あなたにぴったりのポケットWiFiを教えます

爆速!ポケットWiFi部

ポケットWiFi

家庭内ネット回線はポケットWiFiで十分?固定回線との違いを比較

投稿日:

2019年2月7日から、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンが強化されました!月額料金を今まで通り割引する他、5,000円のキャッシュバックが提供されます。キャッシュバックを受け取ることにより、3年間のトータル料金が120,660円と間違いなくWiMAX業界最安値級となりました。期間限定なので、お早めに!

GMO とくとくBB公式(月額料金大幅割引)

これから自宅にインターネット回線を導入する上で、果たして固定回線とポケットWiFiどちらを契約するか悩んではいないでしょうか?両者とも良いところもあれば悪いところもあるので、一概にこっちにすべきと言えないのが現状です。

そこで本記事では、ポケットWiFiと固定回線を比較しつつ、自宅のネット回線はどちらを選ぶべきかを解説。ネット環境構築に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

結論:ポケットWiFiで必ずしも十分とは言えない

最初に結論から言うと、誰しもが必ずポケットWiFiが良いとは限りません。人によっては固定回線でないと駄目な場合があります。その最たる理由となるのが、一人一人で1日あたりに消費するギガ量が全く違うからです。その他にも細かい理由が色々ありますが、大きな理由はこれになります。

では一体どちらを選べば良いのかの判断になりますが、これは自分自身のライフスタイルを一度見直す必要があります。例えば、オンラインゲームを頻繁にプレイする、YouTubeを始めとした動画を多く視聴する、逆に動画やゲームをしないのでそこまで通信量が必要ないなど。

これらを細かく見直すことで、家庭内のネット回線をどれにすべきかが変わってきます。それらを踏まえ、実際にポケットWiFiと固定回線ではどんな違いがあるのか、その上で家に固定回線を導入すべき人、ポケットWiFiで十分な人についてご紹介していきます。

ポケットWiFiと固定回線の決定的な6つの違い

ポケットWiFiと固定回線には、決定的な違いが6つあります。その違いをザックリまとめたのが下記です。

  1. 固定回線は使い放題で通信制限が発生しない
  2. 通信速度は固定回線がダントツに速い
  3. ポケットWiFiは工事が必要ない
  4. 月額料金はポケットWiFiが圧倒的に安い
  5. 固定回線は契約会社で品質が大きく異なる
  6. 固定回線は自宅以外で使えない

6項目を表にしてまとめたのが下記となります。

項目 ポケットWiFi 固定回線
通信制限 ×
通信速度
回線工事 なし あり
月額料金 標準 やや高い
契約会社による速度差 あまりない 大幅にブレる
持ち歩き ×

大雑把に分類すると、ポケットWiFiと固定回線では上記のように異なる部分が多いです。これら6項目について、もっと詳しく解説していきます。

固定回線はネット使い放題!通信制限はほぼかからない

固定回線最大のメリットは、ネットをいくら使ったとしても通信制限に引っかからないことです。YouTubeを何時間垂れ流しても大丈夫、オンラインゲームを24時間プレイしたとしても、翌日に通信制限になることはありません。

逆にポケットWiFiやWiMAXでは、通信制限を気にしなければならないのがデメリット。特にWiMAXは、3日で10GB以上のデータ量が記録された場合、翌日の18時~0時まで速度が1Mbpsまで制限されます。ここまで制限されるとオンラインゲームのプレイはほぼ不可能で、動画を見るのも途中で再生が止まったりするので苦労します。

最近はポケットWiFiでもデータ通信無制限のサービスが販売されてきましたが、実際は100~120GBくらいが限度となっており、それ以上使うと手動で速度制限を掛けられてしまうのが現状です。なので、いつでも家庭内ネット環境を快適に使いたい人は、固定回線がオススメと言えます。

固定回線の通信速度は基本的に速い

固定回線は基本的に通信速度が速いです。ポケットWiFiとは比べ物になりません。中には、200Mbps以上、500Mbps以上の通信速度を出せる環境にある人もいます。実際に私のポケットWiFi(WiMAX)での通信速度が下記となります。

下り速度49.2Mbps、上り速度7.06Mbpsと十分と感じますが、固定回線はこれよりもっと速いです。私の使っている固定回線はドコモ光ですが、最大100Mbpsまでの速度しか出ないにも関わらず、最大理論値の8割くらいの速度を出すことができています。

注目してもらいたいのは通信速度だけではありません。PING値の差がかなり大きいのが画像からわかるかと思います。このPING値が低ければ低いほどサーバーからのレスポンスが早いことになるため、オンラインゲームをプレイする際に有利です。

