ポケットWiFi

海外旅行におすすめなレンタルポケットWiFi比較!必要性や選び方も合わせて解説

更新日:

海外旅行に行く場合、ネット環境をどうすべきか悩む人も多いはず。

当然ながら現地にスマホを持っていってもそのままではインターネットに繋げません。そこで色々と海外でインターネットに接続する方法を調べると思いますが、最近はいろいろな所で「海外用のポケットWiFiを使おう!」という広告を見ると思います。

海外用ポケットWiFiに対する疑問

  • そもそもポケットWiFiを使う必要がある?
  • 現地でSIMカードを購入すれば海外用ポケットWiFiはいらないのでは?
  • 使うメリットがよくわからない
  • 日本で使っているポケットWiFiは海外で使えないの?

等々の疑問もよく浮かび上がってくるはずです。

そこで本記事では、そもそも海外旅行にポケットWiFiのレンタルは必要なのか、いる場合、どんなWiFiを選べば良いのか徹底的に解説していきます。

海外でインターネットに接続する3つの方法

海外旅行でネットを利用するには、次の3つの方法があります。
  1. 現地でプリペイドSIMカードを買う
  2. 無料WiFiを使う
  3. 海外用ポケットWiFiを事前にレンタルする

それぞれどのような特徴があるのかをザックリご説明します。

プリペイドSIMカードはSIMフリースマホ必須!

海外旅行に行く場合、旅に慣れている人でしたら現地の空港でプリペイドSIMカードを購入するケースがよくあります。たしかに便利ですし、今現在自分が使っているスマホのSIMを差し替えるだけで使えるのはメリットだと思います。

しかし、海外のSIMカードを使うためには「SIMフリースマホ」が必須となってくるのがデメリットです。つまり、キャリアで購入したスマホを使っている場合、SIMロックを解除していないと使えないことになります。

その他にも、こんなデメリットが存在します。

  • SIMの差し替えやAPN設定が必要なので接続までに手間がかかる
  • GSM規格の2G/3G回線対応端末であること
  • 2G/3G回線のSIMカードを認識できる端末であること
  • 現地購入の手間がかかる

プリペイドSIMカードを使う場合、ある程度自分のスマホの事をわかっていないと、いざ現地に行って使うおうとしたら使えなかった!と泣きを見る可能性もあるのがイマイチなところです。

無料WiFiスポットは緊急時に弱い

海外は日本よりも無料WiFiスポットが多い傾向にあります。

なので、無料WiFiを利用するのも一つの手段ですが、欠点もあります。それは、無料WiFiスポットがない所ではインターネットに接続できないことです。

道に迷ってしまった時、GPSを使ったグーグルマップがあれば安心できますが、その地域でWiFiスポットがなかった場合どうしようもできません。緊急時に弱いのが無料WiFiスポット最大の弱点と言えるでしょう。

海外ポケットWiFiのレンタルは隙がない

最後のインターネット接続方法として、海外レンタルポケットWiFiを使う方法があります。

ポケットWiFiの場合、日本国内で契約してそのままルーターを海外に持ち込んで接続するので、現地でSIMカードを契約したりする必要がありません。

事前に行く国用のポケットWiFiを貸してくれるので、繋がらないということは絶対にありませんし、SIMカードを差し替えたりする必要がなく、キャリアスマホでも問題なく使えるメリットがあります。

海外旅行に行くならば、ポケットWiFiをレンタルして持ち込むのが最もおすすめです

海外ポケットWiFiレンタルとは?

