります。

これらを踏まえた上で、SPACE WiFiにはどのようなメリット、デメリットがあるのかをご説明していきます。

メリット

手数料一切なし!支払いは月額料金のみでOK

SPACE WiFi最大のメリットは、「初期手数料、および違約金なし」であることです。

色々なレンタルポケットWiFiが存在しますが、月額料金制度でサービスを提供している中で手数料が一切かからないのはSPACE WiFiのみです。

違約金がかからないのでいつでも解約できますし、契約時の事務手数料もかからない。それでいて月額料金は民泊WiFiの中で、「最安値保証」を打ち出している、非のつけようがない、隙きのないポケットWiFiとなっています。

月額料金3,480円!最安値保証つき

2つ目の大きなメリットは、「月額3,480円の、民泊WiFi最安値級」であることです。

SPACE WiFi公式ページにも書かれている通り、民泊WiFiの中では常に最安値を目指しているため「最安値保証」を謳っています。

初期手数料が一切かからない上、月額料金まで最安値。1年間の利用を仮定してもトータルで45,100円(税込)と、ここまで格安で使えるポケットWiFiはほぼありません。

WiMAX/ソフトバンク回線を用意

SPACE WiFiには、ソフトバンク回線の他にWiMAX2+回線のポケットWiFiが用意されています。

普通のレンタルポケットWiFiならばソフトバンクやワイモバイルが主流ですが、通信速度が速いWiMAX2+回線が利用できるのは嬉しい限りです。

WiMAXで利用できる端末も、「Speed Wi-Fi NEXT W04」と、2017年に発売された機種なので、比較的新しいのも大きなポイント。

古い端末はポケットWi-Fiの速度が遅い原因にも繋がるので、新し目の機種を使えるのは非常に大きなメリットになります。

ちなみにソフトバンク回線の端末は「Mobile Wi-Fi E5383s」となります。

口座振替に対応

SPACE WiFiでは、クレジットカード払いの他に口座振替にも対応しているのが大きなメリットです。

色々なレンタルポケットWiFiを借りてきましたが、今まで使ってきた中で口座振替対応していたのはSPACE WiFiのみです。クレジットカードがないお客様でも利用してもらいたいという心意気を感じます。

なお、口座振替の場合は当月27日に引き落としがされます。特に手数料がかかる表記はないですが、通常口座振替では200円ほどの料金が発生するので、念の為手数料がかかることも考慮に入れて支払い方法を選ぶのが無難です。

デメリット

届くまで回線の種類がわからない

SPACE WiFiではWiMAXの他にソフトバンク回線も用意していますが、手元にモバイルWiFiルーターが届くまではどっちが送られてくるかわからないデメリットがあります。

もしかしたら自分の住んでいる地域はWiMAXに対応していない可能性もあります。

そういった不安がある場合は、申込み後にサポートセンター宛に相談することをおすすめします。SPACE WiFiでは電波状況等の理由で送ってほしい端末に希望がある場合、サポートセンターかフリーダイヤルにて受付をしています。

ただし、電波状況以外の理由では受け付けてくれませんでした。(メールで確認済み)

3日/10GBや1日/3GBの速度制限がある

それぞれのポケットWiFiは月間データ通信無制限で使えますが、1日あたりや3日あたりの制限があります。

速度制限の基準

  • WiMAX:3日/10GB以上で18時~24時まで制限
  • ソフトバンク:1日/3GB以上で当日制限

結構速度制限自体は緩いので、ヘビーユーザー以外でしたらデメリットにはならないと思います。

1ヶ月以上の利用が必須

SPACE WiFiでは、1ヶ月の利用が最低条件として決まっています。

1週間程使いたい場合は若干損をしてしまうかもしれませんが、1ヶ月使えば違約金なしで解約でき、支払いも月額料金だけとなるので大きなデメリットにはなりません。

やはり、初期手数料や端末代金、保証料や違約金が一切発生しないメリットが大きすぎます。

SPACE WiFiはデメリットを打ち消す施策も取られており、メリットのほうが大きい印象を受けますね。

SPACE WiFi 実機を用いたレビュー/速度

人気がありすぎて申し込みをしてから1週間ほど待ちましたが、発送連絡を受けて翌日に受け取ることが出来ました。配送は佐川急便です。

手元に届くまでソフトバンク回線とWiMAX回線どっちが届くかわからないドキドキ感がありました。そして、今回届いたのはSpeed Wi-Fi W04。つまり、WiMAX回線のポケットWiFiとなります。多分大当たり!

契約の案内、およびエアパッキンにモバイルWiFiルーターや充電ケーブルが包まれていました。

エアパッキンを開封し、モバイルWiFiルーターとご対面。レンタル品なので、おそらく他の人も使ったことがあるのでしょう。ACアダプタが若干曲がっていました…。まあこの程度なら許容範囲です。

問題は使い勝手や通信速度です。

WiMAXの速度はやっぱり速い!

