ポケットWiFiは病院でも使える?入院中はレンタルの契約がおすすめ

本記事では、入院する時に病院でポケットWiFiを使えるのか、利用できる場合どういったポケットWiFiがおすすめなのかを解説しています。

入院中となると、暇な時間を過ごすことが多いため、インターネットに繋いで動画などを見て過ごしたい人も多いはずです。

しかし、病院だと「WiFiの電波を飛ばすのはダメ!」というのが昔の風潮でした。

そもそも病院でポケットWiFiは禁止では?持ち込みOKですか?

利用する場所や病院の規則によります。

ポケットWiFiを入院中に利用しようとする場合、原則的にその病院の規則に従わなければなりません。

過去筆者が入院した際は、「個室内なら使っても大丈夫」と言われて利用していました。

病院側では、必ずと言っていいほど電子機器を利用してはいけない場所を設定しています。例えばですが、次のような場所で利用することができない病院もあります。

  • 診察室
  • リハビリ室
  • レントゲン室
  • 手術室

主に、精密な医療機器が置いてある場所では、何らかの影響を与えかねないのでWiFiの使用が不可のケースが多いです。

また、病室ではネットは使ってもいいけど電話はダメという所も多いです。しかし、大抵の病院ではポケットWiFiを利用できる場所が少なからずあります。

その場合、病院にもよりますが、電子機器の利用エリアについての張り紙などが貼られているはずです。

藤沢湘南台病院の例

一番確実なのは、入院する病室でポケットWiFiを使えるか入院前に確認することです。

病院内で使える無線WiFiスポットはないのか

病院WiFi自体はありますが、一般的に開放されていない可能性が高いです。

病院内では、お医者さんや看護師さんが利用する社内WiFiみたいなものが飛んでいる所が多いです。

しかし、それは一般的に開放されていないWiFiなので、入院中の患者さんが使うことはほぼ無理だと思ってください。

稀に一番料金が高い個室だと、インターネット環境が整っていることがあります。しかし、大部屋での入院だとポケットWiFiの持ち込みをしないとネット環境がないケースがほとんどです。

稀に公衆無線LANがキャッチできる場所もありますが、それも稀なケースだと思っておいて良いでしょう。

入院中はスマホのテザリングで充分ですか?

利用頻度によります。動画を見て暇つぶしするならデータ容量が足りません。

スマホのテザリング機能を使えば、ポケットWiFiを借りなくても大丈夫な場合があります。

用途としては、動画をほぼ見ずにネットサーフィンをしてテキストを見るだけでしたらテザリングでも充分かと思います。

しかし、NetflixやAmazonプライムで映画などを見て暇を潰したい場合、スマホのデータ容量だけでは足りません。ほとんどのスマホはデータ容量の上限が決まっていて、一番多くてもソフトバンクが提供している50GBのプランです。

そのプランであれば1ヶ月程度なら大丈夫かもしれませんが、おそらく契約している人はほとんどいないでしょう。

そこでおすすめなのが、レンタルできるポケットWiFiのデータ通信無制限プランです。

無制限ならば通信容量を気にせずに動画を楽しめますし、レンタルなので違約金などが一切かからないというメリットもあります。

入院中におすすめなポケットWiFiの選び方

入院中は暇なので、インターネットで時間をとにかく潰したい人が大勢いらっしゃると思います。そんな方に向けて、病院で使うならどんなポケットWiFiを選べば良いのかをご紹介します。

障害物に強いポケットWiFiを選ぶ

病院で使うのでしたら「WiMAX以外」のポケットWiFiを契約しましょう。

室内での利用となるため、障害物に弱いポケットWiFiを選んでしまうと使い物になりません。

その中でも一般的に障害物に弱いとされているのが「WiMAX」です。

通常WiFiの電波は2種類あり、室内屋内関係なく障害物に強いと言われているのが「2.4GHz」の電波です。この周波数帯は障害物を回り込んで受信機器に到達できるため、つながりやすい電波とされています。

