ポケットWiFi

レンタルに最適!グローバルモバイル(ソフトバンク回線ポケットWiFi)のレビュー

グローバルモバイルはソフトバンク回線を利用したポケットWiFiです。

契約期間の縛りがないグローバルモバイルは、短期レンタルWiFiとして人気を集めています。

今回はグローバルモバイルを実際に利用したレビューを掲載していきます。

ポケットWiFiの短期レンタルサービスについてもお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

ソフトバンクレンタルポケットWiFiの使用レビュー

グローバルモバイル(ソフトバンク回線レンタルポケットWiFi)を実際にレンタルしました。

グローバルモバイルとは

グローバルモバイルとは、海外・国内問わず利用ができるポケットWiFiです。

ソフトバンクの最新機種を低価格で提供しており、非常に使いやすいレンタルWiFiです。

900MHzのプラチナバンドにも対応しており、超高速でのインターネット接続を実現しています。

グローバルモバイルの特徴としては、データ量が無制限で利用できることです。

グローバルモバイルを利用することで、データ量を気にしながらインターネットを利用する必要がなくなりますよ。

ソフトバンクレンタルポケットWiFiの実機レビュー

公式サイトでは「4G/LTE通信が無制限で使える」と謳っていたので、果たしてその真偽は本当か確認していきます。

今回レンタルしたモバイルルーターは「501HW」という機種です。

申込みをしたらクロネコヤマトからポケットWiFiが届きました。

同封物はポケットWiFi本体の他に充電器やケース、取扱説明書や返送用のレターパックライトです。

レターパックに入れて返却するだけなので送料がかからないのが良いですね。

使い方も非常に簡単で、電源を入れたら後はスマホやPCなどでWiFi接続するだけです。

SSIDやパスワードなどはモバイルルーターの裏面に書かれています。

ひとまずこの状態で通信速度をチェック。大体20~35Mbpsくらいの通信速度は出ているのでポケットWiFiとしては合格点を挙げられます。

問題は10GB以上の通信を行った際に速度制限がかかるかどうかになります。

通信量無制限は本当だった

大抵のポケットWiFiは3日間に7GB以上の通信を行うと速度制限がかかってしまいます。

そこで試しに、3日間合計で16GBほど通信をしてみました。この状態で通信速度をチェック。

ポケットWiFiを12月1日に借りて1週間ほど1日平均5GB程度使っていましたが、通信速度は全く変化ありません。

3日間合計で16GB消費した翌日も変わらず30Mbps以上の通信速度を記録することができました。

公式サイトで謳っている通信量無制限という表記は本当でした。

今時珍しいポケットWiFiなので、今後も必要な時はグローバルモバイルからソフトバンクレンタルポケットWiFiを借りる予定です。

返却は終了日翌日消印有効なので安心

レンタル契約だと返却に遅れるときに高額な延滞料金がかかるため、返却日が気になって仕方がありませんよね。

グローバルモバイルは返却が終了日翌日消印有効なため安心して利用ができます。

消印有効とは、期日までに商品が送り先に届いていなくても、配達受け付けの消印が期日までに押されていれば問題がない配達方法です。

期日までに送り先に届ける必要がある必着とは異なるので嬉しいですよね。

返却期日の当日に返却に気がついても、返却が可能なため安心して使えます。

グローバルモバイル公式ページへ

ソフトバンクレンタルポケットWiFi(グローバルモバイル)/6つの特徴

ここでは「グローバルモバイルのソフトバンクポケットWiFi」の特徴について詳しくお伝えしていきます。

【1】レンタル期間中は4GLTEのデータ通信量が無制限

まず今回紹介するレンタルポケットWiFiの最大の特徴と言って良いのが、「4GLTEの高速データ通信量が無制限で使い放題」という点です。

レンタルポケットWiFiルーターとして借りられる中で「501HW」か「303ZT」を選ぶことによってレンタル期間中は下り速度最大187.5Mbpsで利用することが可能です。

また、レビューにも書いたとおり、グローバルモバイルは無制限で使えることがわかりました。

1ヶ月のデータ使用量が250Gを超えると速度制限がかかるので注意

グローバルモバイルのソフトバンクポケットWiFiは4GLTEのデータ通信量が基本的に無制限で利用できます。

しかし、あまりに大容量は例外です。1か月のデータ使用量が250GBを超えると速度制限がかかる可能性があります。

速度制限にかかると通信速度が低下するため、データ使用量が250GBを超えないように注意してください。

これは一部のユーザーがデータ通信量を独占しないようにするための手段として、設定されています。

無制限を謳っているのに実質、速度制限があると聞くと少し損をした気分になりませんか?

