ポケットWiFi

モバイルJはどんなポケットWiFi!?評判や速度などを徹底調査!

mobairuj

格安のモバイルWi-Fiを使いたい。

そんな方は、モバイルJというサービスがオススメです。
モバイルJは料金も安く、大容量で利用できるという評判があります。

しかし、実際にモバイルJはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?
また、どのようにすれば利用できるのでしょうか。

この記事ではモバイルJの説明だけでなく、手続きの方法について紹介します。

モバイルJの利用を検討されている方は、ぜひこの記事を読んでから契約するかどうか考えてみましょう!

モバイルJとはどんなサービス?

モバイルJとは

モバイルJは、ジャパン・エモーションが提供するモバイルデータ通信端末です。
ソフトバンク回線を使えるため、かなり広い範囲で利用できると評判です。

また、端末料金が0円で大容量
モバイルWi-Fiなので工事も必要ありません

利用料金が安いので、できるだけ費用を抑えたいとモバイルJを検討する人もいます。

モバイルJを利用するメリットは?

メリットデメリットを比較

モバイルJには以下の4つのメリットがあります。

  • 料金が安い
  • 大容量で使える
  • 安定したLTE回線
  • プランが豊富でわかりやすい

ここでは各メリットについて説明します。

料金が安い

モバイルJは料金が安いことで有名です。

以下の料金表は、24ヶ月利用する契約をした場合の料金です。
しかも端末代金は0円です。

たしかに月額料金を見ると安いですね。
ただし、支払い方法はクレジットカードのみです。

格安モバイルwifiの料金表

20GB30GB50GB150GB
月額利用料2,680円3,480円4,680円5,480円

データ専用SIMAndroid端末の料金表

30GB50GB150GB
月額利用料2,980円3,980円4,980円

150GBの大容量で使える

モバイルJは150GBの大容量で使えます
150GBで利用しても、5480円と決して高くない値段で利用することが可能です。

モバイルWi-Fiとしてだけではなく、自宅でも使うことを考えると、150GB使えるのは大変な魅力ですね。

ソフトバンク回線を利用したLTE回線なので通信が安定する

ソフトバンク回線を利用しているため、LTE回線でありながら、かなり広い範囲でも利用できます

モバイルWi-Fiで使える範囲が狭いサービスもありますので、そういう意味ではエリアについて気にせずに使えるでしょう。
日本国内であればほとんど不便がなく使えるはずですね。

モバイルWi-fiとしては大変なメリットです。

プランが豊富でわかりやすい

モバイルJの場合、容量に合わせてプランが選べます

20GB、30GB、50GB、150GBのプランが用意されているため、ご自身の使用状況に合わせて、プランを選ぶようにしましょう。

自宅のWi-Fiと兼用で利用している方もいると思いますので、150 GBまで利用できるのは魅力的ですね。

モバイルルータープランとSIMのみプラン

データSIMのみのプランが用意されているため、格安Wi-Fiプランよりもさらに安く利用できます。
30GB、50GB、150GBのプランから選択できます。

データSIMのみのプランがあるのは珍しいのですが、月額利用料金も安くなりますので、かなりお得なプランですね。

モバイルJを利用するデメリットは?

デメリット紹介

モバイルJにはデメリットもあります。
デメリットは以下の2つです

  • 契約期間に縛りがある
  • 通信速度が遅い

ここではモバイルJのデメリットとして2つ紹介します。

契約期間に縛りがある

モバイルJには契約期間に縛りがあります。

契約期間の縛りとしては、1年か2年を選ぶ必要があります

2年契約の方が月額料金はお得になりますので、2年契約の方がオススメではあるのですが、「継続して利用するのは不安」という方は1年契約で様子を見る方がよいでしょう。

契約期間の間に解約する場合、9500円の解約手数料がかかります。

契約期間の縛りが終了した後も、更新月以外では解約手数料がかかりますので注意が必要です

通信速度が遅い

LTE回線を利用しているので使えるエリアは広いですが、通信速度が遅いというデメリットがあります。

通信速度が遅いということは、動画を快適に利用するのは難しいといえます。

モバイルWi-Fiを利用する際に、通信速度が速いか遅いかの問題はとても重要なことです。
通信速度が遅いという前提で契約した方がよいでしょう

モバイルJを利用する方法は?