しかし、WiMAXは2.5GHz以上の電波を使っているので、障害物を回り込んで受信機器に到達するのが苦手となっています。

データ容量無制限のポケットWiFiを選ぶ

動画を多く見る、音楽をよく聴く、通信制限を気にせずに使いたい人は、データ容量無制限のポケットWiFiを選びましょう。

やはり入院中にネットをするのでしたら、利用する時間も長いということも考えてデータ容量無制限のポケットWiFiをレンタルすべきです。

また、3日/10GB制限のポケットWiFiも避けるべきです。

レンタルポケットWiFiには、3日/10GB制限がなく、本当の意味でデータ通信無制限で使えるものがあるので、今回はそのポケットWiFiについて紹介したいと思います。

入院中におすすめなレンタルポケットWiFi

データ通信無制限で使えるもの、レンタル価格が安いものを厳選して紹介しています。

また、下記記事にて短期間のレンタルにおすすめなポケットWiFiも細かく紹介していますので、ここで紹介したレンタルポケットWiFi以外も気になる、もっと詳細を見たいという方は参考にしてみてください。

ポケットWiFiレンタル/1ヶ月の短期間~中期間利用のおすすめを紹介

グローバルモバイル

グローバルモバイルは6つの特徴を持っています。

  1. データ容量無制限で利用できる
  2. 1日あたり480円で借りられる
  3. 1ヶ月以上の契約だと、1日あたり最大約194円(税込)で利用できる
  4. 屋内・室内でも繋がりやすいソフトバンクの通信網を使用
  5. テレビもスマホで見れる
  6. 7日以上の契約だと送料無料

私が今まで最もお世話になってきたレンタルポケットWiFiです。契約する際に初期手数料も発生せず、違約金も一切ありません。

1日あたりの料金は少し高めですが、1ヶ月契約するとなるとマンスリープランが適用され月額6,000円、つまり、一日あたり約200円でレンタルすることが出来ます。

返却方法もシンプルで簡単ですし、突然の延長も快く承諾してくれるので、サポートという面でも安心できるポケットWiFiです。

実際に利用してみた感想や機器のレビューなども行っていますので参考にしてみてください。

注意
最近人気が高まってきたレンタルポケットWiFiなので、機器が不足してレンタルできない状況が度々発生しているようです。ですので、検討中の方は品切れになる前に申し込みすることをおすすめします。

WiFi東京

もし、グローバルモバイルが品切れとなっていたり、2週間程度の入院で使うのでしたら、「WiFi東京」もおすすめです。

WiFi東京では、主に3つのプランを用意しており、それぞれの料金は次のようになっています。

レンタル料金(税抜) 日額レンタル料金(税抜)
1日レンタル 500円 500円
15日間レンタル 4,000円 266円
30日間レンタル 6,500円 216円

1日からのレンタルの場合500円と少し高いですが、15日間レンタルとなるとグローバルモバイルより安いです。

利用している回線はグローバルモバイルと同じソフトバンク回線。病院の室内でも繋がりやすいポケットWiFiです。こちらのポケットWiFiもレビューを行っていますのでご参考までに。

病院でポケットWiFiを受け取れる?

病院によります。患者宛の荷物の受け取りをしている病院も。

レンタルポケットWiFiは、指定の場所にモバイルWiFiルーターを送ってくれるので、病院でも簡単に受け取れると思われがち。

しかし実際は、入院している病院のサービスに左右されます。

良い病院だと、患者宛の荷物を受付窓口などで受け取り、それを病室まで看護師さんなどが届けてくれることもあります。ですので、もし病院でポケットWiFiを受け取りたい場合は、事前に確認するようにしてください。

その際は申し込み書に「病院名」、「何号室」、「病棟名」の3つは最低限書くようにしましょう。

一番良いのは、親族宛にポケットWiFiを送って、それを持ってきてもらうことです。これであれば確実に受け取りができますし、病院側と揉めることもありません。

入院日が予め決まっているのでしたら、その間にポケットWiFiを自宅宛に送って病院に持ち込むのが良いでしょう。

わせて読まれています