ポケットWiFi

評判悪い?Mugen WiFi(ムゲンワイファイ)がおすすめできる理由

更新日:

動画をよく視聴したり、ネットサーフィンを多く嗜む人にとって、速度制限なしでインターネットを使える環境は絶対に欲しいものです。

固定回線を自宅に引きたくない人の中には、ポケットWiFiを選ぼうと考えている方もおり、そんなユーザーのニーズに応えた完全無制限で使えるWiFiサービスも多く登場しています。

今回はその中の一つ、「Mugen WiFi(ムゲンワイファイ)」について徹底レビュー。ポケットWiFi契約の参考になりましたら幸いです。

Mugen WiFiとは?サービス内容を紹介

Mugen WiFi(ムゲンワイファイ)とは、株式会社surfaveが提供する完全データ無制限で使えるポケットWiFiです。

ここでは、Mugen WiFiのサービス内容を細かく紹介します。

月額料金プランは大きく2つ

Mugen WiFiには、「MUGEN アドバンスプラン」と「MUGEN 格安プラン」の2つのプランが用意されています。

なお、支払い方法はクレジットカードのみとなっており、デビットカードやプリペイドカード、銀行振込に対応していない事に注意。

MUGEN アドバンスプランの料金詳細

事務手数料3,000円
初期設定費用3,000円
月額料金3,880円
初月0円

MUGEN アドバンスプランを選択した場合、月額3,880円で永年ポケットWiFiを使えます。

アドバンスプランはデータ通信無制限で使える他に、「翻訳機能」と「充電器機能」が備わっています。

MUGEN 格安プランの料金詳細

事務手数料3,000円
初期設定費用3,000円
月額料金3,280円
初月0円

一方のMUGEN 格安プランを選択した場合、ずっと月額3,280円でポケットWiFiを使えます。こちらも同様にデータ通信無制限で使えるプランです。

ちなみに料金の支払いタイミングは、毎月月末に当月料金が決済される形となっています。

MUGEN アドバンスプランと格安プランの違い

両者のプランは、次のような違いがあります。

アドバンスプラン格安プラン
月額料金3,880円3,280円
翻訳機能×
充電器機能×
どっちのプランを選べばいいか迷ってしまいますね。とりあえず安い方の「格安プラン」で問題ないですか?
はい!基本的には格安プランで良いと思います。アドバンスプランを選ぶ人は、海外によく出かける人で、国内で使うのでしたら格安プランが料金も安いのでおすすめですね。

使えるルーターはプラン毎に異なる

Mugen WiFiで用意されているモバイルWiFiルーターは、「G4」と「U2s」の2つになります。

それぞれのルーターを好きなように選べるわけでなく、プラン毎に用意されているルーターが異なります。

アドバンスプラン格安プラン
端末名G4U2s
下り最大速度150Mbps50Mbps
上り最大速度150Mbps50Mbps
連続通信時間約12時間約12時間
バッテリー容量3,900mAh3,500mAh
重量188g149g

両方の端末を比較しましたが、バッテリー容量と重量以外で違いはありません。

アドバンスプランのG4はモバイルバッテリーとしての役割も持っているため、バッテリー容量が多く重量もU2sと比較して重くなっています。

Mugen WiFiは海外利用もできる

昨今のデータ通信無制限WiFiの特徴は、クラウドSIMを使って国内だけでなく海外でも利用できる点にあります。

Mugen WiFiもその特徴を持っており、世界107カ国で通信が可能です。なお、海外で利用する場合は月額料金の他に海外専用のオプションを一時的に契約しなければなりません。

海外利用オプション

  • アジア/ヨーロッパ/アメリカ/オーストラリア:1日1,200円/1GB
  • 中東/アフリカ/南米:1日1,600円/1GB

高速データ通信ができるのは、1日1GBまでとなっています。1GBを過ぎた後は384kbpsでの通信となり、データ容量のリセットは日本時間の午前9時です。

海外オプションの1日は「当日午前9時から翌日午前8時59分」と設定されています。なお、1GBの通信量でも翌日にデータ繰り越しはできません。

Mugen WiFiの評判・口コミ調査結果

Twitterや5chでMugen WiFiに関する評判、口コミを調査しましたが、2019年10月頃から始まったポケットWiFiなので実際に利用しているユーザーの声はほぼありません。