早速W04に電源を入れてiPhone XとWiFi接続し、通信速度を測定してみました。

下り速度:51.2Mbps、上り速度:6.36Mbps」の数値を記録。PINGも50ms以下なのでFPS以外のオンラインゲームも問題なく出来るレベルです。

正直SPACE WiFiは人気があるレンタルポケットWiFiなので、一人あたりの通信帯域も制限されているのかなと思っていましたが、良い意味で裏切られました。

ソフトバンク回線はこのくらいの速度がでるか微妙ですが、WiMAXルーターが手元に届くと爆速なのがわかりました。通信性能もかなり良いので、SPACE WiFiは非常におすすめできます。

SPACE WiFiの評判・口コミ

5ch(旧2ch)での評判・口コミ

繋がるか心配マン
ソフトバンク回線のルーターは微妙?でもWiMAXは室内で電波が弱い事もあるから…。
それに対するレス
問題なく使えている。ちな契約して3ヶ月。

WiMAXもきちんとエリア対応している地域でしたら、窓際に置いたりすると比較的問題なく繋がります。

また、ソフトバンク回線なら室内でも全く問題ありません。むしろauやWiMAXより室内では電波が強く繋がりやすいので使いやすいことも。

 

制限心配マン
SPACE WiFiは安いけど制限もあるし微妙…?
それに対するレス
ヘビーユーザー出ない限り問題ない。半年以上使ってるけど動画は問題なく再生できてるし、もし満足できないなら1ヶ月だけ使えばいい。ダメでも3,480円で済むし。

たしかに速度制限の容量が決まっていますが、他のポケットWiFiでも制限はほぼあるので、コレに関してはスッパリ諦めるのが無難です。

レスにもあるとおり、もし満足できなければ1ヶ月で解約すれば良いです。なぜなら、違約金や初期手数料が一切かからず3,480円の月額料金の支払いだけで良いからです。

Twitterでの評判・口コミ

ソフトバンク回線が多め

Twitterなどの評判や口コミを探していると、ソフトバンク回線のモバイルWiFiルーターが届いた人が多いです。ですが、肝心の通信速度も問題なく使えており満足気味な評価が多く見られました。

ただ、1日3GB制限だけがちょっとだけ残念との口コミも。

SPACE WiFiの評判はネット上でも上々です。残念なことがあるとすれば、端末や回線を選べないことだけです。しかし、月額料金が民泊WiFiで最安値、手数料が一切かからない件を考慮すると十分すぎるかなと感じました。

SPACE WiFiの契約方法

SPACE WiFiの契約方法は超簡単です。まずは、下記からSPACE WiFi公式ページへ飛んで下さい。

公式SPACE WiFiの契約へ

公式ページの右上や中央付近に、「SPACE Wi-Fiを申し込む」とあるのでクリックします。

申し込みページに遷移するので、「お客様情報」を全て入力してください。

入力が終わったら、画面下部にある利用規約などをすべて読んだ上で、チェックボックスにチェックを入れて「確認画面へ」をクリックします。

次の画面では、入力内容の確認画面が表示されるので、問題なかったら「カードでお支払」もしくは「申し込む」をクリックして完了となります。

すると、登録メールアドレス宛に「【SPACE Wi-Fi】 お申し込み完了のお知らせ」というタイトルでメールが送られてきますので、後は発送を待ちましょう。

SPACE WiFi公式へ

SPACE Wi-Fiの解約方法

現在は解約申請フォームが設置されているため、メールや電話での連絡は必要なくなりました。

よくある質問の解約方法の欄に、解約フォームへのリンクが設置されています。そこから解約手続きを行うことができます。

公式SPACE Wi-Fiの解約フォーム

解約フォームでは、登録時の氏名や性別・電話番号・メールアドレスを入力。お客様番号があれば入力しておくと、SPACE Wi-Fi側でも誰が借りたのかがわかりやすくなります。

SPACE WiFiの返却方法

SPACE WiFi(スペースワイファイ)には同封物に返送用の箱などがないので、自腹を切ってルーターを返却しなければなりません。そこでおすすめな返却方法が、郵便局で販売している「レターパックライト」です。

レターパックライトは厚さ3cm重さ4kgまで大丈夫なので、ルーター程度なら問題なく入ります。私の手元に届いたACアダプタも3cm以下です。当然ルーターも3cm以下。

レターパックライトは360円なので、最も安く返却をするのならばこれがおすすめです。エアパッキンをつけて3cmをオーバーしそうな場合は、レターパックプラスを使って返却するのが良いでしょう。

なお、180円で購入できるスマートレターもありますが、SPACE Wi-Fiに返却をした後に伝票番号と発送会社を知らせなければならないので、伝票番号がないスマートレターは返送方法としてはNGとなります。レターパックライトには伝票番号があるので安心です。

