iPhone/Android/ガジェットレビュー/ポケットWiFiなど、IT関連情報を365日お届けしています。

DigitalNews365

イヤホン

【Muzili】Bluetoothスピーカーのレビュー/ペアリング方法・使い方も解説【B7-IAVS-28NO】

投稿日:

Amazonプライムセールで少し値段が下がっていたので、MuziliのBluetoothスピーカーを購入しました。正直聞いたことのないメーカーなので日本製ではないと思いましたが、最近は中華製のスピーカー・イヤホン共に品質が良くなってきているので使って試してみることに。

そこで本記事では、MuziliのBluetoothスピーカー(型番:B7-IAVS-28NO)のレビューを行っています。また、ペアリング方法や基本的な使い方・操作方法も合わせてご紹介します。

本記事は第3者から提供を受けたステマレビューでないことをここに宣言します。

スポンサーリンク

【Muzili】Bluetoothスピーカーのスペックと特徴

MuziliのBluetoothスピーカーはどんな製品仕様になっているのかを最初にご紹介。
スペック
製品型番B7-IAVS-28NO
Bluetooth標準規格Ver 4.0
最大通信距離10m(クラス2)
インピーダンス(抵抗)
連続待ち受け時間
連続通話時間
連続再生時間12時間
充電時間
バッテリー
サイズ18*4.5*6cm
対応Bluetooth プロファイル
本体重量340g
防水機能
ノイズキャンセリング
対応コーデック
対応機種iOS/Android/Windows

基本的なスペックは説明書とAmazonでの表記を参考にさせて頂きましたが、知りたいスペックがほとんど書かれておらず、いささかスペックが説明不足なのではないかと感じました。

どのくらいで充電が完了するのか、バッテリーサイズはどうなっているのか、充電ポートはType-C・micro USBなのか、等々の説明も欲しかった所です。

SD(TF)カード対応

MuziliのBluetoothスピーカーにはmicroSDカードスロットが備え付けられています。

ここにSDカードを入れることで、カード内に保存されている音楽を再生することができます。対応フォーマットはmp3、WMAなどになります。

ちなみに説明書ではTFカード対応と書かれています。TFカードは海外で主に使われる表記方法で、日本で言うところのSDカードと同じです。

ハンズフリー通話対応

Bluetoothスピーカーではあまり使う機会がないかもしれませんが、一応ハンズフリー通話にも対応しています。

ノイズキャンセル機能などは特になさそうですが、車などで利用する際にハンズフリー通話は役立つ機能だと思います。

【Muzili】Bluetoothスピーカーの実機レビュー

ここからは実際のBluetoothスピーカーをレビューしていきます。

外観はオーソドックスな形状

なにはともあれ、スピーカーの外観からチェック。

箱にはBluetoothスピーカー本体、取扱説明書、AUXケーブル、USB-micro USBケーブルの4点が入っています。ちなみに外箱はそこまで立派なものではありませんでした。

本体のBluetoothスピーカーの外観をチェック。まずは正面部分から。スピーカー本体はオーソドックスな形状をしているのでそこまで目新しさを感じさせませんでした。

正面部分にはMuziliのロゴマークと、メインのスピーカーが備え付けられています。表面はメッシュで覆われている感じです。

上から撮影した画像がこちら。操作ボタンがズラッと並んでおり、左から前へ、次へ、再生/一時停止、機能切り替え、通話切り替えとなっています。

ちなみに音量もこのボタンで操作が可能です。詳しくはページ下部の、基本的な使い方(操作方法)を参照してください。

最後に背面をチェック。背面には充電ポートやSDカードスロット、AUX端子などが備え付けられています。

背面のON/OFFはスピーカー本体の電源となります。

また、AUXケーブルでBluetoothスピーカーとパソコン、もしくはスマホなどのメディアプレーヤーと接続すると、Bluetoothなしで直接音楽を再生することも可能です。

