あなたにぴったりのポケットWiFiを教えます

爆速!ポケットWiFi部

ポケットWiFi

ポケットWiFi・WiMAXの再契約より乗り換えをおすすめする理由

投稿日:

2019年2月7日から、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンが強化されました!月額料金を今まで通り割引する他、5,000円のキャッシュバックが提供されます。キャッシュバックを受け取ることにより、3年間のトータル料金が120,660円と間違いなくWiMAX業界最安値級となりました。期間限定なので、お早めに!

GMO とくとくBB公式(月額料金大幅割引)

多くの方は更新月が来たり、キャッシュバックの受け取りが終わったタイミングでポケットWiFi、およびWiMAXの解約を行うのがほとんどです。

しかし、何らかの事情でポケットWiFiをもう一度契約したいとなった時、同じプロバイダや会社で再契約可能なのかが不安なところです。よく携帯回線だと、MNPや解約を行ってすぐに再契約しようとしても審査落ちしてしまうことがあります。

そこで本記事では、ポケットWiFiやWiMAXの再契約方法を徹底的に解説します。また、別のポケットWiFiに乗り換えるのと再契約ではどっちがお得なのかも合わせて解説していきます。

再契約自体は可能!ただしポケットWiFiは厳しい審査あり

基本的にポケットWiFi、WiMAX両者とも再契約は可能です

ただし、再契約時に発生する審査などがポケットWiFiとWiMAXでは異なります。また、とある条件で契約しようとするとWiMAXでも審査が入り落ちる可能性があります。

それぞれの再契約時に発生する審査についてご説明します。

ポケットWiFiの再契約について

ポケットWiFiを提供している会社は、ワイモバイルやソフトバンク、au、ドコモなど、一般的に携帯のキャリアとして知られている所が多いです。とくにソフトバンクやワイモバイルのポケットWiFiを使っている人が多いのではないでしょうか。

スマホだと厳格な審査の元、契約できるかどうかを判断しますが、ポケットWiFiの場合音声通話がないのでそこまで審査自体厳しくないのではと思われる方も多いのが事実。

しかしワイモバイルの例で見てみると、実は審査自体はスマホと一切変わらないので、何かしら過去の料金を滞納していた、契約・解約を短期間で繰り返したりしていると、やっぱりポケットWiFiでの審査も落ちてしまいます。

また、割賦残金があったりすると審査に通らないこともあるので、短期間での再契約はポケットWiFiであれど少し審査が厳しいと思っておくのが無難です。

WiMAXの再契約について

WiMAXに関しては基本的に審査落ちする人は少ないです。なので、短期間での再契約も比較的やりやすいため、ポケットWiFiよりWiMAXを使ってキャッシュバック乞食をしている人もいます。

ただし例外として、auのWiMAXに関しては携帯会社との契約になるので審査があります。審査の厳しさもスマホを契約する時と同程度だと思って下さい。

WiMAXは基本的にクレジットカード契約する人が多いので審査も簡単に通りますが、とある条件で契約してしまうと審査落ちする人が一気に増えます。

口座振替の契約は必ず審査が入る

UQ WiMAXなどのプロバイダでは、クレジットカード払いの他に口座振替にも対応しています。一見すると、色々な支払い方法を用意してくれてユーザー思いだなと感じますが、実は口座振替の審査はスマホ並に厳しいです。

口座振替に対応しているプロバイダはBIGLOBEなどもありますが、数ある中で最も厳しいとされているのがUQ WiMAXです。

なぜ口座振替で審査があるのか?

基本的にWiMAXをクレジットカード契約する場合、審査はないものと思っても良いです。ポケットWiFiは例外です。

しかしそんなWiMAXでも口座振替の場合は厳格な審査が発生します。

なぜ口座振替で厳しい審査が発生するのかと言うと、クレジットカードと違いWiMAXを貸している会社へのお金の受け渡しルートが下記のように異なるからです。

このように、WiMAX回線を貸している会社がどこから料金を受け取るかが変わってきます

クレジットカードの場合、一旦カード会社からWiMAX側へ料金を渡すため、プロバイダのほうは必ず月額料金を受け取ることが出来ます。その後カード会社が建て替えた分の月額費用を利用者へ請求する、という仕組みです。

一方で口座振替の場合は、中に誰も挟まない直接契約となります。なので、当然口座にお金が入っていない場合は引き落としができないのでプロバイダ側で月額料金を回収することは出来ません。

なので、きちんと支払い能力があるかどうかを見るために、審査も若干厳しくなっているのです。

口座振替の審査に落ちる人のほとんどは、過去に滞納歴があったりする人です。その場合は高確率で口座振替の審査に落ちてしまうため、WiMAXとの再契約は難しくなります。

