LINEモバイル

LINEモバイルカウントフリー対象は?ツムツム等のゲームも通信量無料?

更新日:

LINEモバイルにはカウントフリーと呼ばれる機能が備わっています。この機能は、一部SNSの通信量が無料になるため、LINEやTwitterを多く使う人に愛されています。しかしながら、「LINE関係だけど、ツムツム等のゲームはカウントフリー対象なのか?」と、どこまでが無料かの判別がつきにくいのがデメリット。

そこで本記事では、LINEモバイルのカウントフリー機能で、通信量が無料になるもの、有料であるものを徹底解説。実際にLINEゲームを利用し、通信料が発生するのかも検証しています。

LINEモバイル:カウントフリー機能とは?

LINEモバイルのカウントフリーは、次のアプリが対象です。

  • LINEアプリ
  • LINE MUSICアプリ
  • インスタグラムアプリ
  • Twitterアプリ
  • Facebookアプリ

上記5個のアプリがデータフリーとなり、データ通信量が消費されなくなります。また、データ容量を使い切ってもこれらのアプリは低速にならず、ずっと高速通信ができるのも特徴です。気をつけたいのは、契約する料金プランでカウントフリー対象になるアプリが異なることです。

LINEフリープランLINE
コミュニケーションフリープランLINE、Twitter、Instagram、Facebook
MUSIC+プランLINE、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSIC

LINEモバイル:どこまでが通信量無料扱いなのか?

カウントフリーは、5つのアプリで通信量が発生しなくなるサービスですが、実はデータフリーになる範囲が決められています。それぞれのアプリのカウントフリー対象をまとめました。

LINEのカウントフリー

  • テキストおよび音声メッセージの送受信
  • スタンプ・画像・その他ファイルの送受信
  • 音声通話、ビデオ通話
  • タイムライン画面閲覧、投稿(画像、動画含む)、リレー利用・閲覧
  • 友達の閲覧・追加
  • ウォレットのトップ画面の閲覧
  • ニューストップの閲覧
  • スタンプや着せ替えのダウンロード
  • アカウントの各種設定

基本的にLINEアプリ内で完結するものは無料となります。一方で、外部サイトへの接続が必要になるもの、例えばニュースの詳細、グールプ内ライブ、スタンプショップやLINE Pay、これらは全て通信量が発生します。

Twitterのカウントフリー

  • タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含む)
  • トレンド、モーメント、通知、メッセージの利用
  • プロフィール設定
  • プライバシーの編集
  • ウェブブラウザでの利用

Twitterは、ウェブブラウザ経由で利用してもカウントフリーになるのが特徴。一方で外部リンクへの接続や、TwitterのタイムラインのYouTube、サードパーティ製のTwitterアプリはカウントフリー対象外です。

Facebookのカウントフリー

  • ニュースフィードの閲覧・投稿(画像・動画も)
  • リクエスト・お知らせなどの閲覧
  • プロフィール設定・編集
  • プライバシー設定・編集
  • ウェブブラウザでの利用

FacebookにはMessengerと呼ばれるアプリがありますが、これはカウントフリー対象外です。また、Facebook内に埋め込まれたYouTubeも外部リンク扱いなので対象外。その他、Facebookライブの配信や閲覧も通信量が発生します。

インスタグラムのカウントフリー

  • タイムラインの閲覧や投稿
  • ストーリーの閲覧や投稿
  • インスタグラム内検索
  • アクティビティの利用
  • メッセージの利用
  • プロフィールの設定・編集
  • ウェブブラウザでの利用

インスタグラムも基本的にはFacebook同様です。外部リンクへの接続、ライブ配信や閲覧が対象外となります。

LINE MUSICのカウントフリー

  • ホーム、カテゴリ、検索、マイミュージックの利用
  • 音楽、音声の認識
  • 音楽のダウンロード(オフライン再生用)

LINEサービスは基本的に有料

基本的にLINEアプリのみが通信量無料となっており、LINEが提供するサービスは有料です。LINEサービスは例として次のようなものがあります。

  • LINEクーポン
  • LINE Pay
  • LINEスタンプ
  • LINEバイト
  • LINE占い
  • LINEゲーム

そこで、本当にLINEアプリを使った場合のみ通信料が無料なのかを確かめるべく、LINEゲームのツムツムをプレイして、プレイ前とプレイ後の通信量の比較を行いました。

実際にツムツムプレイして通信量を計測

まずは、LINEゲームのツムツムをプレイする前の今月のデータ使用量をチェック。直近のデータ使用量は4MBでした。

これがLINEゲームのツムツムをプレイすると、どのように変わるのかを検証していきます。

通信量をLINEで表示するには、LINEモバイルを契約した後に、LINEアプリから「LINEモバイル公式」と友達になる必要があります。友達になった後、利用者連携登録をすると、トーク画面のメニューに「データ残量確認」があるのでタップすると、通信量や残量データが送られてきます。

実際にツムツムをプレイ。とりあえず軽くプレイしてみる。

15分ほどツムツムをプレイしたので終了。15分間のプレイでどのくらい通信量が変化したのかをチェックします。

すると、利用データ量が99MBに変化。ツムツムをプレイしたことで、「4MB → 99MB」になったので、LINEゲームはカウントフリー対象外ということが証明できました。

カウントフリーの識別方法

LINEモバイルでは、MVNEであるNTTコミュニケーションズにユーザーの通信内容やIPアドレス等を送って、どれがカウントフリー対象なのかを自動的にチェックしています。LINE側が予め登録した機能のみ、カウントフリーの対象です。

SNSを多く使うならLINEモバイルがおすすめ

ここまで、LINEモバイルのカウントフリー機能を徹底的にまとめてきました。カウントフリーはSNSを多く利用する人にとって強い味方です。LINEモバイル自体の月額料金も安いので、格安SIMの中ではおすすめできる部類となります。

おすすめは、コミュニケーションフリープラン。LINEだけでなく、Twitterやインスタグラム、Facebookを使っている人ならばこのプランがベストな選択肢です。LINEモバイルの実際の使用感や、評判について下記記事で解説していますので、契約を検討している方は参考にして下さい。

レビュー記事

LINEモバイル公式

-LINEモバイル
-LINEモバイル

Copyright© 大人のWiFi通信倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.