ポケットWiFiでは通信速度は十分なこともありますが、一般的にPING値がやや高めとなっています。特にWiMAXはPING値が40ms以上がザラで、このくらいの応答速度だとオンラインゲームでラグが発生する可能性が高いです。

ポケットWiFiは家の回線工事が不要

固定回線の良いところをここまで紹介してきましたが、ポケットWiFiにも良いところはたくさんあります。特にポケットWiFiは、自宅にモバイルWiFiルーターが届いたらすぐに使えることが魅力。電源を入れてWiFiの設定をするだけで、その日からインターネットが使えるようになります。

逆に固定回線は、一度自宅に開通工事をしなければなりません。その時当然工事業者を自宅に招き入れなければならないので、一人暮らしの方は結構抵抗があるのではないでしょうか。

加えて開通工事は順番待ちとなっているので、引越しシーズンの2月~4月にかけては近日中の予約が取れないことがあります。遅ければ1ヶ月先になってしまうので、家にインターネット回線を引くまで時間がかかるのがデメリットです。また、契約する固定回線によっては繁忙期でなくとも回線工事が当分先となることも。

月額料金はポケットWiFiが安い

固定回線とポケットWiFiの違いは、通信速度面だけではありません。月額料金も大きな違いがあります。代表的なポケットWiFiやWiMAX、そして固定回線の月額料金を比較したのが下記となります。

回線 月額料金
GMOとくとくBB WiMAX2+ 1 ~ 2ヶ月目:2,170円
3 ~ 36ヶ月目:3,480円
それ以降:4,263円
SAKURA WiFi 3,680円
ドコモ光 マンション:4,000円
戸建て:5,200円
ソフトバンク光 マンション:3,800円
戸建て:5,200円
NURO光 4,743円

GMOとくとくBBのWiMAX 2+は3年契約が終わると月額料金が高くなりますが、その時に他社へ乗り換えすればまた安い値段で使うことができます。ドコモ光やソフトバンク光や月額料金が一律同じとなっていますが、料金自体はやや高め。戸建てになると5,200円となるのでポケットWiFiより高く感じるかと思います。

とにかくインターネット料金を安くしたいという方には、ポケットWiFiのほうが安いのでオススメです。

固定回線は当たり外れが大きい

個人的に固定回線最大のデメリットが、契約する回線やプロバイダによって大きく通信品質が異なることです。最悪なハズレを引いてしまうと、夜の時間になると通信速度が1Mbps以下になることもあります。私も以前そのくらい酷い固定回線と出会ってしまったため、料金を支払って泣く泣く別回線に乗り換えた経験があります。

また、速度が速いと言われている回線を使ったとしても、プロバイダが自分の環境と合わない場合通信速度が遅くなります。プロバイダは当たり外れが大きく、他の人が速い!と言っているものでも、いざ自分が使うとダメなパターンが多々あります。その度にプロバイダの乗り換えをしていると結果的にお金が消えていくので、なるべくハズレを引きたくない人はポケットWiFiがおすすめ。

ポケットWiFiは比較的ハズレが少なく、プロバイダという概念も薄いので安定した通信ができます。特にWiMAXはプロバイダによって通信速度が異なることがほぼありません。

ポケットWiFiは持ち歩きできるのが最大のメリット

ポケットWiFiは、据え置き型ルーター以外であれば持ち歩きできるのが固定回線との大きな違いです。ズボンのポケットに入るくらいの大きさのルーターなので、いつでも自分の好きな場所でインターネットを使うことができます。

一方の固定回線は、自宅以外で利用することができません。自宅に回線を引いているので、ルーターの電波が届く範囲以外では電波をキャッチできず外で使うことは実質不可能です。

もしあなたが自宅以外でインターネットを使いたい、出張が多いので持ち歩きできるネット回線が欲しい場合は、ポケットWiFiの契約をオススメします。

家に固定回線を導入すべき人

ここまで、固定回線とポケットWiFiの違いをまとめてきました。これらを踏まえ、家に固定回線を導入すべき人がコチラとなります。

  • オンラインゲームをよくプレイする、YouTube等の動画を長時間視聴する
  • なるべく通信速度は速いほうがいい
  • 回線工事は気にしない
  • 月額料金が多少高くても問題ない
  • 家族でインターネットを利用する予定
  • 自宅以外でWiFi環境は必要ない

固定回線はどちらかと言うと、「ファミリー向け」です。理由は、家族で使う場合ポケットWiFiだとギガの消費量が多すぎてすぐに通信制限になってしまうからです。家族で快適にインターネットを使うには、絶対にネット使い放題のほうが後々不満が少なくなるでしょう。