リリースしてユーザーに普及された後、再度評判・口コミをまとめ直します。

Mugen WiFiのメリット

Mugen WiFiを契約するメリットは大きく3つあります。

  1. 速度制限なしで無制限データ通信ができる
  2. 3つの無料が用意されている
  3. 大手キャリアのLTE回線なので繋がるエリアが広い

それぞれのメリットをもっと深く掘り下げてご説明します。

データ容量無制限!3日速度制限なしで使える

今までポケットWiFiやWiMAXを使ってきて、「動画をよく見るのに速度制限に掛かって使い物にならない」という不満を経験したことはないでしょうか。

Mugen WiFiの大きなメリットの一つが、データ容量の制限なしでインターネットが完全使い放題なことです。

WiMAXでやワイモバイルのポケットWiFiであれば、3日で10GB以上の通信をした場合翌日に通信速度が1Mbps以下に制限されるデメリットがありますが、Mugen WiFiには一切ないのでギガ量を気にせず使えます。

ギガ難民のユーザーも思いっきりインターネットを楽しめますね。

手動制限だけに気をつけよう!

一つだけ気をつけたいのが、とある条件を満たすと手動で速度制限が掛けられることです。

例えば、過渡な動画再生によるデータ通信量の消費、P2Pなどを使ったファイル交換などが見られた場合、Mugen WiFi運営側で最大384kbpsまで速度制限を設けると利用規約に明示されています。

普通に使っている分には気にしなくても大丈夫ですが、ファイル交換などを行っている人は注意して使ってください。

3つの無料が嬉しい

Mugen WiFiでは、ユーザーに嬉しい3つの無料が用意されているのがメリットです。

3つの無料とは?

  1. 端末代金が完全無料
  2. 配送料金が無料
  3. 契約月の利用料金が無料

Mugen WiFiで用意されている端末は本来42,000円もします。しかしそれが完全無料、おまけに送料無料で自宅まで届けてくれるのです。

さらに3つの無料の中で個人的に最も大きなメリットだと感じるのが、「初月の利用料金」が無料であることです。

もし月初に契約した場合、ほぼ1ヶ月間丸々タダでMugen WiFiを使えるのは嬉しいですね。

地下でもビル内でも繋がりやすいキャリアの4G LTE回線

Mugen WiFiは、大手キャリアの4G LTE回線を使っています。キャリアの4G LTE回線は700~900MHz帯のプラチナバンドを使っており、広範囲のエリアで繋がるのが特徴です。

例えば、地下鉄の中やビル内、山間部や沿岸部でも大手キャリアの回線であれば大丈夫。国内カバー率が非常に高いので、WiMAX回線等と比較すると雲泥の差で繋がりやすいのがメリットです。

Mugen WiFiのデメリット

メリットとは逆に、Mugen WiFiのデメリットもしっかりと把握する必要があります。Mugen WiFiをレビューしているうちに、次の3点がデメリットだと感じました。

  1. 解約時の違約金が高すぎる
  2. 端末返却が必要なパターンもある
  3. 安心全額返金保証制度が不透明で怖い

特にこれからMugen WiFiの契約を考えている方は、2番目の「安心全額返金保証制度」はチェックしておきましょう。

解約時の違約金が最大30,000円

Mugen WiFiは契約期間が2年のポケットWiFiです。そのため、契約更新月である25ヶ月目(2年毎)以外に解約した場合、最大30,000円の違約金が発生します。

解約費用について

  • 1年未満:30,000円
  • 1~2年未満:25,000円
  • 契約更新月:0円
  • それ以降:9,500円

例えば、2019年11月似契約した場合は翌月の12月が1ヶ月目となり、違約金なしで解約するにはそこから24ヶ月間の契約が必要です。

この場合契約更新月は2021年12月となり、このタイミングであれば無料で解約可能です。

Mugen WiFiは24ヶ月毎の自動更新となります。契約更新月の翌月から1ヶ月目が再スタートとなるので注意!

24ヶ月以内の解約は端末を返却しなければならない

契約期間が2年毎に自動更新されるMugen WiFiですが、違約金の他にもう一つ注意しなければならないことがあります

それは、24ヶ月以内の解約をした場合端末を返却しなければならないことです。25ヶ月目以降は不要で、もらっても大丈夫。

ただし、返却時に端末の破損などが見つかった場合は、Mugen補償プランに加入しなかった場合別途20,000円の料金が発生するので、端末は丁寧に扱うことを心がけてください。

安心全額返金保証制度を使っても20,000円支払う可能性が

Mugen WiFiには、「安心全額返金保証制度」と呼ばれる返金保証が用意されています。この制度を使えば、条件を満たすと注文をキャンセルすることが可能です。

適用条件

  1. 申込日から30日以内にお問合せフォームから連絡
  2. 返品物の発送日時が30日以内
  3. Mugen WiFiの利用が初めて

30日以内に所定の手続きを済ませると、Mugen WiFiの契約を解除してもらえます。一見すると大きなメリットにも見えますが、その裏にはデメリットも存在します。

注意事項をよく読んで返品を

安心全額返金保証を使う場合、いくつか注意しなければならないことがあります。

注意事項

  1. 契約事務手数料は返金対象外
  2. 返品物の破損が見られたら追加料金が発生
  3. 30日以上の返金は違約金が発生
  4. 返金処理手数料が1,080円発生
  5. 返品物の送料はユーザーが負担

