ポケットWiFi

格安SIMのポケットWiFiは使える?おすすめとメリットとデメリットを紹介

アイキャッチ

ポケットWiFiとして格安SIMを使いたい

そんなこと考えたこはありませんか?

たしかに格安SIMであれば安く利用できると思いますよね。

しかし、格安SIMをポケットWiFiとして使う際には、メリットとデメリットがあるのです。

ここではそのメリット、デメリットとともに、格安SIMを使わないポケットWiFiとの比較も行います。

格安SIMでポケットWiFiを利用したいという人は、この記事をぜひ参考にしてください!

そもそもポケットWiFiとは

ポケットWiFiはモバイルルーターとも呼ばれます。

つまり、外出先でもインターネットができる端末のことを指しているわけです。

家でも外でも自由にネットにつなぐことができる機器がポケットWiFiなのです。

持ち運び可能なWiFiなので、工事もいらず、しかも小型で持ち運びやすいという特徴があります。

ただし自宅で使う光回線の方が回線速度は安定しており、速度制限がかかることもありません。

そのため自宅で動画など大量にデータを消費する方は、光回線を使った方がよいでしょう。

格安SIMのポケットWiFiを使うメリット

格安SIMを使うデメリット

格安SIMをポケットWiFiとして使うことが可能です。

ただしWiMAXやY!mobileなどのポケットWiFiがあるのに、なぜ格安SIMのポケットWiFiを利用するのでしょうか

そこにはメリットがあるからです。

ここでは格安SIMをポケットWiFiとして使うメリットについて2つ紹介します。

・料金が安い

格安SIMのデータSIMの利用料金はかなり安いです。
1 GB 500円からというプランも存在しています。

WiMAXやY!mobileなどの既製品を使用するよりも、かなり安くなるのは間違いありません

・工事がいらない

ポケットWiFiなので工事はいりません

一方、光回線など、自宅でWiFiを利用しようと思えば、必ず工事が必要になります

工事はなかなか日程を調整するのは難しいこともあり、自宅の無線環境がすぐに整わないこともあります。

しかしポケットWiFiであれば、工事が必要ないわけですからすぐに利用できます

また工事が必要ないということは、工事費用がかからないということです。

つまり初期費用がお得になるということなんですね。

お金が安く抑えられるというのは大きなメリットの1つですね。

・契約の縛りがないことが多い

データ通信をして利用できる格安SIMは、ほとんどが契約の縛りがありません

契約の縛りがないというのは、いつでも解約できることを意味しています。
「解約月でないと手数料が取られる」ということもありません。

そういう意味では使いやすいポケットWiFiになるでしょう。

格安SIMのポケットWiFiを使うデメリット

格安SIMを使うデメリット

格安SIMのポケットWiFiはメリットばかりではありません。
当然ではありますが、デメリットも存在しています。

ここでは格安SIMを使ったポケットWiFiのデメリットを4つ紹介します。

・通信速度が遅い

格安SIMのデメリットの1つに、通信速度が遅いというのがあります。

格安SIMについて調べていくと多い書き込みが、「速度が遅い」というものです。

ある意味、格安SIMは速度が遅いと定着しているため、速度が遅いことを前提に契約している方も多いでしょう

・ルーターを自分で用意する必要あり

格安SIMをポケットWiFiとして利用する場合は、ルーターを準備する必要があります

自分でルーターを購入することは、通信機器が苦手な人にとってはハードルが高いといえます。

・自分で設定が必要

WiFiルーターを購入しなければいけないわけですから、設定も自分で行わなければなりません

慣れている人であればそんなに難しい作業ではありませんが、はじめてルーターの設定を行うとなれば、時間はかかる可能性が高いです

端末が送られてきたらすぐに使えるサービスも多い中で、こうしたデメリットについては理解しておいた方がよいでしょう。

・大容量のやり取りをする人には向かない

光回線と比べれば、格安SIMを使ったポケットWiFiは確実に速度も遅くデータ容量の制限もかかりやすくなっています

たとえば家でYouTubeを見るとします。

光回線を使っていれば問題なく見られますが、格安SIMを使ったポケットWiFiの場合は、かなりつながりにくくなる可能性があります

速度が遅かったり動画がなかなか見られないことに対してストレスを感じない人はよいですが、速度が遅くなることにストレスを感じる人は、格安SIMを選ばない方がよいでしょう。