また、オンラインゲームをよくプレイする人はPING値が生命線なので、できるだけ低い数値の固定回線がベストと言えます。

おすすめの固定回線

私のおすすめはドコモ光。これまで、フレッツ光、auひかり、SoftBank Airを利用してきましたが、最終的にドコモ光に落ち着きました。その理由は、次の通り。

  • 通信速度が速い
  • ドコモのスマホを使っているので料金が安くなる
  • 比較的評判・口コミが良かった
  • 月額料金も固定回線の中ならそこそこ安い

そしてドコモ光のプロバイダとして選んだのが「GMOとくとくBB」。その前はSo-netを使っていましたが、私の環境には適さず通信速度が1Mbps以下だったのでGMOとくとくBBに乗り換えました。その後は快適に使えているので、プロバイダとしての品質は十分だと感じます。

下記サイト経由で「ドコモ光 + GMOとくとくBB」を契約すると、最大15,000円の現金キャッシュバックの他、dポイントを最大10,000ポイントもらえます。さらに無料で高性能のWiFiルーターをレンタルしているので、固定回線の開通が初めてという方も余計な出費がありません。

ドコモ光 + GMOとくとくBB公式

家のネット回線はポケットWiFiで十分な人

一方で、家のネット回線がポケットWiFiでも十分な人はいます。下記条件に当てはまるユーザーは、固定回線ではなくポケットWiFiも検討してみてください。

  • オンラインゲームはそこまでプレイしない
  • 動画は視聴するが、1日2~3時間程度
  • 回線工事で自宅に業者を入らせたくない
  • 一人暮らしである
  • 出張が多い
  • 外でも自由にWiFiを使いたい

ポケットWiFiは基本的に、「お一人様向け」となっています。ファミリー向けを謳うポケットWiFiもありますが、やはり通信速度制限に引っかかりやすいので個人的にはオススメしていません。

ポケットWiFiは大きく、ソフトバンクの4G LTE回線とWiMAX回線があります。速度を選ぶならWiMAXがベストですが、地方や山間部では繋がりにくいのが難点。一方のソフトバンク回線のポケットWiFiは通信エリアが広いので、基本的に色々なところで使えます。その分、少し通信速度は落ちますが安定して使えるのがメリットです。

また、利用する際は絶対に「データ通信無制限」のポケットWiFiを選びましょう。おすすめのポケットWiFiの選び方は下記を参照してください。

9項目の比較でわかる!無制限ポケットWiFiのおすすめ【2019年最新】

通信速度が速く、月額料金が安いポケットWiFiをお探しでないでしょうか。無制限と語るポケットWiFiは様々ありますが、サービス内容もわかりにくく、似たようなものばかりでどれを契約すればいいか迷っている ...

続きを見る

まとめ

以上、家庭内ネット回線は固定回線とポケットWiFiどちらを選ぶべきかの紹介でした。必ずしも「固定回線が良い!」と言うわけでもなく、ポケットWiFiでも十分なユーザーはいます。

特にポケットWiFiは一人暮らしの方におすすめで、引っ越しの度にネット回線の開通工事を行わなくても良いのが大きなメリット。ルーターが届いたらすぐにネットが使えるので、今すぐネット環境が欲しい人にもオススメできます。

自分自身のライフスタイルを振り返った上で、今回紹介した違いを元に適切なネット環境を自宅に作り上げてください。

【2019年5月】おすすめWiMAXプロバイダ

月額料金 2,170円〜
3年間実質料金 122,660円
【参考】他社の3年間実質料金
Broad WiMAX 131,986円
JP WiMAX 134,100円
カシモWiMAX 129,068円

他社プロバイダと比較した場合最安値級となってくるのが、「GMOとくとくBB」となります。GMOとくとくBBではその他にキャッシュバックキャンペーンも行なっていますが、特典を受け取れなかったことを考慮に入れると月額料金割引キャンペーンを選ぶのが無難。

さらに今なら、月額料金の割引に加えて5,000円のキャッシュバックを受け取れるチャンス。もし受け取れた場合の3年間実質料金が「117,660円」となり、筆者の知りうる限りではほぼ最安値に近い金額になります

これからWiMAXを契約する方には、GMOとくとくBBをおすすめします。使用感のレビューやインタビュー記事も記事にしていますので、気になる方は一度チェックを!

-ポケットWiFi
-ポケットWiFi,

Copyright© 爆速!ポケットWiFi部 , 2019 All Rights Reserved.