上記5項目の中で特に注意したいのが、追加料金が発生する2パターンです。

返品物には、箱、取扱説明書、ケーブルも含まれており、もしそれらに少しでも破損や欠品が見られた場合は、追加料金が20,000円発生します。

また、30日以上過ぎてからの返品は違約金が通常通り発生。もし返品する場合は、発送日時が30日を過ぎないように注意してください。

自宅がMugen WiFiの圏外だった場合返金できる可能性がありますが、電波が弱いだけだと適用条件外です。

【レビュー】Mugen WiFiを契約!実機を使ってみた

申し込みをしてから約3日。Mugen WiFiがクロネコヤマトさんから届きました。

申し込みをしてから一向に届かないというレビューも見かけたことがありますが、もしかするとリリース直後に契約した人は不手際で発送が遅れたのかもしれません。

ダンボールを開封。中にはダンボール紙が入っており、その下にG4(モバイルWiFiルーター)が入っていました。モバイルWiFiルーター自体はエアパッキンに包まれています。

箱を開けると、G4本体、G4の取扱説明書、および充電ケーブルが入っていました。

こちらの備品は全て大切に保管必須です。なぜなら、ルーターの返却時に備品の欠品などで機器損害扱いされる可能性があるからです。機器損害扱いになってしまうと、高額な違約金を支払わなければなりません。

ルーター本体はAndroidスマホのような外観。

どんなときもWiFiの「D4」と比較。Mugen WiFiのG4のほうがやや大きめで厚さもあります。

流石にiPhone XRよりは小さいですが、どちらかというとG4のほうが厚いのは変わりありません。

G4の裏面。CLOUD AIR-WiFiのロゴが印刷されています。

見た目が完全にAndroidスマホなので、ルーターの電源の配置も側面に。また、SIMカードスロットとType-Cの充電端子がついていました。

反対側の側面。普通のモバイルWiFiルーターではありえない音量操作ボタンがついています。

音量ボタンがあるということは、当然ながらスピーカーもありました。今までのモバイルWiFiルーターとは姿かたちが違うので少々困惑。

手に持つとこんな感じ。やはり手に持ったとしても厚さを感じる作りです。

横から見ると厚さがよく分かると思います。

外観のレビューが終わった所でG4を起動。見た目がAndroidっぽいだけではなく端末自体もAndroid OSが使われていました。

初期設定は全て自動で行ってくれます。下記画面になったらWiFi接続ができます。SSIDとパスワードはG4の画面上に表示されているので、これをiPhoneやAndroidスマホ側で入力します。

ちなみに他デバイスとWiFiせつぞくができると左上のアイコンに数字が表示されます。この数字はG4に接続しているデバイス台数です。

通信を行うと、G4の画面上でデータ通信量が更新されます。わりとすぐのリアルタイム更新となっていました。

おまけですが、G4には翻訳機能と地図機能が備わっています。

画面が表示される、かつAndroid OSのルーターだからこそ搭載できる機能ですね。特に地図表示できるのは個人的に嬉しい誤算。スマホで情報を調べながら地図を表示できるのは、旅行者にとってメリットではないでしょうか。

G4実機レビューをした感想

  • ルーターの見た目は正直ダサいが不格好なスマホだと思えば不満は特になし
  • 厚さがあるのでスボンのポケットに入れると膨らみが気になる
  • リアルタイムでデータ通信量を確認できるのは嬉しい
  • 地図/翻訳機能は旅行者にとって嬉しい機能

Mugen WiFiの通信速度を測定!安定した速い通信が可能です

一般的にポケットWiFiはWiMAXと比較すれば遅いと言われがちですが、最近はそうでもありません。ポケットWiFiでも通信速度が速いサービスも存在しています。今回レビューしているMugen WiFiもソフトバンクの4G LTEエリアに対応したポケットWiFiなので、通信速度は比較的速かったです。

下記は、回線の通信速度が落ちやすいと言われる夜のゴールデンタイムとお昼休みの時間に測定した結果です。

測定時間帯下り速度(Mbps)上り速度(Mbps)
12時台20.719.5
13時台19.822.0
18時台14.817.8
19時台19.116.4
20時台15.420.7
21時台15.022.7
平均速度17.419.8

いずれの時間帯でも下り速度10Mbps以上で通信ができており、安定した通信速度が出せていると言えます。上り速度も平均で20Mbps近いので、アップロードを重要視するリアルタイムでの実況、動画配信でも問題なく使えます。