WiMAXをキャッシュバック狙いで再契約しても意味がない

再契約を考えている人の中には、「とりあえずキャッシュバックを受け取ったから一度解約。再契約してまたキャッシュバックを貰おう」と考えている人もいるかもしれません。

たしかにプロバイダによってキャッシュバックが40,000円だったり高額なものも存在しているので、ちゃんと受け取れたのなら解約・契約を繰り返してキャッシュバック乞食をしようと一度は誰もが考えるでしょう。

ですが、基本的にこのやり方は封じられています。

多くプロバイダでは、同一契約者のキャッシュバックキャンペーンは1度限りや解約後1年は特典適用できなくなっているので、再契約しても通常契約となりキャッシュバックはおろか、お得なキャンペーンに加入することも難しくなります。

プロバイダ毎の再契約とキャッシュバック適用制限例

WiMAXプロバイダ名 2回目以降の特典適用
GMO とくとくBB WiMAX 過去にキャンペーン適用を受けた方は対象外
BIGLOBE WiMAX 過去に退会・サービス停止があった場合特典対象外
3WiMAX 契約者一人に付き1回までのキャンペーン適用

また、名義人を変えたとしても本人確認書類の提出でバレますので、同一プロバイダでの再契約はほぼ特典を受けられないと思って下さい。

再契約と乗り換えはどっちがお得なのか?

再契約に関しては、基本的にキャッシュバックや特典を受けられないので乗り換えより損をしてしまいます。

なので、またWiMAXやポケットWiFiを利用したいのでしたら他社への乗り換えをおすすめします。そうすることで、新たに特典を受けられるようになりますし、乗り換え先でキャッシュバックを受け取ることも可能です。

ただし、同じプロバイダへ再契約する場合でも、行っているキャンペーンが異なっていれば特典を受けられるケースもあります。

その代表的な例がGMO とくとくBB WiMAXです。このプロバイダは、月額料金割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンの2つ用意しているので、仮にキャッシュバックを受け取って一度解約したとしても、月額料金割引キャンペーンの方は適用出来る仕組みとなっています。

とは言ってもこの例は稀ですので、基本的に同一プロバイダでの再契約は損をすることが多いと思っておきましょう。

乗り換え先におすすめなポケットWiFiは?

更新月に解約した場合は違約金などを気にしなくてもいいので、キャッシュバックが高いプロバイダ、月額料金割引が大きいプロバイダ、色々と選択肢が広がります。

ですが、もしキャッシュバックを受け取ってすぐに解約するとなるとどうしても違約金が発生します。違約金を支払ってしまうと折角のキャッシュバック料金が相殺されてしまうことも。

そこでおすすめなのが、「違約金負担キャンペーンを行っているブロードワイマックス」です。

Broad WiMAXでは違約金を最大19,000円まで負担してくれるキャンペーンを行っています。大抵のWiMAXの違約金は最大19,000円なので、このキャンペーンを使うと違約金0円でプロバイダの乗り換えができます

もし解約後の再契約を考えている人は、一度Broad WiMAXも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

WiMAXのみ対応。ポケットWiFiは非対応のキャンペーンです。

ポケットWiFiの再契約まとめ

ここまで、ポケットWiFiやWiMAXの再契約方法や損得などを解説してきました。今回の記事内容をまとめると次の通り。

  • 基本的に再契約できるがお得なキャンペーンは受けられない
  • 再契約は可能だが、早期の解約・契約を繰り返していると審査落ちしやすい
  • キャッシュバックを受け取り違約金も払いたくない場合、ブロードワイマックスの違約金負担を利用する

同じプロバイダで再契約する人は少ないと思いますが、もしするとなったらお得なキャンペーンは受けられないことを念頭に置いておきましょう。

個人的には再契約よりも乗り換えした方がキャッシュバックキャンペーンを適用できるのでおすすめと感じます。

【2019年5月】おすすめWiMAXプロバイダ

月額料金 2,170円〜
3年間実質料金 122,660円
【参考】他社の3年間実質料金
Broad WiMAX 131,986円
JP WiMAX 134,100円
カシモWiMAX 129,068円

他社プロバイダと比較した場合最安値級となってくるのが、「GMOとくとくBB」となります。GMOとくとくBBではその他にキャッシュバックキャンペーンも行なっていますが、特典を受け取れなかったことを考慮に入れると月額料金割引キャンペーンを選ぶのが無難。

さらに今なら、月額料金の割引に加えて5,000円のキャッシュバックを受け取れるチャンス。もし受け取れた場合の3年間実質料金が「117,660円」となり、筆者の知りうる限りではほぼ最安値に近い金額になります

これからWiMAXを契約する方には、GMOとくとくBBをおすすめします。使用感のレビューやインタビュー記事も記事にしていますので、気になる方は一度チェックを!

-ポケットWiFi
-WiMAX, ポケットWiFi, 再契約

Copyright© 爆速!ポケットWiFi部 , 2019 All Rights Reserved.