モバイルWiFiルーターとは

モバイルルーターとは

ポケットWiFiはモバイルWiFiルーターのことを指します。

つまり家でも外でも場所を選ばず、インターネットを利用できる通信機器です。

モバイルWiFiルーターには、SIMカードを差し込むものと、そもそもSIMカードとセットになっているものがあります。

SIMフリーのモバイルWiFiルーターを使えば、大体の格安SIMを使えるでしょう。

・SIMフリー端末とは

SIMフリー端末とは、端末が特定の会社のみ利用できるようにロックがされていない状態のものをいいます。

たとえばドコモで購入したものであれば、ドコモのSIMカードしか使えないというように設定されています。

格安SIMをポケットWiFiとして利用する場合は、SIMフリー端末を購入する必要があります

ただしSIMフリー端末だからといって、すべての格安SIMカードが利用できるとは限りません

自分が利用したい格安SIMのカードが利用できるかどうか、チェックしておいた方がよいでしょう。

・オススメのモバイルWiFiルーターは?

SIMフリーのモバイルWiFiルーターは多く販売されていますので、
ここではオススメのモバイルWiFiルータを4つ紹介します。

・NEC「Aterm MR05LN」

NECのモバイルWiFiルーターは、nanoSIMカードが2枚挿入でき、自動で切り替えて、使い分けられるという優れものです。

SIMフリーのモバイルWiFiルーターとしては人気も高く、価格もお手頃で人気の高い商品になっています。

・富士ソフト「+F FS030W」

富士ソフトのモバイルWiFiルーターは、最大20時間の連続通信時間という優れものです。
しかもかなりコンパクトで持ち運びに便利だと評判です。

値段も手頃で利用しやすいモバイルWiFiルーターだといえます。

・ネットギア「AirCard AC797」

最大32台のWiFiデバイスにつなげることがでい、スピードもかなり速いと評判のモバイルWiFiルーターです。

32台もの台数を高速でつなげられるとなれば、かなり利用しやすいですよね。

スピードがしっかり出るのであれば、自宅と外出先での兼用として使うことも可能でしょう。

・ファーウェイ「E5383s-327」

とにかく簡単に接続できるWiFiモバイルルーターです。

専用のアプリからルーターを管理することも可能ですし、QRコードでペアリングすることもできます。

形もコンパクトですから、とにかく簡単にWiFiモバイルルーターを使いたいという人にはオススメの商品です。

格安SIMでポケットWiFiを作る方法

ポケットWiFiの作り方

格安SIMとモバイルWiFiルーターを使えば格安SIMでポケットWiFiを作れます

モバイルWiFiルーターに関してはすでに紹介したものの中から選べばよいですが、格安SIMはどれを選べばよいのでしょうか。

ポケットWiFiを作る際にオススメの格安SIMは?

ポケットWiFiを作る際におすすめの格安SIMは以下の3つです。

これら3つのうちどれかであれば格安SIMでポケットWiFiを作ることが可能です。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天が運営する携帯会社です。

3大キャリアに挑戦し、第4のキャリアとして独自回線の提供をスタートしました。

楽天モバイルではデータ通信用のSIMも利用でき、以下のように料金も安く、モバイルWiFiルーターも一緒に購入できるためお金が安く済みます。

データSIM(SMSなし)
ベーシックプラン525円
3.1GBプラン900円
5GBプラン1,450円
10GBプラン2,260円
20GBプラン4,050円
30GBプラン5,450円
  • 楽天モバイルの評判は?