海外ポケットWiFiレンタルとは、国内でレンタルしてそのまま海外へ持ち込むと使えるモバイルWiFiルーターです。

海外用のポケットWiFiがあると、現地で簡単にインターネットを使えたり、面倒な手続きが一切必要ないので、英語や現地語がほとんどわからない人でも安心して使えます。

そんな便利な海外レンタルポケットWiFiのメリット、デメリットについてご紹介します。

メリット

いつでもどこでもインターネットができる

海外旅行にレンタルしたポケットWiFiさえ持ってけば、電波が入るところならばいつでもインターネットができるメリットがあります。

慣れない土地で道に迷ったとして、ネットにさえ繋がればGPSを使って現在地を確認できますし、現地の有名なお店も調べることが出来ます。

また、iPhoneやAndroid関係なしでWiFiさえ繋げられる環境があれば簡単に接続できるのもポイントです。

当日に各空港で受け取りができる

海外用のポケットWiFiは、自宅に送って貰う必要がなく、出航する前に空港内で受け取りができます。

ほとんどのレンタルポケットWiFiは空港受取に対応しているので、成田、千歳、羽田などで当日受け取りが可能というメリットがあります

これならば、当日の持ち物として忘れる心配もないので安心ですね。

国内で手続き、支払いができる

海外レンタルポケットWiFiは、現地で契約するのではなく国内で手続きを行います。

当然ながら日本語のサイトでわかりやすく料金プランなどを紹介しているので、英語が苦手という方でも安心、簡単に手続きができます。

また、支払いも日本円で事前支払いとなるので、スマホで国際ローミングを使って無駄に高額な料金を取られる!という心配もありません。

面倒な手続きや設定が一切ない

契約の面倒な手続きはもちろんのことですが、設定も非常に簡単です。

仮に現地でプリペイドSIMカードを購入した場合、SIMカードの差し替え、APNの設定、現地のバンドに対応したスマホを使っているかの確認が必要ですが、海外レンタルポケットWiFiの場合は、WiFiに繋げるスマホならどれでも使えます。

また、SIMフリースマホではなくキャリアのスマホを使えるのも大きなメリットです。

デメリット

モバイルWiFiルーターを持ち歩く必要がある

唯一のデメリットとして、スマホの他にモバイルWiFiルーターを持ち歩かなければなりません。

多少荷物が増えてしまうのがデメリットですが、モバイルWiFiルーター自体そんなに大きいわけではなく、イメージとしてはスマホくらいの大きさです。

そもそも海外旅行にポケットWiFiレンタルは必要?

そもそも、海外旅行でポケットWiFiレンタルは必要なのかという話があります。

個人的には他のインターネット接続より、ポケットWiFiレンタルがあったほうが良いと思いますが、旅の仕方や目的によっては必要ないケースもあります。

ポケットWiFiレンタルが必要な人

家族や友達とシェアしながら使う人

友達や家族のグループで海外旅行に行く場合、人数分のプリペイドSIMカードを用意するよりも、レンタルしたポケットWiFiをシェアしながら利用するほうが、トータル料金が安くなります。

ポケットWiFiは、最大で10人程接続ができるようになっています

デメリットとしては、モバイルWiFiルーターは1つのため、それぞれが別の場所に行った時にインターネットに接続できないことです。

ただ、料金を割り勘できるというメリットもあるので、旅費をなるべく安く抑えたいならおすすめできます。

現地でのネット手続きに自信がない人

英語に自信がないから、プリペイドSIMカードを借りる自信がない…。

海外旅行に行く人の中には、こういった悩みを持っている人も少なくないと思います。私自身、英語をペラペラ喋ったりしっかりリスニングできるわけではないので、正直現地で目的のSIMカードを買える自信がありません。

そんな時に便利なのが、海外レンタルポケットWiFiです。

これならば、日本国内で契約して海外に持っていけば使えるので、現地での契約が不安な方にぴったりです。

また、SIMカードの場合APNの設定やSIMカードの差し替えなど、少々面倒な手間が必要になるので、機械がちょっと苦手という方には難易度が高いです。ポケットWiFiの場合は、WiFi接続すれば良いので、使い方も超簡単です。

ツアーなどで現地の空港でゆっくり手続きができない人

海外旅行は、個人で楽しむために行く人、ツアーなどの団体で行く人など様々です。

特に注意したいのが、ツアー等の団体で海外旅行に行く場合です

その場合、空港でゆっくりする時間はあまりないので、ネット接続の契約をする時間がない可能性もあります。

そこで日本で契約した海外レンタルポケットWiFiを持っていくと、現地でそのまますぐに利用できるので、スケジュールがタイトな人でもネット環境を簡単に用意することが出来ます。

ポケットWiFiがいらない人

長期に渡って国を転々と回る人

1箇所ではなく、長期間に渡り世界各国を転々と旅する人の場合、海外レンタルポケットWiFiは不向きです。

理由は、各国で電波状況が異なるため、対応バンドも違ってくるからです

海外レンタルポケットWiFiは、その国の対応バンドに合わせて調整を行っているので、当然ながら別の国では使えないようになっています。

そこでポケットWiFiを何個も借りるよりは、現地の空港などでプリペイドSIMをその都度購入するほうが安くなる傾向にあります。また、滞在期間が決まっておらず、長期滞在する可能性がある場合もレンタルポケットWiFiは若干微妙です。

最近は、30日以上の長期レンタルにも対応したプランが続々と出てきたので、海外への長期出張、留学、ワーキングホリデーの方もそこまで気にする必要がなくなりました。

ネットがなくても困らない人

例えば、1日海外へ滞在するくらいで行く場所が既に決まっている人ならば、ネット環境が必要ないかもしれません。

フリーWiFiスポットで十分な人や、ホテルでネットが使えれば問題ないという人もいます。

また、ネットに頼らず現地を自分の足で色々歩いてみたいという方も、ネットは必要ないでしょう。レンタルポケットWiFiを契約する前に本当にネットが必要なのかを再確認してみましょう。