音質は値段相応!期待しすぎるのはNG

実際にiPhone Xと繋いでSpotifyの音楽を再生し、音質はどの程度良いのかをチェックしました。

結論から言うと、「値段相応。大きく期待できる音質ではない。」というのが率直な感想です。

全体的に少しこもった音に聞こえ、もしかしたらステレオスピーカーじゃないのかなと。どちらかと言うとモノラル感満載の音が聞こえてきます。

2,000円程度なので音質はこのくらいが限度なのかなと割り切りました。

アナウンスの音量が大きくてうるさい

電源を入れた時、ペアリングをした時などに英語でアナウンスが流れるのですが、これの音量がそこそこ大きくてうるさいなと感じます。

また、アナウンス以外にも「ティロン」など、大きいエフェクト音が鳴るので少しびっくりします。もう少しボリュームを抑えた作りにしてほしいものです。

ラジオ機能は微妙!使えません

機能切り替えボタンを使うと、音楽の再生、FMラジオなどに切り替えることができます。

音楽の再生については全く問題ないのですが、FMラジオについては使い物になりません。筆者が住んでいるマンションでFMラジオが入りにくいのか、はたまたお飾りの機能なのか判断がつきにくいですが、現状では使えないと判断しました。

そもそもBluetoothスピーカーでラジオを聞く人も少ないかもしれませんが、もしラジオを聞くならば、スマホでradiko等を起動してBluetooth接続で聞いたほうがよっぽどマシな使い方になるのではと思います。

【Muzili】Bluetoothスピーカーのペアリング方法

ペアリング自体は超簡単です。

電源をオンにすると、スピーカーが勝手にペアリング状態となります。おそらく周りにBluetooth接続設定されている機器を検知できなかったら、自動的にペアリング状態になる仕組みなのだと思います。

ペアリング待機状態のアナウンスが流れるので、その後は接続機器でペアリングの設定を行うだけです。今回はiPhone Xでペアリングをしてみました。

設定アプリを開き、「Bluetooth」画面を開きます。するとその他のデバイスに「Muzili」と表示されているのでタップ。

自分のデバイスに「Muzili」が追加されたらペアリング完了です。また、接続済みになっているとBluetooth接続が完了している合図にもなります。

ペアリングに成功した場合、次回の起動から自動的にBluetooth接続されるようになりますので、手動で接続を行わなくていいのは嬉しいところ。

スポンサーリンク

【Muzili】Bluetoothスピーカーの基本的な使い方

ボタン操作方法
短く押す:前の曲へ/前の放送局へ
長押し:音量を下げる
短く押す:次の曲へ/次の放送局へ
長押し:音量を上げる
押す:音楽の再生・一時停止/放送局自動検索
押す:音楽再生/FMラジオ/AUX等の機能切り替え
電話に出る/切る

操作方法自体はシンプルなので、すぐに使いこなせるかと思います。長押しすることで音量操作が可能ですが、微調整が少し難しかったです。

【Muzili】Bluetoothスピーカーの感想

最後にMuziliのBluetoothスピーカーの感想を、良かった点、悪かった点でまとめました。

良かった点

  • 価格が安いこと
  • 音量操作がBluetoothスピーカーでできること

イマイチだった点

  • 音質が期待ハズレ
  • アナウンスボリュームが大きい
  • ラジオ機能が使いものにならないこと

まとめ!Amazonのレビュー評価とはかけ離れた商品

ここまで、MuziliのBluetoothスピーカーをレビューしてきました。

率直な評価を言うと、2,000円台のBluetoothスピーカーの中でもレベルは低いほうだということです。スピーカーの要となる音質が混合モノラルっぽい感じなので、お世辞にもステレオサウンドとは言えませんし、色々と雑な部分が目立ちました。

Amazonレビューでは高評価を得ているスピーカーなので私の感性がおかしいのかもしれません。ただ、Amazonレビューは信じすぎないようにしましょう。中華製品は特にステマレビューがゴロゴロ流れていますので。

この記事がBluetoothスピーカー選びの参考になりましたら幸いです。

 

スポンサーリンク

-イヤホン
-Bluetooth, Muzili, スピーカー

Copyright© DigitalNews365 , 2018 All Rights Reserved.