これまでデータSIMはドコモ回線、au回線が選べましたが、2020年4月8日から楽天回線のみの提供となりました。

楽天回線へ移行しているからかもしれませんが、以前ほど高い評価になっていません。

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルの詳細ページへ

・U-mobile

U-mobile

動画配信サービスの運営会社であるU-NEXTをご存じですよね。

U-NEXTがU-mobileを運営しています。
U-mobileも格安SIMを使ってポケットWiFiを作れます。

料金は楽天モバイルと引けをとらないぐらい安いですね。

プラン名容量月額基本使用料
1GB1GB790円
5GB5GB1,480円
LTE使い放題使い放題2,480円
ダブルフィックス (〜3GB)〜3GB通信量1GB以下 680円〜

通信量1GB超 900円

  • U-mobileの評判は?

速度が遅いという評判が多いです。

U-mobileの公式サイトへ

NifMO(ニフモ)

NifMo

NifMo(ニフモ)はニフティが提供する格安SIMサービスです。

ニフティと言えばインターネットの老舗ですよね。
そんなニフティもデータ専用SIMカードを提供しています。

利用料金は楽天モバイルと同程度ですね。

プラン名月額利用料金
3GB900円(税別)
7GB1600円(税別)
13GB2800円(税別)
  • Nifmoの評判は?

解約や解除がわかりにくいという評判も。

あと速度はイマイチのようです。

NifMoの公式サイトへ

下記のページでおすすめの格安SIMを徹底比較しています。

格安SIMの選び方が徹底比較でまるわかり!料金や速度・おすすめを考察

 

格安SIMでポケットWiFiを使った方がいい人は?

格安SIMは決して速度が速いわけではありません

ただしデータ通信専用で格安SIMを利用すれば、かなり月額費用を抑えられます

そのため速度が遅くても、とにかく安い格安SIMを利用してポケットWiFiを作りたいという方は使ってもよいでしょう。

そもそも動画などをたくさん見ないので、ほとんどデータを使わないという人にも向いています。

ただしこの組み合わせがベストというわけではありません。

理由としては、格安SIM以外のポケットWiFiが使いやすく、人気があるからです。

格安SIMを使わないポケットWiFiは何があるの?

格安SIMとポケットWiFiという速さを犠牲にした組み合わせを使うよりも、SIMカードとモバイルWiFiルーターがセットになったものを利用した方が満足のいく結果になります。

そこでここでは、オススメのポケットWiFiを2つ紹介します。

・UQ WiMAX

UQ WiMAXは月額3,880円で月間データ量は上限がありません

2年間の契約の縛りがあったり、3日間で10 GB以上使うと速度制限かかったりなどしますが、データ使用料は無制限でこの価格というのはかなりオススメできるものです。

またGMOとくとくBBをプロバイダに選べば、かなりのキャッシュバックが望めます

・Y!mobile

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドですので、オススメです。

7GBまで利用できるプランで月額3,696円、上限なしで月額4,380円と、UQ WiMAXよりは若干高くなっています。

ただし通信速度はかなり出ますので、オススメのポケットWiFiだといえます。

ポケットWiFiは値段よりもつながるかどうかが大事!

格安SIMを使ってポケットWiFiを作ることは可能です。

しかしどんなに安くなっても、繋がらなければ意味がありません

そういう意味では値段がかなり安く、データをあまり使わない人であれば格安SIMとポケットWiFiの組み合わせもアリです。

しかし、データをたくさん使う人はUQ WiMAXかY!mobileのポケットWiFiを使った方がよいでしょう。

格安SIMでポケットWiFiを作ろうと考えている方は、どのような使用目的かもう一度考えてから決めましょう。

次のページでは無制限で利用できるポケットWiFiを紹介しています。

【最新ランキング】無制限ポケットWiFiで安くておすすめは?料金・速度を比較

-ポケットWiFi
-ポケットWiFi, 格安sim

Copyright© 爆速WiFi道場 , 2020 All Rights Reserved.