伝票番号を知らせる理由は、返却日確認のためのようです。

端末の返却先

〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西5丁目20 郵政福祉札幌第一ビル1F
札幌南1条郵便局留め SPACE Wi-Fi宛
TEL:0120-546-573

返送期限や返送に関する注意点

SPACE Wi-Fiの解約申請をした場合、翌月末が解約月となります。

端末の返却は翌月の5日までに行う必要があることに注意。2018年9月10日に解約申請した場合、解約は10月31日に実施され、11月5日までにルーターや充電器などを返却するイメージです。

また、端末の紛失や破損などが見つかった場合、10,800円(税込)を請求されるので注意しましょう。

実際にレターパックライトを使ってSPACE Wi-Fiを返却しました

通常のWiMAXを契約したので、SPACE WiFiを解約。それに伴って端末を返却するために、今回はレターパックライトを使いました。

返送物として、ルーター本体と充電用のUSBケーブル、そしてACアダプタの3つをレターパックライトに入れました。この時エアパッキンなどで包んであげるとルーターも傷まないのでおすすめします。

後は郵便ポストに投函するのみ。

これでSPACE WiFiの返却は完了です。

SPACE WiFiを約3ヶ月間使ってみた感想

今回約3ヶ月に渡ってSPACE WiFiを使ってきました。当然ながら良いところとイマイチな点があったので、率直な感想を紹介します。

良かった点
  • 月額料金が安い
  • 違約金が一切発生しないのが嬉しかった
  • 使用感は普通のWiMAXと一切替わらない
イマイチだった点
  • WiMAXとソフトバンク回線を選択できないこと

正直言ってしまうとしまうと、良い点は多々ありましたがイマイチな点はほぼなく、大満足のポケットWiFiでした。今回筆者はWiMAXを受け取ったこともあり、ソフトバンク回線のポケットWiFiだったら評価が少し変わったかもしれません。

ただ、WiMAXを使う前にソフトバンク回線のルーターを主として使っていた事もあり、そこまでネガティブな印象はありません。むしろ広範囲で繋がりやすくPING値もWiMAXより小さいので、人によっては全然ソフトバンク回線のほうが良いというケースもあります。

SPACE WiFiは月額料金も安く、違約金や契約縛りが一切ないのがおすすめポイント。個人でも使える民泊WiFiの中では、ダントツで使いやすいポケットWiFiではないか、と感じました。

SPACE WiFiの評判・口コミ・レビュー/まとめ

以上、SPACE WiFi(スペースワイファイ)の評判や口コミ、レビューの紹介でした。まとめると、SPACE WiFiは次のようなメリットがあるサービスです。

  1. 手数料・送料一切なし!違約金不要で月額料金のみの支払い
  2. WiMAXかソフトバンク回線を使える
  3. 民泊WiFiの中で月額3,480円と最安値保証をつけている
  4. 速度制限はあるが、口コミから満足度は高い
  5. 最低利用期間が1ヶ月と、お試しで使いたい人にもおすすめできる

冒頭でも書きましたが、現在SPACE WiFiの申し込みが増えてきたため、発送まで1週間程度かかることもあります。

もしかするとレンタル端末が無くなり、サービスが一時停止してしまうことも考えられるので、今現在SPACE WiFiの申込みを検討している方は、早めに申し込むことをおすすめします。

SPACE WiFi公式へ

わせて読まれています

個人利用もOK!おすすめの民泊WiFi4社を比較【2019年5月】

民泊WiFiと言えば、Airbnbや民泊を運営する人がお客さまにネット環境を提供するために借りるイメージが強いと思います。そんな中で、「民泊WiFiは個人契約できないのか?」という疑問が当然のことなが ...

続きを見る

【2019年5月】おすすめWiMAXプロバイダ

月額料金 2,170円〜
3年間実質料金 122,660円
【参考】他社の3年間実質料金
Broad WiMAX 131,986円
JP WiMAX 134,100円
カシモWiMAX 129,068円

他社プロバイダと比較した場合最安値級となってくるのが、「GMOとくとくBB」となります。GMOとくとくBBではその他にキャッシュバックキャンペーンも行なっていますが、特典を受け取れなかったことを考慮に入れると月額料金割引キャンペーンを選ぶのが無難。

さらに今なら、月額料金の割引に加えて5,000円のキャッシュバックを受け取れるチャンス。もし受け取れた場合の3年間実質料金が「117,660円」となり、筆者の知りうる限りではほぼ最安値に近い金額になります

これからWiMAXを契約する方には、GMOとくとくBBをおすすめします。使用感のレビューやインタビュー記事も記事にしていますので、気になる方は一度チェックを!

-ポケットWiFi
-SPACE WiFi, スペースワイファイ, レビュー, 評判

Copyright© 爆速!ポケットWiFi部 , 2019 All Rights Reserved.