夜になると極端に通信速度が下がるポケットWiFiもありますが、Mugen WiFiはどの時間帯でも10~30Mbps付近で安定しているので通信速度の低下を嫌う人にとってもおすすめできるサービスだと感じました。

Mugen WiFiは本当におトクか?他のWiFiと比較してみた

ここまでMugen WiFiのサービス内容や、メリット・デメリットをまとめてきました。そのうえで、「興味を持ったけど、他のポケットWiFiやWiMAXと比べて安いのか、使いやすいのか」といった疑問を思い浮かべるユーザーも多いでしょう。

そこで、Mugen WiFiと「WiMAX」、最大のライバルである「どんなときもWiFi」と料金やサービス内容を比較してみました。

比較項目

  • 初期費用
  • 契約期間
  • 速度制限
  • 最大下り速度
  • 月額料金
  • 2年間実質料金

Mugen WiFiとWiMAXを比較!

まずは、Mugen WiFiとUQ WiMAXを比較しました。比較結果をまとめたのが下記表です。

Mugen WiFiUQ WiMAX
初期費用6,000円3,000円
契約期間2年2年
速度制限なし3日/10GB
最大下り速度150Mbps440Mbps
月額料金3,280円3,880円
2年間実質料金84,720円108,120円

UQ WiMAXは端末代金が15,000円であるため、月額料金はわずか600円ながらも2年間の実質料金で見ると、Mugen WiFiに大きく劣ります。

また、6ヶ月目に3,000円のキャッシュバックが受け取れるUQ WiMAXですが、それを考慮しても108,120円とやや高めの料金設定。

さらに速度制限部分に差があり、Mugen WiFiはデータ通信完全無制限ですが、UQ WiMAXは3日で10GB使ってしまうと翌日の18時~2時の間は通信速度が1Mbps以下似制限されてしまいます。

これらの結果を考慮すると、使いやすさ、料金の安さ共にMugen WiFiの方が優れていると感じられます。

Mugen WiFiとどんなときもWiFiを比較!

次は、Mugen WiFi最大のライバルと言える「どんなときもWiFi」と料金や使いやすさを比較。2つのポケットWiFiを比較した結果が下記表となります。

Mugen WiFiどんなときもWiFi
初期費用6,000円3,000円
契約期間2年2年
速度制限なしなし
最大下り速度150Mbps150Mbps
月額料金3,280円3,480円
2年間実質料金84,720円86,520円

Mugen WiFiとどんなときもWiFiは、どちらも完全データ通信無制限で使えるポケットWiFiなので、基本的な使いやすさは同じ。

また、どちらもクラウドSIMを使った通信なので、Softbank、docomo、auの4G LTE回線に接続できます。

そんな両者の違いは、月額料金にあります。

Mugen WiFiは初期費用こそどんなときもWiFiより高いですが、月額料金は安くなっています。そして2年間の実質料金で見た際、わずかながらですがMugen WiFiの方が安くなります。

この比較結果から言えるのは、使いやすさは同程度ですが、料金面を見た場合Mugen WiFiの方が優れていることです。

使いやすさが変わらないのなら、料金が安いMugen WiFiの方が最終的にはおトクになりそうですね。

Mugen WiFiがおすすめできる理由

今回完全データ通信無制限のMugen WiFiをレビューした率直な感想は、次のとおりです。

記事のまとめ

  • 初期費用は他と比較して若干高い
  • 月額料金と実質費用はWiMAXやどんな時もWiFiより安い
  • 海外でも使えることに加え、翻訳機能も搭載されている
  • 完全無制限で使えるポケットWiFiはやっぱり嬉しい
  • 安心返金保証を使えば30日以内のキャンセルが出来る

様々な完全無制限のポケットWiFiがリリースされてきましたが、料金面で言えばMugen WiFiは安い部類に入ります。

今まではどんなときもWiFi一強だった完全無制限WiFiも、Mugen WiFiやよくばりWiFiなどのライバルが生まれて面白い状況になっていると思います。

今回レビューしたMugen WiFiは個人的にバッチリおすすめできるWiFiだと感じました。ポケットWiFi選びに悩んでいる方は、これを機会にMugen WiFiを検討してみてはどうでしょうか。

色々とステマ疑惑があるWiFiですが、サービス内容は問題なく、特に危険性もありません。私も契約して通信速度などをチェックしましたが不満点は今の所見つかりませんでした。個人的にかなりおすすめできるポケットWiFiです!

Mugen WiFi公式ページ

-ポケットWiFi
-Mugen WiFi

Copyright© 大人のWiFi通信倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.