しかし250GBとはメールの送受信を52万通、ニュースサイトの閲覧が約87万ページ、動画の視聴が約1,125時間分の視聴ができます。

上記のように250GBの利用目安を見ると、250GBがどれほど大容量なのかを理解できますね。

そのため、普通に使う場合に1か月のデータ使用量が250GBを超えることはあまりないため、必要以上に心配する必要はありません。

【2】1日あたりの料金が比較的安い

グローバルモバイルのレンタルポケットWiFiは1日あたり480円(税込)で利用することが可能です。データ通信量に制限なしでこの料金は他のレンタルポケットWiFiと比べても安いと言えるでしょう。

また、グローバルモバイルでは「マンスリープラン」を用意しており、31日間の利用をするのでしたら「1日あたり最大で約194円(税込)」で利用することも可能なのです。

引越しをしたばかりでインターネット回線が繋がるまで約1ヶ月程度かかることがあります。そんな時にマンスリープランを利用するのがベストでしょう。公式サイトのほうで料金シミュレーションもできますので、実際にどの程度の料金がかかるのか気になる方はチェックしてみてください。

【3】オトクな長期割で短期間だけでなく長期間のレンタルでも安い

人によっては3ヶ月の短期間、または長期間の6ヶ月くらいポケットWiFiをレンタルしたいと思っているかと思います。そこでグローバルモバイルのポケットWiFiではオトクな長期割を実施しており、「3ヶ月プランなら10%オフ」「6ヶ月プランなら15%オフ」というお得なキャンペーンも行っています。

3ヶ月以上の利用ではマンスリープランも適用されるので、1日あたり200円で利用することが出来ます。

マンスリープランの適用は13日~31日間までの利用で200円となるが、32日目以降も1日あたり200円の加算となります。

ですので、実際に3ヶ月程度使うのでしたら実質料金が16,560円程度となります。詳しくは公式サイトの料金シミュレーションを使って計算してみてください。

【4】室内・屋外でも繋がりやすい周波数帯を完備

WiMAXなどですと、屋内は少し繋がりにくかったり通信エリアについての不満がありました。しかしこのレンタルポケットWiFiに関しては屋内でも屋外でも繋がりやすいように3つの超高速エリアを完備しているので、山間部を除けば繋がりやすいです。

基本的にはソフトバンクとワイモバイルの高速データ通信エリアを網羅していると考えてもらっても大丈夫です。900MHzのプラチナバンドも利用することが出来るので非常に使い勝手が良いです。

【5】テレビもスマホで楽しめてしまう

グローバルモバイルでレンタルできるポケットWiFiとして「501HW」という機種があります。その機種には「TVチューナー機能」が搭載しているので、テレビのない人やワンセグなどが搭載されていないスマホでも、視聴アプリをインストールするとテレビを楽しむことが可能です。

このようなTVチューナー機能がついたポケットWiFiをレンタルしているところは見かけたことがありません。通信量無制限ということもあり、テレビを見る際も通信量を気にしなくても良いのは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

【6】往復送料キャンペーンも実施中

ポケットWiFiのレンタルのデメリットとして「往復の配送料がかかってしまう」と冒頭で説明しましたが、グローバルモバイルではたびたび往復送料無料キャンペーンを実施しています。

