ウェブサービス

PayPayフリマとは?メルカリとの違いは?使い方を徹底解説!

更新日:

PayPayフリマというアプリのことを聞いたことがありますか?PayPayで行うことができるフリマアプリなのですが、どう使っていいのか分からない人もいるでしょう。

またフリマアプリであればメルカリとどう違うのかも気になるところです。実際にPayPayフリマには送料無料などメルカリには無いさまざまな利点があります。他にもメルカリよりも使いやすい点があるのです。

そこで今回はPayPayフリマについて紹介します。最後まで読んで、ぜひPayPayフリマを活用して下さい。

PayPayフリマを1分で理解する

PayPayフリマはその名の通り、フリマ専用のアプリです。
フリマと言えばメルカリが有名です。

実際にPayPayフリマはメルカリと似ている部分がたくさんあります。
そこでここでは、PayPayフリマについて1分で理解できるように簡潔に説明します。

PayPayフリマとは

PayPayフリマはヤフーが運営するフリマアプリです。
フリマアプリとは個人間の商品の売買をするためのアプリです。

これまでフリーマーケットと言えば、公園などの屋外でお店を出してお客さんに購入してもらうのが一般的でした。

しかし、このPayPayフリマを使うことで、ネット上でフリーマーケットのように売買ができるというわけです。
このPayPayフリマですが、PayPayで決済できるという特徴がありますが、それ以外の点についてはメルカリと同じように商品を買うことも売ることもできるアプリです。

メルカリと似ている作りになっており、メルカリでできるとことはひと通りPayPayフリマでもできます

PayPayフリマを使うために準備する

PayPayフリマはアプリであるため、ダウンロードして使用する必要があります。
アンドロイドでもiOSでも使うことができます。それぞれのアプリをダウンロードしましょう。
また新規登録にはYahoo IDが必要です。Yahoo IDを持っていない方は先に登録しておきましょう。

PayPayフリマで購入する方法は?

PayPayフリマのアプリを開き、購入したい品物を選択するだけでオーケーです。

送料は無料なので、商品代金以外の料金はかかりません。
また匿名配送を実施していますので、出品者にあなたの住所が知られる心配はありません。
値下げ交渉も可能で、相手が同意すればその値段で購入することができます。
その場合、24時間以内の購入が必要になります。

PayPayフリマなので、PayPayで支払いができるのはもちろんなのですが、それだけでなく、クレジットカードでも支払いができます。

PayPayフリマで出品する方法は?

PayPayアプリを開いて「出品」をクリックします。
商品の画像と商品の情報を登録します。
カテゴリや商品の状態についても入力します。
その後、配送方法を選択します。配送料は出品者負担なので注意しましょう。

販売価格を入力して最後に「出品する」をクリックして終了です。
販売手数料は10%になります。販売によって得た売上やPayPayにチャージするか、銀行口座に振り込むことができます。

PayPayフリマで売上を出金する方法

PayPayフリマでは売上を銀行口座で受け取るか、PayPay残高へチャージできます。
銀行口座に振込をしたい場合は、マイページの「売上金申請振込」、「現金で振込」の順で選択します。

金額を入力して「振込依頼」をクリックして出金します。
振込口座を確認してから、出金するようにしましょう。ジャパネット銀行の場合は1円から、その他の銀行は101円から出金ができます。

PayPay残高へのチャージをする場合は「売上金をチャージする」を選択し、チャージしたい金額を入力します。
「確認」をクリックし、金額に間違いが無ければ「チャージする」を選択してチャージ終了です。

PayPayフリマでトラブルになってしまった場合

商品を購入したのに頼んだものと違ったり、破損していたりすることもあります。
その際に出品者が返金に応じてくれない場合もあるでしょう。

そうなると購入者はどうしようもないわけですが、PayPayフリマでは1年に1回限り、購入額の100%と同額のPayPayボーナスライトを付与してくれます。
ただし上限は1万円までです。

こうした制度を利用することで、トラブルに対処できるのは嬉しいですよね。

PayPayフリマとメルカリ比較!どのような違いがある?

PayPayはフリマアプリですが、フリマアプリとしてはメルカリが有名です。
メルカリは先にリリースされたサービスなので、メルカリと同じような機能がPayPayフリマにも備わっています。

では、どのような違いがあるのでしょうか。ここではメルカリと比較しながらそのメリットとデメリットについて説明します。

支払い方法の違い【PayPayフリマはコンビニ払いなし】

メルカリにはコンビニ払いという支払い方法があります。
支払い方法が多いのは購入者側にとってはメリットですが、出品者側にとってはデメリットです。

コンビニ払いは支払うのを忘れてしまって、商品がキャンセルされるということもあります。
またなかなか支払いがないので、発送作業を待ち続ける必要があります。

これに対して、PayPayフリマはクレジットカード払いかPayPay残高払いなので、即支払いが完了します。
これは大きなメリットです。

ただこうしたメリットはあるものの、クレジットカード払いが反映されるまでに最大4時間程度必要になってきます。
せっかく支払い方法が便利であるのに、クレジットカードの支払い結果が反映される時間がかかるのはデメリットでしょう。ここは改善してほしいところです。