海外ポケットWiFiをレンタルする際の注意点

返却期限に注意

基本的にレンタルポケットWiFiは、返却期限が過ぎても返却されない場合、追加徴収が発生します。

追加徴収は金額が高くなる傾向がほとんどです。

ですが、ほとんどのレンタルサービスではレンタル期間の延長を承っています。レンタル期間の延長をすれば追加徴収で無駄な料金を取られる心配がないので、必ず電話、もしくはメールフォームを使って延長申請を行って下さい。

データ通信無制限の使い放題ではないこと

国内レンタルポケットWiFiの場合、データ通信無制限で使えるサービスもありますが、海外ではそれがありません。

大抵は、「500MB/1日」、「1GB/1日」などの容量が決まっている事に注意しましょう。

なお、海外ポケットWiFiの場合、「1GB/1日」でも大容量プランの部類に入ります。海外旅行で動画を見る人は少ないかと思いますが、あまり容量は大きくないということは念頭に置いて使いましょう。

利用しない日でも料金は発生する

例えば、海外ポケットWiFiを1週間レンタルしたとして、1日目は機内泊で使わなかったとしても、その日の料金は発生します。

これはレンタルという性質上仕方がない部分なので、少しでもレンタル料金を無駄にしないために、当日空港受取などを利用して契約を行いましょう。

海外ポケットWiFiのレンタルの選び方

海外ポケットWiFiをレンタルする際は、次の5ポイントを注視して選びましょう。

1.レンタル料金とプランの豊富さ

契約するプランや、利用する国によってレンタル料金が大きく異なりますが、なるべく1日あたりのレンタル料金が安い海外ポケットWiFiを選ぶのがおすすめです。

各社でレンタル料金シミュレーションが行えるようになっているので、必ず契約前にチェックするようにしてください。

また、用意されているプランの多さも念頭に置いておきましょう。

前述しましたが、海外レンタルポケットWiFiはデータ通信無制限で使えるサービスは存在しません。理由は、世界のモバイル通信会社で「フェアユーセージポリシー(FUP)」という政策を取っているからです。

なので、普段から通信量が多い人は1GBの大容量プランがあるポケットWiFiを借りるべきですし、逆に全然使わない人は250MB程度のプランでも大丈夫です。

「フェアユーセージポリシー(FUP)」とは、電波の公平な利用を担保するための施策です。過剰な通信量を行った場合に利用制限や利用の中断を行うので、データ通信無制限はNGとして扱っています。

2.当日空港受取/返却に対応しているか

海外ポケットWiFiをレンタルする際は、なるべく空港内で受け取り、返却に対応しているサービスを選びましょう。

家から持ってくる場合忘れてしまう危険性もあるので、当日空港内で受け取れたら安心です。帰国したら空港内で即返却が出来るのも大きなメリット。

また、空港内で受け取りをする際は、簡単に使い方や設定方法などを説明してくれるので、初めて海外にレンタルポケットWiFiを持っていく人にとっても安心して使えるメリットがあります。

3.サポートは充実しているか

海外レンタルポケットWiFiサービスで注目してもらいたいのが、「サポートの充実度」です。

渡航中に何らかのトラブルがあった場合、サポートに問い合わせて解決出来ることもあります。なので、最低限24時間365日のサポートがある海外ポケットWiFiを選ぶことをおすすめします。

メール、LINE、電話対応など様々な問い合わせに対応しているサポートであればなお良いです。

4.4G/LTEと3G回線どっちにするか

一般的に4G/LTE回線のほうがデータ通信速度は速いですが、3G回線と比べると価格が高くなっています。

利用スタイルによって変わりますが、もしそこまでネットは使わないけどあったら便利程度で海外ポケットWiFiを借りるならば、3G回線を選んだほうが旅費の節約になります。

速度も十分に担保したいと言う場合、4G/LTE回線を選ぶべきです。

なので、両方のプランが用意されているポケットWiFi会社を選んでおけば間違いありません。

5.接続台数や設定の手軽さ

家族や友達のグループで海外ポケットWiFiをレンタルする場合、接続台数や設定の手軽さは重要です。

特に接続台数は最大5台が主流となっているので、それ未満のポケットWiFiは正直選択肢に入れる必要はないでしょう。

一人で使う場合はあまり気にしなくても良いです。

徹底比較!海外旅行におすすめなレンタルポケットWiFi3選

以上、選び方や注意点を踏まえた上で、海外旅行におすすめなレンタルポケットWiFiをランキング形式で1位から順番にご紹介します。

1位.イモトのWiFi

支払い方法クレジットカード
空港受け取り/返却新千歳、成田国際、羽田、中部国際空港セントレア、関西国際、福岡
主要料金プラン4G/LTE WiFiプラン
3G WiFiプラン
同時接続台数5台
送料500円(税抜)
サポート365日・24時間の充実無料サポート