利用方法モバイルJを利用してみたいと思った時に、どのようにすれば利用開始できるのか知っておきたいですよね。

ここでは、モバイルJを利用する際の手続きの方法について紹介します。

利用エリアを確認しましょう

まず利用エリアを確認しましょう。
ソフトバンクの回線を利用しているので、ほとんどの地域で利用することは可能です

利用できるかどうかはホームページで確認できますので、実際に利用できるかどうか調べてから契約してください

申込手続きをしましょう

ホームページからお申し込み手続きができます。
電話でも申し込みできますので、不明な点がある場合は相談しながら申し込んでみるのもよいでしょう。

申し込みはとても簡単です。
モバイルWi-Fiなのかデータ専用SIMなのかを選択し、さらに料金表を参考に容量プランを選びます。

オプションとして、あんしん保証をつけるかどうか選択します。
お客様情報を入力し、クレジットカード情報を入力して終わりです。

確認画面で問題がなければ申し込み終了になります。

端末は最短で当日発送

申し込みが終了したら、最短で即日には発送されます。
送料は全国無料になっていますので、0円で端末を利用することが可能です。

初期設定をしなくても使える

端末が届いたらすぐに利用できます。
初期設定が必要ないというのはかなり便利ですよね。

モバイルJを利用する際の注意点は?

モバイルJを利用する際には以下の注意点があります。

  • データSIMはアンドロイド端末のみ
  • 課金はクレジットカードのみ
  • 解約手数料がかかる
  • 端末の修理代がかかる

これらの注意点について理解した上で利用する必要があります。
ここではそれぞれの注意点について説明します。

データSIMはアンドロイド端末のみ対応

データSIMプランがあるので、データSIMのみでの利用も可能ですが、対応しているのはアンドロイド端末のみです。

アンドロイド以外では利用できませんので、注意してください。

課金はクレジットカードのみ

課金については、今まで口座振替とクレジットカードの2つがありました。

しかし現在は、クレジットカードのみでの支払いとなっています。
クレジットカードをお持ちでない方は利用できませんので注意してください。

申し込んだ日が課金開始日

モバイルJの場合、申し込んだ日が課金開始日になります。

申し込んだ日に1回目の請求と事務手数料3000円が合わせてかかりますので、注意してください。

解約手数料に注意

モバイルJの場合、契約期間の縛りがありますので、契約期間内に解約しようとすれば9500円の解約手数料がかかります

契約期間の縛りが終了したとしても、更新月でなければ解約手数料がかかりますので注意してください。

端末の破損・故障について

モバイルJの場合、24ヶ月の契約をすれば、端末を無料で使えますが、破損や故障した場合については修理代がかかります

そのため修理代を無料にしてくれる「あんしん補償」と「あんしん補償MAX」というオプションが用意されています。

あんしん補償・あんしん補償MAXに加入しよう

「あんしん補償」は月額300円で自然故障に関しては補償してもらえます。
「あんしん補償MAX」を選べば、月額500円で水漏れや紛失も対象になります。

端末が故障すると修理代がかかりますので、「あんしん補償」や「あんしん補償MAX」に入っておいた方がよいでしょう。

大容量で低価格の格安SIMを探している人にはオススメ!

モバイルJは大容量で低価格の端末なのですが、通信速度が遅いというデメリットがあります。

ただし通信速度が遅くても利用できるものもありますし、低画質でもよければ動画も苦にはならないでしょう。

とにかく安い格安SIMを利用したいという方は、モバイルJを検討してみてもよいのではないでしょうか。

モバイルJ公式サイトへ

-ポケットWiFi
-WiFi, ポケットWiFi

Copyright© 爆速WiFi道場 , 2020 All Rights Reserved.