送料は購入者にとってはPayPayフリマ/出品者はメルカリの方がお得

PayPayフリマの送料は出品者負担ですので、購入者にとっては分かりやすい料金表示になっています。
一方、メルカリは購入者が負担しています。購入者にとってはPayPayフリマを利用するメリットになりますね。

次に配送方法ですが、メルカリの場合、普通配送を選択する出品者もおり、住所と名前を出品者に知らせる必要がありました。
住所と名前を知らない出品者に知らせるのは抵抗がある人もいますよね。
しかし、PayPayフリマの場合、すべて匿名配送なので、そうしたリスクがありません。
これは購入者にとっては特にメリットでしょう。

反対に出品者は送料を負担しなければならないので、出品者にとってはデメリットだと言えます。またメルカリには30円の追加料金を払えばヤマトが集荷に来てくれます。
こうしたサービスはPayPayフリマにはありません。PayPayフリマの場合、自分で荷物を持ち込む必要がありますので、この点はデメリットになります。

価格交渉はPayPayフリマの方がラク

PayPayフリマの場合、文章での価格交渉は無く、金額を入力して送信するだけです。その金額に出品者が応じれば価格交渉は成立します。
また値下げの上限は20%と決まっているので、大幅な値下げはできませんし、そうした要求が来ることもありません。

それに対して、メルカリの場合、コメント欄での価格交渉もできるため、そのやり取りによって価格が変わってしまう場合があります。こうした交渉がPayPayフリマでは簡素化されているので、出品者にとってメリットでしょう。

PayPayフリマには面倒な【マイルール】無し

メルカリの場合、コメントを入れてから購入するという条件を付けてくる出品者もいますが、そうしたシステムがPayPayフリマにはないので、どの商品でもいきなり購入して大丈夫です。

こうしたマイルールはいろいろと煩わしい部分があるので、特に購入者にとってはメリットでしょう。出品者もただ販売するだけなのでメリットになるはずです。

相互評価ではないので購入者は嬉しい

メルカリは購入者も評価されるため、出品者のマイルールを守らない購入者は低評価にされてしまいました。
一方、PayPayフリマは購入者は評価されなため、どの商品をすぐに購入しても大丈夫です。

購入者は出品者の条件に従う必要はありません。これは購入者にとってはメリットでしょう。

PayPayフリマキャンペーンが豊富!最大20%戻ってくる!

PayPayフリマはキャンペーンが豊富です。PayPayのキャンペーンがさかんに行われているので、PayPayフリマも同じようにキャンペーンがたくさんあります。

ではいったいどのようなキャンペーンが行わてれいるのでしょうか。ここではこれまでのキャンペーンも踏まえ、現在行われているキャンペーンについて紹介します。

はじめてのお買い物で500円オフが使える

現在、PayPayフリマでは500円クーポンを獲得することができます。このクーポンを使えば、500円引きで商品を購入できます。初めて利用する方にはお得なサービスですね。

最大20%が戻ってくる

Yahooプレミアム会員で、ソフトバンクスマホユーザーがスマートログイン設定でPayPay残高での支払いを行った場合、最大で20%PayPayボーナスとして戻ってきます。
PayPayボーナスは出金できません。また、20%のうち19%はPayPayボーナスライトなので、2か月で使えなくなってしまうので注意しましょう。
他にも、注意点があります。PayPayフリマはクレジットカード払いを使えるのですが、クレジットカード払いをしてしまうと、最大でも10%しかPayPayボーナスはもらえません。
PayPayフリマを使う場合はPayPay残高での支払いをおすすめします。

過去には出品者の送料全額負担キャンペーンも

PayPayフリマは過去に送料0円キャンペーンをしていました。この記事を読んできた人は最初から送料無料だと思いますよね。
先ほども述べたように送料無料は購入者が送料無料になっているだけで、送料は出品者が負担しています。
しかし、この無料キャンペーンは全額ヤフーが負担するというものでした。これはすごいキャンペーンですね。

PayPayアプリのキャンペーン同様、将来的にキャンペーンが多そう

PayPayアプリのキャンペーンは先ほども述べたように、いろいろなものが行われています。PayPayアプリのキャンペーンも豊富にあるので、PayPayフリマのキャンペーンもまだまだ続きそうです。
キャンペーン目的で使用するわけではありませんが、PayPayも一緒に使っていくことで、さらにお得にPayPayフリマもお得に使えるはずです。

まとめ

これまでPayPayフリマの簡単な使い方やそのメリット、さらには現在行われているキャンペーンについて説明しました。
思ったよりも簡単にダウンロードできて、出品者としても購入者としても簡単に取引ができることが分かったと思います。

メルカリと比較しても、メリットとなる面が多く、メルカリの代わりにPayPayフリマを使う選択肢は十分あり得ます。
キャンペーンも豊富なので、キャンペーンを利用して、商品を販売したり購入したりすることができるのではないでしょうか。ぜひこの機会に一度、PayPayフリマを使ってみましょう。

スポンサーリンク

-ウェブサービス

Copyright© DigitalNews365 , 2019 All Rights Reserved.