イモトさんがPRしていることで有名な海外専用ポケットWiFi「イモトのWiFi」。

大々的にPRしているので認知度はもちろんですが、料金プランや利用できる国の数を見ても、海外レンタルポケットWiFiならば現状最も使いやすいと言えます。

主要プランは「4G/LTE」「3G」の2つですが、その他にも「2カ国以上の渡航プラン」、「大容量スタンダード」、「ギガプラン」、「長期割/早割」など、シーンに合わせたプランを多々用意してあるのが特徴的です。

日本から近い台湾や韓国ならば、1日あたり680円の格安料金で4G/LTEプランが使えます。

海外用レンタルポケットWiFiで迷ったら、イモトのWiFiで決まり

見出し(全角15文字)

  • 世界200カ国以上と地域をカバー
  • 1日680円から4G/LTEプランが使え、1ギガの大容量プランも用意
  • 10秒でOK!パスワードを入力するだけですぐネットに繋がる
  • 様々なキャンペーンを行っている

公式ページ

2位.グローバルWiFi

支払い方法クレジットカード/NP後払い
空港受け取り/返却新千歳、旭川、仙台、歌舞伎城、成田、羽田、静岡、中部国際、中部国際空港セントレア、新潟、小松、伊丹、関西国際、福岡、宮崎、鹿児島、那覇
主要料金プラン4G/LTE WiFiプラン
3G WiFiプラン
同時接続台数5台
送料500円(税抜)
サポート365日・24時間の充実無料サポート

「3G」、「4G/LTE」のシンプルな料金プランのみを用意している「グローバルWiFi」。

それぞれに、「通常プラン:250MB/1日」、「大容量プラン:500MB/1日」、「超大容量プラン:1GB/1日」の3種類の容量プランが用意されており、シーンに合わせたプランがサクッと選べるのがポイント。

その他に、オプションとして翻訳機である「POCKETALK(ポケトーク)」も格安でレンタルできるので、現地での会話もこれでバッチリです。

イモトのWiFiのように料金プランが多いわけではありませんが、長期出張や留学に便利な長期割引プランは用意されています。ただし、電話での申し込みになるのが若干面倒です。

また、クレジットカードなしでも契約できるようにNP後払いにも対応しています

NP後払いとは、帰国後に「コンビニ」、「郵便局」、「銀行」での支払いができるサービスです。なお、後払い手数料として540円かかるので注意して下さい。

見出し(全角15文字)

  • 世界200カ国以上と地域をカバー
  • シンプルな容量プランで選びやすい
  • 受け取り/返却に対応した空港が業界最多数

下記リンク限定で、WiFiレンタル料金が5%OFFになっています。

公式ページ

3位.エクスモバイルWiFi

支払い方法クレジットカード
空港受け取り/返却成田、羽田、関西国際、中部国際(セントレア)、福岡、新千歳
主要料金プラン4G/LTE WiFiプラン
同時接続台数1~3台
送料500円(税抜)
ポスト宅配:無料
サポート365日、24時間電話サポート受付(LINEやスカイプを使えば無料)

認知度は低いですが、そこそこ安い料金で使える「エクスモバイルWiFi」。

国ごとの基本プランに加え、「ヨーロッパ周遊プラン」や「アジア周遊プラン」など、複数ヶ国に渡って1つのポケットWiFiで利用できる、シーンに合わせたプランが用意されています。

その他に、スマホやタブレットと一緒にレンタルできるプランがあります。

難点は、公式ホームページが非常に見づらく、どこに何が書いてあるのかわかりにくいことや、格安の3Gプランがないことです。

見出し(全角15文字)

  • 世界170カ国以上と地域をカバー
  • 複数ヶ国を1台のポケットWiFiで使えるプランを用意
  • 200MB ~ 1GBまでの容量を用意

公式ページ

おまけ:イモトのWiFi通信速度実測値

台湾に行った際イモトのWiFi「4G/LTE WiFiプラン」を使ってみました。台北市内で通信速度を測った結果が下記となります。

そこそこの通信速度が出ています。この程度の速度があれば快適にネットができます。

動画を見ないなら「500MB/1日」もあれば足りるので借りてよかったです。3G回線は1Mbpsでるかどうか微妙ですが…。

もしこれから海外旅行に行くためのポケットWiFiを探しているならば、とりあえずイモトのWiFiを試してみることをおすすめします。

公式ページ

-ポケットWiFi
-ポケットWiFi, レンタル, 海外旅行

Copyright© 爆速WiFi道場 , 2020 All Rights Reserved.