グローバルモバイルキャンペーン

このキャンペーンを使うことによって完全にデメリットを打ち消すことができるようになるので、実質的に攻守とも最強もレンタルポケットWiFiとなります。

ただし、注意書きにもある通り、沖縄県への発送は諸経費で別途10,000円かかってしまうので注意してください。

おまけ:今だけ!キャッシュレス支払いで5%還元

キャッシュバック

グローバルモバイルのソフトバンクポケットWiFiは、キャッシュレス支払いで5%還元されるキャンペーンを実施中(〜2020年6月)です。

キャンペーンに該当するクレジットカードを使って決済をした方にご利用金額の5%のポイントが還元されます。

レンタルポケットWiFiを使ってみたいという方は、キャンペーンを実施している今がお得です。

グローバルモバイル公式ページへ

ポケットWiFiのレンタルサービスとは

ここからは、レンタルポケットWiFiについて詳しくお伝えしていきます。

使い方や使用期間によっては、ポケットWiFiを購入するよりお得で便利なのでぜひ参考にしてください。

レンタル契約と購入契約の違い

そもそもレンタル契約と購入契約はどのように違うのでしょうか。

ここでは、レンタルWiFiと購入契約の特徴的な違いについて3つご紹介します。

  • レンタルの契約期間は1日〜利用可能
  • レンタルは事務手数料や解約金が発生しない
  • 複数年の利用なら購入契約がお得な場合もある

それぞれを詳しく確認していきましょう。

レンタルの契約期間は1日〜利用可能

レンタル契約と購入契約の違い一つ目は、レンタルの契約期間が1日から可能なことです。

簡単な手続きでポケットWiFiを使えるので、「ポケットWiFiを使いたいけど購入までは…」という方も気軽に利用できます。

一方、購入契約はポケットWiFiを自分で購入し利用する契約のことです。

レンタル契約よりも値段は高くなる反面、レンタル期間がないため気兼ねなくポケットWiFiを利用できます。

レンタル契約と購入契約の違いについては、基本的には利用後に返却する必要があるのかによって分けられます。

レンタルは事務手数料や解約金が発生しない

レンタル契約と購入契約の違い二つ目は、レンタルは事務手数料や解約金が発生しないことです。

レンタル契約はポケットWiFiをレンタルすることを前提としたサービスのため、途中で解約することは当たり前です。

また手軽にレンタルを始められるように、事務手数料などの初期費用がかからないサービスも多くあります。

購入契約は基本的には契約期間の縛りがあり、2年などの決まった期間以上の契約が必要で途中で解約する際は解約金が発生します。

そのため長期間で利用する予定のない方には、レンタルWiFiがおすすめです。

複数年の利用なら購入契約がお得な場合もある

レンタル契約と購入契約の違い三つ目は、複数年の利用なら購入契約がお得な場合もあることです。

レンタルサービスは短期間の利用を考えて作られたサービスのため、複数年レンタルする場合はレンタル料金が割高になる可能性があります。

購入契約は解約金や事務手数料がかかりますが、月額の利用料はレンタルサービスより安価に設定されていることが少なくありません。

実際に購入WiFiである「Y!mobile」とレンタルWiFiである「グローバルモバイル」の月額料金を比較してみます。

購入WiFiのY!mobileは月額3,696円、レンタルWiFiのグローバルモバイルのマンスリープランで月額7,500円です。

そのため複数年の利用をするならば、月額利用料金、解約金、事務手数料をトータルで考慮しても購入契約の方がお得になります。

レンタル契約のメリット

ここではレンタル契約のメリットを二つご紹介します。

  • すぐに利用できる
  • WiFiのエリアや速度を確認できる

それぞれを詳しくお伝えします。

すぐに利用できる

レンタル契約のメリット一つ目は、すぐに利用できることです。

レンタル契約の場合はWiFiやモバイルWiFiルーターの設定をする必要がなく利用できるためです。

上記のような細かい設定は店舗側が請け負ってくれるため、レンタル契約は契約手続のみで利用できます。

インターネットや機械の取り扱いに慣れていない方や、面倒な作業をせずにポケットWiFiを利用したいと考えている方にオススメです。

WiFiのエリアや速度を確認できる

レンタル契約のメリット二つ目は、WiFiのエリアや速度を確認できることです。

ポケットWiFi選びに欠かせない要素である対応エリアと通信速度。

実はレンタル契約の場合はWiFiの対応エリアや通信速度をHPを通じて確認ができます。

ポケットWiFiを利用予定のエリアでWiFiが対応しているか、しっかり確認しておきましょう。

WiFiレンタルの注意点

メリットが多く、非常に使いやすく見えるレンタル契約ですが、気をつけなければいけない注意点もあります。

ここではWiFiレンタルの注意点について2つご紹介します。

  • 本体の紛失や故障に注意
  • 返し忘れると高額な延滞料金が発生する場合も

それぞれみていきましょう。

本体の紛失や故障に注意

WiFiレンタルの注意点一つ目は、本体の紛失や故障に注意することです。

レンタル契約のポケットWiFiは購入をしたわけではないため、使用後は返却の必要があります。

レンタル中に本体の紛失や故障が生じた場合は使用者が料金を肩代わりしなければいけません。

レンタルWiFiであるグローバルモバイルでは本体の紛失・破損で40,000円の請求がされます。

上記のように弁償代金は非常に高額になるため、本体の紛失や故障には十分注意を払いましょう。

本体の紛失や故障が心配な方は、本体の紛失や故障に対応している保険に加入しておくことをオススメします。

レンタルする際にオプションとして付けられると思いますので、一度検討してみてください。

返し忘れると高額な延滞料金が発生する場合も

WiFiレンタルの注意点二つ目は、返し忘れると高額な延滞料金が発生する場合もあることです。

レンタル契約は返却を前提とした契約のため、契約期間内に本体を返却しなければいけません。

当然、返却を遅れると遅れた日にちに応じて延滞料金が発生します。

そのためレンタル期間をしっかり確認し、契約期間内に確実に返却するように心がけておきましょう。

レンタルポケットWiFiは短期利用の方におすすめ

最後にポケットWiFiをレンタルすることのメリットについて紹介します。私が実際にレンタルポケットWiFiをいくつか契約して使ってみてわかったメリットは次のとおりです。

  • 急な出張でも翌日までにポケットWiFiを配送してくれるので安心</li>
  • 1日からでも契約可能
  • ポケットWiFiの返却はポスト投函するだけなので非常に簡単
  • 契約事務手数料が基本的に取られない(※ レンタル会社によります)
  • 通信制限なしで使えるポケットWiFiも存在すること
  • 通信エリアなどは普通のポケットWiFiと全く変わらない

これらがメリットとして感じたところです。

レンタルポケットWiFiを使う時にかかる初期費用は実質配送料だけです。ですが、キャンペーンなどで配送料無料を実施しているポケットWiFiもあるので、実はレンタル料金だけ払えば使えてしまうのがほとんどです。

普通のポケットWiFiと通信エリアは変わりませんし、短期間(3ヶ月目安)で使うのでしたらレンタルポケットWiFiのほうが殆どの場合は安いです。配送スピードも非常に早いのでおすすめです。

ソフトバンクレンタルポケットWiFi(グローバルモバイル)まとめ

通信量無制限で使えるソフトバンク回線レンタルポケットWiFi(グローバルモバイル)のレビューをお伝えしてきました。

通信量無制限で使えるレンタルポケットWiFiは限りがあるので、グルーバルモバイルのソフトバンクポケットWiFiはとてもおすすめです。

ポケットWiFiのレンタルで悩んでいる方は、ぜひ一度検討してみてください。

グローバルモバイル公式ページへ

また下記のページでは、短期レンタルのおすすめのポケットWiFiについてより詳しく紹介しています。

ポケットWiFiを短期レンタルしたい!おすすめ&比較【2020年3月】

無制限のホームルーターについて詳しく知りたい方は次のページを参考にしてください。

【2020年3月】安さで選ぶ!無制限ホームルーターおすすめ比較ランキング

-ポケットWiFi
-グローバルモバイル, ソフトバンク, ポケットWiFi

Copyright© 爆速WiFi道場 , 2020 All Rights Reserved.